写真a

高石 恭子 (タカイシ キヨウコ)

TAKAISHI Kyoko

職名

教授

学位

博士(教育学)(京都大学), 教育学修士(京都大学), 教育学士(京都大学)

専門分野

学生相談, 臨床心理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年03月

    京都大学   教育学部   教育心理学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    京都大学  教育学研究科  教育方法学  博士課程  単位取得満期退学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    継続中

    甲南大学   文学部   教授  

  • 1996年04月
    -
    2003年03月

    甲南大学   文学部   助教授  

  • 1992年04月
    -
    1996年03月

    甲南大学   文学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

      京都大学大学院教育学研究科  

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

      京都大学大学院教育学研究科  

  • 1999年09月
    -
    2000年03月

      京都大学教育学部  

  • 1988年04月
    -
    1992年03月

      京都大学教育学部  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2017年07月
    -
    継続中
     

    Association for University and College Counseling Center Directors

  • 2017年06月
    -
    2019年03月
     

    独立行政法人日本学生支援機構の評価等に関する有識者会議

  • 2011年02月
    -
    2015年03月
     

    文部科学省独立行政法人外部評価委員会

  • 2006年06月
    -
    継続中
     

    兵庫県養父市大規模事業評価委員会

  • 2005年05月
    -
    2006年03月
     

    兵庫県「警察署のあり方を考える懇談会」

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 発達障害学生に必要となる支援の実際と合理的配慮に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2014年04月  -  2017年03月

    発達障害とその傾向をもつ学生に対して必要な支援について、学生相談カウンセラーの立場から、複数の大学の学生相談機関における支援例の調査等を通して課題を抽出し、あるべき支援のモデルを構築する。

  • 心理臨床におけるイメージの言語化の意義

    その他の研究制度  

    研究期間: 2013年04月  -  継続中

  • 育てることをめぐる臨床心理学的研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2008年04月  -  2013年03月

    乳幼児から青年、若い成人期に至る子どもとその親との関係に通底する今日的な問題を、臨床心理学の視座から研究する。

  • 自我体験の心理学的研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2004年04月  -  2008年03月

    自我意識が発達的に質的な変容を遂げる節目の主観的体験について、調査及び事例を基にその様相を明らかにしていく。

論文 【 表示 / 非表示

  • 学生相談における見立て―初年次から卒業後まで関わった男子学生の一事例を通して―

    高石恭子

    甲南大学学生相談室紀要   ( 26 ) 52 - 66   2019年02月

    単著

  • 学生相談カウンセラーによる発達障害学生への支援の現状に関する研究

    吉良安之,高石恭子,内野悌司,菊池悌一郎,福留留美,福盛英明,松下智子,田島晶子

    学生相談研究   39 ( 1 ) 1 - 13   2018年07月  [査読有り]

    共著

  • 自我体験の発達と危機

    高石恭子

    臨床心理学   18 ( 2 ) 203 - 207   2018年03月  [招待有り]

    単著

  • 多元的自己の時代における自我体験の様相―1982年と2005年の経年比較を通して―

    高石恭子

    甲南大学学生相談室紀要   ( 25 ) 38 - 56   2018年02月

    単著

  • Aspects of Ego-experience of Japanese Adolescence in the Early 21st Century: As Seen in Surveys from 1982 and 2005

    Kyoko Takaishi

    Psychologia   60 ( 4 ) 169 - 187   2017年12月  [査読有り]

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 保育と心理臨床をつなぐ 保育者・心理職・保護者の協働をめざして

    滝口敏子・井上宏子・井口眞美編著 (担当: 共編者 , 担当範囲: コラム4 働くママにおくるエール p.63-64 )

    ミネルヴァ書房  2018年07月

  • 働くママと子どもの<ほどよい距離>のとり方

    榊原洋一監修,高石恭子編 (担当: 編者 )

    柘植書房新社  2016年07月

  • 子どもの自我体験(ドルフ・コーンスタム著)

    渡辺恒夫,高石恭子 (担当: 共訳 )

    金子書房  2016年02月

  • ヒルガードの心理学第16版

    内田一成監訳、高石恭子他分担訳 (担当: 共訳 , 担当範囲: 第16章 )

    金剛出版  2015年09月

  • 学生相談から切り拓く大学教育実践

    窪内節子,髙橋寛子,田中健夫,高石恭子他 (担当: 共編者 , 担当範囲: 第5章 主体をかたちづくる―現代学生の自己形成の特徴と学びへの支援 )

    学苑社  2015年04月 ISBN: 978-4-7614-0769-8

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 岩井論文へのコメント―心理療法のルール、「チーム学校」のルール

    高石恭子

    心理相談研究 ( 神戸女学院大学大学院人間科学研究科心理相談室 )  ( 20 ) 164 - 167   2019年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 井上美穂氏の事例研究へのコメント―6歳の子どもが気持ちを伝えられるようになるために必要なこと

    高石恭子

    心理相談研究紀要 ( 神戸親和女子大学心理・教育相談室 )  ( 17 ) 27 - 29   2019年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 葺石論文へのコメント―母親になるということの内的な危機と恩寵

    高石恭子

    京都学園大学付属心理教育相談室紀要「心理臨床研究」 ( 京都学園大学付属心理教育相談室 )  ( 16 ) 51 - 56   2019年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 立川論文へのコメント―「困る」から「悩む」への変容を支える面接に向けて

    高石恭子

    天理大学カウンセリングルーム紀要 ( 天理大学カウンセリングルーム )  ( 15 ) 39 - 41   2019年02月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 渕上秀美氏の事例研究へのコメント―心理臨床におけるコミュニケーションとは何か

    高石恭子

    心理相談研究紀要 ( 神戸親和女子大学心理・教育相談室 )  ( 16 ) 97 - 101   2018年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Public University lecturer's attitudes to reasonable accommodation for students with developmental disorders in Japan

    Tomoko Matsushita,Yasuyuki Kira,Kyoko Takaishi,Teiji Uchino,Teiichiro Kikuchi,Rumi Fukudome,Hideaki Fukumori

    ヨーロッパ心理学会  (Moscow, Russia)  2019年07月  -  2019年07月    European Congress of Psychology

  • 学生相談における見立て―その多面性・多層性を探る―

    岡伊織,馬渕麻由子,高石恭子,毛利眞紀

    第52回全国学生相談研究会議 東京・両国シンポジウム  (第一ホテル両国)  2019年01月  -  2019年01月    全国学生相談研究会議

  • 他職種と連携する領域での心理臨床家としての独自性と専門性―その1

    中村聡美,高石恭子,上田鼓

    日本心理臨床学会第36回大会  (パシフィコ横浜)  2017年11月  -  2017年11月    日本心理臨床学会

  • 障がい学生への合理的配慮と学生相談室

    近藤武夫,高石恭子,早坂浩志

    日本心理臨床学会第36回大会  2017年11月  -  2017年11月    日本心理臨床学会

  • 発達障害学生の支援の現状に関する調査研究

    吉良安之,高石恭子,内野悌司,菊池悌一郎,福留留美,福盛英明,松下智子,田島晶子

    日本学生相談学会第35回大会  (中部大学)  2017年05月  -  2017年05月    日本学生相談学会

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 「働くママと子どもの<ほどよい距離>のとり方」榊原洋一監修・高石恭子編  甲南大学人間科学研究所紀要「心の危機と臨床の知」17号,173-175頁

    2016年03月  -  2016年03月

    書評

  • 「ヒルガード 分割された意識」 A.R.ヒルガード著/児玉憲典訳 「臨床心理学」77,753-754頁

    2013年09月  -  2013年09月

    書評

  • 「ひきこもり」考 河合俊雄・内田由紀子編 「児童心理」No.971,127頁

    2013年08月  -  2013年08月

    書評

  • 「風景構成法のしくみ」 佐々木玲仁著 「臨床心理学」75,455頁

    2013年05月  -  2013年05月

    書評

  • 「母親になるということ」 D.N.スターン他著/北村婦美訳 「心理臨床学研究」31-1,158-160頁

    2013年04月  -  2013年04月

    書評

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本学生相談学会学会賞

    2016年05月23日   日本学生相談学会  

    受賞者:  高石恭子

  • 日本学生相談学会実践活動奨励賞

    2003年05月11日   日本学生相談学会  

    受賞者:  高石恭子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 発達障害学生に必要となる支援の実際と合理的配慮に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

    発達障害とその傾向をもつ学生に対して必要な支援について、学生相談カウンセラーの視点から、複数の大学での支援の現状調査を通して検討し、あるべき支援のモデルを構築する。

  • 前思春期の自我発達と自我体験について

    症例研究(A)

    研究期間:  1993年04月  -  1994年03月 

    自我を対象的に把握する自己意識の質的転換が主観的体験となる例があることに注目し、前思春期の年代におけるそれらの様相を、調査データならびに事例データより考察する。

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ライフサイクルにおける自我体験に関する研究

    提供機関:  その他財団等  私学研修福祉会国内研修助成

    研究期間: 2004年04月  -  2005年03月 

    自我体験という主観的な自己意識の体験を、幼児期から老年期にわたるまでのライフサイクル上に位置づけ、それぞれの時期の特徴を考察する。

  • ライフサイクルの観点から見た自我体験の臨床心理学的研究

    提供機関:  その他財団等  稲盛財団研究助成

    研究期間: 2000年04月  -  2002年03月 

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 心の危機の見極めと実践的ネットワークの創造

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2008年04月  -  2013年03月 

  • 現代人の心の危機の総合的研究

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2003年04月  -  2008年03月 

  • 現代人のメンタリティに関する総合的研究

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 1998年04月  -  2003年03月 

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 私学研修福祉会

     2004年04月

  • 稲盛財団

     2000年04月

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2008年09月
    -
    継続中

    広域副専攻科目健康科学コース「自己の探究」

  • 2008年04月
    -
    継続中

    広域副専攻科目健康科学コース「心の健康科学」

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    心の健康科学(1~2年次配当、2単位)、自己の探求(1~2年次配当、2単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    学生相談実践の核となる臨床心理学の知識体系を用いて、学生が自己の内面を客観的に理解し、自分をコントロールできる力を高め、大学におけるさまざまな学びを主体的に総合して社会で生きていくために活用できるようになることを目指している。臨床心理学に基づくということは、日常の意識的な自己理解から一歩掘り下げ、無意識的な領域を含めた新たな自己の一面に気づいていくという発見的な学習を意図している。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    まず「心の健康科学」においては、人の心のしくみや健康と病について基礎的な知識を習得するが、同時に標準化された自己チェックリスト等を用いて、他者と比較したときの自己の特徴についても理解できるようにする。さらに、「心の健康科学」を習得済であることが履修条件の「自己の探求」においては、毎回の授業で心理テストを用いた自己分析、構成的グループワーク(ディスカッションによる問題解決等)、イメージ表現ワークなどを行い、体験的に自己理解や他者理解の力が高められるよう工夫している。いずれの授業も、提示・配布資料はMyKONAN上に掲載し、とくに事後の学習が十分行えるようにしている。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    「心の健康科学」では、全体を4つの単元に分け、理解度を確認するため単元ごとの小レポートを課し、その上で期末レポートにおいては、現代社会との関連で、一人ひとりが心を健康に生きていく上で必要な課題について自分の考えをまとめる作業を課している。「自己の探求」では、毎回授業で行った実習ないしグループワークに関して自己分析を求めるレポートを課し、コメントを付けて返却しているのに加え、期末には自己を多角的総合的に分析し、新たな発見について言語化するレポートを課している。大人数の講義(心の健康科学)においては、レポートから評価できる理解度には個人差が大きいが、体験型クラス(自己の探求)においては、学生の参加度、理解度、満足度は相対的に高いものとなっている。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    履修人数が多い場合でも、できるだけ小グループに分けるなどの工夫を行い、学生が主体的に毎回の授業に参加し、単に知的理解に留まらない、体験的な自己理解を深められるような工夫が必要である。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、小レポート、授業改善アンケート

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年06月
    -
    2021年03月

    独立行政法人日本学生支援機構の評価等に関する有識者会議   委員

  • 2017年06月
    -
    2019年03月

    独立行政法人日本学生支援機構の評価等に関する有識者会議   委員

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省政策評価に関する有識者会議ワーキングチーム   委員

  • 2011年02月
    -
    2015年03月

    文部科学省独立行政法人外部評価委員会   委員

  • 2006年06月
    -
    継続中

    兵庫県養父市大規模事業評価委員会   委員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理士子育て支援合同委員会主催 第15回子育て支援講座

    2019年06月
     
     

    講演「ネット時代の子育てで私たちが得たこと、失ったこと」
    講師 京都国際会館 2019.6.30

  • 京都府臨床心理士会主催第76回研修会

    2019年06月
     
     

    講演「学生相談と臨床」講師 および
    千秋佳世氏の事例発表への指定討論
    京都府総合教育センター 2019.6.23

  • 日本学生相談学会第37回大会

    2019年05月
     
     

    ワークショップ「学生相談総論」講師
    大妻女子大学 2019.5.18

  • 神戸学院大学共通教育センター2019年度FD研修会

    2019年04月
     
     

    講演「配慮の必要な学生への支援と合理的配慮」講師
    神戸学院大学ポートアイランドキャンパス 2019.4.6

  • 九州大学キャンパスライフ・健康支援センター主催 来談学生保護者のつどい

    2019年03月
     
     

    卓話「人生100年時代の子育て~向き合うことと寄り添うこと」講師
    九州大学伊都キャンパス 2019.3.16

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 学生相談・学生支援の方法論と実際(講演等)

    学生相談・学生支援の方法論と実際(講演等)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 公認心理師

  • 臨床心理士

  • 大学カウンセラー

教員組織審査実績 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月   甲南大学   教授

  • 1996年04月   甲南大学   助教授

  • 1992年04月   甲南大学   講師