写真a

笹倉 香奈 (ササクラ カナ)

SASAKURA Kana

職名

教授

学位

博士(法学)(一橋大学), 修士(法学)(一橋大学), 学士(法学)(東京大学)

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   法学部   卒業

    - 2000年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 一橋大学   法学研究科   博士課程   修了

    - 2005年7月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   法学部   教授

    2016年4月 - 現在

  • 甲南大学   甲南大学   学長補佐

    2022年4月 - 現在

  • 甲南大学   図書館   館長

    2020年4月 - 2022年3月

  • 甲南大学   法学部   准教授

    2010年4月 - 2016年3月

  • 甲南大学   法学部   講師

    2008年4月 - 2010年3月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議・連携会員

    2020年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 立命館大学   法学部

    2022年4月 - 現在

  • 京都女子大学

    2013年9月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • ワシントン大学ロースクール

    2011年9月 - 2012年9月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  • 矯正研修所・大阪支所

    2010年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 犯罪社会学会

    2010年10月 - 現在

  • 法と心理学会

    2002年10月 - 現在

  • 刑法学会

    2000年5月 - 現在

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 最新刑事判例を読む「SBS/AHT事案で相次ぐ無罪判決」・評釈 招待あり

    笹倉香奈

    季刊刑事弁護   ( 111 )   118 - 122   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • 冤罪を考える(10)児童虐待と冤罪(えんざい)(3)

    笹倉香奈

    時の法令   ( 2141 )   2022年3月

     詳細を見る

  • SBS/AHTと刑事裁判:乳幼児揺さぶられ症候群と虐待による頭部外傷をめぐる議論の現状 招待あり

    笹倉香奈

    犯罪と刑罰   ( 31 )   157 - 182   2022年3月

     詳細を見る

  • 冤罪を考える(9)児童虐待と冤罪(えんざい)(2) 招待あり

    笹倉香奈

    時の法令   ( 2139 )   72 - 77   2022年2月

     詳細を見る

  • 冤罪を考える(8) 児童虐待と冤罪(1) 招待あり

    笹倉香奈

    時の法令   ( 2135 )   71 - 75   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    researchmap

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 弁護人立会権 : 取調べの可視化から立会いへ

    川崎, 英明, 小坂井, 久( 担当: 共著 ,  範囲: 第2部第5章 取調べの弁護人立会権の制度と実践モデルの構想)

    日本評論社  2022年4月  ( ISBN:9784535525740

     詳細を見る

  • NBS 刑事訴訟法

    中島宏, 宮木康博, 笹倉香奈( 担当: 共著)

    日本評論社  2022年3月  ( ISBN:9784535806979

     詳細を見る

  • 裁判員時代の刑事証拠法

    後藤昭(代表, 安部祥太, 角田雄彦, 笹倉香奈, 緑大輔 編( 範囲: 笹倉香奈「医学的証拠の法廷への顕出のあり方について」)

    日本評論社  2021年7月 

     詳細を見る

  • 判例学習 刑事訴訟法 第3版

    笹倉 香奈

    法律文化社  2021年6月 

     詳細を見る

  • 刑事施設の医療をいかに改革するか

    笹倉香奈( 担当: 単著 ,  範囲: 「アメリカの刑事施設医療」(第2部第8章))

    日本評論社  2020年2月 

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 学生によるブックカバーデザイン企画 ー甲南大学図書館の取り組みー 招待あり

    笹倉香奈

    大学時報   ( 395 )   2020年11月

     詳細を見る

  • 冤罪を生まない司法へ【インタビュー】 招待あり

    笹倉香奈(インタビュー記事)

    季論21   ( 47 )   2020年1月

  • えん罪救済センターの活動

    笹倉香奈

    冤罪白書2019   ( 1 )   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:燦燈出版  

  • アメリカにおける冤罪救済

    笹倉香奈

    冤罪白書2019   ( 1 )   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:燦燈出版  

  • 死刑と憲法的規制:アメリカと日本の比較

    キャロル・スタイカー、ジョーダン・スタイカー(翻訳:笹倉香奈)

    法律時報   91 ( 5 )   2019年3月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本評論社  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ワークショップ・司法面接の現状と課題(オーガナイザー)

    笹倉香奈(オーガナイザー)

    日本刑法学会第100回大会  (関西学院大学)  2022年5月  日本刑法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

  • SBS/AHTをめぐる議論の現状 招待あり

    笹倉香奈

    法科学研究会  2022年3月 

     詳細を見る

  • SBS/AHTをめぐる議論の現状

    笹倉香奈

    法科学研究会  法科学研究会(龍谷大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • 協議・合意制度の現状 招待あり

    笹倉香奈

    中国人民大学・一橋大学刑事法 合同シンポジウム  2022年3月 

     詳細を見る

  • 協議・合意制度の現状 招待あり

    笹倉香奈

    中国人民大学・一橋大学刑事法 合同シンポジウム  中国人民大学・一橋大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • ワークショップ 「裁判員制度と報道の役割」

    2004年2月

     詳細を見る

    "刑法雑誌 44巻2号 pp.265-268"
    共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 乳幼児の児童虐待事件における医学的証拠のあり方をめぐる総合的検討

    2020年4月 - 現在

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    笹倉香奈

  • 確実な誤判の是正に向けた新たな刑事再審制度モデルの構築

    2020年4月 - 現在

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    葛野尋之

  • 誤判原因のシステム論的分析と誤判対策

    2018年4月 - 現在

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

     詳細を見る

    誤判原因 / イノセンス・プロジェクト / システム論 / 刑事弁護

  • 危険社会における終身拘禁者の社会復帰についての綜合的研究:無期受刑者処遇の社会化

    2017年4月 - 現在

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

     詳細を見る

    日本の無期刑処遇の実態調査、諸外国における終身刑の調査などを踏まえ、処遇プログラムの提案を行う

  • 刑事再審手続法改革のための実証的、比較法的研究

    2017年4月 - 2020年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

     詳細を見る

    刑事再審手続法改正要綱へ向けた実態調査、比較法的調査などを行う。

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 児童虐待事件における冤罪防止のための総合的研究

    2018年4月 - 2020年3月

    甲南学園  甲南学園平生記念人文・社会科学研究奨励助成金

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2022年度  刑事法・刑事訴訟法

    研究費の種類: 教員研究費

  • 2021年度  誤判・冤罪に関わる諸問題の総合的研究

    研究費の種類: 教員研究費

  • 2020年度  誤判・冤罪に関わる諸問題の総合的研究

    研究費の種類: 教員研究費

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 学生部長特別賞

    2018年2月   甲南大学  

    受賞者: えん罪救済学生ボランティア(えん罪救済学生サポーターズ)

    2016年度より行ってきた学生によるえん罪救済活動へのボランティア参加が、2017年度の学生部長特別賞を受賞した。

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2010年4月
    -
    現在

    刑事訴訟法関係の判例・解説集の執筆

  • 2010年4月
    -
    現在

    模擬裁判の実施

  • 2008年4月
    -
    現在

    課外活動

  • 2008年4月
    -
    現在

    独自の教材の開発

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年10月 - 現在   法と心理学会  理事

  • 2017年10月 - 現在   犯罪社会学会  常任理事

  • 2015年11月 - 2021年10月   法と心理学会  常任理事・事務局

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • えん罪救済センター(Innocence Project Japan)

    2015年5月 - 現在

     詳細を見る

    冤罪事件の支援を無償でおこなう団体。

  • SBS検証プロジェクト

    2017年9月 - 現在

     詳細を見る

    http://shakenbaby-review.com/

  • 季刊刑事弁護 編集委員

    2016年7月 - 現在

  • 大阪ボランティア協会・裁判員ACT(裁判への市民参加をすすめる会)

    2014年4月 - 現在