写真a

DANJO Hiroshi

Position

Professor

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Kyoto University   Graduated

    - 1999

      More details

  • Osaka Prefecture University   Faculty of Engineering   Graduated

    - 1994.3

  • Osaka Prefecture University   Faculty of Engineering   Department of Applied Chemistry   Graduated

    - 1994

      More details

Graduate School 【 display / non-display

  • Kyoto University   Graduate School, Division of Natural Science   Doctor's Course   Completed

    - 1999.3

Studying abroad experiences 【 display / non-display

  • 1999.6
    -
    2000.5

    Department of Chemistry, Harvard University   Postdoctoral Fellow

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Science and Engineering   Professor

    2016.4

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Science and Engineering   Associate Professor

    2009.4 - 2016.3

External Career 【 display / non-display

  • Kagawa School of Pharmaceutical Sciences, Tokushima Bunri University

    2004.4 - 2009.3

      More details

    Country:Japan

  • Department of Chemistry, Chiba University

    2000.9 - 2004.3

      More details

    Country:Japan

  • 分子科学研究所

    2000.6 - 2000.8

      More details

    Country:Japan

  • Department of Chemistry, Harvard University

    1999.6 - 2000.5

      More details

    Country:United States

  • 日本学術振興会

    1999.4 - 2000.8

      More details

    Country:Japan

display all >>

 

Research Career 【 display / non-display

  • Development of molecular connecting modules for the construction of supramolecular higher-ordered structures

    (not selected)  

    Project Year: 2009.4  -   

  • Development of phosphines bearing bulky substituents on phosphorus atoms

    Grant-in-Aid for Scientific Research  

    Project Year: 2004.4  -  2009.3 

Papers 【 display / non-display

  • Preparation of tricationic tris(pyridylpalladium(II)) metallacyclophane as an anion receptor Reviewed

    Hiroshi Danjo, Kohei Asai, Tomoya Tanaka, Daiki Ono, Masatoshi Kawahata, Satoshi Iwatsuki

    Chemical Communications   58   2196 - 2199   2021.1

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author  

    DOI: 10.1039/d1cc05563a

    researchmap

  • Preparation of cage-shaped hexakis(spiroborate)s Reviewed

    Hiroshi Danjo, Yuhki Masuda, Yuki Kidena, Masatoshi Kawahata, Kazuaki Ohara, Kentaro Yamaguchi

    Organic & Biomolecular Chemistry   18 ( 18 )   3717 - 3723   2020.5

     More details

    Joint Work

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Publisher:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    <p>Direct construction of anionic hexakis(spiroborate) prismatic cages was realized by the reaction of hexahydroxytriphenylene, bis(dihydroxynaphthalene)s, and boric acid.</p>

    DOI: 10.1039/d0ob00518e

    researchmap

  • Characteristic Hydrogen Bonding Observed in the Crystals of Aromatic Sulfonamides: 1D Chain Assembly of Molecules and Chiral Discrimination on Crystallization Reviewed

    Shoko Kikkawa, Hyuma Masu, Kosuke Katagiri, Misaki Okayasu, Kentaro Yamaguchi, Hiroshi Danjo, Masatoshi Kawahata, Masahide Tominaga, Yoshihisa Sei, Hidemasa Hikawa, Isao Azumaya

    Cryst. Growth Des.   19 ( 19 )   2936 - 2946   2019.4

     More details

    Joint Work

    Copyright © 2019 American Chemical Society. N-Phenylbenzenesulfonamides exist preferentially in (+)- or (-)-synclinal conformations, which place the aromatic rings at both ends in the same direction with a twist. We have systematically analyzed the crystal structure of secondary aromatic sulfonamides bearing methyl, ethyl, and/or methoxy groups on the benzene rings. Intermolecular hydrogen bonding between the sulfonamide protons and sulfonyl oxygens was observed in 81 out of 85 crystals. The intermolecular hydrogen-bonding patterns could be classified into four types, i.e. Dimeric, Zigzag, Helical, and Straight patterns, with retention of the synclinal conformation of the sulfonamide moiety. We investigated the relationship between the hydrogen-bonding pattern and the proportion of the compounds that show chiral crystallization. On the basis of our classification of the intermolecular hydrogen bonds of aromatic sulfonamides, the crystals with Dimeric and Zigzag patterns, which both have enantiomeric synclinal conformers, intrinsically become achiral, except for kryptoracemates. In contrast, a high proportion of compounds with Helical or Straight patterns in the crystals showed chiral crystallization. Our classification is useful for discussion regarding the chirality of molecular assemblies, on the basis of the conformational chirality of the molecules in the crystal.

    DOI: 10.1021/acs.cgd.9b00159

    researchmap

  • Construction and structural analysis of mono- and heterobimetallic bis(titanate) molecular cages Reviewed

    Toshi Nakagawa, Hiroshi Danjo, Masatoshi Kawahata, Kentaro Yamaguchi

    Tetrahedron   75 ( 75 )   315 - 323   2018.12

     More details

    Joint Work

    Authorship:Corresponding author  

    DOI: 10.1016/j.tet.2018.11.072

    researchmap

  • Proton-Induced Assembly-Disassembly Modulation of Spiroborate Twin-Bowl Polymers Bearing Pyridyl Groups Reviewed

    Hiroshi Danjo, Masahiro Hamaguchi, Kohei Asai, Mizuki Nakatani, Hiroko Kawanishi, Masatoshi Kawahata, Kentaro Yamaguchi

    MACROMOLECULES   50 ( 50 )   8028 - 8032   2017.9

     More details

    Joint Work

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Publisher:AMER CHEMICAL SOC  

    Twin-bowl-shaped tris-(spiroborate) cyclophanes bearing pyridyl groups have been prepared for the construction of proton-responsive supramolecular polymers. Preparation of the pyridyl twin bowls was carried out by the reaction of 6,6'-(3-pyri dyl)-2,2',3,3'-tetrahydroxy- 1, 1'-binaphthyls and an equimolar amount of boric acid in N,N-dimethylformamide in self-organization manner, as previously reported. The reversible acid/base response of the pyridyl twin bowls was evaluated by the addition of hydrochloric acid and aqueous sodium hydroxide. The assembly disassembly modulation of the supramolecular polymers composed of pyridyl twin bowls and the tricationic iridium-(III) complex was also examined. Dissociation of the supramolecular polymers occurred by the addition of hydrochloric acid, and its reconstruction was realized by the addition of aqueous sodium hydroxide. The opposite behavior was observed when the dianionic palladium-(II) complex was employed as a guest. The addition of acid led to the formation of the aggregate that was dissociated by the addition of base.

    DOI: 10.1021/acs.macromol.7b01924

    researchmap

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • CSJカレントレビュー33 超分子ポリマー~超分子・自己組織化の基礎から先端材料への応用まで~(環状スピロボラート型分子接合素子を利用した超分子ポリマー作製)

    日本化学会編( Role: Joint author)

    化学同人  2019.8  ( ISBN:978-4-7598-1393-7

  • 超分子ポリマー : 超分子・自己組織化の基礎から先端材料への応用まで

    日本化学会(環状スピロボラート型分子接合素子を利用した超分子ポリマー作製)

    化学同人  2019.8  ( ISBN:9784759813937

     More details

  • スマートフォン・タッチパネル部材の最新技術便覧(「分子接合素子」とタッチパネル部材への応用の可能性)

    121名( Role: Joint author)

    技術情報協会  2013.6  ( ISBN:978-4861044847

  • 薬学領域の分析化学(電気的終点検出法)

    財津潔、鶴田泰人 編集( Role: Joint author)

    廣川書店  2009.11  ( ISBN:9784567254939

  • e-EROS Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis

    檀上博史( Role: Joint author)

    Divinyl ketone (Fisrt Update), Wiley  2008.11 

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • スピロボラート結合形成を利用した分子認識分子の創製

    檀上博史

    有機合成化学協会誌   73 ( 7 )   713 - 722   2015.7

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:有機合成化学協会  

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.73.713

  • 超分子ポリマーとその分析法

    檀上博史

    ぶんせき   475 ( 7 )   372 - 373   2014.7

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (international conference proceedings)   Publisher:分析化学会  

  • 「分子接合素子」~自己修復材料への新しいトリガー分子としての可能性~

    檀上 博史

    MATERIAL STAGE   12 ( 4 )   61 - 64   2012.7

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:技術情報協会  

  • 分子接合素子による超分子ポリマー作製

    檀上 博史

    化学工業   62 ( 12 )   942 - 947   2011.12

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:化学工業社  

  • 分子接合素子による新規ポリマー材料の作製

    檀上 博史

    プラスチックス   62 ( 7 )   53 - 55   2011.7

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本工業出版  

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Guest-free Construction of Spiroborate Nanocages

    Hiroshi Danjo, Yuuki Masuda, Yuuki Suga, Masatoshi Kawahata, Kentaro Yamaguchi, Toshifumi Miyazawa

     More details

    Event date: 2012.5

  • スピロアート型シクロファンの創製と分子認識挙動解析

    檀上 博史

    バイオナノシステムズ研究会・第4回研究会  (神戸)  バイオナノシステムズ研究会

     More details

    Event date: 2011.8

  • スピロアート型シクロファンの合成と超分子高次構造体構築への利用

    檀上 博史

    超分子研究会  (東京)  超分子研究会

     More details

    Event date: 2011.5

  • 環状スピロボラート接合素子による新規超分子ポリマーの創製と構造解析

    檀上 博史

    第57 回質量分析総合討論会  (大阪)  質量分析学会

     More details

    Event date: 2009.5

  • 環状スピロボラート型超分子接合素子の創製と利用

    檀上 博史

    第1回有機立体化学研究会講演会  (香川)  有機立体化学研究会

     More details

    Event date: 2008.12

display all >>

Academic Awards Received 【 display / non-display

  • 有機合成協会研究企画賞

    2009.2   有機合成協会  

    檀上博史

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • ヤヌス型分子接合素子による多成分系超分子ポリマーの創製

    2019.4 - 2022.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    超分子ポリマーは、モノマー同士が可逆的な二次的相互作用によって結びついて形成され、自己修復能や刺激応答能をはじめとする独特の機能を潜在的にもつ優れた物質群である。本研究では、ヤヌス型分子接合素子による多成分系超分子ポリマー作製を行う。ヤヌス型分子接合素子とは表裏二面で異なる分子を捕捉し、これらを貼り付ける様に会合体を形成する分子認識分子である。環状ピリジルパラジウム(II)三核錯体に各種官能基を導入することでヤヌス型分子接合素子を調製し、これを用いて異なるサイズ・形状のゲストを交互に認識した多成分系超分子ポリマーの構築を試みる。

  • スピロボラート型分子接合素子を利用した超分子ピーポッドポリマーの創製

    2014.4 - 2017.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    申請者は以前に、カチオン性ゲスト共存下で超分子ポリマーを形成する分子認識分子である、スピロボラート型分子接合素子を開発している。今回これを応用し、多様な機能性低分子を化学修飾することなくポリマー鎖中に固定化したトポロジカルポリマー、すなわち「ピーポッドポリマー」を作製する。またこれを発展させ、ポリマー鎖中に連続的に空孔を内包した「中空ピーポッドポリマー」の作製も検討する。本研究の達成により、多様な機能をもつ高分子材料が、内包ゲストを入れ換えるだけで簡便に作製可能となり、有機エレクトロニクスや磁性材料、各種物質の貯蔵・捕集材料など、広範囲の機能材料開発に対する新たな方法論の確立が期待される。

  • 分子接合素子による自己組織化的表面機能化法の開発

    2011.4 - 2014.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    基板およびナノ粒子などのバルク材料の物性は、その表面の環境に大きく依存することから、表面環境の自在制御は新規機能開拓において非常に重要なアプローチとなる。この観点から本課題では、分子接合素子による表面修飾法を確立する。分子接合素子とは、任意の機能性ゲスト分子を連続認識し、超分子ポリマーを構築しうる分子認識分子である。これを応用し、金属基板、グラファイト基板および金属ナノ粒子表面へ様々な機能をもつ超分子ポリマー鎖を固定化し、分子接合素子による表面修飾法の確立・一般化を目指す。

  • ホウ素架橋型ホスフィンをビルディングブロックとする新規ジホスフィン配位子の創製

    2006.4 - 2007.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists(B)

      More details

    従来法では合成困難とされてきた、かさ高いジホスフィン誘導体の簡便合成法を、新しいビルディングブロックを利用することによって達成した。

Other External funds procured 【 display / non-display

  • 有機機能材料創製を指向した巨大かご形分子の開発

    2012.4 - 2013.3

    甲南学園平生太郎基金  甲南学園平生太郎基金科学研究奨励助成

  • 分子接合素子を利用した超分子ポリマー創製と機能性高分子材料への応用

    2011.4 - 2012.3

    財団法人ひょうご科学技術協会  財団法人ひょうご科学技術協会 一般学術研究助成金

      More details

    本課題で応募者は、「分子接合素子」による超分子ポリマー形成を利用した高機能性高分子材料の簡便作製法を提案するとともに、この方法による材料作製の具体例を提示する。具体的には、エレクトロクロミズムまたは発光挙動を示す各種機能性金属錯体をゲストとして取り込んだメタロ超分子ポリマーの簡便作製および機能評価について検討する。得られた高分子は、一般的な高分子材料と同様の加工・成形が可能で、かつ取り込んだ金属鎖体の機能を充分に発揮させうるものとなり、また金属錯体の一次元連鎖に基づく新たな物性開拓の可能性も期待される。
     本課題は以下の3つのステージから構成される。
    1)分子接合素子の設計・合成
    2)分子接合素子と適切なゲスト分子による超分子ポリマーの作製と構造評価
    3)得られた超分子ポリマーの機能・物性評価
    これらは段階的に進行していくが、当然のことながら構造情報ならびに機能・物性に関する情報を基に、新たな超分子ポリマーの作製を行う必要があることから、本課題ではこれらのステージを繰り返しつつ、トライアルアンドエラーにより有用化合物への道筋を拓いていくものである。

  • 分子接合素子を利用した機能性高分子材料の簡便作製法の開発

    2011.1 - 2011.12

    松籟科学技術振興財団  松籟科学技術振興財団研究助成

      More details

    機能性高分子材料開発の領域では近年、重合過程を共有結合形成ではなく自己組織化に置き換えた「超分子ポリマー」の創製研究が盛んに行われている。本課題で応募者は、「分子接合素子」による超分子ポリマー形成を利用した高機能性高分子材料の簡便作製法を提案するとともに、この方法による材料作製の具体例を提示する。分子接合素子とはゲスト分子を二面で同時認識し、一次元連鎖構造を構築する機能を有する分子認識分子である。具体的には、エレクトロクロミズムまたは発光挙動を示す各種機能性金属錯体をゲストとして取り込んだメタロ超分子ポリマーの簡便作製および機能評価について検討する。得られた高分子は、一般的な高分子材料と同様の加工・成形が可能で、かつ取り込んだ金属鎖体の機能を充分に発揮させうるものとなり、また金属錯体の一次元連鎖に基づく新たな物性開拓の可能性も期待される。

  • 高選択的触媒プロセスの開発

    2006.4 - 2008.3

    文部科学省  特色ある大学教育支援プログラム

      More details

    幾つかの遷移金属触媒反応において、立体的に極度に混み合ったホスフィン配位子がある種の反応において極めて有効であることが示唆されている。しかしこの様なホスフィン類はその立体障害ゆえに合成が困難であり、これらを用いた反応の実施には至っていないのが実情である。本申請課題では従来法では合成困難とされるホスフィン類の簡便合成法を開発し、これらを利用した新規触媒系を構築する。また、従来法では比較的合成が困難とされてきた広範囲の医薬品前駆体合成について本触媒系を適用し、種々条件を検討することでその高効率的実施をめざす。

Joint and Contract research activities (Public) 【 display / non-display

  • 高選択的触媒プロセスの開発

    Domestic Joint Research

    2006.4 - 2006.12

      More details

    主にホスフィン化合物を利用した高効率的遷移金属触媒反応を開発し、高付加価値化合物の高収率・高選択的合成を行った。

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • 新規機能性高分子材料の構造、物性解析

 

Recommended URL 【 display / non-display

  • 甲南大学理工学部機能分子化学科有機合成化学研究室

    http://www.chem.konan-u.ac.jp/SOC/

    Chemistry

Qualification acquired 【 display / non-display

  • Hazardous Material Handler (first kind)

  • Chief Person of Radiation Handling (first and second kind)