写真a

佐藤 泰弘 (サトウ ヤスヒロ)

SATO Yasuhiro

職名

教授

学位

文学博士(京都大学)

専門分野

日本史

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    1986年03月

    京都大学   文学部   史学科 国史専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年03月

    京都大学  文学研究科  国史学  博士課程  その他

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中

    甲南大学   文学部   教授  

  • 1999年04月
    -
    2005年03月

    甲南大学   文学部   助教授  

  • 1996年04月
    -
    1999年03月

    甲南大学   文学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1996年03月

      日本学術振興会  

  • 1992年04月
    -
    1994年03月

      日本学術振興会  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    継続中
     

    日本史研究会

  • 1988年
    -
    継続中
     

    史学会

  • 1988年
    -
    継続中
     

    京都民科歴史部会

  • 1988年
    -
    継続中
     

    史学研究会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 東大寺の封物収納における返抄と下文

    佐藤泰弘

    『東大寺の新研究2 歴史のなかの東大寺』     2017年03月  [招待有り]

    単著

  • 受領の支配と地方の都市

    佐藤泰弘

    条里制・古代都市研究   ( 32 ) 39 - 52   2017年03月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • 出挙から農料へ―摂関期の在地を考えるために―

    佐藤泰弘

    日本史研究   ( 641 ) 3 - 19   2016年01月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • 日本中世の手形―新見荘の割符について―

    佐藤泰弘

    史林   96 ( 5 ) 1 - 35   2013年09月  [査読有り]

    単著

  • 九世紀の輸送体系

    佐藤泰弘

    古代学協会編『仁明朝史の研究』思文閣出版     2011年  [招待有り]

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 日本史講座3

    佐藤泰弘 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 荘園制と都鄙交通 )

    東京大学出版会  2004年

  • 日本の時代史5 平安京

    佐藤 泰弘 (担当: その他 , 担当範囲: 受領の誕生 )

    吉川弘文館  2002年

  • 日本中世の黎明

    佐藤 泰弘 (担当: その他 )

    京都大学学術出版会  2001年

  • 日本社会の史的構造 古代・中世編

    大山 喬平,劉 暁峰,佐藤 泰弘 他 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 平安時代東大寺の組織と財政 )

    思文閣出版  1997年

  • 日本古代荘園図

    石上 英一,鎌田 元一,金田 章裕,栄原 永遠男,佐藤 泰弘 他 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 近江国水沼村墾田地図 )

    日本古代荘園図  1996年

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 「荘園領主権の構造と変容」

    2007年06月  -  2007年06月

    鎌倉遺文研究会

  • 「申日」

    2004年09月  -  2004年09月

     平安京文化研究会

  • 「荘園制成立期について」

    2003年08月  -  2003年08月

     中世史サマーセミナー・シンポジウム

  • 「荘園制と都鄙交通」

    2002年09月  -  2002年09月

    日本史研究会古代・中世史合同部会

  • 「前田報告第3章へのコメント」

    1999年11月  -  1999年11月

     1999年度日本史研究会大会

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 荘園制の地域特性と内乱

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

    研究「荘園制の地域特性と内乱」は、日本中世において内乱が公武政権の政治秩序や地域構造に与える変動に注目して、荘園の地域的な特質とその変容、および荘園制という政治・社会体制の総体的な変動を分析し記述することを目的とする。とくに自然環境や地理的条件に基礎づけられるとともに、その時々の政治・社会情勢に規定された地域的な特徴を地域特性として捉え、それが内乱によって変化する様態を分析し記述する。

  • 治承・寿永内乱前後の荘園制の変貌にかんする研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月 

    治承・寿永内乱前後の荘園制の変貌を通して、内乱の原因や意義を明らかにする。

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 昭和奉公会

     2004年04月

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
     
     

    ティーチング・ポーフォリオについて

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    父母の会学生GP「甲南大学と明日香村の農的連携Ⅲ」の指導

  • 2010年09月
    -
    2010年11月

    現地踏査「飛鳥を歩こう」の企画・実施

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    父母の会学生GP「甲南大学と明日香村の農的連携Ⅱ」の指導

  • 2009年08月
     
     

    教員免許更新講習の担当

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    日本史概説Ⅰ(1年次配当、2単位)、日本史研究Ⅰ(2年次配当、2単位)、基礎演習Ⅰ(1年次配当、2単位)、演習Ⅰ(2年次配当、2単位)、演習Ⅱ(2年次配当、2単位)、演習Ⅲ(3年次配当、2単位)、演習Ⅳ(3年次配当、2単位)、卒業研究(4年次配当、8単位)。

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

     歴史を学ぶことは歴史的事実を暗記することだと考えている学生や、新しい歴史的知識を教えてもらうことであると考えている学生が多い。大学で学ぶ歴史で重要なことは、歴史を詳しく知ることだけではなく、どのような史料から、どのような手続によって歴史的事実が確定されるのかを考え実践することである。この考える歴史の最初のステップは史料を読み考えることである。そのプロセスはゼミ発表やレポート、卒業論文を作成するなかで身につけるが、講義においても学生に「考えて言葉にする」機会を提供することが望ましい。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

     講義では、取り上げるテーマについて説明しながら関連する史料を紹介し、そこから何が分かるのかを受講生に考えさせる。5分~10分の時間を与え、それを小さいレポート用紙にまとめる。意見を練るために座席の近い者同士で話し合うことも推奨するが、文章は個々にまとめる。教室を巡りながら面白いものをピックアップし、そのなかから2,3名に自分の書いた文章を読ませ、コメントする。その後で私が何を考えたかを説明し、講義のテーマに戻って検討したことを位置付ける。基本的に正解はないが、事実関係の誤解や論理の間違いは指摘する。レポート用紙は回収し、特に面白い内容は翌週の講義で紹介するよう努めている。また、演習(ゼミ)においては、他人の報告に対して必ず質問することを求めている。ゼミの進行は司会に任せ、司会・質問・回答の仕方が悪い場合のみ介入する。私から報告者への講評・指導はゼミ生同士の質疑を踏まえて、ゼミの最後に行っている。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

     講義では、受講生が考えをまとめることに習熟していくが、歴史的背景を押さえて史料を読み込む学生と、漫然と聴講している学生とには顕著な差異が見られる。日本史概説は時代ごとのトピックを取り上げるためか、学生は過去の講義を想起して考察する姿勢に乏しい。ゼミでは司会・討論の仕方が次第に上達し、的確な質問が増えている。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

     講義では、対象とする史料の背景説明を詳細にすること、事前学習として教科書を読む際のポイントを明確にすること、過去の講義を想起させることなど、考えるためのヒントの示し方を工夫し、一歩踏み込んだ考察につなげたい。講義資料は改良を加えているが、史料の現代語訳を増やすかどうかを検討する必要がある。ゼミでは、報告に対し私が講評し指導する時間が足りなくなることがあり、時間配分の工夫が必要である。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、リアクションペーパー、授業改善アンケート(自由記述欄)

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年10月
    -
    2012年10月

    日本史研究会   編集委員

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    日本史研究会   研究委員長、

  • 1997年04月
    -
    1998年03月

    日本史研究会   編集委員

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

    日本史研究会   編集委員

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    日本史研究会   研究委員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 尼崎市立立花公民館「立花市民大学」

    2011年07月
     
     

  • 安土城考古博物館講座

    2011年07月
     
     

  • ラボール京都日本史講座

    2011年04月
     
     

    日本史講座の講師

  • 姫路市史編集専門委員

    2008年08月
    -
    現在

    姫路市史の編纂(古代担当)

  • 三田市史編纂委員

    2007年10月
    -
    2012年03月

    三田市史の編纂(古代担当)

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

      地域連携センター委員   (全学委員会)

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

      情報教育研究センター副所長   (全学委員会)