写真a

岩月 聡史 (イワツキ サトシ)

IWATSUKI Satoshi

職名

教授

学位

博士(理学)(名古屋大学)

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年03月

    名古屋大学   理学部   化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年03月

    名古屋大学  理学研究科  物質理学  博士課程  単位取得満期退学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    甲南大学   理工学部   教授  

  • 2012年04月
    -
    2016年03月

    甲南大学   理工学部   准教授  

  • 2007年09月
    -
    2012年03月

    甲南大学   理工学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年03月
    -
    2014年03月

      オークランド大学  

  • 2011年04月
    -
    継続中

       早稲田大学理工学研究所  

  • 2006年09月
    -
    2011年03月

       早稲田大学理工学研究所  

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

      (財)放射線利用振興協会分析技術部  

  • 2006年04月
    -
    2006年09月

       早稲田大学理工学総合研究センター  

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2005年06月
    -
    継続中
     

    錯体化学会(国内)

  • 2000年07月
    -
    継続中
     

    日本分析化学会(国内)

  • 1999年11月
    -
    継続中
     

    日本化学会(国内)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Thermosensitive gels incorporating cyclic monoazatetrathioether units for the selective extraction of class b metal ions

    Kenji Chayama, Takumi Hirooka, Satoshi Iwatsuki

    Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry   94   211 - 218   2019年06月  [査読有り]

    共著

  • Detailed Reaction Mechanisms of 4-Pyridylboronic Acid and (N-Methyl)-4-Pyridinium Boronic Acid with D-Sorbitol in Aqueous Solution

    Daisuke Kusuyama, Yuta Samukawa, Tomoaki Sugaya, Satoshi Iwatsuki, Masahiko Inamo, Hideo D. Takagi, Koji Ishihara

    ChemistrySelect   4   4944 - 4951   2019年05月  [査読有り]

    共著

  • Methoxy-substituted tetrakisquinoline analogs of EGTA and BAPTA for fluorescent detection of Cd2+

    Yuji Mikata, Minori Kaneda, Hideo Konno, Arimasa Matsumoto, Shin-ichiro Sato, Masaya Kawamura, Satoshi Iwatsuki

    Dalton Transactions   48   3840 - 3852   2019年04月  [査読有り]

    共著

  • Axial ligand substitution reactions of head-to-head α-pyridonato-bridged Pt(III) binuclear complexes bearing various equatorial ligands with chloride ion and olefin

    Shintaro Kusuhara, Kaori Kojima, Yota Suzuki, Yuki Morita, Tomoaki Sugaya, Satoshi Iwatsuki, Koji Ishihara, Kazuko Matsumoto

    Journal of Molecular Liquids   262   556 - 564   2018年04月  [査読有り]

    共著

  • Co-extraction and Concentration of Dyes into the Ionic Liquid Formed in an Aqueous Solution

    Kenji Chayama, Nobuhiko Ooi, Jun Kawamura, Mari Toyama, Satoshi Iwatsuki

    The 21st International Solvent Extraction Conference (ISEC 2017 proceedings)     2017年11月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Reaction analyses for chelate complex formations of boronic acids: Kinetic reactivities of boronic acid and boronate ion

    Satoshi Iwatsuki

    第43回配位化学国際会議  2018年07月  -  2018年08月   

  • Kinetic Study on Cyclopalladation in Palladium(II) Complexes Containing an Indole Moiety

    Satoshi Iwatsuki, Takuya Suzuki, Syogo Tanooka, Tatsuo Yajima, Yuichi Shimazaki

    第33回溶液化学国際会議  2013年07月  -  2013年07月   

  • 溶液反応論が見出す面白い反応 -溶液の希釈に伴って進行する金属-炭素結合生成反応

    岩月聡史

    第72回分析化学討論会(依頼講演)  2012年05月  -  2012年05月   

  • 強酸性水溶液中における3-ピリジニウムボロン酸とヒノキチオールとの錯形成反応の速度論的研究

    岩月聡史・石原浩二

    第57回錯体化学討論会 (報告)  2007年09月  -  2007年09月   

  • 錯体溶液反応を正確に理解する -反応機構論研究の意義と可能性-

    岩月聡史

    第57回錯体化学討論会 (依頼講演)  2007年09月  -  2007年09月   

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 水溶性ホウ素の分離・回収・検出機能を兼ね備えた三元ハイブリッド機能樹脂の開発(研究代表者)

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  継続中 

    本申請課題は、科学技術を支える主要な元素である一方で排出規制物質でもあるホウ素化合物をターゲットとし、水溶性ホウ素の濃縮・分離・回収に優れ、なおかつ検出機能を兼ね備えた高次機能化樹脂の開発を目指す。具体的には、(A)申請者が近年開発した穏和なpH制御による定量的なホウ素の捕集・脱着が期待される『キレート配位子-陽イオンハイブリッド機能樹脂』のさらなる機能性向上と、(B)この樹脂にさらにホウ素センシング部位を導入した『三元ハイブリッド機能樹脂』を創製する。この樹脂の開発により、(1)強酸性・強塩基性条件を必要しない環境調和型ホウ素分離-回収技術の実現、(2)樹脂中のホウ素の捕集具合が視覚的にわかる検出機能による利便性の向上、さらには(3)水溶性ホウ素の簡易検出・定量センサーへの展開など、環境にやさしく汎用性の高い分離・分析ツールとなることが期待される。(研究代表者)

  • ボロン酸とグルコースの反応に関する基礎研究-ジボロン酸金属錯体による特異的定量-(研究分担者)

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

    糖類検出を目的とするボロン酸センサーは有機・生命化学分野において数多く開発されているが、これらの開発研究では「反応を利用する」点に主眼が置かれており、より本質的な課題であるボロン酸と糖の反応活性種の特定や詳細な反応機構の解明は全く行われて来ていない。本研究の目的は、ボロン酸センサーの究極的なターゲットである血糖中のD-グルコースを特異的にセンシングするための基礎研究として、(1)「フェニルボロン酸とD-グルコースの反応の反応活性種の特定と反応機構の解明」を行い、D-グルコースの特異的センシングのモデル反応として、(2)「ジボロン酸とD-グルコースの反応の反応活性種の特定と反応機構の解明」を行うとともに、(3)「D-グルコースを特異的に検出可能な高発光性ジボロン酸金属錯体試薬の開発」を行うことである。(研究分担者として参加)

  • ホウ素の高効率・高選択的分離のための高次機能化樹脂の開発と分離能評価(研究代表者)

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

    水溶性ホウ素の高効率・高選択的な分離・回収・再利用技術を目指し、その礎となる高次機能化樹脂の開発と分離能評価を行う。具体的には、ホウ酸とのキレート錯体生成能が高いキレート配位子部位と、ホウ酸キレート錯体陰イオン生成後の負電荷を中和する対陽イオン部位を含む高次機能化樹脂を開発し、ホウ素の分離・回収効率の飛躍的な向上を目指す。(研究代表者)

  • ボロン酸と糖類の反応に関する基礎研究-ボロン酸金属錯体による糖類の定量-(研究分担者)

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

    糖類検出を目的とするボロン酸センサーは有機・生命化学分野において数多く研究開発されているが、それらの研究は発光効率の改善に主眼が置かれており、「反応をいかに効率よく進行させるか?」といった基礎化学的研究は全く行われていない。本研究では、反応速度論を用いて、センサーとして働いているのはボロン酸なのかボロン酸イオンなのかを特定し、また、それらが糖のどの異性体を検出しているのかを特定することにより、センシングのメカニズムの詳細な解明を行った。また、その解明結果に基づき、より効率の良い検出が可能なボロン酸を含む高発光性金属錯体を合成し、反応に伴う発光特性の変化を利用して糖類の高感度定量を試みた。 (研究分担者として参加)

  • 金属錯体検出場による新規ホウ素定量法と酸化還元ホウ素センシングの検討

    若手研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月 

    本研究では、従来用いられている有機試薬によるホウ素の比色定量法にかわる新しいホウ素検出のストラテジーとして「金属錯体検出場」を導入し、従来困難であった簡易比色定量を目指す。また、金属錯体の配位特性と酸化還元反応に着目した全く新しいホウ素検出法に挑戦する。

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 水溶性ホウ素の簡易分析に資する擬キレート配位子金属錯体試薬の開発

    提供機関:  自治体  ひょうご科学技術協会平成29年度研究助成

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月 

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ホウ素の関わる分析化学(検出試薬・反応系の構築、分離技術開発)

  • 溶液化学(反応機構)に関する研究

  • イオン液体に関する溶液化学的、分析化学的基礎研究

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2012年08月
     
     

    定量分析実験テキストの作成

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    「分析化学B」(2年次配当、2単位)、「機能分子化学実験A」(2年次配当、3単位)、「物理化学要論1」(3年次配当、2単位)、「機能分子化学研究ゼミ」(3年次配当、1単位)、「機能分子化学卒業研究」(4年次配当、12単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

     物質を対象とする自然科学分野である化学について、知識面と技術面の両面から「物質を取り扱う実体験を通した化学の専門知識・技能の修得」を目指している。そのためには、単なる暗記で終わるような“散逸的な知識・技能の蓄積”にせず、かつ、将来の財産となる“体に染みついた知識・技能”を修得できるように常時工夫を凝らしている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

     2年次までに化学の基盤知識・技能を習得し、3年次でこれらを応用・発展させ、4年次の卒業研究を通じて化学に関する自立的思考力と問題解決能力を醸成できるよう立案している。
     2年次の講義・実験科目は基盤事項を徹底的に習得させる機会と位置づけ、講義では「理想の授業ノート」を作成し、これを敢えて毎回すべて板書し、それらを書き写させて各自の授業ノートを作らせている。また、毎回の小テストを通じた短いスパンの反復学習と、授業全体の演習問題を略解とともに配布して自らの力で解かせる長いスパンの反復学習をさせている。実験では、実験化学の共通基盤技能である「物質を正確にはかる・移す・混ぜる」を反復練習により“体得”させている。同じ内容の反復は苦痛なため、異なる実験テーマで反復練習できるよう内容吟味し、履修学生が能動的に技能習得できるよう配慮している。
     3年次の講義は“知識の応用”を念頭に、過去に習った事項を他分野の観点から解説するよう心がけている。このような内容は専門書には記述されていないため、独自の資料を作成して投影および資料配布し、疑問の投げかけや演習を通じて「基盤知識をつなげて応用的に思考する力」を養っている。
     4年次の卒業研究では、実験を計画し、実行し、結果を検証し、次の実験指針を立てる、といったPDCAサイクルを各自で実行する“サポート”を念頭に、進捗効率よりも、各自が責任をもって研究を進めている実感を持てるようアドバイス・叱咤激励を施すよう心がけている。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

     2年次の実験科目は「厳しい」との声が一部で上がっている。これは、安全を担保した正しい実験技術を習得させる上で、人命の危険につながる行為に対して厳しく指導していることが主因と思われる。多くは「きちんとした実験技術が身についた」と評価している。2年次講義科目の「板書による授業ノート作成」は高評価であり、3年次講義科目のプロジェクター投影による授業が必ずしも高評価ではないのが興味深い。なお、3年次科目での異分野からの視点での独自解説は、本来の知識の理解につながった、との評価もある。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

     実験科目については、日々発展する化学技術において、身につけておくべき基盤技術として実験内容が適切かを常に検証する必要がある。講義科目については、一見して低評価になりがちな板書に対する担当科目の評価の高さの理由を検証しつつ、相対的に低評価となった科目のプロジェクター投影資料による授業方法の改善について検討を進める必要がある。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料(非公開)、授業改善アンケート結果(自由記述欄は非公開)

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    日本分析化学会(国内)   近畿支部幹事

  • 2008年04月
    -
    2013年03月

    日本分析化学会(国内)   近畿支部幹事

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 時間分解測定法に関する相談

  • 無機溶液反応機構に関する全般的な相談

     

  • 溶液反応機構の研究に関する手法、解析等の相談

     

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 危険物取扱者(甲種)

  • 高等学校教諭専修免許

  • 高等学校教諭1種免許

  • 中学校教諭専修免許

  • 中学校教諭1種免許