写真a

佐藤 泰弘 (サトウ ヤスヒロ)

SATO Yasuhiro

職名

教授

学位

文学博士(京都大学)

専門分野

日本史 古代史 中世史 平安時代 地方制度 財政 徴税 貨幣 貴族社会

研究分野・キーワード

日本史 古代史 中世史 平安時代 地方制度 財政 徴税 貨幣 貴族社会

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    1986年03月

    京都大学   文学部   史学科 国史専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年03月

    京都大学  文学研究科  国史学  博士課程  その他

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中

    甲南大学   文学部   教授  

  • 1999年04月
    -
    2005年03月

    甲南大学   文学部   助教授  

  • 1996年04月
    -
    1999年03月

    甲南大学   文学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1996年03月

      日本学術振興会  

  • 1992年04月
    -
    1994年03月

      日本学術振興会  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    継続中
     

    日本史研究会

  • 1988年
    -
    継続中
     

    史学会

  • 1988年
    -
    継続中
     

    京都民科歴史部会

  • 1988年
    -
    継続中
     

    史学研究会

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 日本の古代・中世における徴税の社会的影響

    その他の研究制度  

    研究期間: 2021年04月  -  2022年03月

  • 日本史の歴史叙述の方法/平安時代の徴税制度と社会変動

    その他の研究制度  

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月

    歴史叙述において社会変革をもたらしたインパクトを明らかにすることが重要である。それについて公田官物率法の官物率法の徴税制度が社会に与えた影響を総合的に検討することにより、徴税による社会変革を考える。

論文 【 表示 / 非表示

  • 現代に残る荘園

    佐藤泰弘

    大学的神戸ガイド ( 昭和堂出版 )    2021年03月

    単著

  • 受領の支配と地方の都市

    佐藤泰弘

    条里制・古代都市研究   ( 32 ) 39 - 52   2017年03月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • 東大寺の封物収納における返抄と下文

    佐藤泰弘

    『東大寺の新研究2 歴史のなかの東大寺』     2017年03月  [招待有り]

    単著

  • 出挙から農料へ―摂関期の在地を考えるために―

    佐藤泰弘

    日本史研究   ( 641 ) 3 - 19   2016年01月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • 日本中世の手形―新見荘の割符について―

    佐藤泰弘

    史林   96 ( 5 ) 1 - 35   2013年09月  [査読有り]

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大学的神戸ガイド

    佐藤泰弘、東谷智 他 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 現代の残る荘園 )

    昭和堂出版  2021年03月

  • 日本史講座3

    佐藤泰弘 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 荘園制と都鄙交通 )

    東京大学出版会  2004年

  • 日本の時代史5 平安京

    佐藤 泰弘 (担当: その他 , 担当範囲: 受領の誕生 )

    吉川弘文館  2002年

  • 日本中世の黎明

    佐藤 泰弘 (担当: その他 )

    京都大学学術出版会  2001年

  • 日本社会の史的構造 古代・中世編

    大山 喬平,劉 暁峰,佐藤 泰弘 他 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 平安時代東大寺の組織と財政 )

    思文閣出版  1997年

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 「荘園領主権の構造と変容」

    2007年06月  -  2007年06月

    鎌倉遺文研究会

  • 「申日」

    2004年09月  -  2004年09月

     平安京文化研究会

  • 「荘園制成立期について」

    2003年08月  -  2003年08月

     中世史サマーセミナー・シンポジウム

  • 「荘園制と都鄙交通」

    2002年09月  -  2002年09月

    日本史研究会古代・中世史合同部会

  • 「前田報告第3章へのコメント」

    1999年11月  -  1999年11月

     1999年度日本史研究会大会

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 荘園制の地域特性と内乱

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

    研究「荘園制の地域特性と内乱」は、日本中世において内乱が公武政権の政治秩序や地域構造に与える変動に注目して、荘園の地域的な特質とその変容、および荘園制という政治・社会体制の総体的な変動を分析し記述することを目的とする。とくに自然環境や地理的条件に基礎づけられるとともに、その時々の政治・社会情勢に規定された地域的な特徴を地域特性として捉え、それが内乱によって変化する様態を分析し記述する。

  • 治承・寿永内乱前後の荘園制の変貌にかんする研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月 

    治承・寿永内乱前後の荘園制の変貌を通して、内乱の原因や意義を明らかにする。

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 昭和奉公会

     2004年04月

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  日本古代・中世史 日本史の歴史叙述の方法/平安時代の徴税制度と社会変動

    研究費の種類: 教員研究費

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
     
     

    ティーチング・ポーフォリオについて

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    父母の会学生GP「甲南大学と明日香村の農的連携Ⅲ」の指導

  • 2010年09月
    -
    2010年11月

    現地踏査「飛鳥を歩こう」の企画・実施

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    父母の会学生GP「甲南大学と明日香村の農的連携Ⅱ」の指導

  • 2009年08月
     
     

    教員免許更新講習の担当

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    基礎演習Ⅰ、演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、卒業研究、
    日本史概説Ⅰ、日本史史料研究Ⅰ、日本史研究Ⅰ、日本文化史、博物館教育論、博物館実習Ⅱ、博物館実習Ⅲ、

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    学生が、歴史研究を基軸とした人文学の素養を身につけることを通じて、「自己の立ち位置を理解して未来を考える」という考え方を学び、社会人として成長することの一助としたい。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    前期はコロナ禍のため講義資料の配信(オンデマンド配信)を実施し、後期は通常の対面授業を実施した。
    例年は授業中における学生同士の議論により考える授業を行っているが、コロナ禍のため対面授業でも討議ができなかった。それを補うため、リアクションペーパーの質問を紹介するなどによって対応を工夫した。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    毎回のリアクションペーパー(小レポート)と期末レポートによる評価を行ったが、例年よりも丁寧な解答が多かった。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    オンデマンド配信資料の変換ミスなどのチェック漏れへの対応、資料のレイアウトの改善など。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年10月
    -
    2012年10月

    日本史研究会   編集委員

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    日本史研究会   研究委員長、

  • 1997年04月
    -
    1998年03月

    日本史研究会   編集委員

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

    日本史研究会   編集委員

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    日本史研究会   研究委員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 尼崎市立立花公民館「立花市民大学」

    2011年07月
     
     

  • 安土城考古博物館講座

    2011年07月
     
     

  • ラボール京都日本史講座

    2011年04月
     
     

    日本史講座の講師

  • 姫路市史編集専門委員

    2008年08月
    -
    現在

    姫路市史の編纂(古代担当)

  • 三田市史編纂委員

    2007年10月
    -
    2012年03月

    三田市史の編纂(古代担当)

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

      地域連携センター委員   (全学委員会)

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

      情報教育研究センター副所長   (全学委員会)