写真a

渡邉 順司 (ワタナベ ジュンジ)

WATANABE Junji

職名

教授

学位

博士(材料科学)(北陸先端科学技術大学院大学), 修士(工学)(大阪府立大学), 学士(工学)(大阪府立大学)

専門分野

高分子・繊維材料, 高分子化学, 生体医工学・生体材料学

研究分野・キーワード

生体材料創成学

ホームページ

http://www.chem.konan-u.ac.jp/DBM/

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1993年03月

    大阪府立大学   工学部   応用化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1997年10月
    -
    2000年06月

    北陸先端科学技術大学院大学  材料科学研究科  機能科学専攻  博士課程  修了

  • 1993年04月
    -
    1995年03月

    大阪府立大学  工学研究科  応用化学専攻  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年09月
    -
    2004年10月

    ウプサラ大学オングストローム研究所   日瑞ナノテクノロジー若手研究者国際交流プログラム

  • 1999年11月
    -
    2000年01月

    韓国科学技術研究院   客員研究員

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    甲南大学   理工学部   教授  

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

    甲南大学   理工学部   機能分子化学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

      大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻  

  • 2005年05月
    -
    2007年03月

      大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻  

  • 2001年04月
    -
    2005年05月

      東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻  

  • 2000年07月
    -
    2001年03月

      東京大学大学院工学系研究科金属工学専攻  

  • 1997年04月
    -
    1997年09月

      北陸先端科学技術大学院大学  

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本MRS

  • 2009年05月
    -
    継続中
     

    日本ゴム協会

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本化学会

  • 2000年07月
    -
    継続中
     

    高分子学会

  • 2000年01月
    -
    継続中
     

    アメリカ化学会

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ポリマーアロイ創製法の開拓

    その他の研究制度  

    研究期間: 2017年04月  -  継続中

  • ポリマー鎖の運動性に基づく表面特性の制御

    その他の研究制度  

    研究期間: 2017年04月  -  継続中

  • ポリマー可塑剤によるポリ塩化ビニルの可塑化

    その他の研究制度  

    研究期間: 2017年04月  -  継続中

  • ポリマーコロイドによる難水溶性薬物の可溶化

    その他の研究制度  

    研究期間: 2012年04月  -  継続中

  • アモルファスポリマーによる瞬発応答界面の創製

    その他の研究制度  

    研究期間: 2011年04月  -  継続中

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • アモルファスポリマーが創り出す組織再生用マテリアル,先端バイオマテリアルハンドブック

    渡邉順司 (担当: 単著 )

    エヌ・ティー・エス  2012年06月

  • Biomineralization of Hydrogels Based on Bioinspired Assemblies for Injectable Biomaterials, In Bio-Inorganic Hybrid Nanomaterials, Ed. by Eduardo Ruiz-Hitzky, Katsuhiko Ariga, and Yuri Lvov

    Junji Watanabe and Mitsuru Akashi (担当: 共著 , 担当範囲: 193–208 )

    Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim, Germany  2007年01月

  • 交互浸漬法による高分子ゲル/アパタイト,バイオミネラリゼーションとそれに倣う新機能材料の創製,加藤隆史監修

    渡邉順司,明石 満 (担当: 共著 , 担当範囲: 213–224 )

    シーエムシー出版  2007年01月

  • 骨修復機能性ファイバーの設計,“ファイバー”スーパーバイオミメティックス〜近未来の新技術創成〜

    渡邉順司,明石 満 (担当: 共著 , 担当範囲: 910–915 )

    エヌ・ティー・エス  2006年10月

  • 高度なバイオ工学を実現するリン脂質サーフェイステクノロジー,界面活性剤・両親媒性高分子の最新機能

    石原一彦,渡邉順司,高井まどか (担当: 共著 , 担当範囲: 223–232 )

    シーエムシー出版  2005年06月

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 結晶−非晶ブロックポリマーによる界面特性の変換

    渡邉順司,松田侑子,池田能幸

    化学工業 ( 化学工業社 )  63 ( 5 ) 342 - 347   2012年05月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 創傷被覆材への応用にむけたポリ(トリメチレンカーボネート)を基盤とした環境応答型ポリマー

    渡邉順司

    高分子論文集 ( 高分子学会 )  69 ( 3 ) 89 - 101   2012年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 電気化学的アプローチによる有機—無機ハイブリッドの創製と硬組織適合材料への応用

    渡邉順司

    バイオマテリアル ( 日本医学館 )  27 ( 1 ) 38 - 48   2009年01月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • 電気化学的手法による有機—無機複合化プロセスの開発

    渡邉順司,明石 満

    化学工業 ( 化学工業社 )  59 ( 11 ) 852 - 858   2008年11月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Establishing Ultimate Biointerfaces Covered with Phosphorylcholine Groups

    Junji Watanabe and Kazuhiko Ishihara

    Colloids and Surfaces B: Biointerfaces ( Elsevier )  65 ( 2 ) 155 - 165   2008年09月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Environmentally Responsive Biointerface by Dynamic Molecular Motion of Amorphous Polymer

    Junji Watanabe  [招待有り]

    IUPAC MACRO 2014  (Chiang Mai, Thailand)  2014年07月  -  2014年07月   

  • 電気化学的アプローチによる有機—無機ハイブリッドの創製と硬組織適合材料への応用

    渡邉順司  [招待有り]

    日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008  (東京都文京区)  2008年11月  -  2008年11月   

  • 硬組織適合型材料の設計と新展開

    渡邉順司,明石満  [招待有り]

    第58回医用高分子研究会  (大阪府吹田市)  2008年03月  -  2008年03月   

  • バイオマテリアルを指向した高分子材料のミネラリゼーション

    渡邉順司,明石満  [招待有り]

    九州地区高分子若手研究会  (長崎市)  2007年11月  -  2007年11月   

  • Biomineralization Approach for High Performance Biointerface

    Junji Watanabe and Mitsuru Akashi  [招待有り]

    The 1st International Symposium on Surface and Interface of Biomaterials  (Chengdu, China)  2007年10月  -  2007年10月   

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 表面処理粉体

    2014-174248  2016-050212  特許第5795110号

    岩本千紘,粂井貴行,渡邉順司

  • 表面処理剤

    2014-117315  2015-229740  特許第6376850号

    岩本千紘,粂井貴行,渡邉順司

  • ポリマー被覆粒子

    2005–210656  2007–022886  特許第5150890号

    石原一彦,高井まどか,渡邉順司,松井謙次

  • 免疫学的活性物質の測定方法

    2003–326829  2005–091236  特許第4278469号

    石原一彦,渡邉順司,黒澤 茂

  • 2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸n-ブチルとの共重合体による難水溶性化合物の可溶化方法

    2001–338382  2003–137816  特許第4233251号

    石原一彦,渡邉順司,金野智浩

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第12回日本ゴム協会科学技術奨励賞

    2020年05月21日   日本ゴム協会  

    受賞者:  渡邉順司

  • 平成20年度日本バイオマテリアル学会科学奨励賞

    2008年11月17日   日本バイオマテリアル学会  

    受賞者:  渡邉順司

  • 日本化学会第86春季年会 第20回若い世代の特別講演会特別講演証

    2006年03月27日   日本化学会  

    受賞者:  渡邉順司

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • イオン性高分子鎖をもつエラストマーによる高速親水化フィルターの創製と溶質透過制御

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    非晶性高分子の代表である高分子エラストマーとイオン性の親水性高分子鎖をつなげたブロック共重合体を設計し、溶質透過膜を創製する。

  • 診断デバイスの微細化に対応できる高速親水化ポリマーの創製と高感度診断基材への応用

    新学術領域研究(研究領域提案型)(継続領域)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

    医療現場で必要不可欠な診断デバイスを高性能化するための高分子被覆材の創製を目的としている。

  • 高速親水化ソフト界面が構築できるポリマーの創製と分子インプリンティング法への応用

    新学術領域研究(研究領域提案型)(継続領域)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月 

    親水鎖が高度に濃縮したソフト界面を構築し、分子インプリンティング法へ応用することを目的としている。

  • 電気化学的手法により創製された有機—無機複合材料の特性解析とバイオ機能解析

    萌芽研究

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月 

    ハイドロゲルや多孔質膜のような有機材料の微細空孔内部を活用し、無機化合物を析出・生成させる有機—無機ハイブリッド材料を創製する。

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 単分散で長期安定性を有するサンスクリーン用ポリマーコロイドの開発

    提供機関:  科学技術振興機構  科学技術振興機構 研究成果最適展開支援事業(A-STEP)探索タイプ

    研究期間: 2011年12月  -  2012年07月 

    生体適合性の高いポリマーから作り出されたコロイドに配合薬剤を閉じ込め、発汗による湿った環境下で充分に機能するサンスクリーン用基剤を開発する。

  • 高速親水化ポリマーの塗布による創傷被覆ガーゼのイノベーション

    提供機関:  科学技術振興機構  科学技術振興機構 研究成果最適展開支援事業(A-STEP)シーズ顕在化タイプ

    研究期間: 2011年10月  -  2012年09月 

    創傷部の治癒過程で発生するガーゼの癒着が回避できる創傷被覆ガーゼの開発を行う。

  • 創傷部での癒着を回避できるガーゼ開発のための高速親水化ポリマー

    提供機関:  科学技術振興機構  科学技術振興機構 研究成果最適展開支援事業(A-STEP)探索タイプ

    研究期間: 2010年10月  -  2011年03月 

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ポリマーアロイの創製

  • 有機ー無機複合材料の創製

  • 医療診断デバイスの創製

  • 高分子材料による界面創製

  • コロイドマテリアルの創製

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月
     
     

    第21回関西大学FDフォーラム 授業評価アンケートを展望するーその多様性と可能性ー

  • 2019年02月
     
     

    FDワークショップ "「百聞は一見に如かず! 主体的な学びを促す授業デザインを考えよう!」

  • 2019年02月
     
     

    2018年度 FD・SD合同研修 ~求められる内部質保証とその実践、第3期認証評価の観点から〜

  • 2017年09月
     
     

    6大学合同FD・SD研修会「DPからの一貫性あるカリキュラム設計:追大での革新」

  • 2017年06月
     
     

    2017年度甲南大学FDシンポジウム「経済学部ベストレクチャー事例発表」

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    2019年度の主な担当科目は、有機化学基礎(1年次配当、2単位)、材料化学(2年次配当、2単位)、高分子化学A(3年次配当、2単位)、機能分子化学研究ゼミ(3年次配当、1単位)、機能分子化学実験C(3年次配当、4単位)、機能分子化学卒業研究(4年次配当、12単位)である。

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    基礎化学から応用化学までを体系的に身につけ、化学の専門性を生かして社会に貢献できる人材育成を目指しており、特に有機高分子を基盤とした教育を講義および実験、卒業研究を通して教授している。1年次では、有機化合物の構造と結合を中心に教え、有機化学の反応に関与する概念を把握させ、多様な有機化合物が得られる可能性を理解させる。2年次では、金属材料やセラミックス、有機材料の構造的特徴を中心に教え、これら3大材料がもたらす機能発現と関連付けて理解させる。3年次では、高分子の合成法を中心に教え、高分子物質の特徴を理解させる。4年次では、これまでに修得した専門科目および実験科目の知識および技術をもとに、社会の課題解決を高分子材料の観点から設定された卒業研究テーマに対して、材料合成から構造解析、機能解析を通して卒業論文を作成し、自らが主導して研究テーマが展開できる力を身につけさせる。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    履修学生の興味を引きつつ、理解できたことの達成感が味わえるように工夫している。講義科目では、基本となるテキストを設定して15回の講義で扱う箇所をシラバスに明示し、予習しやすくしている。講義時間は、重要事項の板書と解説を行い、演習問題を併用して理解の定着を行っている。また、簡単な課題を宿題形式でレポート作成することを課し、復習の機会を設けている。実験科目では、実験書に基づく実験操作について、安全かつ適正な操作ができるかどうかをチェックするとともに、操作の意味が理解できるように指導している。卒業研究では、研究計画に基づき自らの力で研究を進めるとともに、研究倫理の素養が身につくよう、個別ゼミを併用して指導している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    授業改善アンケートの集計結果より、「この授業を通じて、知識が深まった、能力が高まったと感じますか?」および「総合的に判断して、この授業は満足できるものでしたか?」については、「そう思う」および「どちらかといえばそう思う」と回答した学生が多く、所属全体および大学全体の平均値と比較すると0.1ポイント程度高くなっている。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    学生からの授業終了後の質問や授業中の回答がまだまだ少ない。授業中の双方向的なライブ感を高くし、講義室の一体感が感じ取れるようにしたい。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、授業改善アンケート(集計表)

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年05月
    -
    2021年03月

    日本MRS   日本MRS第30回年次大会 組織委員会委員

  • 2019年06月
    -
    2020年03月

    日本MRS   日本MRS第29回年次大会 代表および連絡オーガナイザー

  • 2018年06月
    -
    2019年03月

    日本MRS   日本MRS第28回年次大会 オーガナイザー

  • 2017年05月
    -
    継続中

    日本ゴム協会   関西支部 副支部長

  • 2016年10月
    -
    2017年10月

    日本化学会   代議員(平成29年度)

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 関西ゴム技術研修所 副所長

    2019年08月
    -
    現在

  • 関西ゴム技術研修所 講師 「材料課目 熱可塑性エラストマー」

    2015年09月
    -
    現在

  • 神戸ゴム科学研究会 委員

    2015年04月
    -
    現在

  • Editorial Board of Biomaterials and Biomechanics in Bioengineering

    2015年01月
    -
    現在

  • 北陸先端科学技術大学院大学 教育連携客員教授

    2014年12月
    -
    2018年03月

    教育連携アドバイザー

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • ポリマーアロイの創製

    ポリマーブレンド法の提案

  • 有機ー無機複合材料の製造法

    電気化学的アプローチを基盤とした複合材料製造の提案

  • 高分子超薄膜の製造法

    各種基材に対するコーティング手法の提案

  • バイオマテリアルの開発

    バイオマテリアルの開発における情報提供

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 危険物取扱者(甲種)

  • 普通自動車免許(一種)