写真a

梅谷 智弘 (ウメタニ トモヒロ)

UMETANI Tomohiro

職名

准教授

学位

博士(工学)(大阪大学), 修士(工学)(大阪大学)

専門分野

制御・システム工学, 知能ロボティクス, 知能機械学・機械システム

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    大阪大学   基礎工学部   システム工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    大阪大学  基礎工学研究科  システム人間系専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    2001年03月

    大阪大学  基礎工学研究科  システム人間系専攻  修士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    甲南大学   知能情報学部   准教授  

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    甲南大学   知能情報学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

      名古屋市立大学   大学院芸術工学研究科   

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

      名古屋市立大学   大学院芸術工学研究科   

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

      大阪大学   大学院基礎工学研究科  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2015年05月
    -
    継続中
     

    計測自動制御学会

  • 2008年05月
    -
    継続中
     

    システム制御情報学会

  • 2007年05月
    -
    継続中
     

    日本デザイン学会

  • 2006年07月
    -
    継続中
     

    日本機械学会

  • 2005年11月
    -
    継続中
     

    情報処理学会

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 屋内環境での携帯端末の位置推定とその応用

    (選択しない)  

    研究期間: 2009年04月  -  継続中

  • 動作解析と生体信号を利用した人物動作の統合解析・可視化

    (選択しない)  

    研究期間: 2006年04月  -  継続中

  • ICタグを利用した人とロボットのための空間知能化

    その他の研究制度  

    研究期間: 2005年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • System Integration for Component-Based Manzai Robots with Improved Scalability

    UMETANI Tomohiro,AOKI Satoshi,KITAMURA Tatsuya,NADAMOTO Akiyo

    Journal of Robotics and Mechartonics ( Fuji Technology Press Ltd. )  32 ( 2 ) 459 - 468   2020年04月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Remote Reference-Desk Service System using Android Robot for University Librarian

    UMETANI Tomohiro,KIKUCHI Tomoya,SAIWAKI Naoki

    Proceedings of 2019 IEEE International Conference on Advanced Robotics and its Social Impacts (ARSO 2019)     25 - 27   2019年10月  [査読有り]

    共著

    アンドロイド・ロボットを利用した図書館職員のための遠隔リファレンス・デスクシステムの開発について報告した.システム構築,および,長期にわたる運用実験を通して,本システムの図書館への導入に対する受容性,可能性を確認した.

  • Change Detection of Environmental Conditions based on Signal Strength of Wireless LAN using Multiple Micro Controllers

    UMETANI Tomohiro,TAMURA Yuichi

    Proceedings of the SICE Annual Conference 2019     1704 - 1707   2019年09月  [査読有り]

    共著

    複数マイクロコントローラによる無線LAN信号強度計測による環境の状態変化検出について述べた.システム構築,実験により手法の可能性を示した.

  • Health Monitoring During Sleep Based on Ubiquitous Sensing

    ITOH Yuki,YOKOYAMA Kiyoko,UMETANI Tomohiro

    Proceedings of the SICE Annual Conference 2019     1698 - 1700   2019年09月  [査読有り]

    共著

    ウェアラブルセンシングや距離画像情報を用いた就寝中の見守りについて報告した.取得した時系列情報を用いて機械学習により状態を推定する.実験により手法の可能性を示した.

  • Change Detection of Sleeping Environments based on Distributed Measurement of Comforter on Bed

    UMETANI Tomohiro,YAMAMOTO Taiki,ISHII Mayuko,TAMURA Yuichi,SAIWAKI Naoki,YOKOYAMA Kiyoko

    Proceedings of the SICE Annual Conference 2019     1701 - 1703   2019年09月  [査読有り]

    共著

    IoTデバイスによる掛け寝具の分布センシングをもとにした状態変化検出について述べた.実験により手法の可能性を見出した.

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Handbook of Digital Games and Entertainment Technologies, Chapter 40; Manzai Robots: Entertainment Robots as Passive Media Based on Autocreated Manzai Scripts from Web News Articles

    UMETANI Tomohiro,NADAMOTO Akiyo,KITAMURA Tatsuya (担当: その他 )

    Springer, Singapore  2016年08月

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 情報技術を生かしたカスタマーハラスメント対策:大学図書館遠隔対応ロボットを例にして

    梅谷 智弘

    情報の科学と技術 ( 一般社団法人 情報科学技術協会 )  70 ( 10 ) 499 - 504   2020年10月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    情報技術を生かしたカスタマーハラスメント対策として,大学図書館遠隔対応ロボットを例にして紹介する。レファレンスカウンター,ヘルプデスクなど専門知識を有する図書館職員が対応する場面においては,利用者への対応が重要な課題となっている。ヘルプデスク対応が行える職員は専門性が高く,書架,書庫や事務所など,受付から離れて業務を遂行することが多くある。そのため,受付は無人になることもあり利用者からの観点では機会損失につながり利便性を損なう。本稿では,現在大学図書館で稼働しているアンドロイド・ロボットを用いた遠隔対応システムを紹介する。長期間の運用実験による評価を通して本システムの有用性,本システム導入にあたっての受容性について述べる。

    DOI

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ナノバイオ反応生成物画像の空間周波数成分を用いた反応条件間における生成物の定量評価の検討

    中田圭祐,臼井健二,富樫浩行,梅谷智弘

    ロボティクス・メカトロニクス講演会2020  (オンライン)  2020年05月  -  2020年05月    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

    ナノバイオ反応生成物画像の空間周波数成分を用いた反応条件に応じた分類法について説明した.周波数領域における特徴量をもとに,クラスター分析を行い,手法の可能性を示した.

  • 位置情報履歴を利用したコミュニケーションロボットの話題提供システムの検討

    西田有希,北村達也,梅谷智弘

    第64回システム制御情報学会研究発表講演会  (オンライン)  2020年05月  -  2020年05月    システム制御情報学会

    位置情報を利用した話題提供システムについて提案した.位置情報取得と検索結果をとおして,手法の可能性を示した.

  • ロボットチャレンジにおけるROSを利用した屋外移動システムの構築と検証

    梅谷智弘,近藤悠矢,徳田拓馬

    第64回システム制御情報学会研究発表講演会  (オンライン)  2020年05月  -  2020年05月    システム制御情報学会

    ロボットチャレンジに参加した屋外移動ロボットに関して報告した.要素技術の検証,公開実験の結果をとおして,手法の可能性を示した.

  • 中之島チャレンジ2019における甲南大学ロボティクス研究室の取り組み

    梅谷智弘,近藤悠矢,徳田拓馬

    第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  (サンポート高松)  2019年12月  -  2019年12月    計測自動制御学会システムインテグレーション部門

    中之島チャレンジ2019に参加したロボットURI-KONANについての開発報告を行った.公開実験での結果,要素技術の開発結果により,手法の可能性を示した.

  • ペプチドによるカルシウム化合物のミネラリゼーションにおけるマイクロ波照射の影響

    臼井健二,高坂翼,尾崎誠,富樫浩行,有本米次郎,裏鍛武史,大沢隆二,梅谷智弘

    第13回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム  2019年10月  -  2019年11月    日本電磁波エネルギー応用学会

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 見守りシステム

    特願2017-242079 

    梅谷 智弘,石井 真由子,田村 祐一,才脇 直樹,横山 清子

  • 台本自動作成装置、台本自動作成方法、及び台本自動作成プログラム

    特願2016-036826 

    灘本 明代,北村 達也,梅谷 智弘,真下 遼

  • 物体認識システム

    特願2012-264614 

    梅谷 智弘,田村 祐一,雲丹亀 達哉

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • SI2018 優秀講演賞

    2018年12月20日   第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   複数の小型IoTデバイスを利用した就寝環境の状態変化検出システムの検討  

    受賞者:  梅谷智弘,石井真由子,田村祐一,才脇直樹,横山清子

  • SI 2017 第11回RTミドルウェアコンテスト ベストサポート賞

    2017年12月20日   日本ロボット工業会  

    受賞者:  菊地 智也,中田 圭祐,樋口 拓海,清瀬 大貴,梅谷 智弘,北村 達也

  • SI2016 RTミドルウェアコンテスト 帰ってきた世界一軽いRTコンポーネント賞

    2016年12月15日   日本ロボット工業会  

    受賞者:  青木 哲,榊原 洋之,清瀬 大貴,林 拓実,原口 和貴,梅谷 智弘,北村 達也

  • SI2015 RTミドルウェアコンテスト ウィン電子工業賞

    2015年12月14日   計測自動制御学会システムインテグレーション部門  

    受賞者:  青木哲,秋山和寛,林拓実,原口和貴,真下遼,梅谷智弘,北村達也,灘本明代

  • ナレッジイノベーションアワード2nd オーディエンス賞

    2015年03月27日   一般社団法人ナレッジキャピタル  

    受賞者:  灘本 明代,北村 達也,梅谷 智弘

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 簡便に設置したアンビエント知能環境に基づく身体性を拡張する作業支援空間の構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

    本研究は,遠隔操作など感覚をつかみにくい間接的な作業に対して,簡便に得たアンビエント(空間)情報を用いて人の身体性を拡張し,作業者を支援するシステムの構築を目的とする。申請者が取り組んできた簡便なアンビエント情報計測,モデリング技術を発展させ,人がインタラクティブに関わる知能化空間の制御技術,最終的には人の身体性を拡張する作業支援技術を開発する。

  • 簡便な行動観測で収集したアンビエント情報に基づいた作業支援環境の構築

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月 

    人やロボットの簡便な行動観測技術を利用し,知的環境での物体モデル生成,呈示に用いるアンビエント情報のモデル化,人やロボットの状況に即した情報伝達技術を開発する。

  • 添付型記憶媒体による物体と環境の情報化を利用したロボットの知的動作生成

    若手研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月 

    ロボットの行動生成を目標とした,添付型記憶媒体を用いた蓄積情報の更新手法および情報の管理手法の開発,ならびに蓄積情報を利用したロボット作業への適用に関する研究開発を行う.

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 外部計測や知的情報インフラを用いた情報化空間の構築とその応用

  • 動作解析と生体信号の統合解析 

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本音響学会 電気音響研究会 学生研究奨励賞

    2017年10月   日本音響学会 電気音響研究会  

    受賞者: 北島大夢

    北島大夢,石井大地,梅谷智弘,北村達也,森川大輔,"テーブルトップ型ロボットとヘッドマウントディスプレイを用いたテレヘッドシステムの試作",日本音響学会聴覚研究会・電気音響研究会 の発表に対しての受賞

  • 第29回 独創性を拓く先端技術大賞 特別賞

    2015年07月   フジサンケイビジネスアイ  

    受賞者: 真下遼,青木哲,秋山和寛,孝橋一希

    漫才台本自動生成システムの開発および漫才ロボットとしての実現

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年07月
    -
    2012年01月

    携帯端末を利用した学生教育方法の改善に関する研究会への参加

  • 2010年08月
     
     

    フィジカルコンピューティングデバイスを用いた移動ロボット制作用テキストの開発

  • 2008年04月
    -
    継続中

    講義資料の電子ファイルの公開

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    プログラミング演習I(1年次配当(分担),2単位),プログラミング演習II(1年次配当(分担),2単位),知能情報学概論及び演習(1年次配当(分担),2単位),センサー工学(2年次配当,2単位),知能情報学実験及び演習(3年次配当(分担),2単位),ロボティクス(3年次配当,2単位),知能情報学セミナー(3年次配当,2単位),卒業研究及び演習(4年次配当,8単位),ロボティクス特論(大学院修士課程配当,2単位),など。

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    担当者が専門とするロボット工学という研究分野は,裾野が広く,関連する分野が多岐にわたる。そのなかで担当する科目はごく一部であるものの,ものごとを多面的にとらえ,様々な関連知識を駆使して理解を広げることを重視している。また,学部の専門科目においては,各論も重要であるが,普遍的な基礎理論がより重要であると考え,学生が受講時までに習得した知識を用いて新たな知識を導入できるような構成が望ましいと考える。さらに,カリキュラムポリシー,到達目標を踏まえ,基礎知識を利用して,学生が主体的に学べる場を提供することが望ましい。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    講義では,授業の初回に授業科目の内容を十分に説明したうえで授業に臨んでいる.定義などを明確にし,数理的な背景をもとに理論での体系化を念頭に置いて授業を進めている.数理的な背景を持つ授業内容では,基礎的な内容から導出も丁寧に行い,丸暗記に陥らないようにしている。また,授業の振り返りとして演習を適宜行うように心がけている。演習では次回に解説を行うことで知識の定着を意識づけている。3年次以降のセミナー形式の授業では,学生が作成した資料をもとに討論を行い,受講生1人1人の興味,関心をもとに進めるようにしている。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    講義では,基礎的な内容から受講生が基礎から習熟していくが,授業内での演習や授業時間外での自主学習を入念に行っている学生と,漫然と聴講している学生との間には,顕著な差がみられている。座学の授業では数学的な知識を利用する内容を基礎的な部分から行っているが,受講生にとっては理解が難しいこともある。一方,3~4年次のセミナー形式の授業では時間がかかるものの,卒業研究発表の時点では,学生の発表内容やコメントから,担当者が日ごろから説明している内容,意味付け,理由を理解していると認識している。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    座学の授業では,特に上級生向け科目で,事前に科目内容を十分に説明したうえで授業に臨ませているものの認識度合いに差があるようである。今後,内容の精選や説明の丁寧さを向上させることで,関連科目との内容に連動した授業を行えるようにする。セミナー形式の授業では,学生の興味なども踏まえ,各論と普遍的な内容のバランスに注意しながら,セミナー授業を進められるようにする。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス,講義資料,リアクションペーパー,授業改善アンケート,卒業研究発表概要

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    継続中

    システム制御情報学会   第64回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’20)実行委員

  • 2019年05月
    -
    継続中

    システム制御情報学会   会誌・論文誌委員

  • 2018年09月
    -
    継続中

    システム制御情報学会   第63回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’19)実行委員

  • 2018年01月
    -
    2019年01月

    計測自動制御学会   第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2018) 実行委員

  • 2014年11月
     
     

    システム制御情報学会   第46回確率システムシンポジウム 大会実行委員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 武庫川女子大学附属高等学校 SSH運営指導委員

    2018年04月
    -
    現在

    高校での課題研究,探究活動など,スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業における評価,助言を行う.

  • ひらめき☆ときめきサイエンス

    2010年08月
     
     

    平成22年度日本学術振興会「ひらめき☆ときめきサイエンス」にて,中高生向けワークショップ「ロボットを作る・見る・動かす-ii Robot Worldへの招待」を代表者として実施した.

  • 兵庫県立加古川東高校 SSH 地域アドバイザー

    2009年09月
    -
    2012年03月

    総合学習「課題研究」での,生徒の課題研究の助言など

  • 日本機械学会 講演会 「デザインとロボティクス・メカトロニクス」

    2008年07月
     
     

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門において,講演会「デザインとロボティクス・メカトロニクス」を企画,運営した.

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 知的情報インフラのロボットシステムへの応用

    RFIDタグ,無線LANなど情報通信基盤を用いた,ロボット作業支援,位置推定手法