写真a

FUKUSHIMA Akitoshi

Position

Professor

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Konan University   Faculty of Literature   Graduated

    - 1982.3

  • Konan University   Faculty of Literature   Graduated

Graduate School 【 display / non-display

  • Konan University   Graduate School, Division of Humanities   Doctor's Course   Accomplished credits for doctoral program

    - 1987.3

  • Konan University   Graduate School, Division of Humanities   Doctor's Course   Completed

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Letters   学部長

    2022.4

  • KONAN UNIVERSITY   Teacher Education Center   Director in General

    2010.4 - 2013.3

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Letters   Professor

    2009.4

External Career 【 display / non-display

  • 関西学院大学

    2006.4 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

  • University College London

    2004.7 - 2005.3

      More details

    Country:United Kingdom

  • 神戸大学

    1995.4 - 2003.3

      More details

    Country:Japan

  • Eginburgh University

    1990.9 - 1991.9

      More details

    Country:United Kingdom

  • 産業技術短期大学

    1987.9 - 1988.3

      More details

    Country:Japan

 

Papers 【 display / non-display

  • "What Factors Determine the Tonality of a Parenthetical Clause?"

    Akitoshi Fukushima

    甲南大学紀要第163号   2013.3

     More details

    Single Work

  • "Syllable Rhythm in VCCV-Type Disyllabic Words"

    Akitoshi Fukushima

    甲南大学紀要文学編160   2009.3

     More details

    Single Work

  • 分綴と音節量について Reviewed

    福島彰利

    現代音韻論の動向   2016.9

     More details

    Single Work

    Authorship:Lead author  

  • 2音節複合語の持続時間--予備実験--

    福島彰利

    甲南大学紀要   ( 165 )   113 - 117   2015.3

     More details

    Single Work

  • 日本人英語学習者に見られる音連結の欠如

    福島彰利

    甲南大学教職教育センター年報・研究報告書   ( 2013年度 )   21 - 28   2014.3

     More details

    Single Work

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 朝倉日英対照言語学シリーズ2 音声学

    服部義弘[編】( Role: Joint author ,  第5章 強勢・アクセント・リズム)

    朝倉書店  2012.6  ( ISBN:978-4-254-51572-5

Presentations 【 display / non-display

  • 挿入句の音響特性と結束性

    福島彰利

    第24回甲南英文学会定期研究発表会ワークショップ 

     More details

    Event date: 2009.6

  • Verse and Prose Rhythm in English

    Akitoshi Fukushima

    Workshop on Empirical Approaches to Speech Rhythm  

     More details

    Event date: 2008.3

  • Syllable Length between Different Reading Style

    Akitoshi Fukushima

    第2回神戸音声学・音韻論研究会 

     More details

    Event date: 2003.9

Other Research Activities 【 display / non-display

  • 英語学・言語学用語辞典 開拓社 項目執筆

    2015.11

  • 『英語学文献解題6 音声学・音韻論』(研究社) 項目執筆

    1999.11

  • 『英語学用語辞典』(三省堂) 項目執筆

    1999.1

  • 『現代英文法辞典』(三省堂) 項目執筆

    1992.7

  • 『英語年鑑』(研究社) 「回顧と展望 音声学・音韻論・形態論の研究」

    1986.4 - 2012.4

     More details

    Book Review

    荒木一雄氏が担当する『英語年鑑』「回顧と展望 音声学・音韻論・形態論の研究」の執筆協力

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 節構造における分断と結束性の調査・研究

    2007.4 - 2009.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

      More details

    挿入句は、文の主要部と補部を分断することになるが、そうした分断が生じたとしても聞き手はその文の理解が可能である。文の理解に無理が生じないとすれば、主要部/挿入句/補部のそれぞれを意味の固まりとして聞き手は把握していることになる。本研究は、この意味の固まりが音響信号的にどう具現されるかを吟味した。英語母語話者の朗読文章をサンプルとし、調査対象は関係代名詞節や伝達節を含むことで分断が生じている文を取り上げた。特に節の境界部分の休止の有無、ピッチの下がり具合、声質の変化等を、音声分析ソフトを用い調査する方法を採用した。

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • 挿入文の音響特性について

 

Social Activities 【 display / non-display

  • 公益財団法人 山村育英会 代表理事を兼ねる

    2017.10

  • 公益財団法人 山村育英会理事・選考委員

    2007.4