写真a

日下部 岳広 (クサカベ タケヒロ)

KUSAKABE Takehiro

職名

教授

学位

博士(理学)(京都大学), 理学修士(京都大学)

専門分野

, 発生生物学

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学   理学部   生物学科   卒業

    1985年4月 - 1989年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   理学研究科   動物学   博士課程   修了

    1991年4月 - 1994年3月

  • 京都大学   理学研究科   動物学   修士課程   修了

    1989年4月 - 1991年3月

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年6月
    -
    1995年7月

    ウッズホール海洋生物学研究所   発生学サマーコース受講

  • 1994年4月
    -
    1995年9月

    カリフォルニア大学デービス校ボデガ海洋研究所   博士研究員

  • 1993年2月
    -
    1993年7月

    カリフォルニア大学デービス校ボデガ海洋研究所   訪問研究員

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   自然科学研究科   研究科長

    2019年4月 - 2021年3月

  • 甲南大学   理工学部   部長

    2015年4月 - 2017年3月

  • 甲南大学   統合ニューロバイオロジー研究所   所長

    2013年8月 - 現在

  • 甲南大学   自然科学研究科   生物学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

  • 甲南大学   自然科学研究科   生命・機能科学専攻   教授

    2010年4月 - 現在

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 兵庫県立大学   大学院生命理学研究科

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 兵庫県立大学   大学院生命理学研究科

    2004年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 姫路工業大学   大学院理学研究科

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 姫路工業大学   理学部

    2000年7月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 北海道大学   大学院理学研究科

    1995年10月 - 2000年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本進化学会

      詳細を見る

  • 日本神経科学学会

    2004年3月 - 現在

  • 日本発生生物学会

    1990年2月 - 現在

  • 日本発生生物学会

      詳細を見る

  • 日本生物物理学会

      詳細を見る

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Retinal Cone Mosaic in sws1-Mutant Medaka (Oryzias latipes), A Teleost 査読あり

    Megumi Matsuo, Makoto Matsuyama, Tomoe Kobayashi, Shinji Kanda, Satoshi Ansai, Taichi Kawakami, Erika Hosokawa, Yutaka Daido, Takehiro G. Kusakabe, Kiyoshi Naruse, and Shoji Fukamachi

    Investigative Opthalmology & Visual Science   63 ( 11 )   21 - 21   2022年10月

     詳細を見る

  • Neuronal identities derived by misexpression of the POU IV sensory determinant in a protovertebrate

    Prakriti Paul Chacha, Ryoko Horie, Takehiro G. Kusakabe, Yasunori Sasakura, Mona Singh, Takeo Horie, Michael Levine

    Proceedings of the National Academy of Sciences   119 ( 4 )   e2118817119 - e2118817119   2022年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Proceedings of the National Academy of Sciences  

    The protovertebrate <italic>Ciona intestinalis</italic> type A (sometimes called <italic>Ciona robusta</italic>) contains a series of sensory cell types distributed across the head–tail axis of swimming tadpoles. They arise from lateral regions of the neural plate that exhibit properties of vertebrate placodes and neural crest. The sensory determinant <italic>POU IV/Brn3</italic> is known to work in concert with regional determinants, such as <italic>Foxg</italic> and <italic>Neurogenin</italic>, to produce palp sensory cells (PSCs) and bipolar tail neurons (BTNs), in head and tail regions, respectively. A combination of single-cell RNA-sequencing (scRNA-seq) assays, computational analysis, and experimental manipulations suggests that misexpression of <italic>POU IV</italic> results in variable transformations of epidermal cells into hybrid sensory cell types, including those exhibiting properties of both PSCs and BTNs. Hybrid properties are due to coexpression of <italic>Foxg</italic> and <italic>Neurogenin</italic> that is triggered by an unexpected <italic>POU IV</italic> feedback loop. Hybrid cells were also found to express a synthetic gene battery that is not coexpressed in any known cell type. We discuss these results with respect to the opportunities and challenges of reprogramming cell types through the targeted misexpression of cellular determinants.

    DOI: 10.1073/pnas.2118817119

    researchmap

    その他リンク: https://syndication.highwire.org/content/doi/10.1073/pnas.2118817119

  • A single motor neuron determines the rhythm of early motor behavior in Ciona

    Taichi Akahoshi, Madoka K. Utsumi, Kouhei Oonuma, Makoto Murakami, Takeo Horie, Takehiro G. Kusakabe, Kotaro Oka, Kohji Hotta

    Science Advances   7 ( 50 )   2021年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:American Association for the Advancement of Science (AAAS)  

    Single motor neuron regulates rhythmic tail flick in prehatching
    <italic>Ciona</italic>
    embryo.

    DOI: 10.1126/sciadv.abl6053

    researchmap

  • Evolution of developmental programs for the midline structures in chordates: insights from gene regulation in the floor plate and hypochord homologues of Ciona embryos 査読あり

    Kouhei Oonuma, Maho Yamamoto, Naho Moritsugu, Nanako Okawa, Megumi Mukai, Miku Sotani, Shuto Tsunemi, Haruka Sugimoto, Eri Nakagome, Yuichi Hasegawa, Kotaro Shimai, Takeo Horie, Takehiro G. Kusakabe

    Frontiers in Cell and Developmental Biology   9 ( 704367 )   704367   2021年5月

     詳細を見る

    共著

    In vertebrate embryos, dorsal midline tissues, including the notochord, the prechordal plate, and the floor plate, play important roles in patterning of the central nervous system, somites, and endodermal tissues by producing extracellular signaling molecules, such as Sonic hedgehog (Shh). In Ciona, hedgehog.b, one of the two hedgehog genes, is expressed in the floor plate of the embryonic neural tube, while none of the hedgehog genes are expressed in the notochord. We have identified a cis-regulatory region of hedgehog.b that was sufficient to drive a reporter gene expression in the floor plate. The hedgehog.b cis-regulatory region also drove ectopic expression of the reporter gene in the endodermal strand, suggesting that the floor plate and the endodermal strand share a part of their gene regulatory programs. The endodermal strand occupies the same topographic position of the embryo as does the vertebrate hypochord, which consists of a row of single cells lined up immediately ventral to the notochord. The hypochord shares expression of several genes with the floor plate, including Shh and FoxA, and play a role in dorsal aorta development. Whole-embryo single-cell transcriptome analysis identified a number of genes specifically expressed in both the floor plate and the endodermal strand in Ciona tailbud embryos. A Ciona FoxA orthologue FoxA.a is shown to be a candidate transcriptional activator for the midline gene battery. The present findings suggest an ancient evolutionary origin of a common developmental program for the midline structures in Olfactores.

    DOI: 10.3389/fcell.2021.704367

    researchmap

  • The complete cell lineage and MAPK- and Otx-dependent specification of the dopaminergic cells in the Ciona brain 査読あり

    Kouhei Oonuma, Takehiro G. Kusakabe

    Development   dev.198754 ( 12 )   dev198754   2021年5月

     詳細を見る

    共著

    The Ciona larva has served as a unique model for understanding the development of dopaminergic cells at single-cell resolution due to the exceptionally small number of neurons in its brain and its fixed cell lineage during embryogenesis. A recent study suggested that the transcription factors Fer2 and Meis directly regulate the dopamine synthesis genes in Ciona, but the dopaminergic cell lineage and the gene regulatory networks that control the development of dopaminergic cells have not been fully elucidated. Here, we reveal that the dopaminergic cells in Ciona are derived from a bilateral pair of cells called a9.37 cells at the center of the neural plate. The a9.37 cells divide along the anterior-posterior axis, and all of the descendants of the posterior daughter cells differentiate into the dopaminergic cells. We show that the MAPK pathway and the transcription factor Otx are required for the expression of Fer2 in the dopaminergic cell lineage. Our findings establish the cellular and molecular framework for fully understanding the commitment to dopaminergic cells in the simple chordate brain.

    DOI: 10.1242/dev.198754

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: http://journals.biologists.com/dev/article-pdf/doi/10.1242/dev.198754/2079868/dev198754.pdf

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 動物の事典

    日下部岳広(末光隆志 総編集)( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 7.1.2 ホヤの発生(第7章 動物の発生))

    朝倉書店  2020年11月  ( ISBN:978-4-254-17166-2

     詳細を見る

    生理学,生態学,行動学,分類学,遺伝学,分子生物学,細胞生物学,発生学,免疫学,文化人類学など様々な視点からの知見を総合した,動物学の全容を俯瞰することができるハンドブック形式の事典。生物学を学ぶ学生・研究者をはじめ,動物学に関心を寄せる方々の必携書。〔内容〕分類/進化/遺伝と遺伝子/細胞/形と器官系/生理/発生/脳・神経系/ホルモンとホメオスタシス/免疫/生息環境/行動と生態/バイオテクノロジー/動物の利用/動物と文化

    CiNii Books

    researchmap

  • 新しい生物科学

    弥益恭, 中尾啓子, 野口航, 駒﨑伸二, 松田学, 小林哲也, 林謙介, 種子田春彦, 日下部岳広, 大塚俊之, 山内啓太郎, 西廣淳, 山本奈津子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第9章「進化と多様性」)

    培風館  2018年5月  ( ISBN:978-4563078249

     詳細を見る

    近年、生物科学は、遺伝子科学、ポストゲノム研究、そして他の自然科学分野の新しい成果を取り込むことで大きく変容した結果、生物の理解をめざす基礎科学にとどまらず、産業分野、医療分野で革命をもたらしつつある。本書は、生物科学を理解するうえで必要な基礎知識から最先端の話題までを概説した教科書である。まず細胞や組織の構造、物質代謝、遺伝情報などの基本を修得し、続いて内分泌系、神経系、胚発生など生物個体の制御系を学ぶ。その後、生物進化や生態系、そして産業応用、環境保全、生物倫理についての最新の話題にふれる。生物学の各分野の第一線で活躍している研究者らが長年の講義等での経験をもとに、わかりやすく解説した一冊である。

  • Transgenic Ascidians. Advances in Experimental Medicine and Biology, vol. 1029

    Shimai, K., Kusakabe, T. G. (Chapter 6), Editor: Sasakura, Y.( 担当: 共著 ,  範囲: Chapter 6: The Use of cis-Regulatory DNAs as Molecular Tools, pp. 49-68.)

    Springer  2018年3月  ( ISBN:978-981-10-7544-5

  • Brain Evolution by Design: From Neural Origin to Cognitive Architecture

    Kusakabe, T. G. (Chapter 7), Editors: Shigeno, S., Murakami, Y., Nomura, T.( 担当: 単著 ,  範囲: Chapter 7: Identifying vertebrate brain prototypes in deuterostomes, pp. 153-186.)

    Springer  2017年1月  ( ISBN:978-4-431-56467-6

  • Genome Mapping and Genomics in Laboratory Animals: Genome Mapping and Genomics in Animals, Vol. 4.

    Sasakura, Y., Sierro, N., Nakai, K., Inaba, K., and Kusakabe, T. G.( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2013年1月  ( ISBN:978-3-642-31316-5

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • ホヤ幼生のGnRH神経系と頭部感覚器の起源

    日下部岳広

    比較内分泌学   42 ( 159 )   106 - 107   2016年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)   出版者・発行元:日本比較内分泌学会  

    DOI: 10.5983/nl2008jsce.42.106

  • 太古に遡る嗅覚と生殖のつながり —ホヤを使った研究から—

    島井光太郎,日下部岳広

    AROMA RESEARCH   17 ( 1 )   42 - 44   2016年2月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:フレグランスジャーナル社  

  • Regulation and evolution of genes in ascidians

    Kusakabe, T.

    Zoological Science   22 ( 12 )   1372 - 1372   2005年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:The Zoological Society of Japan  

    DOI: 10.2108/zsj.22.1372

  • ホヤにおける遺伝子発現制御と遺伝子進化に関する研究

    日下部 岳広

    生物科学ニュース   405 ( 9月 )   25 - 31   2005年9月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)   出版者・発行元:日本動物学会  

  • ホヤ脳神経系の分子行動遺伝学−感覚受容から運動制御まで−

    日下部岳広、堀江健生、川上功、大月恒、津田基之

    月刊海洋別冊「境界動物の生物学」   41   52 - 60   2005年8月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:海洋出版  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Role of Hh signaling in tunicate development and chordate evolution

    Takehiro G. Kusakabe, Kana Waki, and A. F. M. Tariqul Islam

    Hedgehog 2012: Hedgehog Signaling in Development, Evolution and Disease  (BIOPOLIS, Singapore) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    招待講演

  • 脊索動物に脊椎動物の起源を探る

    日下部岳広

    日本進化学会第13回大会・シンポジウムS6-0731M「脳はどうやってうまれ、どうやって複雑化していったのか」  (京都大学百年記念ホール) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    招待講演

  • The tunicate nervous system: insights into the origin of vertebrate-specific traits

    Takehiro G. Kusakabe

    第8回国際比較生理生化学会議 Symposium S31 “Evolving shapes and development - viewed from changes in gene regulations”  (名古屋国際会議場) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    招待講演

  • 神経系の発生と多様性:脊索動物モデル・ホヤから脊椎動物モデル・メダカへの展開

    日下部岳広

    第9回 関西小型魚類勉強会  ((独)産業総合技術研究所 尼崎支所) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    招待講演

  • The origin and evolution of the cranial sensory organs and pituitary: evidence from basal chordates

    Kusakabe, T. G.

    日本進化学会第12回東京大会・国際ワークショップ『Evolving shapes and development - viewed from changes in gene regulations』 Part 1  (東京工業大学大岡山キャンパス)  日本進化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    招待講演

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • ホヤ統合データベースAniseed

    2010年8月 - 現在

     詳細を見る

    ホヤ統合データベースAniseedに遺伝子制御に関する情報を公開している。
    URL: http://aniseed-ibdm.univ-mrs.fr/

  • ホヤ遺伝子調節データベースDBTGR

    2005年7月 - 現在

     詳細を見る

    東京大学医科学研究所(中井謙太教授)との共同研究により、ホヤ遺伝子調節データベースDBTGRを構築し、公開している。
    URL: http://dbtgr.hgc.jp/

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会賞

    2022年9月   日本動物学会  

    日下部 岳広

  • 日本動物学会奨励賞

    2005年10月   日本動物学会  

    日下部 岳広

  • 日本動物学会論文賞

    1998年9月   日本動物学会  

    広瀬裕一, Gretchen Lambert, 日下部岳広, 西川輝昭

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 4色型色覚特異的マイクロRNAから探る色覚の制御と進化

    2021年7月 - 2023年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 挑戦的研究(挑戦)

    日下部 岳広

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

    researchmap

  • 脊椎動物の頭部の進化を可能にしたゲノム基盤の解明

    2019年4月 - 現在

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

     詳細を見る

    研究課題番号:19H03213
    脊椎動物は頭部に高度に発達した脳と感覚器をもち、これらのはたらきが地球上のさまざまな環境に適応した脊椎動物の繁栄を支えている。脳は胚の神経板から生じ、感覚器は脳とその周縁部の組織(プラコード)の相互作用によって作られる。脊椎動物に近縁なホヤ類の幼生は、微小だが脊椎動物と相同な脳とプラコードをもつ。本研究では、研究代表者らが明らかにしたホヤと脊椎動物の間の器官相同性をもとに、これらの器官に関わるトランスクリプトーム、遺伝子制御ネットワーク、ゲノムの構造と機能の特性の比較解析を行い、脊椎動物の高度に発達した脳と感覚器の出現を可能にした背景と進化プロセスを解明する。

  • 脊椎動物の中枢神経系と感覚器の複雑化を可能にしたゲノム基盤の解明

    2016年4月 - 2020年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

     詳細を見る

    研究課題番号:16H04724
    脊椎動物は頭部に高度に発達した中枢神経系(脳)と感覚器をもち、これらのはたらきが地球上のさまざまな環境に適応した脊椎動物の繁栄を支えている。脳は胚の神経板から生じ、感覚器は脳とその周縁部の組織(プラコード)の相互作用によって作られる。脊椎動物の祖先形態をとどめているナメクジウオ類の中枢神経系は、体の前端から後端までほぼ同じ太さで、脳とよべる前端部のふくらみはみられず、感覚器の原基となるプラコードも存在しない。一方、より脊椎動物に近縁なホヤ類の幼生は、微小だが脊椎動物と相同な脳とプラコードをもつ。本研究では、研究代表者らが明らかにしたホヤと脊椎動物の間の器官相同性をもとに、トランスクリプトームと遺伝子制御ネットワークの比較解析を行い、脊椎動物の複雑で高度な機能を備えた脳と感覚器の出現を可能にした背景と進化プロセスを解明する。

  • モデル脊索動物を用いた神経系細胞の個性化を司るゲノム情報発現ネットワークの解明

    2013年4月 - 2016年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

     詳細を見る

    研究課題番号:25290067
    神経系は多様なニューロンとグリア細胞から構成されており、共通の前駆細胞から生じるこれらの細胞が、各々固有の性質を獲得し、正しく配置されることが、神経系の機能発現のために必要である。そのしくみの解明は、神経発生学の中心課題であるが、胚発生が胎内で進行し、膨大な数と種類の細胞から構成される哺乳類の神経系では、その理解はきわめて断片的である。本研究では、研究代表者と分担者の共同研究の成果に立脚し、ゲノムも神経系もともにシンプルなホヤとメダカを用い、神経系の各細胞が固有の性質を獲得するためのゲノム情報発現ネットワークを探る。(1)転写因子とシス調節配列の相互作用、(2)細胞間シグナル、(3)ノンコーディングRNAによる制御、(4)染色体上の遺伝子配置に連関した制御、をネットワークの基本要素ととらえ、脊索動物に普遍的な神経系構築のメカニズムの解明をめざす。

  • 後脳・脊髄と網膜に存在する新奇GnRH産生細胞群の生理機能

    2013年4月 - 2015年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 萌芽研究

     詳細を見る

    研究課題番号:25650118
    ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)は脊椎動物の生殖機能を調節する神経ペプチドである。申請者は、メダカを用いて、後脳・脊髄および網膜でGnRH遺伝子を発現する細胞群をみいだした。これらの組織ではこれまでどの脊椎動物においてもGnRH産生細胞は報告されていない。発生遺伝学、蛍光イメージング、光行動遺伝学などの手法を駆使して、後脳・脊髄・網膜に存在する新奇GnRH産生細胞の生理的役割を明らかにする。GnRHが運動制御や組織の分化・維持などに関与する可能性を探り、新奇な神経内分泌制御システムの存在を検証する。本研究により、生殖制御因子の枠をこえたGnRHの新しい役割が明らかになると期待できる。

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • マイクロRNAによる視細胞多様性形成制御

    2015年6月 - 現在

    その他財団等  公益財団法人武田科学振興財団 2015年度生命科学研究助成

  • イン・シリコ解析と発生遺伝学による高精度なシス調節配列予測法の開発

    2011年4月 - 2012年3月

    公益財団法人  (財)ひょうご科学技術協会 平成23年度一般学術研究助成

     詳細を見る

    遺伝子がいつどこではたらくかを決めるDNA配列(シス調節配列)は、生命活動を根底で支えているが、大半が未解明である。海産動物ホヤをモデルに用い、実験生物学の手法とコンピュータを駆使して、シス調節配列を高精度に予測する方法を開発する。

  • モデル脊索動物ホヤにおけるドーパミン神経系の構造と機能

    2006年4月 - 2008年3月

    独立行政法人日本学術振興会  日仏交流促進事業SAKURA

     詳細を見る

    ホヤにおけるドーパミン神経細胞の発生機構と遊泳運動における機能を解析した。
    共同研究者:Philippe Vernier(フランスCNRS・研究部長)

  • ホヤ光受容器における遺伝子制御ネットワークの解析

    2005年10月 - 2006年9月

    その他財団等  公益信託・成茂動物科学振興基金 平成17年度研究助成

     詳細を見る

    ホヤ幼生の光受容器の発生プログラムを解明するために、光受容器で発現する遺伝子群の発現制御に関わる転写因子とシス制御配列の機能解析を行った。

  • 神経細胞の個性を規定する遺伝子群の同定と機能解析

    2005年4月 - 2006年3月

    自治体  (財)ひょうご科学技術協会 平成17年度奨励研究助成

     詳細を見る

    神経系を構成する多様な神経細胞の各々について、その個性を規定する遺伝子群を同定し、ノックダウン実験や細胞発現実験などにより、機能解析を行った。

全件表示 >>

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • モデル脊索動物を用いた神経系細胞の個性化を司るゲノム情報発現ネットワークの解明

    提供機関:東京大学  国内共同研究

    2013年4月 - 現在

     詳細を見る

    神経系は多様なニューロンとグリア細胞から構成されており、共通の前駆細胞から生じるこれらの細胞が、各々固有の性質を獲得し、正しく配置されることが、神経系の機能発現のために必要である。そのしくみの解明は、神経発生学の中心課題であるが、胚発生が胎内で進行し、膨大な数と種類の細胞から構成される哺乳類の神経系では、その理解はきわめて断片的である。本研究では、研究代表者と分担者の共同研究の成果に立脚し、ゲノムも神経系もともにシンプルなホヤとメダカを用い、神経系の各細胞が固有の性質を獲得するためのゲノム情報発現ネットワークを探る。(1)転写因子とシス調節配列の相互作用、(2)細胞間シグナル、(3)ノンコーディングRNAによる制御、(4)染色体上の遺伝子配置に連関した制御、をネットワークの基本要素ととらえ、脊索動物に普遍的な神経系構築のメカニズムの解明をめざす。
    共同研究者:中井謙太(東京大学医科学研究所・教授)、鈴木穣(東京大学新領域創成科学研究科・教授)

  • 転写因子とシス調節DNAの核内動態に基づく細胞特異的転写調節ロジックの解明

    提供機関:東京大学、(独)沖縄科学技術研究基盤整備機構  国内共同研究

    2010年4月 - 2014年3月

     詳細を見る

    遺伝子発現を制御するゲノムDNA配列(シス調節配列)は、発見が困難であるため、その重要性にも関わらずいまだに大半が未同定である。ホヤは脊椎動物にもっとも近縁な無脊椎動物で、ゲノムサイズが小さく、発生過程における遺伝子制御の研究に適した多くの特徴を備えている。本研究では、転写開始点と転写因子結合部位をホヤゲノム上にマッピングするとともに、共発現遺伝子座領域の染色体動態を解析し、その過程に関与するDNA配列を決定する。これらの情報とイン・ビボ実験およびイン・シリコ解析を統合して、細胞特異的な遺伝子発現制御に関わる転写因子とシス調節領域の相互作用の実体を明らかにし、脊椎動物ゲノムにも適用可能な転写調節ロジックの解明をめざす。
    共同研究者:中井謙太(東京大学医科学研究所・教授)、鈴木穣(東京大学新領域創成科学研究科・准教授)、將口栄一(独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構・研究員)

  • 脊索動物モデルを活用した高精度なシス調節配列予測法の開発

    提供機関:東京大学医科学研究所  国内共同研究

    2010年4月 - 2013年3月

     詳細を見る

    遺伝子発現を制御するゲノムDNA配列(シス調節配列)は、発見が困難であるため、いまだに大半が未同定である。全ゲノムが解読され、ゲノムサイズが小さく、個体レベルのDNA機能解析が容易なホヤとメダカをモデルとして、高精度なシス配列予測法の確立をめざす。
    共同研究者:中井謙太(東京大学医科学研究所・教授)

  • ホヤゲノムにコードされる小分子RNAの包括的探索

    提供機関:東京大学医科学研究所、神戸大学大学院理学研究科  国内共同研究

    2008年4月 - 2011年3月

     詳細を見る

    ホヤゲノムにコードされる機能性小分子ノンコーディングRNAを網羅的・体系的に同定し、in vivoおよびin vitroの検証実験と機能解析を行う。
    共同研究者:中井謙太(東京大学医科学研究所・教授)、井上邦夫(神戸大学理学研究科・教授)

  • モデル脊索動物ホヤにおけるドーパミン神経系の構造と機能

    提供機関:フランスCNRS  国際共同研究

    2006年4月 - 2008年3月

     詳細を見る

    ホヤにおけるドーパミン神経細胞の発生機構と遊泳運動における機能を解析した。
    共同研究者:Philippe Vernier(フランスCNRS・研究部長)
    1850000円
    H18.4.1~H20.3.31
    日仏交流促進事業SAKURA

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 感覚器の微細構造と機能の解析

  • 単一神経細胞の遺伝子プロファイリングと機能解析

  • 転写制御配列のゲノムインフォマティクス

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  脳内ニューロン集団の細胞系譜と発生機構の解析

    研究費の種類: 教員実験費

     詳細を見る

    ホヤ幼生の脳内ニューロン集団の細胞系譜の解明を進めた。特に、脊椎動物視床下部ニューロンとの相同性が指摘されている細胞群について、細胞系譜を解明するとともに、細胞分化を制御する転写調節因子とシグナル伝達経路を予測し、胚の遺伝子機能操作による実験検証を行った。

  • 2020年度  脳内ニューロン集団の細胞系譜と発生機構の解析

    研究費の種類: 教員実験費

     詳細を見る

    ホヤ幼生の脳内ニューロン集団の細胞系譜の解明を進めた。特に、脊椎動物視床下部ニューロンとの相同性が指摘されている細胞群について、細胞系譜を解明するとともに、細胞分化を制御する転写調節因子とシグナル伝達経路を予測し、胚の遺伝子機能操作による実験検証を行った。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年6月
    -
    2012年9月

    参考図書『ウォルパート発生生物学』

  • 2011年4月
    -
    現在

    「研究の広場(自主実験)」の実施

  • 2011年2月
    -
    現在

    「生物学科ニュース」の発行

  • 2010年10月
    -
    現在

    理工学部・自然科学研究科FD活動・安全講習会

  • 2009年7月
     
     

    参考図書『動物はなぜ多様な神経系をもつか?:神経系の比較生物学』

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年9月 - 現在   日本動物学会  理事

  • 2017年5月 - 現在   NBRPカタユウレイボヤ運営委員会  委員長

  • 2015年4月 - 2017年3月   公益財団法人ひょうご科学技術協会 学術研究助成審査委員会  委員

  • 2015年4月 - 2017年3月   一般財団法人大阪科学技術センター  参与

  • 2011年8月 - 2012年7月   日本学術振興会 特別研究員等審査会・国際事業委員会  特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 中学校キャンパスツアー

    2012年7月

     詳細を見る

    地域連携センターKORECが開催した本山中学校キャンパスツアーにおいて、生物コースを担当した。

  • 日本生物学オリンピック2012予選実施

    2012年7月

     詳細を見る

    日本生物学オリンピックは、生物学の面白さや楽しさを体験してもらうことを目的とする、高校生などを対象にした全国規模のコンテストであり、国際生物学オリンピック日本代表選考を兼ねている。甲南大学岡本キャンパスを会場として予選を実施した。

  • 甲南大学理工学部公開講演会

    2012年6月

     詳細を見る

    理工学部主催公開講演会「いきものってフシギ!おもしろい! 〜生き物の美しさに潜む新たな発見〜」で「脳と目ができるまで」というタイトルの講演を行った。

  • 国際生物学オリンピック日本代表生徒に対する個別教育

    2012年4月 - 2012年7月

     詳細を見る

    第23回国際生物学オリンピックの日本代表生徒の個別指導を行った(同生徒は国際生物学オリンピックで銀メダルを受賞)。

  • 甲南高校テーマ学習の個別指導

    2011年11月

     詳細を見る

    甲南高校のテーマ学習の一環で「クローン人間はなぜできないのか」というテーマに関してアドバイスを行った。

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 核酸・タンパク質等のホールマウント可視化技術

    核酸・タンパク質等のホールマウント可視化技術

  • 転写制御配列のゲノム情報科学的解析法

    転写制御配列のゲノム情報科学的解析法

  • ホヤおよび魚類胚の顕微操作・遺伝子導入

    ホヤおよび魚類胚の顕微操作・遺伝子導入