写真a

田野 大輔 (タノ ダイスケ)

TANO Daisuke

職名

教授

学位

文学博士(京都大学)

専門分野

歴史社会学、ナチズム研究

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   文学部   哲学科・社会学専攻   卒業

    1989年4月 - 1993年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   文学研究科   社会学   博士課程   単位取得満期退学

    1995年4月 - 1998年3月

  • 京都大学   文学研究科   社会学   修士課程   修了

    1993年4月 - 1995年3月

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年9月
    -
    1998年7月

    ミュンヘン大学   留学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   文学部   教授

    2012年4月 - 現在

  • 甲南大学   文学部   准教授

    2009年4月 - 2012年3月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 関西学院大学

    2021年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 神戸大学   文学部

    2014年9月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 関西学院大学

    2013年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 大阪大学

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 立命館大学

    2010年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 関西社会学会

    1994年4月 - 現在

  • 日本西洋史学会

    2015年4月 - 現在

  • 日本社会学会

    1995年4月 - 現在

  • 日本ドイツ学会

    2008年4月 - 現在

  • ドイツ現代史研究会

    1996年4月 - 現在

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • „„Achse der Freizeit“: Der Weltkongress für Freizeit und Erholung 1936 und Japans Blick auf Deutschland 査読あり

    Daisuke Tano

    Zeitschrift für Geschichtswissenschaft   58 ( 9 )   709 - 729   2010年9月

     詳細を見る

    単著

  • 余暇の枢軸——世界厚生会議と日独文化交流 査読あり

    田野 大輔

    ゲシヒテ   ( 2 )   21 - 39   2009年3月

     詳細を見る

    単著

    ドイツ現代史研究会

  • 性生活の効用——精神療法とナチズムの関係をめぐって

    田野 大輔

    思想   ( 1013 )   27 - 44   2008年9月

     詳細を見る

    単著

    岩波書店

  • 愛と欲望のナチズム――「健全な性生活」の罠 査読あり

    田野 大輔

    ドイツ研究   ( 43 )   78 - 92   2009年3月

     詳細を見る

    単著

  • ヒトラー、あるいは親密さの専制――カリスマの陳腐さについての考察 査読あり

    田野 大輔

    社会学評論   51 ( 1 )   71 - 87   2000年6月

     詳細を見る

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ファシズムの教室――なぜ集団は暴走するのか

    田野 大輔( 担当: 単著)

    大月書店  2020年4月  ( ISBN:978-4272211234

  • 教養のドイツ現代史

    田野 大輔,柳原 伸洋( 担当: 共編者(共編著者))

    ミネルヴァ書房  2016年6月  ( ISBN:9784623072705

  • 愛と欲望のナチズム

    田野 大輔( 担当: 単著)

    講談社  2012年9月  ( ISBN:978-4062585361

  • 魅惑する帝国——政治の美学化とナチズム

    田野 大輔( 担当: 単著)

    名古屋大学出版会  2007年6月  ( ISBN:978-4815805623

  • イミダス 現代の視点2021

    イミダス編集部( 担当: 共著 ,  範囲: 「ファシズムは楽しい? 集団行動の危険な魅力を考える」)

    集英社  2020年11月 

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • ホロコーストは近代の産物か

    田野 大輔

    ちくま   ( 602 )   2021年5月

     詳細を見る

    掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   出版者・発行元:筑摩書房  

  • これからの「世界」を考えるためのKEY BOOK 独裁とポピュリズム

    田野 大輔

    BRUTUS   ( 930 )   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:マガジンハウス  

  • 日本の「自粛警察」とファシズム──ドイツとの比較から考える

    田野 大輔

    群像   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:講談社  

  • 15分で読む ホロコーストはなぜ起こったか

    田野 大輔

    人文会ニュース   ( 136 )   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

    その他リンク: http://jinbunkai.com/wp-content/uploads/2020/12/136_web.pdf

  • (生活)自粛警察 身勝手な正義感 コロナ禍で個人攻撃や妨害 「同じ立場なら…と考えて」

    田野大輔

    日本経済新聞   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本経済新聞社  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 日本の「自粛警察」とファシズム──ドイツとの比較から考える

    田野 大輔

    日本社会学会  (松山大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • ミンスクの藪の中──ホロコーストをめぐる史料批判の限界と可能性について

    田野 大輔

    日本西洋史学会  (広島大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

  • 消費がつくりだす「民族共同体」――国民的社会主義者ドレスラー=アンドレスと国民受信機・国民車構想

    田野 大輔

    ドイツ現代史学会  (神戸大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

  • “Strength through Joy” in Japan: Mutual perceptions of leisure movements in Germany and Japan, 1935-1942

    Daisuke Tano

    ISA World Congress of Sociology  (Yokohama, japan) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

  • ファシズムの体験学習の試み──集団行動を通じた社会学教育の一事例

    田野 大輔

    日本社会学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 総力戦体制下の日独社会政策の比較歴史社会学的研究

    2014年4月 - 2018年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

     詳細を見る

    1930年代半ばから40年代初めにかけての日本とドイツの総力戦体制構築の過程で、労働・余暇問題への対処を主眼とした両国の社会政策がいかなる役割を果たしたのかを、比較歴史社会学的な観点から考察しようとする研究。

  • ナチズムの性政治に関する歴史社会学的研究

    2011年4月 - 2014年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

     詳細を見る

    セクシュアリティの問題を軸に、ナチズムの政治の実態を歴史社会学的に考察し、人口・人種政策との関わりも含めて、性を媒介とする動員のメカニズムを明らかにしようとする研究。

  • 視覚メディアの図像学的分析を通じたファシズムの比較歴史社会学的研究

    2005年4月 - 2008年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 若手研究(B)

     詳細を見る

    視覚メディアの図像学的分析を通じてファシズムの政治文化を比較歴史社会学的に考察し、その大衆動員のメカニズムを解明する研究。

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 日独文化交流についての共同研究

  • 政治的プロパガンダの実態についての共同研究

  • ドイツにおける身体性・セクシュアリティについての共同研究

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2022年度  ナチ・ドイツにおけるマスコミュニケーションの研究

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    ナチ・ドイツにおけるマスコミュニケーションの問題、とくに宣伝や文化政策、ジェンダーや人種主義に関する研究、および1930〜40年代の日独関係、とくに社会政策や保安諜報分野での相互交流の研究。

  • 2021年度  ナチ・ドイツにおけるマスコミュニケーションの研究

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    ナチ・ドイツにおけるマスコミュニケーションの問題、とくに宣伝や娯楽、セクシュアリティに関する研究、および1930〜40年代の日独関係、とくに余暇・厚生の領域における文化交流の研究。

  • 2020年度  ナチ・ドイツにおけるマスコミュニケーションの研究

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    ナチ・ドイツにおけるマスコミュニケーションの問題、とくに宣伝や娯楽、セクシュアリティに関する研究、および1930〜40年代の日独関係、とくに余暇・厚生の領域における文化交流の研究。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2010年4月
    -
    現在

    体験学習の実施

  • 2009年4月
    -
    現在

    小レポートの実施

  • 2009年4月
    -
    現在

    教材の My KONAN へのアップロード

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年4月 - 現在   ドイツ現代史研究会  編集委員

  • 2011年4月 - 2013年3月   ドイツ現代史研究会  代表

  • 2010年4月 - 2011年3月   ドイツ現代史学会  大会実行委員長

  • 2007年4月 - 2009年3月   ドイツ現代史研究会  『ゲシヒテ』編集実務担当

  • 2007年4月 - 2008年3月   ドイツ現代史研究会  事務局長

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 山岡記念財団諮問委員

    2016年12月 - 現在

     詳細を見る

    山岡記念財団諮問委員として、日本とドイツの学術及び文化の交流に関わる事業への助言を行っている。

  • 朝日カルチャーセンター新宿教室「今、ナチズムを問う」

    2013年8月

     詳細を見る

    講師