写真a

MIYAGAWA Satoshi

Position

Professor

Research Field

Civil Procedure Law

Graduating School 【 display / non-display

  •  
    -
    1980.03

    Kyoto University   Faculty of Law   Graduated

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1984.09

    Kobe University  Graduate School, Division of Law  Master's Course  Unfinished Course

Campus Career 【 display / non-display

  • 2004.04
    -
    Now

    KONAN UNIVERSITYLaw School   Professor  

 

Published Papers 【 display / non-display

  • 不利益変更禁止の原則と合一確定の必要

    宮川聡

    「市民生活と現代法理論」三谷忠之先生古稀祝賀論文集     81 - 101   2017.03

    Single Work

    不利益変更禁止の原則が独立当事者参加訴訟においてどの程度の変容を受けるかを考察した。

  • 本訴訴求債権を自働債権とし、反訴訴求債権を受働債権とする相殺の抗弁と民訴法142条

    宮川聡

    甲南法務研究   ( 12 ) 113 - 124   2016.03

    Single Work

    本訴の訴求債権を自働債権とし、反訴の訴求債権を受働債権とする相殺の抗弁が重複起訴の禁止を定めた民訴法142条に反しないという最高裁判例の解説。

  • 保証債務不存在確認の訴えが係属中に、主債務が弁済されたため保証債務が消滅したことについて当事者間で争いがない場合、確認の利益が無くなるとして、訴えを却下した事案

    宮川聡

    甲南法務研究   ( 15 ) 103 - 109   2019.03

    Single Work

  • 将来給付の訴えの利益が否定された例ー最判平成24年12月21日ー

    宮川聡

    甲南法務研究   ( 10 ) 85 - 91   2014.03

    Single Work

  • 仮差押命令によって保全される債権の範囲ー最判平成24年2月23日繁多1370号122頁ー

    宮川聡

    甲南法務研究   ( 9 ) 75 - 83   2013.03

    Single Work

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • 注釈民事訴訟法第5巻

    春日偉知郎他 (Part: Joint Work ,  302条ー310条の2 )

    有斐閣  2015.12

    民事訴訟法の逐条解説。担当部分は控訴における審理原則他。

  • 『民事救済手続法(第2版)』

    宮川聡 (Part: Joint Work ,  第4部第3章 非典型担保の取扱い 366-380頁 )

     法律文化社  2002.06

    井上治典ほか編『民事救済手続法(第2版)』
    (2002年 法律文化社)単行本

  • 『民事訴訟法』

    宮川聡ほか (Part: Joint Work ,  第5編 上級審手続 261-296頁 )

    青林書院  2002.04

    石川明編『民事訴訟法』(2002年 青林書院)単行本

  • 『基本問題セミナー』

    宮川 聡 (Part: Joint Work ,  第6 訴訟の移送 52-61頁 )

    一粒社  2000.06

    上田徹一郎=鈴木重勝編『基本問題セミナー』(2000年 一粒社)単行本

  • 民事救済手続法

    井上治典,宮川聡ほか (Part: Joint Work ,  第4部 担保権と救済手続 第3章 非典型担保の取扱い(pp.340-354) )

    法律文化社  1999.06

    私人の権利実現手続を総合的に論じるという観点から,民事執行・民事保全・倒産手続を解説した教科書

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 抵当権に基づき物上代位権を行使する者は,他の債権者の債権差押事件において,配当要求によって優先弁済を受けることはできないとされた例

    宮川聡

    摂南法学 ( 摂南大学法学部 )  ( 27 ) 81 - 94   2002.02

    Introduction and explanation (bulletin of university, research institution)   Single Work

    判例評釈

  • 被相続人から抵当権の設定を受けた相続債権者が相続財産法人に対して設定登記手続を請求することの可否

    宮川聡

    月刊法学教室 ( 有斐閣 )  ( 227 ) 104 - 105   1999.08

    Introduction and explanation (scientific journal)   Single Work

    判例評釈

  • 相続人不存在の場合の相続財産管理人に対する強制執行

    宮川聡

    私法判例リマークス ( 日本評論社 )  ( 15 ) 148 - 151   1998.08

    Introduction and explanation (scientific journal)   Single Work

    判例評釈

  • 被包括宗教法人の主管(代表役員)に対する包括法人による罷免処分が,被包括関係廃止を理由とする不利益取扱等を禁止した宗教法人法78条に違反し無効であるとされた事例

    宮川聡

    判例評論 ( 判例時報社 )  ( 469 ) 184 - 188   1998.03

    Introduction and explanation (scientific journal)   Single Work

    判例評釈

  • 宗教法人の所有する建物の明渡しを求める請求が法律上の争訟に当たらないとされた事例,その他2件

    宮川聡

    判例評論 ( 判例時報社 )  ( 434 ) 46 - 52   1994.09

    Introduction and explanation (scientific journal)   Single Work

    判例評釈

display all >>

Conference Activities & Talks 【 display / non-display

  • スコットランドにおける少額裁判手続

    宮川 聡

    日本民事訴訟法学会  1995.05  -  1995.05