写真a

IWATSUKI Satoshi

Position

Professor

Homepage URL

http://www.chem.konan-u.ac.jp/DARS/

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Nagoya University   Faculty of Science   Graduated

    - 1997.3

Graduate School 【 display / non-display

  • Nagoya University   Graduate School, Division of Natural Science   Doctor's Course   Accomplished credits for doctoral program

    - 2002.3

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Science and Engineering   Professor

    2016.4

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Science and Engineering   Associate Professor

    2012.4 - 2016.3

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Science and Engineering   Lecturer

    2007.9 - 2012.3

External Career 【 display / non-display

  • The University of Auckland

    2013.3 - 2014.3

      More details

    Country:New Zealand

  •  早稲田大学理工学研究所

    2011.4

      More details

    Country:Japan

  •  早稲田大学理工学研究所

    2006.9 - 2011.3

      More details

    Country:Japan

  • (財)放射線利用振興協会分析技術部

    2006.4 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

  •  早稲田大学理工学総合研究センター

    2006.4 - 2006.9

      More details

    Country:Japan

display all >>

 

Papers 【 display / non-display

  • Detailed Reaction Mechanism of Bis-(o-Aminomethylphenylboronic Acid)-based Receptors with Various Length Methylene-chain Linkers with D-Glucose Reviewed

    Yuki Ohno, Rei Tanaka, Yota Suzuki, Tomoaki Sugaya, Satoshi Iwatsuki, Masahiko Inamo, Koji Ishihara

    ChemistrySelect   7   e202200603   2022.8

  • Synthesis and characterization of a uranyl(VI) complex with 2,6-pyridine-bis(methylaminophenolato) and its ligand-centred aerobic oxidation mechanism to a diimino derivative Reviewed

    Tomoyuki Takeyama, Satoshi Iwatsuki, Satoru Tsushima, Koichiro Takao

    Dalton Transactions   51   6576 - 6586   2022.5

  • Preparation of Tricationic Tris(pyridylpalladium(II)) Metallacyclophane as an Anion Receptor Reviewed International journal

    Hiroshi Danjo, Kohei Asai, Tomoya Tanaka, Daiki Ono, Masatoshi Kawahata, Satoshi Iwatsuki

    Chemical Communications   58   2196 - 2199   2022.2

     More details

    Joint Work

  • Colorimetric and fluorometric determination of boron using β-diketone–BF2 compounds containing catechol moiety Reviewed

    Yukika Sobue, Ikumi Imanishi, Tomoaki Sugaya, Satoshi Iwatsuki, Msahiko Inamo, Koji Ishihara

    Talanta Open   4   100076   2021.12

     More details

    Joint Work

  • Solid State Characterization of One- and Two-Electron Oxidized CuII-salen Complexes with para-Substituents: Geometric Structure-Magnetic Property Relationship Reviewed

    Tomoyuki Takeyama, Takashi Suzuki, Misa Kikuchi, Misato Kobayashi, Hiromi Oshita, Kyohei Kawashima, Seiji Mori, Hitoshi Abe, Norihisa Hoshino, Satoshi Iwatsuki, Yuichi Shimazaki

    European Journal of Inorganic Chemistry   2021   4133 - 4145   2021.10

     More details

    Joint Work

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Reaction analyses for chelate complex formations of boronic acids: Kinetic reactivities of boronic acid and boronate ion

    Satoshi Iwatsuki

    第43回配位化学国際会議(基調講演) 

     More details

    Event date: 2018.7 - 2018.8

  • Kinetic Study on Cyclopalladation in Palladium(II) Complexes Containing an Indole Moiety

    Satoshi Iwatsuki, Takuya Suzuki, Syogo Tanooka, Tatsuo Yajima, Yuichi Shimazaki

    第33回溶液化学国際会議(招待講演) 

     More details

    Event date: 2013.7

  • 溶液反応論が見出す面白い反応 -溶液の希釈に伴って進行する金属-炭素結合生成反応

    岩月聡史

    第72回分析化学討論会(依頼講演) 

     More details

    Event date: 2012.5

  • 強酸性水溶液中における3-ピリジニウムボロン酸とヒノキチオールとの錯形成反応の速度論的研究

    岩月聡史・石原浩二

    第57回錯体化学討論会 (報告) 

     More details

    Event date: 2007.9

  • 錯体溶液反応を正確に理解する -反応機構論研究の意義と可能性-

    岩月聡史

    第57回錯体化学討論会 (依頼講演) 

     More details

    Event date: 2007.9

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 温度昇降により水溶性ホウ素を分離する親水・疎水制御型ハイブリッド機能高分子の開発(研究代表者)

    2022.4 - 2025.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator

    ホウ素は、科学技術を支える主要な元素である一方、排出規制物質でもあり、特に水溶性ホウ素の分離・回収技術には未だ課題が多い。本研究では、従来の樹脂による固相分離法よりも効率的に水溶性ホウ素を分離・回収可能な『親水・疎水制御型ハイブリッド機能高分子』を開発する。この高分子は、低温で水溶性であり、溶液状態で水溶性ホウ素を高速吸脱着できる。一方、高温では高分子が固化し、ろ過で簡単に分離できるため、温度変化とろ過だけでホウ素を分離できる環境にやさしい新技術となり得る。本研究はさらに、ハイブリッド機能高分子に検出センサー部位を導入し、ホウ素の分離・回収のみならず、検出も可能な多機能高分子の開発を試みる。

  • イオン液体生成を利用する化学物質の高速抽出分離法の創成(研究分担者)

    2021.4 - 2024.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)

  • ボロン酸に関する基礎研究を基盤とするジボロン酸型糖比色および蛍光センサーの開発(研究分担者)

    2021.4 - 2024.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)

  • 水溶性ホウ素の分離・回収・検出機能を兼ね備えた三元ハイブリッド機能樹脂の開発(研究代表者)

    2018.4 - 2021.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator

    本申請課題は、科学技術を支える主要な元素である一方で排出規制物質でもあるホウ素化合物をターゲットとし、水溶性ホウ素の濃縮・分離・回収に優れ、なおかつ検出機能を兼ね備えた高次機能化樹脂の開発を目指す。具体的には、(A)申請者が近年開発した穏和なpH制御による定量的なホウ素の捕集・脱着が期待される『キレート配位子-陽イオンハイブリッド機能樹脂』のさらなる機能性向上と、(B)この樹脂にさらにホウ素センシング部位を導入した『三元ハイブリッド機能樹脂』を創製する。この樹脂の開発により、(1)強酸性・強塩基性条件を必要しない環境調和型ホウ素分離-回収技術の実現、(2)樹脂中のホウ素の捕集具合が視覚的にわかる検出機能による利便性の向上、さらには(3)水溶性ホウ素の簡易検出・定量センサーへの展開など、環境にやさしく汎用性の高い分離・分析ツールとなることが期待される。(研究代表者)

  • ボロン酸とグルコースの反応に関する基礎研究-ジボロン酸金属錯体による特異的定量-(研究分担者)

    2017.4 - 2020.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)

    糖類検出を目的とするボロン酸センサーは有機・生命化学分野において数多く開発されているが、これらの開発研究では「反応を利用する」点に主眼が置かれており、より本質的な課題であるボロン酸と糖の反応活性種の特定や詳細な反応機構の解明は全く行われて来ていない。本研究の目的は、ボロン酸センサーの究極的なターゲットである血糖中のD-グルコースを特異的にセンシングするための基礎研究として、(1)「フェニルボロン酸とD-グルコースの反応の反応活性種の特定と反応機構の解明」を行い、D-グルコースの特異的センシングのモデル反応として、(2)「ジボロン酸とD-グルコースの反応の反応活性種の特定と反応機構の解明」を行うとともに、(3)「D-グルコースを特異的に検出可能な高発光性ジボロン酸金属錯体試薬の開発」を行うことである。(研究分担者として参加)

display all >>

Other External funds procured 【 display / non-display

  • 水溶性ホウ素の簡易分析に資する擬キレート配位子金属錯体試薬の開発

    2017.4 - 2018.3

    自治体  ひょうご科学技術協会平成29年度研究助成

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • ホウ素の関わる分析化学(検出試薬・反応系の構築、分離技術開発)

  • イオン液体に関する溶液化学的、分析化学的基礎研究

  • 溶液化学(反応機構)に関する研究

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2014.4   日本分析化学会(国内)  近畿支部幹事

  • 2008.4 - 2013.3   日本分析化学会(国内)  近畿支部幹事

 

Qualification acquired 【 display / non-display

  • Hazardous Material Handler (first kind)

  • High School Teacher Specialization License

  • First Kind of High School Teacher License

  • Junior High School Teacher Specialization License

  • First Kind of Junior High School Teacher License