写真a

北村 達也 (キタムラ タツヤ)

KITAMURA Tatsuya

職名

教授

学位

博士(情報科学)(北陸先端科学技術大学院大学)

専門分野

知覚情報処理

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年03月

    山形大学   工学部   情報工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年03月

    北陸先端科学技術大学院大学  情報科学研究科  情報処理学専攻  博士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    甲南大学   知能情報学部   教授  

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

    甲南大学   知能情報学部   知能情報学科   准教授  

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   理工学部   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

      (株)国際電気通信基礎技術研究所 認知情報科学研究所  

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

      京都大学大学院 情報学研究科  

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

      (株)国際電気通信基礎技術研究所 人間情報科学研究所  

  • 1997年04月
    -
    2002年03月

      静岡大学 情報学部 情報科学科  

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

      日本学術振興会  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    継続中
     

    The Acoustical Society of America

  • 1992年04月
    -
    継続中
     

    日本音響学会

  • 2013年01月
    -
    継続中
     

    音声言語医学会

  • 1992年04月
    -
    継続中
     

    日本音声学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 東京方言話者の単語音声におけるおそ下がりの生起条件の調査

    北村 達也, 天川 雄太, 波多野 博顕

    音声研究 ( 日本音声学会 )  23 ( 0 ) 165 - 173   2019年12月  [査読有り]

    共著

    おそ下がりは,アクセント核に後続するモーラに基本周波数の下がり目が生じる現象である。本研究では,東京方言話者の男性21名,女性27名,計48名が読み上げた230語の単語音声を対象にしておそ下がりの生起条件を調査した。その結果,おそ下がりは(1) 男性よりも女性の方が生じやすい,(2) 中高型よりも頭高型の語に現れやすい,(3) 語に含まれるモーラ数が多い方が現れやすい,(4) アクセント核のあるモーラに後続するモーラに広母音を持つ語で現れやすいことが示された。

    DOI CiNii

  • Further observations on a principal components analysis of head-related transfer functions

    Parham Mokhtari, Hiroaki Kato, Hironori Takemoto, Ryouichi Nishimura, Seigo Enomoto, Seiji Adachi, Tatsuya Kitamura

    Scientific Reports   9   7477   2019年05月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 大学生・大学院生を対象とした発話のしにくさの自覚に関するアンケート調査

    北村達也, 能田由紀子, 吐師道子, 竹本浩典

    日本音響学会誌   75 ( 3 ) 118 - 124   2019年03月  [査読有り]

    共著

    日本国内の15大学の日本語を母語とする大学生,大学院生を対象にして日常的な発話のしにくさの自覚に関するアンケート調査を行った。調査は質問紙法により実施した。回答のうち,言葉や聞こえの問題がないと回答した1,831名を対象に分析した。その結果,普段の会話で発音がうまくいかないと感じることが「ある」又は「どちらかと言えばある」と回答した者は全体の31.0%であった。男女別に分析すると,男性の35.5%,女性の24.4%が普段の会話で発音がうまくいかないと感じることが「ある」又は「どちらかと言えばある」と回答し,発話のしにくさを自覚する人は自分の音声が聞き返されることが多いと感じる傾向があった。

    DOI

  • Morphological characteristics of male and female hypopharynx: A magnetic resonance imaging-based study

    Ju Zhang, Kiyoshi Honda, Jianguo Wei, Tatsuya Kitamura

    Journal of the Acoustical Society of America   145   734   2019年02月

    共著

    DOI

  • チューブ発声時の皮膚振動を利用したバイオフィードバックシステムの開発と効果の検討

    川村直子, 北村達也, 城本修

    音声言語医学   59 ( 4 ) 334 - 341   2018年09月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 人工知能学大辞典

    北村達也 (担当: その他 , 担当範囲: 第9章 画像・音声メディア, 9-29 音声生成 )

    共立出版  2017年

  • はじめてのMATLAB

    北村達也 (担当: その他 )

    近代科学社  2016年11月 ISBN: 9784764905221

  • 五感インタフェース技術と製品開発 事例集

    北村達也 (担当: その他 , 担当範囲: 第8章第1節「音声生成過程の可視化技術」 )

    技術情報協会  2016年

  • 音声生成の計算モデルと可視化

    鏑木時彦, 正木信夫, 元木邦俊, 松崎博季, 北村達也 (担当: その他 )

    コロナ社  2010年01月

  • Speaker individualities in speech spectral envelopes and fundamental frequency contours

    Tatsuya Kitamura, Masato Akagi (担当: その他 )

    Speaker Classification II (Springer)  2007年11月

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • コーヒーブレーク Q&A コーナー

    榊原健一, 竹本浩典, 北村達也

    日本音響学会誌   73 ( 5 ) 331   2017年05月

    共著

    DOI

  • 新聞記事における慣用表現の出現頻度調査

    北村 達也, 川村 よし子, Tatsuya Kitamura, Yoshiko Kawamura

    甲南大学紀要. 知能情報学編 = Memoirs of Konan University. 甲南大学 編 ( 甲南大学 )  10 ( 1 ) 25 - 33   2017年

    共著

    日本語学習者を対象とした慣用表現の効率的な教育(学習)を実現するため,朝日新聞,毎日新聞,読売新聞の2014 年の記事データベースを対象にして出現頻度の高い慣用表現のリストを作成した.まず,宮地(1982)『慣用句の意味と用法』,森田(2010)『日本語の慣用表現』に掲載された慣用表現に異表記を追加し,6,378 個の慣用表現を得た.次に,3 紙の合計で約490 万文を対象として,慣用表現の出現頻度を計数した.そして,各紙における出現頻度上位100 位のうち,3紙すべてに共通して現れる慣用表現を求めた.これによって,新聞による偏りを排除し,使用頻度が高く学習者に有用な慣用表現リストが得られた.

    CiNii

  • 発話観測に関する装置

    北村達也

    日本音響学会誌   72 ( 7 ) 388 - 389   2016年07月

    単著

    DOI

  • 磁気センサシステムによる調音運動のリアルタイム観測

    北村達也

    日本音響学会誌   71 ( 10 ) 526 - 531   2015年10月

    単著

    DOI

  • 文難易度調整のための単語レベル判定機能付きエディタの開発

    北村達也, 富谷広男, 柴田大介, 川村よし子, 平山允子

    甲南大学紀要 知能情報学編   ( 7 ) 111 - 117   2014年02月

    共著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 発話のしにくさに関する自覚と発話訓練

    北村達也, 川村直子, 能田由紀子, 吐師道子

    日本音響学会騒音・振動研究会  2019年11月  -  2019年11月   

  • Speech organ contour extraction using real-time MRI and machine learning method

    HIronori Takemoto, Tsubasa Goto, Yuya Hagihara, Sayaka Hamanaka, Tatsuya Kitamura, Yukiko Nota, Kikuo Maekawa

    INTERSPEECH 2019  2019年09月  -  2019年09月   

  • 発話のしにくさに関する意識や実態に関するアンケート調査

    北村達也, 能田由紀子, 吐師道子, 竹本浩典

    聴覚研究会資料  2018年01月  -  2018年01月   

  • 発話のしにくさに関する意識や実態に関するアンケート調査

    北村達也, 能田由紀子, 吐師道子, 竹本浩典

    聴覚研究会資料  2018年01月  -  2018年01月   

  • 単語音声におけるおそ下がり生起頻度の個人差

    北村達也, 波多野博顕

    音声研究  2017年08月  -  2017年08月   

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 発話訓練システム、発話訓練方法及びプログラム

    特願2019-148071 

    北村達也

    J-GLOBAL

  • 音響伝達特性測定装置および音響伝達特性測定方法

    特開2006-105683  特開2006-105683  特開2006-105683

    北村達也

  • 声門閉鎖区間検出装置および声門閉鎖区間検出方法

    出願番号2005-261008  出願番号2005-261008  出願番号2005-261008

    北村達也

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 学術研究奨励賞

    2019年09月   日本音声学会  

    受賞者:  北村達也, 能田由紀子, 吐師道子, 波多野博顕

  • ナレッジ・イノベーション・アワード2nd オーディエンス賞

    2015年03月   一般社団法人ナレッジキャピタル  

    受賞者:  北村達也,灘本明代,梅谷智弘

  • 第15回ポスター賞

    2006年11月11日   日本音響学会  

    受賞者:  北村達也

  • 第46回佐藤論文賞

    2006年11月11日   日本音響学会  

    受賞者:  北村達也

  • ThinkQuest@JAPAN'99大学生・社会人の部最優秀賞、同部学際部門プラチナ賞

    2000年11月11日   学校インターネット教育推進協会主催  

    受賞者:  北村達也

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 鼻腔・副鼻腔の音響的および構造的多様性とその音声学的寄与の探究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2023年03月 

    鼻腔・副鼻腔の音響特性を調査する

  • 発音の動態観測に基づく日本語長母音の音韻論ならびに音声学的解釈

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

    磁気センサシステムWaveを用いて長母音の発話運動を調査する.

  • リアルタイムMRIおよびWAVEデータによる調音音声学の精緻化

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

    リアルタイムMRIと磁気センサシステムWaveを用いて発話運動を調査する.

  • 発話のしにくさの自覚に関する機能的および器質的要因の調査

    萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

    発話のしにくさを自覚している人の実態を調査する.

  • 音声・音響信号に備わる寸法恒常性による音脈分凝と音色知覚の時間追随性

    基盤研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月 

    音声知覚における寸法情報の影響について調査する.

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 割り箸を用いた訓練による発声改善のメカニズムの調査

    提供機関:  その他財団等  カワイサウンド技術・音楽振興財団研究助成金

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

  • 発話運動解析に基づく簡便かつ効率的な発話訓練プログラムの確立

    提供機関:  自治体  ひょうご科学技術協会学術研究助成金

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

  • レーザードップラ振動計を用いた発声訓練システムの開発に関する基礎検討

    提供機関:  自治体  兵庫県科学技術振興助成金

    研究期間: 2011年12月  -  2012年03月 

  • 日本語教育のための単語レベル判定システムの開発と評価

    提供機関:  その他省庁等  JSTシーズ発掘試験

    研究期間: 2009年04月  -  2010年03月 

  • MRIにより造影可能なマウスピースを用いた歯列造影技術の確立

    提供機関:  その他財団等  ひょうご科学技術協会 奨励研究助成

    研究期間: 2008年04月  -  2009年03月 

全件表示 >>

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 発話運動のMRI動画撮像法の研究

    提供機関: 日本電信電話株式会社  国内共同研究

    研究期間: 2011年10月  -  2012年03月 

  • ロボットを用いた第二言語教育に関する研究

    提供機関: (株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン   国内共同研究

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月 

  • 発話運動のMRI動画撮像法の研究

    提供機関: 日本電信電話株式会社  国内共同研究

    研究期間: 2010年11月  -  2011年03月 

  • ロボットを用いた第二言語教育に関する研究

    提供機関: (株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン   国内共同研究

    研究期間: 2010年04月  -  2011年03月 

  • 音声中の非言語情報の生成・知覚の特性解析と多言語間コミュニケーションへの応用

    提供機関:   一般受託研究

    研究期間: 2007年04月  -  2010年03月 

    音声中の非言語情報(感情や意図)の生成および知覚要因を調査する.

全件表示 >>

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 発話観測技術

  • 発話訓練支援技術

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 RTミドルウェアコンテスト 帰ってきた世界一軽いRTコンポーネント賞

    2016年12月   計測自動制御学会  

  • 第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 RTミドルウェアコンテスト ウィン電子工業賞

    2015年12月   計測自動制御学会  

  • 第29回独創性を拓く先端技術大賞 特別賞

    2015年06月   フジサンケイ ビジネスアイ  

    Webニュースを基にした漫才台本自動生成によるコミュニーケーションロボットの開発
    http://www.fbi-award.jp/sentan/jusyou/2015/index.html

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2016年01月
    -
    2016年11月

    MATLABに関する教科書の執筆

  • 2013年04月
    -
    継続中

    ロボット開発を通したSTEM教育の実践

  • 2010年01月
     
     

    音声生成に関する教科書の執筆

  • 2007年04月
    -
    継続中

    講義資料の電子ファイルの公開

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    知能情報学概論及び基礎演習(1年次配当,2単位),アドバンストプログラミング(2年次配当,2単位),情報解析(2年次配当,2単位),画像工学(3年次配当,2単位),メディア情報処理(3年次配当,2単位),知能情報学セミナー(3年次配当,2単位),知能情報学実験及び演習(3年次配当,2単位),卒業研究及び演習(4年次配当,8単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    情報処理技術は進歩の早い分野であるが,むやみに最新動向を追いかけることなく,むしろ基礎的な知識や技能を習得させることに注力している.論理的で明確な文章を書く能力,わかりやすいプレゼンテーションを行う能力(スライドのデザインも含む),基本的なプログラミング能力,必要なことを自分で学ぶ能力などは,いかに技術が進歩しても必要不可欠なものである.このような基本能力を4年間の学部生としての学修の中できちんと身につけさせることを教育の第一義的な目標としている.

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    一例として,上記の「論理的で明確な文章を書く能力」について説明する.知能情報学部にて1年次の前期に配当される「知能情報学概論及び基礎演習」では,15回の講義の約半分をゼミ活動に割り当てているが,その中でごく基本的な作文の書き方に関する演習を行っている.日本の教育課程では作文の書き方を教えられる機会がほとんどないためである.作文を書くにはその前の準備(主題に関するアイディアのリストアップ,主題をサポートするための例の書き出し,作文全体の構造のデザイン)が重要であることを教え,数回に渡って実際に作文を書かせている.なお,教科書として,山本ら,「これなら書ける!文章表現の基礎の基礎」(ココ出版, 2018)を用いている.

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    作文の書き方を指導する前は,受講生に作文を書くよう指示すると,白紙の原稿用紙を前にして書き出しに悩み続ける姿が見られる.しかし,上記の手続き化された作文の書き方を教えると,1つ1つの作業をこなし,短い時間で作文を書き上げられるようになる.上記の教科書には文章添削のポイントや例題も示されているので,それを参考にして自分が書いた作文を添削させている.これによって自分の文章をブラッシュアップして完成させるまでの一連の技能を身につけることができている.

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    1年次前期に数回の演習をした程度では,一度身につけた作文執筆の技能はあっという間に失われてしまう.その後に続く講義でも,学生にレポート課題を継続的に課し,「卒業研究及び演習」にて総仕上げできるようにすべきであろう.

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス,講義資料,授業改善アンケート,卒業論文

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    日本音響学会   関西支部庶務幹事

  • 2013年04月
    -
    継続中

    日本音声学会   編集委員

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大学都市KOBE!発信プロジェクト

    2018年10月
    -
    2018年11月

  • 科学チャレンジ2017IN但馬文教府

    2017年07月
     
     

    プログラミング教室,ロボットの展示,理科工作

  • 大学都市KOBE!発信プロジェクト

    2016年09月
    -
    2016年10月

    音響に関する実験の展示

  • ひょうごKOBE医療健康フェア

    2016年09月
     
     

    漫才ロボットの展示

  • SIGGRAPH ASIA 2015

    2015年11月
     
     

    漫才ロボットの展示

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 音声分析技術

    a