写真a

甲元 一也 (コウモト カズヤ)

KOUMOTO Kazuya

職名

教授

学位

博士(工学)(九州大学), 修士(工学)(九州大学)

専門分野

生体関連化学, 生物機能・バイオプロセス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1995年03月

    九州大学   工学部   応用物質科学科    飛び級

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    九州大学  工学研究科  物質創造工学専攻  博士課程  修了

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    九州大学  工学研究科  分子システム工学専攻  修士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    甲南大学   フロンティアサイエンス学部   生命化学科   教授  

  • 2009年04月
    -
    2018年03月

    甲南大学   フロンティアサイエンス学部   生命化学科   准教授  

  • 2004年04月
    -
    2009年03月

    甲南大学   先端生命工学研究所   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

      北九州市立大学国際環境工学部  

  • 2002年01月
    -
    2002年03月

      九州大学大学院応用化学部門  

  • 2000年04月
    -
    2001年12月

      科学技術振興事業団分子転写プロジェクト  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
    -
    継続中
     

    日本農芸化学会

  • 2010年05月
    -
    継続中
     

    生物工学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    有機合成化学協会(国内)

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    フロンティア生命化学研究会(国内)

  • 2002年05月
    -
    継続中
     

    アメリカ化学会(国外)

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Improved stability and photodynamic activity of water-soluble 5,15-diazaporphyrins incorporated in b-(1,3-1,6)-D-glucan with on-off switch

    Shodai Hino, Shuhei Satake, Hideyuki Shinmori, Shigeki Kawabata, Kazuya Koumoto, Toshio Suzuki, Takeshi Nagasaki, Kouta Sugikawa, Riku Kawasaki, Atsushi Ikeda

    Chemistry an Asian Journal ( Wiley-VCH )  15   365 - 370   2020年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Water-solubilization of fullerene derivatives by β-(1,3-1,6)-D-glucan and their photodynamic activities toward macrophages

    Atsushi Ikeda, Tatsuya Iizuka, Naotake Maekubo, Kazuyuki Nobuswa, Kouta Sugikawa, Kazuya Koumoto, Toshio Suzuki, Takeshi Nagasaki, Motofusa Akiyama

    Chemistry an Asian Journal   12   1069   2017年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Formation of β-(1,3-1,6)-D-glucan-complexed [70]fullerene and its photodynamic activity towards macrophages

    Motofusa Akiyama, Kouta Sugikawa, Kazuya Koumoto, Yua Kashijima, Jiawei Li, Toshio Suzuki, Takeshi Nagasaki, Atsushi Ikeda

    Organic & Biomolecular Chemistry   15   1990 - 1997   2017年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Increased yield of β-glucosidase-catalyzed hydrolysis reactions in the presence of betaine-type metabolite analog

    Shiro Sehata, Ryojun Suzuki, Kazuya Koumoto

    Bioprocess Biosystem Engineering   40   153 - 159   2017年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Lipid-membrane-incorporated arylboronate esters as agents for boron neutron capture therapy

    Masafumi Ueda, Kengo Ashizawa, Kouta Sugikawa, Kazuya Koumoto, Takeshi Nagasaki, Atsushi Ikeda

    Organic & Biomolecular Chemistry   15   1565 - 1569   2017年  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 絵で見てわかるナノDDS 遺伝子医学MOOK別冊

    甲元 一也 (担当: その他 )

    メディカルドゥ  2007年

  • A novel triple helix consisting of one polynucleotide and two polysaccharide chainsMacromolecular Nano-Structured Material

    Edited by N. Ueyama, A. Harada 甲元一也 (担当: 共著 )

    Macromolecular Nanostructured Material,  2004年11月

    78, 281-296 (2004) Edited by N. Ueyama, A. Harada (Springer, 233 Spring Street, NewYork, NY 10013, USA)

  • Macromolecular Nanostructured Material

    甲元 一也 (担当: その他 )

    Springer  2004年

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 代謝産物アナログによる酵素活性化・安定化

    高木琴味、甲元一也

    月刊バイオインダストリー ( CMC出版 )  30 ( 8 ) 43 - 50   2013年08月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • Cellular zwitterionic metabolite analogs simultaneously enhance reaction rate, thermostability, salt tolerance, and substrate specificity of α-glucosidase

    E. Deguchi, K. Koumoto

    Bioorg. Med. Chem.   19 ( 10 ) 3128 - 3134   2011年

    共著

    DOI PubMed

  • 糖分子を認識する人工レセプター:ボロン酸

    甲元一也、新海征治

    月刊バイオインダストリー ( CMC出版 )  27 ( 2 ) 18 - 23   2010年02月

    総説・解説(商業誌)   共著

    水中で糖のもつ水酸基と可逆的なエステル結合を形成するボロン酸基を有する糖レセプターの設計、合成に関する動向を纏めた。

  • 糖分子を認識する人工レセプター:ボロン酸

    甲元一也、新海征治

    バイオインダストリー   27 ( 2 ) 66 - 72   2010年

    単著

  • Reversible stability switching of a hairpin DNA via a photo-responsive linker unit

    L. Wu, K. Koumoto, N. Sugimoto

    Chem. Commun.   ( 14 ) 1915 - 1917   2009年

    共著

    DOI PubMed CiNii

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 代謝産物由来のベタイン誘導体の分子機能(2)ーベタイン型添加剤の排他特性を利用したELISAの効率化ー

    三宅子龍、高木琴味、甲元一也

    日本農芸化学会2019年度大会  (名古屋)  2019年03月  -  2019年03月    日本農芸化学会

  • 変性β-グルカンによる難水溶性物質の可溶化(1)ー包接複合体の粉末化ー

    甲元一也、児玉歩夢

    日本農芸化学会2019年度大会  (名古屋)  2019年03月  -  2019年03月    日本農芸化学会

  • 変性β-グルカンによる難水溶性物質の可溶化(2)ー食品、化粧品、医薬品有効成分の包接複合化ー

    桜井遥、児玉歩夢、甲元一也

    日本農芸化学会2019年度大会  (名古屋)  2019年03月  -  2019年03月    日本農芸化学会

  • 代謝産物由来のベタイン誘導体の分子機能(1)ー蒸気圧測定法を利用したベタインと水溶性化合物間に働く特異な分子間相互作用の解析ー

    青木拓真、須賀ゆかり、甲元一也

    日本農芸化学会2019年度大会  (名古屋)  2019年03月  -  2019年03月    日本農芸化学会

  • 代謝産物ベタインのアナログによる構造依存的な金ナノ粒子の凍結凝集抑制効果

    山本真史、中川雄市、甲元一也

    日本農芸化学会2018年度大会  (名古屋)  2018年03月  -  2018年03月    日本農芸化学会

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 基質溶液

    特願2018-034728  特開2019-146541 

    甲元一也、塩江一磨、木全伸介

  • β-1,3-1,6-グルカン粉末、グルカン含有組成物、β-1,3-1,6-グルカン粉末の製造方法、包接複合体、包接複合体の製造方法およびゲスト分子の回収方法

    PCT/JP20  WO2019/073989 A1 

    甲元一也、北原義孝

  • 難水溶性物質の可溶化剤

    特願2017-058040  特開2018-158317 

    甲元一也

  • β-1,3-1,6-グルカンへの難水溶性物質の包接方法およびその方法に用いる包接剤

    特願2015-063512  特開2016-183120  特許第6645673号

    鈴木利雄、甲元一也、中川暁史、児玉歩夢

  • 基質結合力調整剤及びこれを用いた分子センサ並びにその使用方法

    特願2015-034591  特開2016-156705 

    甲元一也、鈴木良順、伊東宏昌、松本弘一

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 代謝産物の生体高分子の安定化、活性化に関する作用機構の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2010年04月  -  2012年03月 

    細胞がストレスを受けた際に細胞内に産生する代謝産物群は、細胞機能を内的、外的に制御することができる新規バイオマテリアルとして注目を集めている。申請者のグループでは、有機合成的手法で構造改変したライブラリーを用い、代謝物質の化学構造が細胞機能に及ぼす影響について検討を行ってきた。その結果、生体高分子の安定性や活性は、代謝産物の化学構造に強く影響されることを明らかとしてきた。本申請では、適合溶質の生体高分子へ及ぼす作用機構を解明する。得られた知見は、細胞工学や酵素工学の分野に広く応用できると考えている。

  • 合成的アプローチによる適合溶質の機能解明とその生物学的応用

    若手研究(B)

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月 

    有機合成的手法により細胞内の機能が未だ不明な適合溶質ライブラリーを構築し、その化学構造と細胞内機能の相関を明らかとする。

  • 多糖・無機ハイブリッドシステムを利用した遺伝子診断システムの開発

    特別研究員推奨費

    研究期間:  2002年04月  -  2004年03月 

    核酸と高分子複合体を形成する天然多糖シゾフィランの基盤への固定化技術の開発とそれによる核酸の検出システムの開発

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 酵素機能を低濃度で効率よく向上させる新規酵素活性化剤の開発

    提供機関:  その他財団等  平成22年度野口遵研究助成金

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月 

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 酵素の活性化に関する研究

  • オリゴ糖、多糖の化学合成、化学修飾に関する研究

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター発表賞

    2013年12月   日本化学会  

    受賞者: 中川雄市

    第3回CSJ化学フェスタ2013にて、「細胞内代謝産物を基体とした酵素の凍結変性を最大限に抑制する変性保護材の開発」という演題のポスター発表が評価された。

  • エクセレントポスター賞

    2013年07月   高分子学会関西支部  

    受賞者: 中川雄市

    第59回高分子研究発表会(神戸)にて、「代謝産物及び代謝産物アナログを用いる酵素の凍結変性抑制」という演題のポスター発表が評価された。

  • 2012年度学長表彰

    2013年03月   甲南大学  

    受賞者: 高木琴味

    サイエンスインカレ出場等の研究活動が高く評価され、2012年度の学長表彰を受賞した。

  • 2012年度学長表彰

    2013年03月   甲南大学  

    受賞者: 勢籏志郎

    サイエンスインカレ出場等の研究活動が高く評価され、2012年度の学長表彰を受賞した。

  • 日本曹達賞

    2012年02月   文部科学省  

    日本科学未来館(東京・江東区)で行われた「第1回サイエンス・インカレ」において、中川雄市君と勢旗志郎君が『代謝産物による細胞機能の活性化:合成アナログを利用した酵素活性化機構の解明』という研究内容を発表し、「日本曹達賞」を受賞しました。

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年01月
     
     

    2018年度第3回リードオフセミナー

  • 2019年01月
     
     

    2018年度第2回リードオフセミナー

  • 2017年01月
     
     

    2016年度第7回リードオフセミナー

  • 2017年01月
     
     

    2016年度第6回リードオフセミナー

  • 2015年10月
     
     

    グローバル人材を地域・高大産連携で育てる〜課題研究を中心に〜

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    構造有機化学(1年次後期選択必修、2単位)、ナノバイオラボベーシックA(1年次前期必修、2単位)、生物有機化学(2年次後期選択必修、2単位)、プレゼンテーション演習2(2年次後期必修、1単位)、医療テクノロジー(3年次後期選択必修、2単位)、ナノバイオラボ2A、2B(3年次前期後期必修、各6単位)、ナノバイオ卒業研究(4年次通年必修、15単位)、ナノバイオ研究演習1、2(大学院通年選択必修、2単位)生命有機化学特論(大学院後期選択必修科目、2単位)など。

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    講義を聞くとわかったような気持ちになるが、実際には時が経てば何であったかを忘れてしまうことが多い。また、現在の高校教育や大学受験対策がそうであるが、記憶に頼る勉強一辺倒でやってきた学生が多く見られる。その学生に覚えるのではなく、理解すること、その理解したことを活用することを身につけてもらうことが講義、実験の教育目標と考えている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    講義では、講義を聞き「わかったこと」、「わからなかったこと」の2点をA4のリフレクションペーパーに自由記述させる。書くことにより、聞いたことが整理され、理解につながることを期待している。また、リフレクションペーパーをもとに授業のはじめの10分程度、わからなかったことを復習して講義をすることで前回の講義とのつながりを持たせるように工夫している。実験では、研究活動につなげられるように、実験をするとどのような結果が出ると予想されるか、結果の予想等を「前試問」として実験前に試問し、実験内容を理解した上で多くの気づきを実験で得られるように工夫している。研究指導では、自立して仕事ができるようにするため、学生の自主性を重んじ、各自に計画をたてさせ、実行している。時に甘えて全てのことを後回しにする学生もいるが、その際には何が原因でそうなったかを考えさせるように配慮している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    講義では、学生の評価アンケートは良いがテストの成績には繋がっていないものが多い。時代が変わり、将来を見据えて行動する学生が減っているため、学びに対する姿勢が以前とは変わっているためと考えられる。実験では、昨年から試験(小テスト)を期末に実施することにした。テストをすることで振り返りが行え、少し技能の向上につながっているのではないかと思われる。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    講義、実験ともに学生の状況(モチベーションや精神的な成長度)を見ながら、講義内容、実験内容を変えていく必要はあると考える。予習や復習、ビデオコンテンツ等を使ってさらなる工夫が必要となると考える。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料(プリント)、リフレクションペーパー、授業改善アンケートなど

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    有機合成化学協会(国内)   会員、関西支部幹事

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • SSH成果発表会

    2019年10月
     
     

    神戸市立六甲アイランド高校で開催されたスーパーサイエンスハイスクール成果発表会で審査・講評を行った。

  • 模擬講義「探究活動に取り組むー課題設定、データ収集、ポスター作成編ー

    2019年10月
     
     

    神戸高校の2年生320名を対象に課題研究への取り組み方に関する講義を行った。

  • 模擬講義・講演「探究活動の指導にあたって」

    2019年10月
     
     

    兵庫県立神戸高校の探究活動の指導に携わる教員12名を対象に探究活動の指導法に関する講義・講演を行った。

  • 神戸学全体発表会

    2019年10月
     
     

    神戸市立六甲アイランド高校で開催された神戸学全体発表会で審査・講評を行った。

  • グローバルサイエンスキャンパス(ROOT)「週末セッション:模擬講義「生命に倣うーバイオミメティクスー」

    2019年09月
     
     

    JST支援プログラムグローバルサイエンスキャンパス(ROOTプログラム)の週末セッションとして生命系関連テーマに関する模擬講義等を行った。

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 生体由来の天然高分子の化学修飾に関する技術

    a

  • 色素を利用した比色定量に関する技術

    a

  • オリゴ糖、多糖の化学合成、修飾等に関する技術

    a

  • 遺伝子キャリアーの開発に関する技術

    非ウィルス性キャリアーへのターゲッティング官能基の導入

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

      入試制度検討委員会 委員   (全学委員会)

  • 2018年04月
    -
    継続中

      高大接続推進企画運営委員会 委員   (全学委員会)

  • 2018年04月
    -
    継続中

      広報編集委員会 委員   (全学委員会)

  • 2017年07月
    -
    2018年03月

      高大接続推進タスクフォース 委員   (全学委員会)

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

      広報編集委員会 委員   (全学委員会)