写真a

臼井 健二 (ウスイ ケンジ)

USUI Kenji

職名

准教授

学位

博士(工学)(東京工業大学), 修士(工学)(東京工業大学)

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学   大学院生命理工学研究科   生物プロセス専攻   卒業

    - 2006年3月

      詳細を見る

  • 東京工業大学   生命理工学部   生物プロセス専攻   卒業

    - 2001年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学   大学院生命理工学研究科   生物プロセス専攻   博士課程   修了

    - 2006年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   フロンティアサイエンス学部   生命化学科   准教授

    2016年4月 - 現在

  • 甲南大学   非電離放射線生体環境総合研究所   所長

    2015年12月 - 現在

  • 甲南大学   フロンティアサイエンス学部   生命化学科   講師

    2009年4月 - 2016年3月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学大学院生命理工学研究科

    2008年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 日本学術振興会

    2006年4月 - 2008年3月

  • 米国スクリプス研究所

    2006年4月 - 2008年3月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

    2006年4月 - 現在

  • 日本ペプチド学会(国内)

    2006年4月 - 現在

  • 日本動物実験代替法学会

    2016年4月 - 現在

  • 日本電磁波エネルギー応用学会

    2015年9月 - 現在

  • 日本医療機器学会

    2016年1月 - 現在

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • De novo design of a nanopore for single-molecule detection that incorporates a β-hairpin peptide. 国際誌

    Keisuke Shimizu, Batsaikhan Mijiddorj, Masataka Usami, Ikuro Mizoguchi, Shuhei Yoshida, Shiori Akayama, Yoshio Hamada, Akifumi Ohyama, Kenji Usui, Izuru Kawamura, Ryuji Kawano

    Nature nanotechnology   17 ( 1 )   67 - 75   2022年1月

     詳細を見る

    The amino-acid sequence of a protein encodes information on its three-dimensional structure and specific functionality. De novo design has emerged as a method to manipulate the primary structure for the development of artificial proteins and peptides with desired functionality. This paper describes the de novo design of a pore-forming peptide, named SV28, that has a β-hairpin structure and assembles to form a stable nanopore in a bilayer lipid membrane. This large synthetic nanopore is an entirely artificial device for practical applications. The peptide forms multidispersely sized nanopore structures ranging from 1.7 to 6.3 nm in diameter and can detect DNAs. To form a monodispersely sized nanopore, we redesigned the SV28 by introducing a glycine-kink mutation. The resulting redesigned peptide forms a monodisperse pore with a diameter of 1.7 nm leading to detection of a single polypeptide chain. Such de novo design of a β-hairpin peptide has the potential to create artificial nanopores, which can be size adjusted to a target molecule.

    DOI: 10.1038/s41565-021-01008-w

    PubMed

    researchmap

  • ウォッシャーディスインフェクターのすすぎ排水中に含まれる洗浄剤残留量の測定によるすすぎ性能評価

    三軒隼人、藤田敏、川田原瑠勇、武川公、臼井健二、原田陽滋

    医療機器学   91   315 - 332   2021年8月

  • Intracellular mineralization of gold nanoparticles using gold ion-binding peptides with cell-penetrating ability

    Ozaki, M., Yoshida, S., Tsuruoka, T., Usui, K.

    Chemical Communications   57 ( 6 )   2021年

     詳細を見る

  • Elemental composition control of gold-titania nanocomposites by site-specific mineralization using artificial peptides and DNA

    Ozaki, M., Imai, T., Tsuruoka, T., Sakashita, S., Tomizaki, K.-Y., Usui, K.

    Communications Chemistry   4 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

  • Development of a chromophore-solid phase peptide reaction assay (C-SPRA) for assessing skin sensitization in vitro 査読あり

    Miyazaki H , Hamada Y , Takaishi H , Minamino Y , Ikeda H , Mekata H , Takaishi M , Yamashita K , Usui K

    Analyst   145 ( 9 )   3211 - 3216   2020年5月

     詳細を見る

    共著

    出版者・発行元:Royal Society of Chemistry  

    DOI: 10.1039/c9an02514f

    PubMed

    researchmap

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 生体への影響解析のための電磁波照射装置の開発と開発研究におけるアウトリーチ活動

    臼井健二、梅谷智弘( 担当: 単著)

    甲南大学総合研究所叢書  2021年3月 

  • 皮膚の安全性・有用性評価法

    臼井 健二( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章 第6節 ペプチド固定化樹脂を用いた皮膚感作性試験法の開発)

    技術情報協会  2018年5月 

     詳細を見る

    weblink:https://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=4945

    researchmap

  • マイクロビーズ固定化ペプチドを用いたバイオ計測デバイスの開発

    臼井健二, 南野祐槻, 宮﨑洋, 横田晋一朗, 山下邦彦, 濵田芳男( 担当: 共著)

    医療・診断をささえるペプチド科学  2017年10月 

  • バイオチップの基礎と応用―原理から最新の研究・開発動向まで―「生体分子解析・細胞解析に向けた設計ペプチドチップ」

    臼井健二,堤浩,三原久和( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2015年10月  ( ISBN:978-4-7813-1079-4

  • "Peptides Targeting G-Quadruplex Structures", Chemical Biology of Nucleic Acids:Fundamentals and Clinical Applications

    K. Usui, A. Okada( 担当: 共著)

    Springer  2014年6月  ( ISBN:978-3-642-54452-1

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • ペプチドを用いたアレルギー感作性試験の開発および,ペプチド合成を学生実験に導入した試み

    Peptide Newsletter Japan,

    臼井健二   125   2022年7月

  • マイクロ波照射による細胞への影響とその応用

    平田 桃, 川内 敬子, 西方 敬人, 中西 伸浩, 臼井 健二

    日本電磁波エネルギー応用学会論文誌   5   38 - 48   2021年12月

  • 適用範囲の広い皮膚感作性試験法の開発

    臼井健二,宮﨑洋,山下邦彦

    Medical Science Digest   47   226 - 228   2021年3月

  • 難水溶性物質の皮膚感作性を評価する簡便な試験法の開発

    有海 秀人, 浜田 芳男, 臼井 健二, 吉山 友二

    臨床薬理   51 ( Suppl. )   S311 - S311   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本臨床薬理学会  

    researchmap

  • 洗浄処理後のすすぎ信憑性評価のための生物学的な安全性評価試験方法の検討

    川田原 瑠勇, 藤田 敏, 原田 陽滋, 臼井 健二

    医療機器学   90 ( 2 )   179 - 179   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本医療機器学会  

    researchmap

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 様々な電界強度の直線偏波マイクロ波照射によるペプチドを用いた炭酸カルシウムの凝集沈殿

    日本化学会第102春季年会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • 金還元ペプチドビーズを用いた長期保存や再利用が可能な固定化金ナノ粒子の作製

    日本化学会第102春季年会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • 固定化ペプチドの応用展開

    第4回ナノバイオ交流会  2021年12月 

  • Synthesis of Immobilized Gold Nanoparticles with Catalytic Activity Using Resin Conjugated with Gold Mineralizing Peptide

    第58回ペプチド討論会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

  • Effect of Microwave Irradiation on Cellular Uptake Using Arginine-Rich Peptides

    第58回ペプチド討論会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 被験物質の皮膚感作性の評価方法、及び樹脂固定ペプチド

    臼井健二, 目片秀明, 宮崎洋, 山下邦彦

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-194496

    researchmap

  • 被験物質の皮膚感作性の検定方法

    臼井健二・目片秀明・宮崎洋・山下邦彦

     詳細を見る

    出願番号:2016-092093

    出願国:国内  

  • 樹脂固定ペプチド

    臼井健二・目片秀明・宮崎洋・山下邦彦

     詳細を見る

    出願番号:2016-092094

    出願国:国内  

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • Protein & Peptide Letters誌のSpecial Issue "Organic-Inorganic Hybrid Materials and Their Applications"でゲストエディターを務めた

    2016年12月 - 2018年4月

     詳細を見る

    Protein & Peptide Letters誌のSpecial Issue "Organic-Inorganic Hybrid Materials and Their Applications"でゲストエディターを務めた

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本ペプチド学会奨励賞

    2015年9月   日本ペプチド学会  

    臼井健二

     詳細を見る

  • 生物工学研究会 鎌田泉博士論文賞

    2006年11月   生物工学研究会  

    臼井 健二

     詳細を見る

  • 生物工学研究会 鎌田泉博士論文賞

    2006年3月   生物工学研究会   

    臼井健二

  • Awards of the DIMITRIS N. CHORAFAS Foundation

    2005年11月   Awards of the DIMITRIS N. CHORAFAS Foundation  

    臼井健二

     詳細を見る

  • 日本化学会 第84春季年会 学生講演賞

    2004年11月   日本化学会  

    臼井 健二

     詳細を見る

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 線維形成能および細胞毒性を有する短鎖ペプチド配列の予測・探索法の確立

    2019年4月 - 2022年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    臼井 健二, 梅谷 智弘

     詳細を見る

    線維形成能および細胞毒性を有する短鎖ペプチド配列の予測・探索法の確立

    researchmap

  • 金属錯体多面体を用いた外場応答型人工イオンチャネルの創製

    2018年4月 - 2021年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    古川 修平, 臼井 健二, 坂口 怜子, 川野 竜司

     詳細を見る

  • ペプチドと核酸の人工複合二次構造を用いた刺激応答感覚素子の作製

    2015年4月 - 2017年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 新学術領域研究「感覚と知能を備えた分子ロボットの創成」

     詳細を見る

    ペプチドと核酸の人工複合二次構造を用いた刺激応答感覚素子の作製

  • アミロイドペプチドの凝集を規格化した細胞アッセイシステムの構築

    2014年4月 - 2016年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 若手研究(B)

     詳細を見る

    アミロイドペプチドの凝集を規格化した細胞アッセイシステムの構築

  • 動物由来の生細胞内におけるタンパク質間相互作用の定量的解析

    2009年10月 - 2011年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 若手研究(スタートアップ)

     詳細を見る

    相互作用に関与する2種のタンパク質の発現量を、ペプチド核酸導入ペプチドを用いることにより自在に変化させることで、動物由来の生細胞内でのタンパク質同士の相互作用を詳細かつ定量的に解析できる系の構築を目指した。具体的には、新規タンパク質発現制御システムの構築、自己相互作用をモデルにした細胞内外における相互作用検出系の構築、高効率解析を実現するための細胞アレイの構築の三点の基盤的事項の確立に成功した。

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 人工ペプチドと核酸を用いたミネラリゼーション制御による金ナノワイ ヤーの作製

    2020年6月 - 2021年5月

    その他財団等  村田学術振興財団 研究助成 (自然科学)

  • 工場内におけるアレルギー感作評価が可能なペプチドビーズを用いた簡易検査法の開発

    2019年4月 - 2020年3月

    公益財団法人ニッポンハム食の未来財団  公益財団法人 ニッポンハム食の未来財団 公募型研究助成

  • 様々な食品添加物のアレルギー感作評価が可能なペプチド樹脂を用いた簡便試験法の開発

    2018年7月 - 2019年3月

    その他財団等  一般財団法人東和食品研究振興会 2018年度 学術奨励金

  • ペプチド核酸含有ペプチドを用いた無機物沈殿によるナノ粒子の作製と精製

    2018年4月 - 2019年4月

    その他財団等  京都技術科学センター 研究開発助成

  • 難水溶性物質の評価が可能なペプチドビーズを用いた簡便な皮膚感作性試験法の開発

    2017年4月 - 2018年3月

    その他財団等  第10回マンダム動物実験代替法国際研究助成金

全件表示 >>

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 固定化ペプチドを利用した新規アッセイ装置の開発

    提供機関:国内民間企業  国内共同研究

    2015年7月 - 現在

  • 膜透過ペプチドに関する研究

    提供機関:国内大学  国内共同研究

    2015年4月 - 現在

  • ペプチド線維に関する研究

    提供機関:国内民間企業  国内共同研究

    2014年12月 - 現在

  • ペプチドと無機化合物に関する研究

    提供機関:龍谷大富崎研究室  国内共同研究

    2012年9月 - 現在

  • ペプチドと電波に関する研究

    提供機関:株式会社ディーエスピーリサーチ  国内共同研究

    2012年8月 - 現在

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 細胞内での分子挙動を測定・解析できる機器の開発

  • 本研究に適したマイクロアレイの基板開発

  • 固定化ペプチドの応用利用に関する研究

  • ペプチドマイクロアレイの基板開発

  • アミロイドに関する研究

全件表示 >>

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  生体分子工学、生体機能関連化学、タンパク質・ペプチド工学 ペプチド-DNAのハイブリッド四重鎖構造の構築とその応用

    研究費の種類: その他

  • 2020年度  生体分子工学、生体機能関連化学、タンパク質・ペプチド工学 ペプチド-DNAのハイブリッド四重鎖構造の構築とその応用

    研究費の種類: その他

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • ベストポスター賞

    2022年1月    

  • ビッグデータ賞

    2021年12月    

  • 審査員特別賞

    2021年12月    

  • ベストポスター賞

    2021年1月    

  • ナノバイオ卒業研究発表優秀賞

    2020年2月    

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年3月
     
     

    日本薬学会第139年会

  • 2018年8月
     
     

    サイエンスライブチケットvol.31、32、33

  • 2018年4月
     
     

    ゲストエディター

  • 2017年8月
     
     

    サイエンスライブチケットvol.27、28

  • 2015年5月
    -
    現在

    数学および演習キャッチアップセミナー

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    数学及び演習 (1年前期必修科目3単位)、生化学(1年C期選択必修科目2単位)、生命分析化学(1年D期選択必修科目2単位)、ナノバイオラボベーシックB(1年生後期必修科目2単位)、ナノバイオラボ1A (2年前期必修科目4単位)、ナノバイオラボ2A (3年前期必修科目6単位)、ナノバイオラボ2B (3年後期必修科目6単位)、ナノバイオ卒業研究(4年通年必修科目15単位)、上級ナノバイオサイエンス (大学院前期選択科目2単位)など

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    私の教育理念・目標は、学生が生命や化学を中心とした理科系の基礎的知識から最先端知識を理解し、研究活動においてそれを活かして、課題の発見、解決できる能力を習得することである。そして最終的には、理系研究分野にかかわる社会人として活躍できる人材を育成することを目標とする。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    学生が主体的に学習を進める機会を作るために、生化学、生命分析化学などの授業においても演習問題を解く時間を多く設けている。また、ついていけない学生においてはキャッチアップセミナー、より発展的な理解・習得を望む学生においてはアドバンスドセミナーを各教科において実施している。ナノバイオラボ1Aでは、基礎的な実験を独力で実施し、データ分析できるよう、一人で実験を行うような体制にし、最終的にはレポート作成後のフィードバックも個別に行っている。大学院では、各学生を一研究者と認めて、専門以外の新たな研究技術を習得できるような実験技術について講義するほか、研究に関するディスカッションや発表を重視している。オンライン授業対応も行い、講義内容や学生のニーズに合わせて、リアルタイム形式やオンデマンド形式どちらにも対応できるように技術も会得している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    各授業において、学生が自主的に学び、授業時間外に学習の時間を設け、課題の発見、解決に取り組んでいることが確認できた(エビデンス1)。基礎的な実験の習得については、自作の専用の教材を使用したりオンライン講義については動画やPDFの用意をしたり(エビデンス2)、毎年度教材の更新を行うことで実験教育の質を高めることができた。より実践的な実験・研究科目においては、4年生にもかかわらず学会発表を行えたり、院生においては学会において優秀発表を受賞したりするなどの効果を得ることができた。(エビデンス3)

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    実験科目などで、学生同士が授業時間外に相談、議論し、資料収集、データ解析、レポート検討を行う機会を設け、自分自身にフィードバックできるシステムを構築したい。また、ウェブサイトやクラウドの資料を使った事前事後学習を、より具体的に検討したい。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    エビデンス1 リアクションペーパーやレポート(非公開)、MyKonan課題提出状況(非公開)、授業改善アンケート
    エビデンス2 ナノバイオラボ1A テキスト、動画資料、PDF資料
    エビデンス3 臼井研究室ウェブサイトの業績欄・News欄
             https://www.konan-u.ac.jp/hp/FIRST_usui/presentations.html
    https://www.konan-u.ac.jp/hp/FIRST_usui/news.html

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年5月 - 現在   特定非営利活動法人 日本電磁波エネルギー応用学会  理事

  • 2021年12月 - 現在   一般社団法人日本動物実験代替法学会  代議員

  • 2019年10月 - 現在   公益財団法人京都高度技術研究所  委員会委員(アドバイザー)

      詳細を見る

  • 2019年9月   ナノバイオ交流会(国内)  第3回ナノバイオ交流会 世話人

      詳細を見る

  • 2019年9月   ナノバイオ甲龍会(国内)  第3回ナノバイオ交流会 世話人

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 模擬講義

    2019年7月

     詳細を見る

    県立東播磨高校1年生に出張模擬講義を行った。

  • 模擬講義

    2018年12月

     詳細を見る

    伊丹市立伊丹高校1年生に出張模擬講義を行った。

  • 模擬講義

    2018年10月

     詳細を見る

    姫路市立琴丘高校にて模擬講義を行った。

  • 出張講義

    2018年6月

     詳細を見る

    西宮市大学交流協議会の事業である共通単位講座の「生命化学」にて講義を行った。

  • 出張模擬講義

    2018年5月

     詳細を見る

    神戸学院大学附属高等学校に「生命科学って?」というタイトルで出張講義を行った。

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 細胞内外の生体物質の挙動解析

    a

  • 融合タンパク質の設計やプラスミド構築、発現精製

    a

  • 生体分子の分子物性や物理化学的性質の解析や測定

    a

  • ペプチドを中心とした生体分子の設計と合成

    a

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 危険物取扱者(甲種)