写真a

福井 義一 (フクイ ヨシカズ)

FUKUI Yoshikazu

職名

教授

学位

文学修士(同志社大学)

専門分野

心的外傷,トラウマ・ケア,解離,成人愛着スタイル

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 同志社大学   文学部   文化学科心理学専攻   卒業

    1990年4月 - 1994年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 同志社大学   文学研究科   心理学専攻   博士課程   単位取得満期退学

    1996年4月 - 2002年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   文学部   人間科学科   甲南大学 文学部   教授

    2013年4月 - 現在

  • 甲南大学   文学部   人間科学科   甲南大学 文学部   准教授

    2010年4月 - 2013年3月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪国際大学   人間科学部心理コミュニケーション学科

    2003年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 大阪国際大学   人間科学部人間健康科学科

    2005年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東海学院大学

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 京都学園大学   人間文化学部

    2006年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 関西心理学会

  • 日本臨床催眠学会

  • 日本教育心理学会

  • 日本感情心理学会

  • 日本情動学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 完全主義的自己呈示尺度(PSPS)日本語版作成の試み ―その信頼性と妥当性の検討― 査読あり

    片岡春奈, 福井義一

    甲南大學紀要.文学編   2021年3月

     詳細を見る

    共著

  • 催眠状態に対する期待を測定する尺度の妥当性 査読あり

    中谷智美, 福井義一, 大浦真一, 今井田貴裕

    甲南大學紀要.文学編   171   253 - 267   2021年3月

     詳細を見る

    共著

  • DES-Tの正しい使い方:青年期アナログ群の大規模データを用いたデモンストレーション

    福井義一

    EMDR研究   9 ( 1 )   31 - 42   2017年5月

     詳細を見る

    単著

  • DES-Tの正しい使い方:青年期アナログ群の大規模データを用いたデモンストレーション

    福井義一

    EMDR研究   9 ( 1 )   31 - 42   2017年5月

     詳細を見る

  • トラウマ・ケアの新しい潮流―身体志向の心理療法―

    福井義一

    甲南大学臨床心理研究   25   19 - 25   2017年3月

     詳細を見る

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 鬱は伝染る。:最もありふれた精神疾患は,どのように蔓延ったのか,どうすれば食い止められるのか

    マイケル・D・ヤプコ,福井 義一( 担当: 単著)

    北大路書房  2020年8月  ( ISBN:978-4-7628-3114-0

  • Residential Child and Youth Care in a Developing World-I: Global Perspectives.

    Fulcher,Tuhinul ( 担当: 単著)

    CYC-Net Press  2016年8月 

  • 心理学概論[第2版]

    岡市廣成,鈴木直人,青山謙二郎,神山貴弥,武藤 崇,畑 敏道( 担当: 単著)

    ナカニシヤ出版  2014年4月 

  • 叢書 心の危機と臨床の知 第15巻:自伝的記憶と心理療法

    森 茂起,福井義一( 担当: 単著)

    平凡社  2013年3月 

  • わかりやすいMMPI活用ハンドブック-施行から臨床応用まで-

    井手正吾,野呂浩史,荒川和歌子( 担当: 単著)

    金剛出版  2011年8月 

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • EMDRは催眠療法の一種ですか?(特集EMDR・・・トラウマ治療の新常識 第一部 EMDR Q&A集)

    福井義一

    こころの臨床   27 ( 2 )   13   2008年6月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:こころの臨床  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Gender Differences in Relationships Among Conscious and Unconscious Cognition of Culpability of Bullying Victims and Accepting Attitudes Toward Bullying

    T.Hori,S.Koyama,Y.Fukui

    The 11th Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • Japanese university students’ intention to seek help from psychological professionals compared to family members and friends

    Y.Fukui,T.Hori

    The 11th Asian Conference on Psychology & the Behavioral Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • Gender differences in the effects of expectancies for hypnotic state on attitude towards hypnosis

    Nakatani, T., Fukui, Y., Oura, S., & Imaida, T.

    The 11th Asian Conference on Psychology & The Behavioral Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • 催眠状態期待が催眠感受性に及ぼす影響における催眠態度の媒介効果

    中谷智美, 福井義一, 大浦真一, 今井田貴裕

    第64回日本心身医学会近畿地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • 催眠状態期待と催眠態度を用いたサブ・タイプの抽出とそのプロフィールの性差―クラスタ分析による予備的検討―

    福井義一, 中谷智美

    第64回日本心身医学会近畿地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパトラウマ解離学会2016最優秀ポスター発表賞

    2016年4月   ヨーロッパトラウマ解離学会   青年期において虐待経験と不安定愛着が解離傾向に及ぼす影響

    福井義一, 田辺肇

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2022年度  複雑性PTSDや解離性障害の発症メカニズムの解明と介入技法の確立,催眠に対する態度の変容可能性,いじめ被害者への有責性認知に関する研究

    研究費の種類: 教員研究費

  • 2021年度  複雑性PTSDや解離性障害の発症メカニズムの解明と介入技法の確立,催眠に対する態度の変容可能性,いじめ被害者への有責性認知に関する研究

    研究費の種類: 教員研究費

  • 2020年度  身体志向のトラウマ・ケアの効果と治癒機制の解明,催眠に対する非意識的態度の測定法の確立,いじめ被害者への有責性認知に関する研究

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    身体志向のトラウマ・ケアの事例研究を行い,心理臨床実践における活用の実際について検討した。 催眠に対する非意識的態度をIATによって測定し,一般にそれが否定的である背景と改善のための介入について検討した。 いじめ被害者への有責性認知について,その背景要因を探索的に検討した。