写真a

三好 大輔 (ミヨシ ダイスケ)

MIYOSHI Daisuke

職名

教授

学位

博士(理学)(甲南大学)

専門分野

生体分子設計化学, 812生命科学 構造生物化学, 811核酸化学 生物有機化学

研究分野・キーワード

-核酸、タンパク質、ペプチド、構造、安定性、熱力学、フォールディング、分子環境、ガン、創薬、バイオテクノロジー、生物物理化学、生体モデル化学、DDS、ナノバイオ、ナノテクノロジー、ヒストン、バイオセンサー、金属イオン、分子クラウディング、ナノ粒子、生命機能工学、核酸化学、生命科学

ホームページ

http://www.pi.konan-u.ac.jp/miyoshi/

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    甲南大学   理学部   化学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    甲南大学  自然科学研究科  博士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    甲南大学   フロンティアサイエンス学部   生命化学科   教授  

  • 2009年04月
    -
    2015年03月

    甲南大学   フロンティアサイエンス学部   生命化学科   准教授  

  • 2004年04月
    -
    2009年03月

    甲南大学   先端生命工学研究所   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

      米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    米国化学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    バイオテクノロジー部会

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    生体機能化学部会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    生命化学研究会

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ケミカルバイオロジー2.0

    三好大輔・山東信介・清中茂樹・花岡健二郎・後藤佑樹

    現代化学   581   18 - 25   2019年07月  [招待有り]

    共著

  • 細胞の分子夾雑環境における核酸構造と核酸構造リガンドの挙動 ~細胞内でも望みの機能を発現する分子の合理設計に向けて~

    三好大輔

    生命化学研究レター   58 ( 1 ) 17 - 21   2019年04月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • Osmolyte-Enhanced Protein Synthesis Activity of a Reconstituted Translation System

    Yoshiki Moriizumi, Kazuhito V. Tabata, Daisuke Miyoshi, Hiroyuki Noji

    ACS Synth Biol.   8 ( 3 ) 557 - 567   2019年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Metal sensitive and DNA concentration dependent structural rearrangement of short oligonucleotide into large suprastructures

    J. Shankaraswamy, Shikhar Tyagi, Anju Singh, Daisuke Miyoshi, Sarika Saxena

    Journal of Biomolecular Structure and Dynamics   37 ( 9 ) 2211 - 2218   2018年12月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 巻頭言 変化は突然に ―学会参加のススメ―

    三好大輔

    日本化学会 生体機能関連化学部会 ニュースレター   33 ( 2 ) 2 - 3   2018年08月  [招待有り]

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Chapter 6. Assays for Telomerase Activity toward Applications of Cancer Diagnosis in G-Quadruplex Structures, Formation and Role in Biology

    Hidenobu Yaku, Daisuke Miyoshi (担当: 共著 )

    Nova Science Publishers  2016年

  • 有機材料としてのDNA四重らせん構造 (自己組織化マテリアルのフロンティア)

    三好大輔 (担当: 共著 )

    フロンティア出版  2015年

  • Chapter 5, Molecular Crowding and Hydration Regulating of G-Quadruplex in Quadruplex Nucleic Acids

    D. Miyoshi, T. Fujimoto, and N. Sugimoto (担当: 共著 )

    Springer  2013年

  • Synthesis and Application of Functional Nucleic Acids

    Daisuke Miyoshi, Friedrich C. Simmel, Souvik Maiti, and Luis A. Marky (担当: 共編者 )

    Hindawi Publishing Corporation  2011年12月

  • G-quartet, G-quadruplex, and G-wire Regulated by Chemical Stimuli, in DNA Nanotechnology (Methods in Molecular Biology series)

    D. Miyoshi, N. Sugimoto (担当: 共著 )

    Springer  2011年08月

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Synthesis, structure and thermal stability of fully hydrophobic porphyrin-DNA conjugates

    Murashima, T., Hayata, K., Saiki, Y., Matsui, J., Miyoshi, D., Yamada, T., Miyazawa, T., Sugimoto, N.

    2007 Tetrahedron Letters   48 ( 48 ) 8514 - 8517   2007年

    共著

    DOI CiNii

  • DNAを用いたバイオ計測 -センシング核酸の開発と新展開-

    三好大輔,杉本直己

    未来材料   7 ( 6 ) 10 - 18   2007年

    共著

  • DNAデザイン -機能性分子開発への道しるべ-

    化学

    杉本直己,三好大輔   62 ( 9 ) 28 - 32   2007年

    単著

  • Conformational switch of a functional nanowire based on the DNA G-quadruplex

    H. Karimata, D. Miyoshi, T. Fujimoto, K. Koumoto, Z.-M. Wang, and N. Sugimoto

    Nucleic Acids Symp. Ser.   51   251 - 252   2007年

    共著

  • Artificial G-wire Switch with 2,2’-Bipyridine Units Responsive to Divalent Metal Ions

    D. Miyoshi, H. Karimata, Z.-M. Wang, K. Koumoto, N. Sugimoto

    J. Am. Chem. Soc.   129 ( 18 ) 5919 - 5925   2007年

    共著

    DOI PubMed CiNii

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 細胞内分子クラウディング環境で安定化するDNAの非標準構造

    三好大輔

    医学研セミナー(東京都医学総合研究所)  (東京都医学総合研究所)  2015年05月  -  2015年05月   

  • 脱ワトソン−クリックの核酸化学 (12): チオフラビンTを用いた配列特異的RNA四重らせん構造検出法の開発

    前田龍一、森本一弘、樫田啓、浅沼浩之、杉本直己、三好大輔

    日本化学会第95春季年会(2015)  (日本大学 船橋キャンパス)  2015年03月  -  2015年03月   

  • 脱ワトソン−クリックの核酸化学 (14): RNAの四重らせん構造に対して特異的結合する低分子化合物の開発

    松野仁志、下農修司、杉本直己、三好大輔

    日本化学会第95春季年会(2015)  (日本大学 船橋キャンパス)  2015年03月  -  2015年03月   

  • 脱ワトソン−クリックの核酸化学 (13): 様々な二次構造を形成したDNAとグラフェン酸化物の吸着挙動の速度論的解析

    上田侑美、造住有輝、杉本直己、三好大輔

    日本化学会第95春季年会(2015)  (本大学 船橋キャンパス)  2015年03月  -  2015年03月   

  • Effects of naturally-occurring osmolytes on structure and stability of nucleic acids

    Yu-mi Ueda, Naoki Sugimoto, Daisuke Miyoshi

    Taiwan-Japan Symposium on Nanomedicine  ( Academia Sinica, Taipei)  2015年01月  -  2015年01月   

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 核酸鎖の四重螺旋構造の検出方法

    特願2013-199029  特開2015-62388 

    三好 大輔、前田 龍一

  • Method for detecting G-quadruplex, method for detecting G-quadruplex-forming DNA and method for determining telomerase activity

    13/335,498 

    Hidenobu Yaku, Daisuke Miyoshi

  • テロメラーゼ活性の検出方法

    2011-75020  2012-205568 

    夜久 英信, 三好 大輔

  • Method for inhibiting telomerase reaction using an anionic phthalocyanine compound

    12/710837  8101357 

    Hidenobu Yaku, Daisuke Miyoshi

  • METHOD FOR INHIBITING TELOMERASE REACTION

    JP2009/003232 

    YAKU, Hidenobu; MIYOSHI, Daisuke

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • ケミカルバイオロジー2.0

    2019年07月  -  2019年07月

    東京化学同人  三好大輔、山東信介、清中茂樹、花岡健二郎、後藤佑樹  座談会

    次世代に向けたケミカルバイオロジーについての座談会。
    現代化学2019年8月号に掲載。

  • G-Quadruplex: a Versatile DNA structure in vivo and in vitro

    2007年12月  -  2007年12月

    IBER International Lectures Part 9、2007年12月

  • Conformational switch of a functional nanowire based on the DNA G-quadruplex

    2007年11月  -  2007年11月

    第5回国際核酸化学シンポジウム(第34回核酸化学シンポジウム)、2007年11月

  • Effects of cosolutes on the thermodynamic stability of parallel DNA duplex and triplex

    2007年11月  -  2007年11月

    第5回国際核酸化学シンポジウム(第34回核酸化学シンポジウム)、2007年11月

  • Functional DNA materials controlled by surrounding conditions

    2007年10月  -  2007年10月

    IUPAC 3rd International Symposium on Novel Materials and Synthesis (NMS-III)、Shanghai, China、2007年10月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 村尾育英会学術賞

    2015年03月   村尾育英会  

    受賞者:  三好大輔

  • 化学・生物素材研究開発奨励賞

    2013年10月   バイオインダストリー協会  

    受賞者:  三好大輔

  • ISNAC Outstanding Oral Presentation Award for Young Scientist in 2011

    2011年11月01日   The organizing committee and executive committee of the 38th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry (ISNAC2011)  

    受賞者:  D. Miyoshi

  • 日本化学会第91春季年会 若い世代の特別講演賞

    2011年03月01日   日本化学会  

    受賞者:  三好大輔

  • 日本化学会 生体機能関連化学 シンポジウム講演賞

    2007年09月01日   日本化学会  

    受賞者:  三好大輔

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • RNA四重らせん構造によるストレス顆粒の制御

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:  2018年07月  -  継続中 

    RNA四重らせん構造によるストレス顆粒の制御

  • 細胞夾雑模倣系の構築と細胞内活性分子設計指針の構築

    新学術領域研究(研究領域提案型) (分担)

    研究期間:  2017年06月  -  継続中 

    細胞に見られる高濃度に多様な生体分子か存在する分子夾雑環境に着目し、細胞環境を化学模倣した細胞夾雑模倣実験系を構築する。さらに、その細胞模倣環境における生体分子の物性を定量解析する。同時に、細胞環境でものぞみん活性をもつ機能性分子の合目的的設計指針を提唱する。これらの試みを通して、最終的には細胞のセントラルドグマを細胞内環境因子や開発した機能性分子で制御することを試みる。

  • がん細胞特異的mRNAの四重らせん構造に対する分子標的型光線力学療法の創製

    萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  継続中 

    がん細胞で高発現するがん関連遺伝子には、グアニンに富んだ配列が多く含まれている。転写されたmRNAにおいても、非翻訳領域にグアニンに富んだ配列が局在している。これらのグアニンに富んだ配列は、G-quadruplexとよばれる四重らせん構造を形成する。
    本研究では細胞特異的mRNAの四重らせん構造に対する分子標的型光線力学療法の創製を目指す。

  • DNA・ヒストン・オズモライトの三元効果による遺伝子発現人工制御系の構築

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  継続中 

    エピジェネティクスの最小単位であり、がん発症にも関与するヌクレオソームは、DNAとヒストンタンパク質から構成されている。ヌクレオソームの構造や挙動は、(1)DNAの化学修飾、(2)ヒストンの化学修飾、(3)ヌクレオソーム近傍の化学環境に依存する。そのため、ヌクレオソームの化学的理解には、DNA、ヒストン、化学環境を決定するオズモライトの三元的な相乗効果を解明する必要がある。

  • 細胞が産生する浸透圧調節分子と人工高分子化合物を用いた細胞モデル実験系の構築

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月 



    生体分子の機能に影響を及ぼす因子の一つに、周辺の分子環境がある。細胞内は生体分子が非常に混み合った分子クラウディング状態にあるに対し、生化学的な実験が行われる試験管内環境は分子濃度が極めて希薄である。そのため、試験管内での実験結果をもとにして、細胞での生体分子の物性を解明することが困難であることが明らかになりつつある。
    そこで本研究では、①細胞核の化学環境を模倣するために、領域内の共同研究者が設計した負電荷高分子を用いて核内に高濃度に存在するゲノムを模倣した。また、②細胞質を化学模倣するために、細胞質に数百mMから数M程度も存在する浸透圧調節分子を用いて細胞を化学模倣した実験系を構築した。これらの分子環境において、核酸の構造安定性を定量解析したところ、核酸の非標準構造が特異的に安定化されることが明らかとなった。③さらにこれらの知見をもとにして、四重らせん構造リガンドを細胞内で放出するシステムを構築した。

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 核酸四重らせん構造リガンドを用いた細胞内相分離現象の制御

    提供機関:  公益財団法人 旭硝子財団  公益財団法人 旭硝子財団 ステップアップ助成

    研究期間: 2019年07月  -  2021年03月 

    核酸四重らせん構造リガンドを用いた細胞内相分離現象の制御

  • mRNAが形成する四重らせん構造の機能解明に向けたケミカルプローブの創製

    提供機関:  内藤記念科学振興財団   内藤記念科学奨励金・研究助成

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月 

    mRNAが形成する四重らせん構造の機能解明に向けたケミカルプローブの創製

  • 核酸四重らせん構造に対するペプチドリガンドのハイスループット スクリーニングシステムの構築

    提供機関:  その他財団等  公益財団法人旭硝子財団

    研究期間: 2015年04月  -  2016年04月 

    核酸四重らせん構造に対するペプチドリガンドのハイスループット
    スクリーニングシステムの構築

  • 細胞内で形成される核酸の非標準構造の解明

    提供機関:  村尾育英会  村尾育英会学術賞

    研究期間: 2015年03月  -  2015年03月 

  • DNA-グラフェン相互作用の定量解析による新規バイオセンシングプラットフォームの開発

    提供機関:  バイオインダストリー協会  化学・生物素材研究開発奨励賞

    研究期間: 2013年10月  -  2013年10月 

全件表示 >>

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • DNAを用いた新規エレクトロニクス材料の研究・開発

    提供機関:   一般受託研究

    研究期間: 2007年04月  -  継続中 

    グアニンに富むDNAの電気的特性の評価解析およびDNAと機能性有機材料との結合化技術の確立

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 核酸(DNA RNA)に作用する機能性分子の開発

  • 核酸の構造や配列を標的とする光線力学療法の開発

  • 細胞内に見られる相分離現象の物理科学的解明

  • 生体分子を用いたナノマテリアル開発(超分子、ナノエレクトロニクス、ナノバイオ材料、ナノバイオ素子など)

  • 細胞内小器官への分子運搬システムの開発(DDS、分子シャトル、アンチセンス・アンチジーンなど)

全件表示 >>

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会特別研究員(DC2)

    2012年04月   日本学術振興会  

    受賞者: 藤本健史

  • 財団法人理工学振興会研究助成

    2010年12月   財団法人理工学振興会  

    受賞者: 藤本健史

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    継続中

    生命化学

  • 2017年04月
    -
    継続中

    生体分子工学

  • 2012年08月
     
     

    オープンキャンパス

  • 2011年10月
     
     

    一般公開

  • 2011年08月
     
     

    オープンキャンパス

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    ナノバイオサイエンス序論 (前)(1年前期必修科目2単位)
    生体分子工学 (A期)(3年前期選択必修科目2単位)
    ケミカルバイオロジー (B期)(3年前期選択必修科目2単位)
    ナノバイオラボ1B (後) (2年後期必修科目4単位)
    ナノバイオアーキテクチャー特論 (後)(大学院後期選択必修科目2単位)など

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    受講生が、ナノバイオに関する基礎的な知識を習得し、生命を化学的に分子レベルで理解すること、さらには、生命研究における問題点を見出し、その解を自らが計画する研究によって解明し、世に公表するために必要となる素養を身に着けること

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    学生が複雑な生命現象に対して向き合うための基礎知識を与え、本質的に理解するために疑問点や問題点を発見する機会を提供している。例えば、解が定まっていないレポートを課し、提出時にクラス内で発表させている。一つの事象に対して様々な側面からのアプローチが可能であることを体感できるように心がけている。大学院では、講義内容と自身の研究内容を結びつけるためのレポートやディスカッションを行っている。また、社会に出て、新しい研究開発プロジェクトを部署内で提案するような場面を設定し、レポートとプレゼンテーション、ディスカッションを行っている。また、基礎的な1年生科目に関しては、講義終了時にリフレクションペーパーを提出させ、重要であった点、理解できた点、理解できなかった点を記させることで、講義内容の整理と定着を試みている。(エビデンス リフレクションペーパー) 難しかった点が複数人の学生から出された内容について、次回の講義で復習して講義の導入としている。
    大学院講義では、論文を読み、その内容、各々からみた驚くべき点、自身の研究との関連性、論文内容を基にした研究計画などを短時間でプレゼンし、皆でディスカッションをしている。
    実験実習に関しては、実験することの意義、実験条件の設定方法、実験結果の測定方法、実験結果の解析方法、実験結果の他との比較によるディスカッションに各々注力している。条件設定、測定方法、解析方法については、実験の基礎となる解析方法の理解と式の誘導、式由同時における近似等を詳しく調査させることである程度達成可能であると考えている。また、実験結果、解析結果を逐次見せに来させて、次に実験条件を設定するという作業を繰り返している。このような作業を通じて、どのようにして計画を立てていくのかを体得させるようにしている。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    基礎知識の習得は必ず必要であるが、これを知識の詰込みと思わせることなく、知識が有機的に結びつくことが理想であるが、1年生時における講義においては、学部の基礎となるな要を多く含むため、どうしても知識を習得させることに偏りがちである。一方、3年生の講義においては、これまでに学んできたことが「結びついている」「結びつけられた」と感じてもらえることがある程度できているように思う。多くの学生が、分からない点をとことんまで掘り下げる様子も見られ、勉強や研究に対する楽しさを感じてもらえているように思われる。(エビデンス レポート、定期試験解答、リフレクションペーパー)
    実験に関しては、得られた結果を議論して、次の実験条件の設定を行っている。また、実験の後半においては、自身で実験テーマを設定して、実験方法と条件設定について議論している。過半数の受講生は、実験を自ら進めることの面白さを理解しているように感じている。(エビデンス レポート

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    知識の習得と体系化が重要な1年次配当科目については、体系化を他の講義ともリンクさせながら進めていきたい。また、基礎知識を如何に、主体的に記憶し、理解していくか、という点に関して、一層の工夫を凝らし、以降の講義に対しする取り組みの姿勢を確立することも必要であると考えている。高学年配当科目については、理解する、腑に落ちる、という機会をなるべく多く提供していきたい。そのための、ディスカッションなどについても機会を増やしていく予定である。大学院科目については、より高度なディスカッションなどが可能なることが目標である。自身の専門分野が多岐にわたる点を逆にうまく利用して、多方面から検討する重要性を提示できるようにしたい。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    1リフレクションペーパー(非公開)
    2各講義用に作成した講義資料。各講義につき、おおよそ、パワーポイントで100~200枚程度。
    3レポート(非公開)

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年12月
     
     

    日本ナノメディシン交流協会   13th Anniversary International Symposium on Nanomedicine (ISNM2019)実行委員長

  • 2019年10月
     
     

    日本化学会   第57回日本生物物理学会年会 シンポジウムオーガナイザー

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本化学会   CSJ化学フェスタ 実行委員

  • 2017年12月
     
     

    生体機能化学部会   2nd International Symposium on Biofunctional Chemistry (ISBC2017) organizer

  • 2017年04月
    -
    継続中

    日本核酸化学学会   評議員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 模擬講義/高校生(兵庫県立高砂高等学校 1年生)

    2015年11月
     
     

    ナノのヒケツとバイオのヒミツでナノバイオ

  • 模擬講義/高校生(姫路高等学校2年生)

    2014年08月
     
     

    姫路市立姫路高等学校模擬講義 遺伝子のヒミツとヒケツ 

  • 出張模擬講義/高校生(兵庫県立舞子高等学校一年生)

    2013年12月
     
     

    遺伝子のヒミツとヒケツ -遺伝子が活躍するバイオとナノ- 

  • BioJapan 2013 World Buisiness Forum (Pacifico Yokohama)

    2013年10月
     
     

    「甲南大学フロンティアサイエンス学部分子設計化学研究室」

  • ひらめき☆ときめきサイエンス

    2013年07月
     
     

    遺伝暗号を解く~光で視る遺伝子からタンパク質ができるまで~

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • ラショナル法、あるいはコンビナトリアル法を用いた機能性核酸や機能性ペプチドの取得

    a

  • 核酸、ペプチド、有機化合物、無機化合物のコンジュゲート分子の作成

    a

  • 生体分子の物理化学的性質の解析(構造、熱力学的安定性、相互作用解析、反応速度、溶媒効果など)、ならびに分子物性の測定(濃度、分子量、分子量分布、固体表面解析、蛍光イメージ像解析など)

    a

  • 生体分子の細胞内導入

    a

  • ナノ構造体、ナノデバイス、ハイブリダイゼーションプローブ、アンチセンス核酸、RNAi、リボザイム設計などに有用なDNAとRNAの配列設計

    a