写真a

渡邉 順司 (ワタナベ ジュンジ)

WATANABE Junji

職名

教授

学位

博士(材料科学)(北陸先端科学技術大学院大学), 修士(工学)(大阪府立大学), 学士(工学)(大阪府立大学)

専門分野

生体医工学・生体材料学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1993年03月

    大阪府立大学   工学部   応用化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1997年10月
    -
    2000年06月

    北陸先端科学技術大学院大学  材料科学研究科  機能科学  博士課程  修了

  • 1993年04月
    -
    1995年03月

    大阪府立大学  工学研究科  応用化学  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年09月
    -
    2004年10月

    ウプサラ大学オングストローム研究所   日瑞ナノテクノロジー若手研究者国際交流プログラム

  • 1999年11月
    -
    2000年01月

    韓国科学技術研究院   客員研究員

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    甲南大学   理工学部   教授  

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

    甲南大学   理工学部   機能分子化学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

      大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻  

  • 2005年05月
    -
    2007年03月

      大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻  

  • 2001年04月
    -
    2005年05月

      東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻  

  • 2000年07月
    -
    2001年03月

      東京大学大学院工学系研究科金属工学専攻  

  • 1997年04月
    -
    1997年09月

      北陸先端科学技術大学院大学  

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本MRS

  • 2009年05月
    -
    継続中
     

    日本ゴム協会

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本化学会

  • 2000年07月
    -
    継続中
     

    高分子学会

  • 2000年01月
    -
    継続中
     

    アメリカ化学会

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ポリマーコロイドによる難水溶性薬物の可溶化

    その他の研究制度  

    研究期間: 2012年04月  -  継続中

  • アモルファスポリマーによる瞬発応答界面の創製

    その他の研究制度  

    研究期間: 2011年04月  -  継続中

  • イオン性エラストマーの創製

    (選択しない)  

    研究期間: 2009年04月  -  継続中

  • 有機-無機複合材料の創製

    (選択しない)  

    研究期間: 2005年05月  -  継続中

  • ポリマーバイオマテリアルの創製

    (選択しない)  

    研究期間: 2000年07月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • PTMC誘導体を用いた耐水性と洗い流し易さを両立する粉体の開発と応用

    岩本千紘,小山亜衣、粂井貴行,渡邉順司

    日本化粧品技術者会誌   52 ( 3 ) 197 - 204   2018年09月  [査読有り]

    共著

  • A Rapid and Specific C-Reactive Protein Immunoassay Driven by an Electrophoresis System Based on Protein Enrichment in a 3D Filter

    Fangfang Zhang, Junjie Ma, Junji Watanabe, Huiyu Liu, and Heyun Shen

    Nanoscience and Nanotechnology Letters   9 ( 4 ) 425 - 432   2017年04月  [査読有り]

    共著

  • Dual Electrophoresis Detection System for Rapid and Sensitive Immunoassays with Nanoparticle Signal Amplification

    Fangfang Zhang, Junjie Ma, Junji Watanabe, Jinlong Tang, Huiyu Liu, and Heyun Shen

    Sci. Rep.   7   42562   2017年02月  [査読有り]

    共著

  • Hydrophilic Polyelectrolyte Multilayers Improve the ELISA System: Antibody Enrichment and Blocking Free

    Xing Lai, Gan Gao, Junji Watanabe, Huiyu Liu, and Heyun Shen

    Polymers   9 ( 2 ) 51 - 64   2017年02月  [査読有り]

    共著

  • Design and Synthesis of an Amphiphilic Graft Hydrogel Having a Hydrophobic Domain Formed by Multiple Physical Interactions

    Kyohei Nitta, Atsushi Kimoto, and Junji Watanabe

    Mater. Sci. Eng. C   68   65 - 69   2016年11月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • アモルファスポリマーが創り出す組織再生用マテリアル,先端バイオマテリアルハンドブック

    渡邉順司 (担当: 単著 )

    エヌ・ティー・エス  2012年06月

  • Biomineralization of Hydrogels Based on Bioinspired Assemblies for Injectable Biomaterials, In Bio-Inorganic Hybrid Nanomaterials, Ed. by Eduardo Ruiz-Hitzky, Katsuhiko Ariga, and Yuri Lvov

    Junji Watanabe and Mitsuru Akashi (担当: 共著 , 担当範囲: 193–208 )

    Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim, Germany  2007年01月

  • 交互浸漬法による高分子ゲル/アパタイト,バイオミネラリゼーションとそれに倣う新機能材料の創製,加藤隆史監修

    渡邉順司,明石 満 (担当: 共著 , 担当範囲: 213–224 )

    シーエムシー出版  2007年01月

  • 骨修復機能性ファイバーの設計,“ファイバー”スーパーバイオミメティックス〜近未来の新技術創成〜

    渡邉順司,明石 満 (担当: 共著 , 担当範囲: 910–915 )

    エヌ・ティー・エス  2006年10月

  • 高度なバイオ工学を実現するリン脂質サーフェイステクノロジー,界面活性剤・両親媒性高分子の最新機能

    石原一彦,渡邉順司,高井まどか (担当: 共著 , 担当範囲: 223–232 )

    シーエムシー出版  2005年06月

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 結晶−非晶ブロックポリマーによる界面特性の変換

    渡邉順司,松田侑子,池田能幸

    化学工業 ( 化学工業社 )  63 ( 5 ) 342 - 347   2012年05月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 創傷被覆材への応用にむけたポリ(トリメチレンカーボネート)を基盤とした環境応答型ポリマー

    渡邉順司

    高分子論文集 ( 高分子学会 )  69 ( 3 ) 89 - 101   2012年03月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 電気化学的アプローチによる有機—無機ハイブリッドの創製と硬組織適合材料への応用

    渡邉順司

    バイオマテリアル ( 日本医学館 )  27 ( 1 ) 38 - 48   2009年01月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • 電気化学的手法による有機—無機複合化プロセスの開発

    渡邉順司,明石 満

    化学工業 ( 化学工業社 )  59 ( 11 ) 852 - 858   2008年11月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Establishing Ultimate Biointerfaces Covered with Phosphorylcholine Groups

    Junji Watanabe and Kazuhiko Ishihara

    Colloids and Surfaces B: Biointerfaces ( Elsevier )  65 ( 2 ) 155 - 165   2008年09月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Improvement in Molecular Separation by Using Ultrafiltration Membrane Blended with Polymer Colloid

    Junji Watanabe, Yuta Maeno, Atsushi Kimoto

    International Rubber Conference 2016 Kitakyushu  (Kitakyushu International Conference Center, Fukuoka, Japan)  2016年10月  -  2016年10月   

  • Environmentally Responsive Biointerface by Dynamic Molecular Motion of Amorphous Polymer

    Junji Watanabe

    IUPAC MACRO 2014  (Chiang Mai, Thailand)  2014年07月  -  2014年07月   

  • Surface Enrichment of Functional Molecules for Fine Biointerfaces

    Junji Watanabe, Junpei Miyake, and Yoshiyuki Ikeda

    第9回世界バイオマテリアル会議  (Chengdu, China)  2012年06月  -  2012年06月   

  • Moisture Sensitive Biointerface Based on Amorphous Poly(trimethylene carbonate) with Hydrophilic Polymer Chain

    Junji Watanabe, Junpei Miyake, and Yoshiyuki Ikeda

    第243回アメリカ化学会  (San Diego, USA)  2012年03月  -  2012年03月   

  • Surface Regulation for Protein Immobilization Using Poly(trimethylene carbonate), Poly(L-lactic acid), and Their Derivatives

    Junji Watanabe, Kazuhisa Terao, Junpei Miyake, and Yoshiyuki Ikeda

    3rd Asian Biomaterials Congress   (Busan, Korea)  2011年09月  -  2011年09月   

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 表面処理粉体

    2014-174248  2016-050212  特許第5795110号

    岩本千紘,粂井貴行,渡邉順司

  • 表面処理剤

    2014-117315  2015-229740  特許第6376850号

    岩本千紘,粂井貴行,渡邉順司

  • 癒着防止剤およびこれを用いた創傷被覆材

    2013–045589  2014-171590 

    渡邉順司,古川 彰

  • N–ビニルアルキルアミド構造を有するモノマーと新規架橋剤から合成される新規高強度相互侵入網目ゲル

    2007–60031  2008–255313 

    明石 満,網代広治,渡邉順司,舩木隆文

  • ゲル担体とハイドロキシアパタイトとの複合体およびその製造方法

    PCT/JP2006/323343 

    明石 満、渡邉順司、舩木隆文

    PCT/JP2006/323343、2006年11月22日出願

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成20年度日本バイオマテリアル学会科学奨励賞

    2008年11月17日   日本バイオマテリアル学会  

    受賞者:  渡邉順司

  • 日本化学会第86春季年会 第20回若い世代の特別講演会特別講演証

    2006年03月27日   日本化学会  

    受賞者:  渡邉順司

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • イオン性高分子鎖をもつエラストマーによる高速親水化フィルターの創製と溶質透過制御

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    非晶性高分子の代表である高分子エラストマーとイオン性の親水性高分子鎖をつなげたブロック共重合体を設計し、溶質透過膜を創製する。

  • 診断デバイスの微細化に対応できる高速親水化ポリマーの創製と高感度診断基材への応用

    新学術領域研究(研究領域提案型)(継続領域)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

    医療現場で必要不可欠な診断デバイスを高性能化するための高分子被覆材の創製を目的としている。

  • 高速親水化ソフト界面が構築できるポリマーの創製と分子インプリンティング法への応用

    新学術領域研究(研究領域提案型)(継続領域)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月 

    親水鎖が高度に濃縮したソフト界面を構築し、分子インプリンティング法へ応用することを目的としている。

  • 電気化学的手法により創製された有機—無機複合材料の特性解析とバイオ機能解析

    萌芽研究

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月 

    ハイドロゲルや多孔質膜のような有機材料の微細空孔内部を活用し、無機化合物を析出・生成させる有機—無機ハイブリッド材料を創製する。

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 単分散で長期安定性を有するサンスクリーン用ポリマーコロイドの開発

    提供機関:  科学技術振興機構  科学技術振興機構 研究成果最適展開支援事業(A-STEP)探索タイプ

    研究期間: 2011年12月  -  2012年07月 

    生体適合性の高いポリマーから作り出されたコロイドに配合薬剤を閉じ込め、発汗による湿った環境下で充分に機能するサンスクリーン用基剤を開発する。

  • 高速親水化ポリマーの塗布による創傷被覆ガーゼのイノベーション

    提供機関:  科学技術振興機構  科学技術振興機構 研究成果最適展開支援事業(A-STEP)シーズ顕在化タイプ

    研究期間: 2011年10月  -  2012年09月 

    創傷部の治癒過程で発生するガーゼの癒着が回避できる創傷被覆ガーゼの開発を行う。

  • 創傷部での癒着を回避できるガーゼ開発のための高速親水化ポリマー

    提供機関:  科学技術振興機構  科学技術振興機構 研究成果最適展開支援事業(A-STEP)探索タイプ

    研究期間: 2010年10月  -  2011年03月 

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 有機ー無機複合材料の創製

  • 医療診断デバイスの創製

  • 高分子材料による界面創製

  • コロイドマテリアルの創製

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月
     
     

    第21回関西大学FDフォーラム 授業評価アンケートを展望するーその多様性と可能性ー

  • 2019年02月
     
     

    FDワークショップ "「百聞は一見に如かず! 主体的な学びを促す授業デザインを考えよう!」

  • 2019年02月
     
     

    2018年度 FD・SD合同研修 ~求められる内部質保証とその実践、第3期認証評価の観点から〜

  • 2017年09月
     
     

    6大学合同FD・SD研修会「DPからの一貫性あるカリキュラム設計:追大での革新」

  • 2017年06月
     
     

    2017年度甲南大学FDシンポジウム「経済学部ベストレクチャー事例発表」

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年06月
    -
    2020年03月

    日本MRS   日本MRS第29回年次大会 代表および連絡オーガナイザー

  • 2018年06月
    -
    2019年03月

    日本MRS   日本MRS第28回年次大会 オーガナイザー

  • 2017年05月
    -
    継続中

    日本ゴム協会   関西支部 副支部長

  • 2016年02月
    -
    2017年03月

    日本MRS   日本MRS第26回年次大会 代表および連絡オーガナイザー

  • 2015年10月
    -
    2016年10月

    日本化学会   代議員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 関西ゴム技術研修所 副所長

    2019年08月
    -
    現在

  • Editorial Board of Biomaterials & Biomechanics in Bioengineering

    2016年01月
    -
    現在

    Associate Editor

  • 関西ゴム技術研修所 講師 「材料課目 熱可塑性エラストマー」

    2015年09月
    -
    現在

  • 神戸ゴム科学研究会 委員

    2015年04月
    -
    現在

  • Editorial Board of Biomaterials & Biomedical Engineering

    2015年01月
    -
    2015年12月

    Associate Editor

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 有機ー無機複合材料の製造法

    電気化学的アプローチを基盤とした複合材料製造の提案

  • 高分子超薄膜の製造法

    各種基材に対するコーティング手法の提案

  • バイオマテリアルの開発

    バイオマテリアルの開発における情報提供

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 危険物取扱者(甲種)

  • 普通自動車免許(一種)