写真a

北川 恵 (キタガワ メグミ)

KITAGAWA Megumi

職名

教授

学位

京都大学博士(教育学)(京都大学)

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   教育学部   臨床教育学専攻   卒業

    - 1993年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   教育学研究科   博士課程   単位取得満期退学

    - 1998年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   学長室   副学長

    2021年4月 - 現在

  • 甲南大学   文学部   教授

    2012年4月 - 現在

  • 甲南大学   文学部   人間科学科   准教授

    2008年4月 - 2012年3月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 四天王寺国際仏教大学

    2007年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 四天王寺国際仏教大学

    2001年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 四天王寺国際仏教大学

    1998年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本箱庭療法学会

    2000年4月 - 2011年3月

  • 日本発達心理学会

    1998年4月 - 現在

  • 日本教育心理学会

    1998年4月 - 現在

  • 日本心理臨床学会

    1998年4月 - 現在

  • 日本心理学会

    1994年4月 - 現在

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • アタッチメントの病理・問題と臨床実践 招待あり

    北川恵

    入門アタッチメント理論:臨床・実践への架け橋   155 - 167   2021年10月

  • アタッチメント理論をベースにした親子への介入の実際 招待あり

    北川恵

    子どもの虐待とネグレクト   23 ( 2 )   136 - 143   2021年8月

  • Effects of an attachment-based parent intervention on mothers of children with autism spectrum disorder: preliminary findings from a non-randomized controlled trial. 査読あり

    Kubo, N., Kitagawa, M., Iwamoto, S. & Kishimoto, T.

    Child and Adolescent Psychiatry and Mental Health   15   2021年7月

     詳細を見る

  • Attachment-based intervention improves Japanese parent-child relationship quality: A pilot study 査読あり

    Kitagawa, M., Iwamoto, S., Umemura, T., Kudo, S., Kazui, M., Matsuura, H., & Mesman, J.

    Current Psychology   2021年

     詳細を見る

  • アタッチメントと感情-親子関係支援の実践から 招待あり

    北川 恵

    こころの科学   204   15 - 20   2019年2月

     詳細を見る

    単著

    出版者・発行元:日本評論社  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • アタッチメントに基づく評価と支援

    北川恵,工藤晋平( 担当: 共編者(共編著者))

    誠信書房  2017年11月  ( ISBN:9784414416336

  • よくわかる情動発達 

    遠藤利彦・佐久間路子(編著)・北川恵(著)

    ミネルヴァ書房  2014年10月 

     詳細を見る

    「養育者の抑うつと子どもの発達」「夫婦・家族内葛藤と子どもの発達」「子どもにおけるPTSDと情動」「子どもの不安・抑うつ障害」「子どもの反社会性・攻撃性障害」「愛着の病理・障害」「アレキシサイミア(失感情言語化症)と心身症(各トピック2ページ)

  • 誠信心理学辞典 

    下山晴彦(編)・北川恵(著)

    誠信書房  2013年 

     詳細を見る

    「親としての発達」

  • 心理臨床学事典

    日本心理臨床学会(編)・北川恵(著)( 範囲: pp.144-145)

    丸善  2011年8月 

     詳細を見る

    「児童期の心理的課題と問題」

  • アタッチメントを応用した養育者と子どもの臨床

    数井みゆき・北川恵・工藤晋平・青木豊(訳)( 担当: 共訳 ,  範囲: pp.205-246)

    ミネルヴァ書房  2011年6月 

     詳細を見る

    (原著:Oppenheim, D. & Goldsmith, D.F. (2008). Attachment theory in clinical work with children: Bridging the gap between research and practice. Guilford Press.)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • アタッチメント理論の臨床的活用(シンポジウムタイトル「Manchester Child Attachment Story Task (MCAST)を使った児童期のアタッチメントの測定」)

    北川恵

    日本子ども虐待防止学会第27回学術集会かながわ大会  2021年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • 自閉スペクトラム症児の養育者に対するアタッチメント理論に基づいた親子関係支援:非ランダム化比較による効果検証

    久保信代・飯田順三・北川恵・岩本沙耶佳・牧之段学・岸本年史

    第62回日本児童青年精神医学会総会  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月 - 2021年12月

  • 日本における「安心感の輪」子育てプログラムの成果と課題(海外招聘プログラム「アタッチメント理論をベースにした親子への介入の実際」) 招待あり

    北川恵

    日本子ども虐待防止学会第26回学術集会いしかわ金沢大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

  • he circle of security parenting program and individualized video review improve Japanese parent-child relationship quality. (abstract accepted, conference canceled)

    Kitagawa, M., Iwamoto, S., Umemura, T., Kudo, S., Kazui, M., & Matsuura, H.

    the 26th Biennial meeting of the international society for the study of behavioural development  2020年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

  • アタッチメントに焦点づけた親子関係支援プログラム―The Circle of Security Program―(話題提供) 親子の関係性への介入―いくつかの技法の比較検討と今後の親子臨床への展望―

    北川恵(話題提供)・近藤清美(企画)

    日本心理臨床学会第31回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 岡林睦美論文へのコメント

    2012年3月

  • 親子関係支援をする立場から、親の主観への注目と文化要因を踏まえる意義

    2012年3月

  • 松本敬子論文へのコメント

    2012年2月

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Marquis Who's who in the world

    2008年11月   25th edition  

    北川恵

  • 平成19年度第1期国際交流助成金交付  

    2007年11月   日本心理臨床学会  

    北川恵

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 親子関係支援プログラムの効果とアタッチメント改善メカニズムの検討

    2018年4月 - 2023年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

    【目的1 】COS-Pによる子どものアタッチメント改善効果を、ランダム化比較試験(Randomized Controlled Trial)によって、また、世界標準のアタッチメント測定法であるストレンジ・シチュエーション法(Strange Situation Procedure)を用いて検証する。加えて、介入前の状態による介入効果の差異を検証する。【目的2】ビデオ振り返りを行わなくてもアタッチメントが改善するか、親のアタッチメントや応答性の改善が子どものアタッチメント改善をもたらすのかを、フォローアップアセスメントを行って検討する。

  • アタッチメント理論に基づく親子関係支援方法の開発と効果検証

    2013年4月 - 2017年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

     詳細を見る

    COSプログラム及びCOS-Pプログラムを基盤に、日本で実践可能な親子関係支援の方法を開発し、効果の検証を行った。既成のDVDを用いたCOS-Pプログラム実施後に、COSプログラムで行う参加者自身のビデオ振り返りセッションを追加した実践を行い、各時期(介入前、COS-P後、全介入後、介入終了半年後)の親子関係を評価した。その結果、COS-Pプログラムのみによっても、子どものアタッチメント不安定型は改善することがわかった。一方、アタッチメントの深刻な問題である無秩序型は、介入終了半年後になって改善する事例が複数あった。これは、無秩序型の変化にはビデオ振り返りセッションを伴う専門性の高い介入が必要という可能性と、介入によって親の養育が変わり始めてから子どもが修正体験をもてるための時間が長い可能性が考えられた。

  • アタッチメント理論に基づく乳幼児―養育者関係支援プログラム開発のための基礎的研究

    2009年4月 - 2013年4月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 若手研究(B)

     詳細を見る

    本研究は、日本におけるアタッチメント理論に基づく乳幼児-養育者関係支援プログラムの開発を目的として、(1)まず、アメリカで開発され介入効果が実証されているCOSプログラムを日本で初めて実施する。 (2)ついで、日本文化や実践現場の特徴に応じて必要な修正を加え、日本の実践に広く提供しうるプログラムを開発する。 (3)最後に、介入効果を検証する。その際、既存の測度に加えて、研究代表者が開発しているアタッチメント投影法(Picures of Attachment Related Situations、以下PARS)を用いる。臨床サンプルにおけるPARSの特徴を詳細に検討することを通して、アタッチメントの個人差測定方法としてのPARSの標準化を進める。

  • 妊娠期から出産後における親の子ども表象の発達的変化と親子相互作用との連関

    2006年4月 - 2010年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

     詳細を見る

    本研究は、(1)妊娠期における親の「想像上の子ども」に関する表象の質が、親自身の成育歴に由来する愛着全般についての表象や種々の社会文脈的要因等とのいかなる交絡作用を通して、規定されるのかを明らかにする。また、(2)それが出産後にかけていかなる連続性や変化を示すのか、変化があるとすれば、その変化は子ども自身の気質的特徴や子育てを取り巻く社会文脈的要因等との関わりにおいて、いかにして生じるのかを、縦断的データの蓄積を通して検討する。さらに、(3)親の子どもに関する表象や愛着全般に関する表象の質は、養育者の日常的状況における、どのような養育行動や情動表出の側面に特に現れ、また、今度はそれらを介して、いかに子ども自身の愛着形成(愛着行動の安定性)に通じ得るのかを解明していくものとする。なお、本研究においては、従来の妊娠期からの親の子ども表象に関する研究が、専ら母親を対象にしたものであったことを受け、そして、父親も様々な情報源を通してまだ見ぬ想像上の子どもについての表象を作り上げている可能性を想定し、(部分的にではあるが)父母両方をターゲットとして縦断研究を行う。

  • アタッチメントの投影的測定方法開発に関する基礎的研究

    2006年4月 - 2008年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 若手研究(B)

     詳細を見る

    アタッチメントを活性化するような刺激画への物語作成反応の個人差と、既存のアタッチメント測定手法であるアダルトアタッチメントインタビューとの関連を検討し、アタッチメントの投影的手法の妥当性を検証する。

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Circle of Security Intensive Assessment & Treatment Planning Ten-day Trainingへの海外研修助成

    2007年4月 - 2007年9月

    日本心理臨床学会  日本心理臨床学会国際交流助成金

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • a

     2002年11月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • アタッチメント研究に基づく心理臨床実践について

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  臨床心理学、人格発達心理学、発達臨床心理学

    研究費の種類: 教員研究費

  • 2021年度  臨床心理学、人格発達心理学、発達臨床心理学

    研究費の種類: 教員研究費

  • 2020年度  関係性に基づく人格発達とその実際問題への支援

    研究費の種類: 教員研究費

     詳細を見る

    親子関係や子育てをめぐる実際問題についてのデータ収集と分析を行い、国内外の学会を通して情報収集および成果の発信をした。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2012年2月
     
     

    「心理学辞典」

  • 2011年11月
     
     

    FD活動として、産業界からの講師招聘を行った

  • 2011年8月
     
     

    「心理臨床学事典」

  • 2008年4月
    -
    現在

    高大連携として甲南高校生へのレポート指導

  • 2008年4月
    -
    現在

    教材のMy Konanへのアップロード

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    心理地域援助(3つの課外活動のうち、子育て支援を担当)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    座学に加えて、実践的な学びの機会を設けるため

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    大学内の人間科学研究所で行っている子育て支援活動に学生が参加し、乳幼児やその保護者との異世代交流を通して、育つこと・育てることについて自己体験的に理解・考察を深める。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    学生にとって、働き育てることを含むキャリアプラン形成への効果が検証されている。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    コロナ禍で異世代との交流が難しいなか、オンラインで可能な活動を継続している。持続可能な実践の機会を継続し、成果の検証に基づいて必要な改善を行う。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    人間科学研究所で行っている効果研究、ニュースレターによる活動報告(学生のアンケート含む)

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年1月 - 2019年12月   日本教育心理学会  「教育心理学研究」編集委員

  • 2015年4月 - 2017年1月   日本発達心理学会  「発達心理学研究」編集委員

  • 2011年8月 - 2014年8月   日本発達心理学会  日本発達心理学会学会賞審査委員

  • 2008年11月 - 2009年3月   日本発達心理学会  発達心理学会機関紙編集員・審査委員

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 芦屋市保健福祉部子ども課子育て支援センター 地域子育て支援者育成研修会講師

    2012年9月

     詳細を見る

    「アタッチメントと児童虐待について」

  • 神戸家庭裁判所尼崎支部家事調査官室自丁研修講師

    2012年8月

  • 兵庫県臨床心理士会第38回研修会分科会講師

    2012年7月

     詳細を見る

    「アタッチメントに基づく親子関係の評価と支援-The Circle of Securityプログラムの紹介-」

  • 大阪市住吉区保健福祉センター子育て支援講演会講師

    2012年7月

     詳細を見る

    「子どもの安心基地になるために」

  • 甲南大学人間科学研究所主催第3回子育て応援講座

    2012年6月

     詳細を見る

    「子どもの安心基地になるために」

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • アタッチメント測定法、特に成人愛着面接

    a

  • アタッチメントの基礎知識と実践への応用に関する講演

    a

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年4月
    -
    現在

      人間科学研究所長   (全学委員会)

  • 2013年4月
    -
    2017年3月

      人間科学専攻主任   (全学委員会)

  • 2011年4月
    -
    2012年3月

      人間科学科学科主任   (全学委員会)