写真a

益澤 彩 (マスザワ アヤ)

MASUZAWA Aya

職名

講師

学位

修士(法学)(同志社大学)

専門分野

民事法学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    同志社大学   法学部   法律学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    京都大学  法学研究科  民刑事法専攻  博士課程  単位取得満期退学

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    日本家族〈社会と法〉学会(国内)

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本私法学会(国内)

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日独法学会(国内)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 監督者責任の正当化根拠とその判断構造の再検討

    (選択しない)  

    研究期間: 2010年09月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • 過失不法行為における帰責・免責システムの構造(二・完)

    益澤彩

    民商法雑誌   126 ( 2 ) 232 - 253   2002年05月

    単著

    我が国の不法行為法における帰責・免責の制度について、ドイツ民法における議論を参照しながら、帰責・免責のそれぞれを支える原理とその限界とを探求する。

  • 過失不法行為における帰責・免責システムの構造(一)

    益澤彩

    民商法雑誌   126 ( 1 ) 100 - 142   2002年04月

    単著

    我が国の不法行為法における帰責・免責の制度について、ドイツ民法における議論を参照しながら、帰責・免責のそれぞれを支える原理とその限界とを探求する。

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 法学講義民法6 事務管理・不当利得・不法行為

    奥田昌道・潮見佳男編 (担当: 共著 , 担当範囲: 149-157頁 )

    悠々社  2006年03月 ISBN: 9784946406980

    第4章第5節「免責事由」を執筆。

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • <翻訳> ドイツ家族法・相続法の発展―2001~2002年―

    2005年12月  -  2005年12月

    日独法学22号52-67頁(2005年)(ドイツ語による論文の翻訳)

  • <資料> ユルゲン・バーゼドー教授による講演『ヨーロッパ私法の漸進的生成』をめぐっての質疑応答(共著)

    2005年06月  -  2005年06月

    中田邦博との共著
    龍谷法学38巻1号192-217頁(2005年)
    (川角由和・中田邦博・潮見佳男・松岡久和編『ヨーロッパ私法の展開と課題』(日本評論社、2008年)45-66頁に字句修正のみにて再収録。)

  • <翻訳> ヨーロッパ契約法原則(PECL)(共訳)

    2003年10月  -  2003年10月

    藤井徳展との共訳
    川角由和・中田邦博・潮見佳男・松岡久和編『ヨーロッパ私法の動向と課題』(日本評論社,2003年)483-523頁(条文訳(PartsⅠ&Ⅱ,PartⅢの一部))

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
     
     

    本学法学部の他のゼミとの合同ゼミの実施

  • 2012年09月
     
     

    FD講演会「今日の大学教育に求められるもの ~学校教育の授業方法から~」への参加

  • 2010年11月
    -
    継続中

    法学部授業参観・その後の検討会参加

  • 2004年04月
    -
    継続中

    レジュメの作成・配布

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • (地方公共団体) 情報公開・個人情報保護審査会委員

    2004年08月
    -
    現在