写真a

山本 雅博 (ヤマモト マサヒロ)

YAMAMOTO Masahiro

職名

教授

学位

京都大学工学博士(京都大学)

専門分野

表面・界面物理化学

研究分野・キーワード

表面・界面物理化学

ホームページ

http://www.chem.konan-u.ac.jp/PCSI/

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1979年04月
    -
    1983年03月

    京都大学   工学部   工業化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1985年03月

    京都大学  工学研究科  工業化学科  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年10月
    -
    1994年09月

    アイオワ州立大学/エネルギー省エームズ研究所   訪問研究員

  • 1997年10月
     
     

    オークリッジ国立研究所   訪問研究員

  • 1998年03月
     
     

    オックスフォード大学材料工学科   訪問研究員

  • 1999年03月
     
     

    ウルム大学化学科   訪問研究員

  • 1999年04月
     
     

    カリフォリニア大学サンタクルーズ校   訪問研究員

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    甲南大学   理工学部   機能分子化学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年02月
    -
    2009年03月

      京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻  

  • 1996年05月
    -
    1999年01月

      京都大学エネルギー理工学研究所  

  • 1985年04月
    -
    1996年04月

      京都大学原子エネルギー研究所  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    電気化学会

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    日本分析化学会

  • 1111年11月
    -
    継続中
     

    日本化学会

  •  
     
     
     

    日本ポーラログラフ学会

  •  
     
     
     

    米国物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Tailored Photoluminescence Properties of Ag(In,Ga)Se2 Quantum Dots for Near-Infrared In Vivo Imaging

    Tatsuya Kameyama, Hiroki Yamauchi, Takahisa Yamamoto, Toshiki Mizumaki, Hiroshi Yukawa, Masahiro Yamamoto, Shigeru Ikeda, Taro Uematsu, Yoshinobu Baba, Susumu Kuwabata, Tsukasa Torimoto

    ACS Applied Nano Materials ( ACS )  3   3275 - 3287   2020年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Treatment of oral cancer using magnetized paclitaxel

    R. Nakakaji et al.

    Oncotarget     2018年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • A model of the potential-dependent adsorption of charged redox-active species at the electrode sur- face

    Yuki Kitazumi, Osamu Shirai, Masahiro Yamaomto, Kenji Kano

    Electrochimica Acta     2018年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Magnetic metal complex-conducting copolymer core-shell nanoassemblies for single-drug anticancer platform

    Jeong-Hwan Kim, Haruki Eguchi, Masanari Umemura, Itaru Sato, Shigeki Yamada, Yujiro Hoshino, Takatsugu Masuda, Ichio Aoki, Kazuo Sakurai, Masahiro Yamamoto and Yoshihiro Ishikawa

    NPG(Nature Publishing Group) Asia Materials     2017年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Electrochemical Sensing of Neurotoxic Agents Based on Their Electron Transfer Promotion Effect on an Au Electrode

    Hiroshi Shimada, Shiori Noguchi, Masahiro Yamamoto, Katsuhiko Nishiyama, Yusuke Kitamura, Toshihiro Ihara

    Anal. Chem.     2017年  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 演習で学ぶ 科学のための数学 

    山本雅博,加納健司 (担当: 共著 )

    化学同人  2018年04月 ISBN: 9784759820027

  • たのしい物理化学1

    加納健司,山本雅博 (担当: 共著 )

    講談社サイエンティフク  2016年11月 ISBN: 978-4-06-154395-9

  • 「現代表面科学シリーズ(第 1 巻)」14 章 表面科学こと始め - 開拓者のひらめきに学ぶ- 電気化学分野:電気二重層の構造について O. Stern Z. Electrochem. 30, 508-516 (1924) ”

    山本雅博 (担当: 単著 )

    共立出版  2012年

  • 「実験データを正しく扱うために」

    前田耕治,山本雅博,加納健司 (担当: 共著 )

    化学同人  2008年

  • Mechanism of oxygen absorption by zirconium (共著)

    YAMAMOTO Masahiro (担当: 単著 )

    Trends in Physical Chemistry  1991年

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • First Principle Calculation of Diffusitivity

    YAMAMOTO Masahiro

    Chemistry and Industry   44 ( 9 )   1991年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 拡散係数の第一原理計算

    山本 雅博

    化学と工業   44 ( 9 )   1991年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 放射性物質吸着剤の製造方法

    6084829 

    江口晴樹,山本雅博

  • 放射性セシウム吸着剤およびそれを用いた放射性セシウムの回収方法

    6240382

    江口晴樹,山本雅博

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 積分方程式/第Ⅰ原理計算結合理論を用いた電極界面現象の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

    積分方程式/第Ⅰ原理計算結合理論を用いた電極界面現象の解明

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 多孔性電極中のイオン輸送現象の解明と高出入力電池への展開

    提供機関:  JST-CREST  JST-CREST

    研究期間: 2013年10月  -  2018年03月 

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2012年07月
     
     

    甲南大学理工学部機能分子化学における外国語教育・留学の現状について

  • 2007年12月
    -
    2012年09月

    実験データを正しく扱うために(化学同人)

  • 2009年04月
    -
    2012年09月

    機能分子化学B実験書(学科内テキスト)

  • 2010年12月
    -
    2012年12月

    FD委員会主催「新任教員と中堅教員とのワークショップ」に参加

  • 2011年04月
    -
    2012年01月

    授業の宿題および解答をWEB上で公開

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    2019年度の主な担当科目は,物理化学A(2年次配当,2単位),機能分子化学実験B(3年次配当,3単位),物理化学基礎(1年次配当,2単位),機能分子化学実験入門(1年次配当,1単位),機能分子化学研究ゼミ(3年次配当,1単位),化学コンピューター演習(4年次配当,1単位),機能分子化学卒業研究(4年次配当,12単位)である。

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    基礎化学から応用化学までを体系的に身につけ,化学の専門性を生かして社会に貢献できる人材育成を目指しており,特に物理化学(熱力学,反応速度論)を基盤とした教育を講義および実験,卒業研究を通して教授している。1年次では,高校の理論化学から熱力学の基礎をつなぐことを中心に教え,化学の土台をつくる。また,実験の入門として,測容器の使い方とデータのばらつきに関する統計を理解させる。2年次では,1年次に学んだ熱力学のさらなる応用と化学反応速度論を教え,化学の基礎の理論である平衡と速度について完全な理解をさせる。3年次では,1,2年次に学んだ物理化学について,具体的に測定と実験を行い,その理解を実験の面から補足する。4年次では,これまでに修得した専門科目および実験科目の知識および技術をもとに,社会の課題解決を表面・界面の物理化学の観点から設定された卒業研究テーマに対して,測定,理論解析を通して卒業論文を作成し,自らが主導して研究テーマが展開できる力を身につけさせる。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    物理化学の分野では,特に学生が苦手とする数学を基礎としており,通常の授業,中間試験,定期試験という履修の流れでは脱落する学生が多い。物理化学基礎,物理化学Aでは,数学の演習および物理化学の演習問題を,全部で100問以上課題として与え,それを綴じたA4またはB5の演習ノートとして,計3回の提出を求めそれを4段階で評価している。ノートには3段階の自己評価を求め(◎容易に解けた,○正答とはならなかったが,調べたり・答えを見ればわかった,△全く理解できなかったので,答えを写すあるいは未回答とした),自ら学ぶように工夫している。実験科目では,実験書を予習して,実験ノートに実験の手順を書いて安全かつ適正な操作ができるかどうかをチェックするとともに,操作の意味が理解できるように指導している。卒業研究では,研究計画に基づき自らの力で研究を進めるとともに,研究倫理の素養が身につくよう,個別ゼミを併用して指導している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    授業改善アンケートの集計結果より,「この授業を通じて,知識が深まった,能力が高まったと感じますか?」および「総合的に判断して,この授業は満足できるものでしたか?」については,「そう思う」および「どちらかといえばそう思う」と回答した学生が多い。学科で開設している学習相談室にも物理化学の相談が非常に多い。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    学生からの授業終了後の質問や授業中のやりとりがまだまだ少なく課題である。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス,授業改善アンケート(集計表)

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    継続中

    日本分析化学会   近畿支部・常任幹事・会計幹事

  • 2010年04月
    -
    継続中

    電気化学会   関西支部・幹事・常任幹事