写真a

YAMADA Junko

Position

Professor

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Kyoto University   Faculty of Law   Graduated

    - 1984.3

Graduate School 【 display / non-display

  • Kyoto University   Graduate School, Division of Law   Doctor's Course   Accomplished credits for doctoral program

    - 1989.3

Studying abroad experiences 【 display / non-display

  • 2002.1
    -
    2003.1

    スタンフォード大学ロースクール   客員研究員

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Law   Professor

    2020.4

  • KONAN UNIVERSITY   Law School   Professor

    2004.4 - 2020.3

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Law   Professor

    1998.4 - 2004.3

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Law   Associate Professor (as old post name)

    1991.4 - 1998.3

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Law   Lecturer

    1990.4 - 1991.3

External Career 【 display / non-display

  • 京都大学法学部

    1989.4 - 1990.3

      More details

    Country:Japan

 

Papers 【 display / non-display

  • 株主総会等決議取消しの訴えと訴えの利益-先行決議と同一の内容を有する再決議が有効に成立し確定した場合について-

    山田純子

    甲南法学   61 ( 1・2・3・4 )   1 - 17   2021.3

     More details

    Single Work

    Publisher:甲南大学法学会  

  • 企業内容の開示 Invited

    山田純子

    河本一郎=龍田節編『金融商品取引法の理論と実務』別冊金融・商事判例   26 - 33   2007.9

     More details

    Single Work

    Publisher:経済法令研究会  

  • 平成17年の証券取引法の改正Ⅳ・Ⅴ Invited

    山田純子

    証券取引法研究会編『平成17年・18年の証券取引法等の改正』別冊商事法務299号   64 - 101   2006.11

     More details

    Single Work

    Publisher:商事法務  

  • 平成15年の証券取引法等の改正Ⅰ Invited

    山田純子

    証券取引法研究会編『平成15年の証券取引法等の改正』別冊商事法務275号   1 - 16   2004.7

     More details

    Single Work

    Publisher:商事法務  

  • 監査人の被監査会社に対する責任とその限定-過失相殺の問題を中心に-

    山田純子

    甲南法学   44 ( 1・2 )   95 - 116   2003.12

     More details

    Single Work

    Publisher:甲南大学法学会  

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 会社法コンメンタール 補巻 平成26年改正

    山田純子( Role: Sole author ,  344条(374頁-379頁))

    商事法務  2019.10  ( ISBN:978-4-7857-2742-0

  • 新基本法コンメンタール会社法1〔第2版〕(共著)

    奥島孝康編著、落合誠一編著、浜田道代編著( Role: Joint author ,  420頁-445頁)

    日本評論社  2016.4 

  • 現代会社法入門〔第4版〕(共著)

    北村雅史、柴田和史、山田純子( Role: Joint author ,  26頁-49頁・56頁-65頁・109頁-140頁・264頁-269頁・280頁-305頁・308頁-312頁)

    有斐閣  2015.4 

  • プライマリー会社法〔第4版〕(共著)

    藤田勝利編著、北村雅史編著( Role: Joint author ,  48頁-66頁)

    法律文化社  2015.4 

  • 会社法コンメンタール(9)機関[3](共著)

    岩原紳作編( Role: Joint author ,  33頁-39頁)

    商事法務  2014.8 

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 締め出しを目的とする株式併合 Invited

    山田純子

    私法判例リマークス   ( 65 )   77 - 80   2022.8

     More details

    Authorship:Lead author  

  • 招集手続の瑕疵と取締役会決議の効力 Invited

    山田純子

    神作裕之ほか編『会社法判例百選〔第4版〕』   128 - 129   2021.9

     More details

    Authorship:Lead author  

  • 宿泊客の携帯品紛失とホテルの責任制限約款 Invited

    山田純子

    消費者法判例百選〔第2版〕   234 - 235   2020.9

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:有斐閣  

  • 高価品の紛失に関するホテルの不法行為責任

    山田純子

    商法判例百選   2019.6

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:有斐閣  

  • 商業登記

    山田純子

    法学教室   ( 458 )   10 - 13   2018.11

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:有斐閣  

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 合併による計算の承継

    山田純子

    日本私法学会 

     More details

    Event date: 1991.10

Other Research Activities 【 display / non-display

  • メルビン・A・アイゼンバーグ「アメリカ法律協会『会社運営プロジェクト』」(翻訳)

    1992.8

Other External funds procured 【 display / non-display

  • 監査人の民事責任

    1999.11 - 2001.3

    石井記念証券研究振興財団  石井記念証券研究振興財団研究助成金

    山田純子

      More details

    監査人が被監査会社に対してどのような義務と責任を負うのか、監査人が被監査会社に対して損害賠償責任を負う場合にその損害賠償責任を過失相殺等の法理により限定することができるのかについて検討した。

Joint and Contract research activities (Public) 【 display / non-display

  • 比較会社法研究

    Domestic Joint Research

    2000.4 - 2002.3

    森本滋

      More details

    公開会社法制の抜本的見直しを目的とする共同研究のメンバーとして、フランスにおける会社法改正の動向について研究した。

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • コーポレート・ガバナンスの研究

  • 企業買収・結合(M&A)の研究

  • ベンチャー企業・ベンチャーキャピタルの研究

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2003.8   日米法学会 (国内)   会員

  • 1997.10   日本海法学会 (国内)  会員

  • 1989.10   日本私法学会 (国内)  会員、理事(2008年10月~2010年10月)

Social Activities 【 display / non-display

  • 法制審議会臨時委員

    2017.4 - 2019.2

  • 関西経済連合会コーポレート・ガバナンス研究会アドバイザー

    2012.10

  • 中央教育審議会専門委員(大学分科会)

    2010.6 - 2011.1

  • 司法試験考査委員

    2008.6 - 2015.10

  • 神戸市事務事業外部評価委員

    2005.5 - 2005.9

display all >>