写真a

高石 恭子 (タカイシ キヨウコ)

TAKAISHI Kyoko

職名

教授

学位

博士(教育学)(京都大学), 教育学修士(京都大学), 教育学士(京都大学)

専門分野

臨床心理学,学生相談 ,

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   教育学部   教育心理学   卒業

    - 1983年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   教育学研究科   教育方法学   博士課程   単位取得満期退学

    - 1988年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   文学部   教授

    2003年4月 - 現在

  • 甲南大学   文学部   助教授

    1996年4月 - 2003年3月

  • 甲南大学   文学部   講師

    1992年4月 - 1996年3月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都大学大学院教育学研究科

    2017年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 京都大学大学院教育学研究科

    2004年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 京都大学教育学部

    1999年9月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 京都大学教育学部

    1988年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 関西テレビ放送番組審議会

    2002年7月 - 2007年5月

  • 独立行政法人日本学生支援機構の評価等に関する有識者会議

    2017年6月 - 現在

  • 日本臨床心理士会

    1989年4月 - 現在

  • 日本箱庭療法学会(国内)

    1989年4月 - 現在

  • 日本教育心理学会(国内)

    1983年4月 - 現在

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 新型コロナ禍の影響下における学生相談のあり方について

    その他の研究制度  

    研究期間: 2020年3月  -  現在

     詳細を見る

    コロナ禍の影響により遠隔授業が導入され、学生の活動が制限されたなかでの新たな学生相談の方法論を検討する。

  • 発達障害学生に必要となる支援の実際と合理的配慮に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2014年4月  -  2017年3月

     詳細を見る

    発達障害とその傾向をもつ学生に対して必要な支援について、学生相談カウンセラーの立場から、複数の大学の学生相談機関における支援例の調査等を通して課題を抽出し、あるべき支援のモデルを構築する。

  • 心理臨床におけるイメージの言語化の意義

    その他の研究制度  

    研究期間: 2013年4月  -  現在

  • 育てることをめぐる臨床心理学的研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2008年4月  -  2013年3月

     詳細を見る

    乳幼児から青年、若い成人期に至る子どもとその親との関係に通底する今日的な問題を、臨床心理学の視座から研究する。

  • 自我体験の心理学的研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2004年4月  -  2008年3月

     詳細を見る

    自我意識が発達的に質的な変容を遂げる節目の主観的体験について、調査及び事例を基にその様相を明らかにしていく。

論文 【 表示 / 非表示

  • コロナ禍が加速した学生の体験様式の変容について

    高石恭子

    甲南大学学生相談室紀要   29   40 - 52   2022年2月

  • 高等教育の遠隔実施下におけるハイブリッド型学生相談についての一考察

    高石恭子

    甲南大学学生相談室紀要   ( 28 )   62 - 75   2021年2月

     詳細を見る

    単著

    出版者・発行元:甲南大学カウンセリングセンター学生相談室  

  • 学生相談と多様性

    高石恭子

    甲南大学学生相談室紀要   ( 27 )   60 - 71   2020年2月

     詳細を見る

    単著

    出版者・発行元:甲南大学カウンセリングセンター学生相談室  

  • 学生相談における見立て―初年次から卒業後まで関わった男子学生の一事例を通して―

    高石恭子

    甲南大学学生相談室紀要   ( 26 )   52 - 66   2019年2月

     詳細を見る

    単著

    担当区分:筆頭著者  

  • 学生相談カウンセラーによる発達障害学生への支援の現状に関する研究 査読あり

    吉良安之,高石恭子,内野悌司,菊池悌一郎,福留留美,福盛英明,松下智子,田島晶子

    学生相談研究   39 ( 1 )   1 - 13   2018年7月

     詳細を見る

    共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 子育ての常識から自由になるレッスンーおかあさんのミカタ

    高石恭子( 担当: 単著)

    世界思想社  2021年6月 

  • 学生相談の広がりと深まり

    吉良安之,高松里 他( 担当: 分担執筆)

    花書院  2021年2月 

  • 学生相談ハンドブック新訂版

    齋藤憲司,高石恭子,早坂浩志,高野明(編集幹事)他( 担当: 共著 ,  範囲: 第3章 学生相談における見立て, 第11章 保護者に向けた活動)

    学苑社  2020年5月  ( ISBN:978-4-7614-0815-2

  • 自我体験とは何か 私が<私>に出会うということ

    高石恭子( 担当: 単著)

    創元社  2020年3月  ( ISBN:978-4-422-11649-5

  • 保育と心理臨床をつなぐ 保育者・心理職・保護者の協働をめざして

    滝口敏子・井上宏子・井口眞美編著( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: コラム4 働くママにおくるエール p.63-64)

    ミネルヴァ書房  2018年7月 

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • コロナ禍で問われる「おかあさんのミカタ」ー私たちはどのようにして危機を通して意識を変えられるのか―

    高石恭子

    乳房文化研究会2021年度講演録   85 - 97   2022年7月

     詳細を見る

    掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  • 子育てには「終わり」があると知っておこうー子育てがつらいと感じる人へ

    高石恭子

    心理臨床の広場   15 ( 1 )   42 - 42   2022年4月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • コロナ禍における大学生のメンタルヘルス

    高石恭子

    神戸女学院大学カウンセリングルーム紀要   ( 27 )   5 - 19   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  • 本田論文へのコメントー母親面接という奥深い世界

    高石恭子

    神戸女学院大学大学院人間科学研究科心理相談室紀要「心理相談研究」   ( 23 )   49 - 52   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  • 田中論文へのコメントー母親担当者に求められる複眼のまなざし

    高石恭子

    帝塚山学院大学大学院心理教育相談センター紀要   ( 18 )   43 - 47   2022年3月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 対面と遠隔の融和領域としての描画

    穂苅千恵・佐々木玲仁・香月奈々子・高石恭子

    日本箱庭療法学会第34回大会  (オンライン)  2021年10月  日本箱庭療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

  • 実行委員会企画 構造化ディスカッショングループ

    齋藤憲司・杉江征・高石恭子・織田万美子・田村友一

    日本心理臨床学会第40回大会  (オンライン)  2021年9月  日本心理臨床学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    構造化ディスカッショングループ「学生相談の魅力:学生相談と心理臨床の弁証法的展開」

  • 私たちは何に直面し、どんな工夫をして、そして何を学んだのか~1年3か月を振り返って、明日を考える

    藤原祥子,池田忠義,可児由香,高石恭子,佐藤純

    日本学生相談学会第39回大会シンポジウム  (オンライン)  日本学生相談学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    2021.5.17開催

  • 新型コロナウイルス感染症と学生の心のケア 招待あり

    高石恭子

    現代若者の心と行動を考える研究会第8回例会  (オンライン)  現代若者の心と行動を考える研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • 会員企画シンポジウム2「原点としての描画法から、現代描画法理論の生成へ」

    佐々木玲仁,香月奈々子,高石恭子,穂苅千恵

    日本心理臨床学会第39回大会  (オンライン)  日本心理臨床学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 「働くママと子どもの<ほどよい距離>のとり方」榊原洋一監修・高石恭子編  甲南大学人間科学研究所紀要「心の危機と臨床の知」17号,173-175頁

    2016年3月

     詳細を見る

    書評

  • 「ヒルガード 分割された意識」 A.R.ヒルガード著/児玉憲典訳 「臨床心理学」77,753-754頁

    2013年9月

     詳細を見る

    書評

  • 「ひきこもり」考 河合俊雄・内田由紀子編 「児童心理」No.971,127頁

    2013年8月

     詳細を見る

    書評

  • 「風景構成法のしくみ」 佐々木玲仁著 「臨床心理学」75,455頁

    2013年5月

     詳細を見る

    書評

  • 「母親になるということ」 D.N.スターン他著/北村婦美訳 「心理臨床学研究」31-1,158-160頁

    2013年4月

     詳細を見る

    書評

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本学生相談学会学会賞

    2016年5月   日本学生相談学会  

    高石恭子

  • 日本学生相談学会実践活動奨励賞

    2003年5月   日本学生相談学会  

    高石恭子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 発達障害学生に必要となる支援の実際と合理的配慮に関する研究

    2014年4月 - 2017年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

     詳細を見る

    発達障害とその傾向をもつ学生に対して必要な支援について、学生相談カウンセラーの視点から、複数の大学での支援の現状調査を通して検討し、あるべき支援のモデルを構築する。

  • 前思春期の自我発達と自我体験について

    1993年4月 - 1994年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 症例研究(A)

     詳細を見る

    自我を対象的に把握する自己意識の質的転換が主観的体験となる例があることに注目し、前思春期の年代におけるそれらの様相を、調査データならびに事例データより考察する。

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ライフサイクルにおける自我体験に関する研究

    2004年4月 - 2005年3月

    その他財団等  私学研修福祉会国内研修助成

     詳細を見る

    自我体験という主観的な自己意識の体験を、幼児期から老年期にわたるまでのライフサイクル上に位置づけ、それぞれの時期の特徴を考察する。

  • ライフサイクルの観点から見た自我体験の臨床心理学的研究

    2000年4月 - 2002年3月

    その他財団等  稲盛財団研究助成

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 心の危機の見極めと実践的ネットワークの創造

    国内共同研究

    2008年4月 - 2013年3月

  • 現代人の心の危機の総合的研究

    国内共同研究

    2003年4月 - 2008年3月

  • 現代人のメンタリティに関する総合的研究

    国内共同研究

    1998年4月 - 2003年3月

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 私学研修福祉会

     2004年4月

  • 稲盛財団

     2000年4月

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2022年度  学生相談の実践的研究

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    ハイブリッド型教育が導入された大学での有効な学生相談の方法を模索するために、テクノロジーを活用した学生相談の実践研究を行う。

  • 2021年度  発達障害・精神障害のある学生への心理援助のあり方について

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    臨床心理学の専門性を学生相談に活かすことを目的とし、ハイブリッド型教育が導入された大学での有効な学生相談の方法を探索するため、Webを活用した学生相談の実践研究を行う。

  • 2020年度  発達障害・精神障害のある学生への心理援助のあり方について

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    臨床心理学の専門性を学生相談に活かすことを目的とし、ハイブリッド型教育が導入された大学での有効な学生相談の方法を探索するため、Webを活用した学生相談の実践研究を行う。

 

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    心の健康科学(1~2年次配当、2単位)、自己の探求(1~2年次配当、2単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    学生相談実践の核となる臨床心理学の知識体系を用いて、学生が自己の内面を客観的に理解し、自分をコントロールできる力を高め、大学におけるさまざまな学びを主体的に総合して社会で生きていくために活用できるようになることを目指している。臨床心理学に基づくということは、日常の意識的な自己理解から一歩掘り下げ、無意識的な領域を含めた新たな自己の一面に気づいていくという発見的な学習を意図している。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    まず「心の健康科学」においては、人の心のしくみや健康と病について基礎的な知識を習得するが、同時に標準化された自己チェックリスト等を用いて、他者と比較したときの自己の特徴についても理解できるようにする。本年度もコロナ禍への対応によりWeb活用授業となったため、毎回の授業後課題やレポートの提出を通して、内省的に自己理解を深められるよう工夫した。さらに、「心の健康科学」を習得済であることが履修条件の「自己の探求」においては、少人数のため対面授業を行い、ボディワークやイメージ表現ワークなどを行い、体験的に自己理解や他者理解の力が高められるよう工夫している。いずれの授業も、提示・配布資料はMyKONAN上に掲載し、とくに事後の学習が十分行えるようにしている。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    「心の健康科学」では、全体を4つの単元に分け、理解度を確認するため単元ごとの小レポートを課し、その上で期末レポートにおいては、現代社会との関連で、一人ひとりが心を健康に生きていく上で必要な課題について自分の考えをまとめる作業を課している。「自己の探求」では、毎回授業で行った実習に関して自己分析を求めるレポートを課している。とくに大人数の講義(心の健康科学)においては、本年度も大教室ではなくオンラインでの個別の受講となったため、例年より参加度、理解度、学生の満足度ともに高いものになった。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    履修人数が多くオンライン実施になる場合でも、できるだけ実習的要素を盛り込み、学生が主体的に毎回の授業に参加し、単に知的理解に留まらない体験的な自己理解を深められるような工夫が必要である。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、小レポート、授業改善アンケート

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年6月 - 現在   公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会  評議員

  • 2022年4月 - 現在   公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会臨床心理士養成のための大学院専門職学位課程・判定委員会  委員

  • 2021年5月 - 現在   日本心理臨床学会  代議員

  • 2019年6月 - 現在   独立行政法人日本学生支援機構の評価等に関する有識者会議  委員

  • 2017年6月 - 2019年3月   独立行政法人日本学生支援機構の評価等に関する有識者会議  委員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 2022年度第1回一般社団法人日本箱庭療法学会研修会

    役割:講師

    一般社団法人日本箱庭療法学会  京都リサーチパーク+オンライン  2022年7月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者, 研究者, 学術団体

    全体会講演「学士相談におけるコロナ禍の面接経験から―遠隔相談とイメージ体験をめぐって―」
    第1分科会「コロナ禍の学生相談っ事例に学ぶ」
    濱靖子氏の事例「コロナ禍に引きこもった大学生とのイメージを用いた面接過程」へのコメント

  • 令和4年度(通算第67回)学生生活指導部課長相当者研修会「長期化するコロナ禍での学生支援」

    役割:講師

    一般社団法人私学研修福祉会主催・日本私立大学協会協力  オンライン  2022年7月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    講演「いま大学で対応すべき学生の心のケアと成長支援」

  • 第35回ピアラン勉強会

    役割:情報提供

    ピアラーニングについて考える勉強会  オンライン  2022年3月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    話題提供「学生相談室からみたコロナ禍の学生のこころの状況」

  • 山梨学生相談研究会

    役割:講師

    山梨学生相談研究会  2022年3月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    講演「アフターコロナにおける今後の学生相談の展望~こころの『蜜』を取り戻すための長い道のりに向けて~」

  • 大学コンソーシアム京都2021年度FDフォーラム

    役割:講師

    大学コンソーシアム京都  オンライン  2022年2月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 社会人・一般

    第10分科会「学生支援の『場』を問い直す~コロナ禍での現状と課題~」
    講演1「学生支援におけるキャンパスという『場』の意義」

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 学生相談・学生支援の方法論と実際(講演等)

    学生相談・学生支援の方法論と実際(講演等)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理士

  • 公認心理師

  • 大学カウンセラー

教員組織審査実績 【 表示 / 非表示

  • 2003年4月   甲南大学   教授

  • 1996年4月   甲南大学   助教授

  • 1992年4月   甲南大学   講師