写真a

廣川 晶輝 (ヒロカワ アキテル)

HIROKAWA Akiteru

職名

教授

学位

博士(文学)(北海道大学)

専門分野

日本文学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年03月

    北海道大学   文学部   文学科国語国文学専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    北海道大学  文学研究科  国文学専攻  博士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    甲南大学   教授  

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    甲南大学   文学部   准教授  

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   文学部   助教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2000年03月

      北海道大学   文学部  

  • 2000年04月
    -
    2005年03月

      北海道大学   大学院文学研究科  

  • 1998年04月
    -
    2004年03月

      札幌学院大学  

  • 1999年04月
    -
    2000年03月

      北海道教育大学  

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

      北海学園大学  

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2007年01月
    -
    継続中
     

    日本文学協会

  • 2002年09月
    -
    継続中
     

    和漢比較文学会

  • 2002年03月
    -
    継続中
     

    全国大学国語国文学会

  • 1999年10月
    -
    継続中
     

    上代文学会

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    美夫君志会

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 万葉集を中心とした上代日本文学の研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 1991年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • 中国故事受容と和歌表現

    廣川晶輝

    上代文学会叢書『万葉集をヨム 方法論の今とこれから』(笠間書院)     2019年05月  [査読有り]

    単著

  • 山上憶良の天平元年七夕長歌作品について

    廣川晶輝

    『上代文学』(上代文学会)   ( 122 ) 1 - 14   2019年04月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • 山上憶良の天平元年七夕長歌作品について

    廣川晶輝

    『上代文学』(上代文学会)   ( 122 ) 1 - 14   2019年04月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • 山部赤人「不尽山を望む歌」について

    廣川晶輝

    『甲南大學紀要 文学編』   ( 169 ) 1 - 10   2019年03月

    単著

  • 山部赤人「不尽山を望む歌」について

    廣川晶輝

    『甲南大學紀要 文学編』   ( 169 ) 1 - 10   2019年03月

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 山上憶良と大伴旅人の表現方法―和歌と漢文の一体化―

    廣川晶輝 (担当: 単著 )

    和泉書院  2015年12月 ISBN: 978-4-7576-0771-2

  • 単著『山上憶良と大伴旅人の表現方法―和歌と漢文の一体化―』

    廣川 晶輝 (担当: 単著 )

    和泉書院  2015年12月 ISBN: 978-4-7576-0771-2

  • 『死してなお求める恋心―「菟原娘子伝説」をめぐって―』(単著)

    廣川晶輝 (担当: 単著 )

    新典社  2008年05月 ISBN: 978-4-7879-6108-2

  • 単著『死してなお求める恋心―「菟原娘子伝説」をめぐって―』

    廣川晶輝 (担当: 単著 )

    新典社  2008年05月 ISBN: 978-4-7879-6108-2

  • 『南大阪の万葉学』(共著)

    廣川晶輝 (担当: 共著 )

    大阪公立大学共同出版会  2007年11月 ISBN: 978-4-901409-36-0

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 井村哲夫氏著『憶良・虫麻呂の文学と方法』

    廣川 晶輝

    『美夫君志』(美夫君志会)   ( 97 ) 59 - 59   2018年10月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • 影山尚之氏著『歌のおこない 萬葉集と古代の韻文』

    廣川 晶輝

    『美夫君志』(美夫君志会)   ( 95 ) 56 - 57   2018年01月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • 鈴木道代氏著『大伴家持と中国文学』

    廣川 晶輝

    『美夫君志』(美夫君志会)   ( 89 ) 53 - 54   2014年11月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • 小野寺静子氏著『家持と恋歌』

    廣川 晶輝

    『美夫君志』(美夫君志会)   ( 88 ) 56 - 56   2014年03月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • 辰巳正明著『山上憶良』

    廣川 晶輝

    『美夫君志』(美夫君志会)   ( 84 ) 56 - 56   2012年03月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 親と子の別れ―山上憶良の作品を中心に―

    廣川晶輝  [招待有り]

    2019年度大韓民国中央大學校日本研究所學術大會  (大韓民国ソウル特別市 大韓民国中央大學校)  2019年12月  -  2019年12月    大韓民国中央大學校日本研究所

  • 雄略天皇御製歌

    廣川晶輝

    美夫君志会(平成31年度4月例会)  (中京大学)  2019年04月  -  2019年04月    美夫君志会

  • 雄略天皇御製歌

    廣川 晶輝  [招待有り]

    美夫君志会(平成31年度4月例会)  (名古屋市)  2019年04月  -  2019年04月   

  • 天平万葉と宴

    廣川晶輝

    2018年度大韓民国中央大學校日本研究所學術大會  (大韓民国ソウル特別市 大韓民国中央大學校大學院国際会議室)  2018年12月  -  2018年12月    大韓民国中央大學校日本研究所

  • 天平万葉と宴

    廣川晶輝  [招待有り]

    2018年度大韓民国中央大學校日本研究所學術大會  (ソウル特別市)  2018年12月  -  2018年12月   

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 『萬葉集電子総索引(CD-ROM)』(塙書房)

    2008年08月  -  2009年10月

    『万葉集』の全歌・語彙約16万語について、見出語句の他、訳文漢字、原文、自立語・付属語の別、及び品詞や語性の検索も兼ねた索引。

  • 『万葉集神事語辞典』(國學院大學研究開発推進機構日本文化研究所),辰巳正明・城崎陽子監修

    2007年04月  -  2008年06月

    「あまのと」「きよし」「たまつしまやま」以上3項目

  • 『万葉ことば事典』(大和書房),青木生子・橋本達雄監修

    2000年10月  -  2001年10月

    「うちよする」「かくる」「くしみたま」「すみれ」「ちちはは」「にはたづみ」「はにふ」「ゆくみづの」「よぶこどり」以上9項目

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 墓誌の表現分析を基盤とした日中韓三カ国の文化交流の応用的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  継続中 

    墓誌の表現分析を基盤として、従来指摘されていない日・中・韓三カ国の古代の文化交流の様相を解明し東アジアの文化交流への理解を豊かなものにする。これが本研究の最大の目的である。研究代表者廣川晶輝は文部科学省に申請し交付を得た「平成20年度私立大学等研究設備整備費等補助金」により「金石文研究の基礎的かつ必須図書一式」を既に整備し良好な研究環境を活用できる。また、平成19~21年度科研費基盤研究(C)「上代文学における墓の表現性についての基礎的研究」・平成22~26年度科研費基盤研究(C)「墓誌の表現分析に基づく日中文化交流の基礎的研究」による韓国での臨地調査研究で、中国墓誌の文言から韓国葬送儀礼の「輓章」への影響を新たに発見した。確実な立脚点を得て上記目的を推進する。

  • 墓誌の表現分析に基づく日中文化交流の基礎的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2010年04月  -  2015年03月 

    中国出土墓誌に見られる表現が日本上代文学の表現に与えている影響について解明し、日中文化交流の従来指摘されてこなかった道筋を明白にする。これが本研究の最大の目的である。研究代表者廣川晶輝は既に「墓誌」の文言が日本上代文学の表現に影響を及ぼしている道筋を新たに明らかにしている(廣川晶輝「山上憶良作漢文中の「再見」小考」、2007年)。 なお、廣川晶輝は文部科学省に申請し交付を得た「平成20年度私立大学等研究設備整備費等補助金」によって「金石文研究の基礎的かつ必須図書一式」を既に整備できている。中国出土墓誌研究の良好な環境を活用し、平成19~21年度科学研究費補助金基盤研究(C)「上代文学における墓の表現性についての基礎的研究」の成果を活用し、上記目的を確実に推進する。

  • 上代文学における墓の表現性についての基礎的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月 

    日本文学上の「菟原娘子伝説」には、『万葉集』(高橋虫麻呂歌・田辺福麻呂歌・大伴家持歌)、『大和物語』第147段「生田川」、観阿弥作謡曲「求塚」、森鷗外作戯曲「生田川」というように上代から近代にかけての息の長い利用のされ方があり、射程の長い立論が可能となる。上記のように時代を超えて数々の作品として生まれ出ることができたことの鍵を、「墓」という場所が持つ表現性が握っていると考えられる。本研究はこのような視点に立ち、「菟原娘子伝説」の初発の位置にある『万葉集』の作品の表現を分析し、「墓」が作品の中の〈場所〉として選ばれていることによってどのような表現のあり方が開かれているのか、どのような「偲ひ」の表現が開かれているのかを追究する。

  • 万葉歌人大伴家持の防人同情歌群についての新しい分析方法の構築

    若手研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月 

    廣川晶輝単著『万葉歌人大伴家持―作品とその方法―』(2003年、北海道大学図書刊行会)上梓の過程で浮上した研究課題に以下のものがあった。それは、「大伴家持は防人に同情して長歌作品を3作品制作したが、どのようにして第三者たる防人の心情に立ち得たのか、そしてその悲哀をどのような作歌方法を用いて歌に表わし得たのか。」という課題である。そうした問題意識に基づいて当該研究課題においては、家持の作歌システム・作歌方法に迫り研究を進めた。

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 墓の表現性の研究

  • 菟原娘子伝説(生田川伝説)の文化史的研究

  • 日本上代文学の文化的研究

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年12月
     
     

    兵庫県立御影高等学校 総合人文コース ショートセミナー 現代アーティストの歌詞と『万葉集』の歌―1300年の時を超えて―」

  • 2019年02月
     
     

    日本文化を伝える方法―菟原娘子伝説をめぐって―(兵庫県立御影高等学校 総合人文コース グローバルスタディ課題研究「国語国文学セミナー」)

  • 2015年07月
     
     

    国際交流のための日本の文化に関する学習会

  • 2013年12月
     
     

    大阪府立大学「日本文学研究2B・日本文学演習2B・日本言語文化卒業研究演習B」ゲストスピーカー

  • 2012年08月
     
     

    テキストの読解をめざして―現代アーティストの歌詞と『万葉集』―

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年07月
    -
    継続中

    全国大学国語国文学会   編集委員

  • 2010年04月
    -
    継続中

    美夫君志会   常任理事

  • 2009年12月
    -
    継続中

    日本文学協会   会員

  • 2005年04月
    -
    継続中

    上代文学会   理事

  • 2005年04月
    -
    2010年03月

    美夫君志会   理事

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 兵庫県立御影高等学校 総合人文コース ショートセミナー 現代アーティストの歌詞と『万葉集』の歌―1300年の時を超えて―」

    兵庫県立御影高等学校 

    2019年12月
     
     

  • 令和元年度みさと万葉学習会「『万葉集』に学ぶ小さな命への愛情―山上憶良「子らを思ふ歌」と八木重吉の詩を中心に―」

    2019年09月
     
     

  • 2019甲南大学夏期公開講座(協力:入江泰吉記念奈良市写真美術館)「『万葉集』に学ぶ小さな命への愛情―山上憶良の「子らを思ふ歌」を中心に―」

    2019年06月
     
     

    2019甲南大学夏期公開講座(協力:入江泰吉記念奈良市写真美術館、於 甲南大学ネットワークキャンパス東京(東京都千代田区丸の内))に講師として招かれ、「『万葉集』に学ぶ小さな命への愛情―山上憶良の「子らを思ふ歌」を中心に―」と題して講演をおこなった。

  • 兵庫県立御影高等学校 総合人文コース グローバルスタディ課題研究「国語国文学セミナー」「日本文化を伝える方法―菟原娘子伝説をめぐって―」

    2019年02月
     
     

    兵庫県教育委員会の委嘱状を受け、兵庫県立御影高等学校 総合人文コース グローバルスタディ課題研究「国語国文学セミナー」に特別非常勤講師として招かれ、「日本文化を伝える方法―菟原娘子伝説をめぐって―」の講演をおこなった。

  • 神話のふるさと県民大学 「日向から畿内へ―記紀万葉の物語より―」「 神戸に伝わる万葉悲恋の歌―宮崎県と神戸市の協定締結を祝して―」

    2018年10月
     
     

    宮崎県宮崎市で開催された「神話のふるさと県民大学」の「日向から畿内へ―記紀万葉の物語より―」に講師として招かれ、「 神戸に伝わる万葉悲恋の歌―宮崎県と神戸市の協定締結を祝して―」と題して講演をおこなった。

全件表示 >>