写真a

本多 大輔 (ホンダ ダイスケ)

HONDA Daisuke

職名

教授

専門分野

生物多様性・分類, 水圏生産科学

研究分野・キーワード

系統,分類,進化,原生動物,原生生物,微細藻類,細胞構造,鞭毛,ウイルス,生態,

ホームページ

http://syst.bio.konan-u.ac.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1989年03月

    筑波大学   第二学群   生物学類   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1995年03月

    筑波大学  生物科学研究科  博士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    甲南大学   理工学部   生物学科   教授  

  • 2007年04月
    -
    2012年03月

    甲南大学   理工学部   生物学科   准教授  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   理工学部   生物学科   講師  

  • 1999年10月
    -
    2001年03月

    甲南大学   理学部   理学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    1999年09月

      株式会社 海洋バイオテクノロジー研究所  

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

      東京大学分子細胞生物学研究所  

  • 1995年09月
    -
    1997年03月

      株式会社 海洋バイオテクノロジー研究所  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2007年01月
    -
    継続中
     

    日本原生動物学会

  • 2003年01月
    -
    継続中
     

    日本菌学会

  • 1999年01月
    -
    継続中
     

    日本進化学会

  • 1991年01月
    -
    継続中
     

    日本植物学会

  • 1990年01月
    -
    継続中
     

    日本藻類学会

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ラビリンチュラ類の生態的役割の解明

    基礎科学研究  

    研究期間: 1999年04月  -  継続中

  • ラビリンチュラ類の系統分類

    基礎科学研究  

    研究期間: 1995年09月  -  継続中

  • ストラメノパイル類の系統分類

    基礎科学研究  

    研究期間: 1988年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • アメーバのはなし

    本多大輔 (担当: 共著 , 担当範囲: Column 5 応用利用される微細藻類 )

    朝倉書店  2018年09月 ISBN: 978-4-254-17168-6

  • Handbook of the Protists

    Bennett R.M., Honda D., Beakes G.W., Thines M. (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Labyrinthulomycota )

    Springer, Cham  2017年08月 ISBN: 978-3-319-28147-6

  • 食と微生物の事典

    本多 大輔 (担当: 単著 , 担当範囲: DHAをつくる微生物 pp. 172-173 )

    朝倉書店  2017年07月 ISBN: 978-4-254-43121-6

  • 菌類の生物学 −分類・系統・生態・環境・利用−

    本多大輔 (担当: その他 , 担当範囲: ラビリンチュラ菌類 )

    共立出版  2014年09月 ISBN: 978-4320057326

  • Systematics and Evolution. The Mycota (A Comprehensive Treatise on Fungi as Experimental Systems for Basic and Applied Research), vol 7A.

    Beakes G.W., Honda D., Thines M. (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 3 Systematics of the Straminipila: Labyrinthulomycota, Hyphochytriomycota, and Oomycota. )

    Springer, Berlin, Heidelberg  2014年07月

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 特集「ラビリンチュラ類の生物学と産業応用」によせて

    本多大輔

    海洋と生物 ( 生物研究社 )  38 ( 1 ) 3 - 4   2016年02月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • ラビリンチュラ類の多様性と生態学的役割

    上田 真由美,野村 友佳,土井 耕作,中嶋 昌紀,本多 大輔

    海洋と生物 ( 生物研究社 )  38 ( 1 ) 5 - 11   2016年02月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 海の生態系を支える縁の下の力持ち

    本多大輔

    読売新聞 ( 読売新聞社 )    2010年05月

    総説・解説(その他)   単著

  • 壺状菌の早期検出法

    本多大輔,関本訓士,小林未佳,横尾一成,藤武史行,川村嘉応

    海洋と生物 ( 生物研究社 )  31 ( 6 ) 605 - 610   2009年12月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 特集 「ノリの病気」によせて

    川村嘉応,本多大輔,有賀祐勝

    海洋と生物 ( 生物研究社 )  31 ( 6 ) 599 - 600   2009年12月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ラビリンチュラ類Aplanochytrium が栄養源とする藻類の検討と物質転送

    茂木 大地,浜本 洋子,今井 博之,本多 大輔

    日本藻類学会第43回大会  2019年03月  -  2019年03月   

  • ラビリンチュラ類Aplanochytrium属株の外質ネットを用いた珪藻からの栄養摂取

    髙橋 遼,本多 大輔

    日本藻類学会第43回大会  2019年03月  -  2019年03月   

  • ラビリンチュラ類の生態学的役割とその影響

    浜本 洋子,庄野 孝範,中井 亮佑,上田 真由美,長井 敏,本多 大輔

    日本藻類学会第43回大会  2019年03月  -  2019年03月   

  • Aplanochytrium属群の現存量から推定された海洋生態系における影響力

    浜本 洋子, 庄野 孝範, 中井 亮佑, 上田 真由美, 本多 大輔

    第5回 ラビリンチュラ シンポジウム  2018年09月  -  2018年09月   

  • Aplanochytriumが栄養摂取の対象とする藻類の検討

    茂木大地, 浜本洋子,本多大輔

    第5回 ラビリンチュラ シンポジウム  2018年09月  -  2018年09月   

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 海産従属栄養性藻類を含有する粒子を給餌することを特徴とする海産魚類の種苗生産方法

    特願2017-229703  特開2019-097432 

    今村 伸太朗 , 石原 賢司 , 加藤 智美 , 石田 健一郎 , 吉田 昌樹 , 本多 大輔 , 青谷 樹里

  • ラビリンチュラ類の珪藻捕食を利用した有用物質の製造法

    特願2016-177575  特開2017-51187 

    本多大輔,浜本洋子

  • ストラメノパイルの形質転換方法

    特願2016-142299  特開2016-189787 

    坂口 圭史 , 濱口 理恵 , 松田 高宜 , 伊東 信 , 長野 直樹 , 林 雅弘 , 本多 大輔 , 沖田 裕司 , 杉本 愼一

  • 微生物油産生ラビリンチュラ類、微生物油、ならびにそれらの作成方法およびそれらの使用

    JP2016069825  WO2017-006918 

    沖田 裕司 , 伊東 信 , 濱口 理恵 , 合田 初美 , 持永 聖也 , 本多 大輔

  • ヤブレツボカビ類を用いたリグニン分解活性を有するタンパク質の製造方法

    JP2016050571  WO2016-111368 

    田岡 洋介 , 林 雅弘 , 本多 大輔

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • The G. F. Papenfuss Poster Award

    2009年08月08日   国際藻類学会  

    受賞者:  上田真由美,野村友佳,角江智弘,本多大輔

  • 日本菌学会平塚賞

    2009年05月23日   日本菌学会  

    受賞者:  横山林香,本多大輔

  • 日本菌学会50周年記念大会ポスター賞

    2006年06月04日   日本菌学会  

    受賞者:  横山林香,K. W. Liew,S. Baharuddin,本多大輔

  • 日本藻類学会論文賞

    2003年03月27日   日本藻類学会  

    受賞者:  Kawachi, M., Inouye, I., Honda, D., O'Kelly, C. J., Bailey, J. C., Bidigare, R. R. and Andersen, R. A.

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 海洋生態系におけるラビリンチュラ類の役割の解明〜魚類のDHAの起源を探る〜

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

    魚類のDHAは必須脂肪酸として食物連鎖を通して供給されていると考えられている。一方,海洋に普遍的に存在する原生生物ラビリンチュラ類は, DHAを生合成することで知られ,分解者として無視できない影響力をもつことが示唆されてきた。さらに研究代表者らによって,珪藻類から効率良く栄養摂取する系統群が発見されたこと,環境DNAの解析からバイオマスが比較的大きいと予想されたこと,捕食者の消化管に豊富に検出されることから,魚類のDHAの大本の供給源になっている可能性が示唆されるに至っている。そこで,本研究では,ラビリンチュラ類の現存量と多様性を精査して,関係する一次生産者や捕食者を解明し,それらの間でのエネルギー流量の測定をすることで,魚類全体への影響力を見極める。

  • ラビリンチュラ類の網羅的分離法の開発と,分離株に基づく分類体系の再整理

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

    ラビリンチュラ類のうち,特にヤブレツボカビ科の基準属であるヤブレツボカビ属は,17種を含む最大の属であるが,少なくとも5つの系統群に分かれて位置するという分類学的な問題点が顕在化している。これは,基準種Thraustochytrium proliferumとされる株が存在しないことで,真の(狭義の)ヤブレツボカビ属の位置が不明であることが原因である。本研究では,T. proliferumの基準産地であるアメリカ,ウッズホールで,原記載にある緑藻ハネモから再分離を行い,この株の性状に基づいてヤブレツボカビ属の再定義をした上で,他の系統群について区別できる形質を見出して,分類学的整理を行いたい。そこで,環境DNA解析を同時に行うことで,現場に存在する全てのラビリンチュラ類を把握し,それを網羅的に分離する方法を確立することで,再分離の成功の可能性を高め,今後の有用株の探索にも貢献する。

  • 海洋の真核微生物ラビリンチュラ類が生態環境中の物質循環に与える役割の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    海洋の真核微生物ラビリンチュラ類が生態環境中の物質循環に与える役割について,培養法およびDNA定量法からモニタリングを行って解明する。

  • 黄色植物の起源的生物,ラビリンチュラ類の系統および分類に関する研究

    奨励研究(A)

    研究期間:  2000年04月  -  2002年03月 

    黄色植物の起源的生物,ラビリンチュラ類の系統および分類に関する研究

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • ラビリンチュラの分類・同定

    提供機関: (株)日本水産株式会社  国内共同研究

    研究期間: 2006年04月  -  継続中 

  • ノリの安定生産及び有明海の環境保全に関する研究

    提供機関: 佐賀県地域産業支援センター  一般受託研究

    研究期間: 2006年04月  -  2008年03月 

  • 有用脂肪酸産生ラビリンチュラ類の至適増殖条件の解明

    提供機関: 大象株式会社(韓国)  国際共同研究

    研究期間: 2005年04月  -  2006年03月 

  • 天然環境中の微生物機能を利用したアクアバイオリメディエーション

    提供機関: SDS Biotech  一般受託研究

    研究期間: 2004年04月  -  2005年03月 

  • 沿岸環境創生技術の開発

    提供機関: (財)三重県産業支援センター  国内共同研究

    研究期間: 2003年04月  -  2008年03月 

    ラビリンチュラの採取、分類、同定および培養条件を明らかにし、生育密度の把握に努める。また、ウシケノリの葉体から大量の胆胞子を放出させるための種々の方法を検討し、家畜飼料としての有効利用方法も探究する。

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • (財)発酵研究所

     2007年11月

  • 平生太郎基金科学研究奨励助成金

     2005年11月

  • 財団法人 旭硝子財団

     2003年11月

  • 財団法人 昭和報公会

     2003年11月

  • 財団法人 旭硝子財団

     2002年11月

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 真核微生物に感染するウイルスの感染メカニズム

  • 真核微生物に感染するウイルスが生態に及ぼす影響について

  • 高度不飽和脂肪酸を蓄積するラビリンチュラ類の探索

  • 海産動植物に対する病原性を示す原生生物の検出および防除

  • 有用原生動物の探索

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    「研究の広場(自主実験)」の実施

  • 2011年02月
    -
    継続中

    「生物学科ニュース」の発行

  • 2008年10月
    -
    継続中

    生物学科低年次教育担当者連絡会議

  • 2003年04月
    -
    継続中

    授業スライド,定期試験問題の学内ネットでの公開

  • 2001年04月
    -
    継続中

    大学院講義のテキストの作成

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    日本菌学会   編集委員

  • 2010年01月
    -
    継続中

    日本藻類学会   英文誌編集委員

  • 2006年01月
    -
    2007年06月

    日本藻類学会   会計幹事

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

    日本菌学会   幹事(HP担当)

  • 2002年07月
    -
    2004年04月

    日本藻類学会   「藻類」特別号 編集長

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 沿岸海域栄養塩管理技術開発検討会委員

    2011年04月
    -
    現在

    水産庁委託「海面養殖業振興対策事業」の沿岸海域栄養塩管理技術開発における検討会の委員

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 高度不飽和脂肪酸を蓄積するラビリンチュラ類の探索および同定

    高度不飽和脂肪酸を蓄積するラビリンチュラ類の探索,同定および株提供

  • 海産動植物に対する病原性を示す原生生物の検出,同定および防除

    海産動植物に対する病原性を示す原生生物の検出,同定および防除

  • 真核微生物に感染するウイルスを用いた環境修復

    真核微生物に感染するウイルスを用いた環境修復

  • 有用原生動物の探索および同定

    有用原生動物の探索および同定

おすすめURL 【 表示 / 非表示

  • Laby Base

    http://syst.bio.konan-u.ac.jp/labybase/

    ラビリンチュラ類を紹介するページ

    生物科学