写真a

UMETANI Tomohiro

Position

Associate Professor

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Osaka University   Faculty of Engineering Science   Graduated

    1995.4 - 1999.3

Graduate School 【 display / non-display

  • Osaka University   Graduate School, Division of Engineering Science   Doctor's Course   Completed

    2001.4 - 2004.3

  • Osaka University   Graduate School, Division of Engineering Science   Master's Course   Completed

    1999.4 - 2001.3

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Intelligence and Informatics   Associate Professor

    2012.4

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Intelligence and Informatics   Lecturer

    2008.4 - 2012.3

External Career 【 display / non-display

  • Nagoya City University   Graduate School of Design and Architecture

    2007.4 - 2008.3

      More details

    Country:Japan

  • Nagoya City University   Graduate School of Design and Architecture

    2005.4 - 2007.3

      More details

    Country:Japan

  • Osaka University   Graduate School of Engineering Science

    2004.4 - 2005.3

      More details

    Country:Japan

Professional Memberships 【 display / non-display

  • The Society of Instrument and Control Engineers

    2015.5

  • The Japan Society of Mechanical Engineers

    2006.7

  • The Robotics Society of Japan

    1999.5

  • Japanese Society for the Science of Design

    2007.5

  • Information Processing Sociey of Japan

    2005.11

display all >>

 

Papers 【 display / non-display

  • オープンソースハードウェアを用いた屋外自律移動ロボットシステムの構築

    武田 晟央,梅谷 智弘,森脇 遼輝,岡本 丈弥

    甲南大学紀要知能情報学編   15 ( 1 )   53 - 61   2022.7

     More details

    Authorship:Corresponding author  

  • ヒト型ロボットによる漫才ロボットシステムの開発

    中村 紘稀,北村 達也,梅谷 智弘

    甲南大学紀要知能情報学編   15 ( 1 )   45 - 52   2022.7

     More details

    Authorship:Last author  

  • IoTシステムのプロトタイピングを用いたロボット技術PBLの試み

    梅谷 智弘

    甲南大学紀要知能情報学編   14 ( 2 )   181 - 190   2022.2

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author  

    DOI: 10.14990/00004169

  • Change Detection of Sleeping Condition based on IoT Distributed Sensing for Bedclothes Reviewed

    UMETANI Tomohiro,INOUE Shoichiro,YAMAMOTO Taiki,ISHII Mayuko,TAMURA Yuichi,SAIWAKI Naoki,YOKOYAMA Kiyoko

    Proceedings of 2021 IEEE International Conference on Advanced Robotics and Its Social Impacts (ARSO),   120 - 122   2021.7

     More details

    Joint Work

    Authorship:Lead author, Corresponding author  

  • ROS対応移動ロボットを用いた屋外ロボットチャレンジへの取り組み

    梅谷 智弘

    甲南大学紀要知能情報学編   13 ( 2 )   187 - 196   2021.2

     More details

    Single Work

    Publisher:甲南大学  

    本稿では,知能化空間システムを構築するための情報収集ロボットの開発を目標とする,ロボットチャレンジを通した実環境で動作できる自律移動ロボットの検証について報告する.本研究では,課題解決のための手段として,ソフトウェア資産の再利用するためにオープンソースであるRobot Operating System (ROS) に対応した移動ロボットフォームを用いてシステムを構築する.これまでの2 回にわたる屋外ロボットチャレンジへの参加をとおしたシステムの検証を報告し,甲南大学ロボティクス研究室の屋外ロボットシステム構築の展望について述べる.

    DOI: 10.14990/00003697

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Handbook of Digital Games and Entertainment Technologies, Chapter 40; Manzai Robots: Entertainment Robots as Passive Media Based on Autocreated Manzai Scripts from Web News Articles

    UMETANI Tomohiro,NADAMOTO Akiyo,KITAMURA Tatsuya

    Springer, Singapore  2016.8 

     More details

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 柔軟素材を用いたIoTシステムの基礎と応用-I-柔軟素材を用いたIoTシステムの現在と展望 Invited

    才脇 直樹,梅谷 智弘

    システム/制御/情報   66 ( 2 )   70 - 77   2022.2

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

    DOI: 10.11509/isciesci.66.2_70

  • Response for customer harassment using information and communication technology: A case study of customer service robots for university library Invited

    UMETANI Tomohiro

    The Journal of Information Science and Technology Association   70 ( 10 )   499 - 504   2020.10

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:Information Science and Technology Association, Japan  

    In this paper, we introduce a remote assistance robot for librarians in a university library. It is an important task for librarians to deal with users at the help desk and other situations where they deal with visitors. Librarians are highly specialized and often perform their duties away from the reception desk at the bookshelves, stacks, and offices. The reception desk may be unmanned, which may lead to lost opportunities from the users' perspective. In the paper, we introduce a remote reception system using an android robot that is currently in operation at the university library. Through the evaluation of the system through long-term operation experiments, we show the usability, acceptability, and effectiveness of the system.

    DOI: 10.18919/jkg.70.10_499

Presentations 【 display / non-display

  • クラウド音声APIを利用した図書館ヘルプデスク支援ロボットの試作

    梅谷 智弘,的場 瞳,榎本 佐知子,陸 鳴宇,北村 達也

    ロボティクス・メカトロニクス 講演会 2022  (SORA 札幌コンベンションセンター)  2022.6  日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門

     More details

    Event date: 2022.6

  • 音素類似関係を用いた聞き間違えによるボケの自動生成

    高山宜之,北村達也,梅谷智弘,灘本明代

    第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2022)  (オンライン)  2022.2  日本データベース学会

     More details

    Event date: 2022.2 - 2022.3

  • 中之島ロボットチャレンジ2021における甲南大学ロボティクス研究室の取り組み

    武田晟央,岡本丈弥,森脇遼輝,梅谷智弘

    第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会  (オンライン)  2021.12  計測自動制御学会システムインテグレーション部門

     More details

    Event date: 2021.12

  • オープンソースハードウェアを用いた屋外情報収集ロボットのラピッド開発

    梅谷智弘,武田晟央,岡本丈弥,森脇遼輝

    第64回自動制御連合講演会  (オンライン) 

     More details

    Event date: 2021.11

    本稿では,中之島ロボットチャレンジに参加するために開発した屋外環境に対応する自律移動ロボットの開発に始まった一連の甲南大学ロボティクス研究室の取り組みについて述べる.本ロボットチャレンジに対して,我々は,知能化空間システムを構築するための情報収集ロボットとして,実環境で動作できる自律移動ロボットの検証を目標とする.ロボットシステムの実装と実証実験による検証により,手法の可能性を示す.

  • 行動履歴情報を用いたユーザとコミュニケーションロボットによる対話制御の一検討

    梅谷智弘,西田有希,北村達也

    第64回自動制御連合講演会  (オンライン) 

     More details

    Event date: 2021.11

    本稿では,位置情報履歴を用いた対話コミュニケーションロボットの対話内容の生成手法について述べる.訪問した場所,建物に関する情報は,ユーザの日常生活に密接に関連し,ユーザ個人の興味関心に適合する可能性が高いといえる.たとえば,1 日の行動の時系列履歴や施設が発出する情報と組みあわせることで,ユーザの活動に関連する事柄の検索や情報抽出が期待できる.本稿では基礎検討としてGPS を用いた建物情報の取得,チャットボットによる対話システムの構築をおこなう.実験を通じて可能性と今後の課題を検討する.

display all >>

Industrial property rights 【 display / non-display

  • 見守りシステム

    梅谷 智弘,石井 真由子,田村 祐一,才脇 直樹,横山 清子

     More details

    Application no:特願2017-242079

    Announcement no:特開2019-107234

    Patent/Registration no:特許第7002076号

    Country of applicant:Domestic  

  • 台本自動作成装置、台本自動作成方法、及び台本自動作成プログラム

    灘本 明代,北村 達也,梅谷 智弘,真下 遼

     More details

    Application no:特願2016-036826

    Country of applicant:Domestic  

  • Object Recognition System

    Tomohiro UMETANI,Yuichi TAMURA,Tatsuya UNIGAME

     More details

    Application no:特願2012-264614

    Country of applicant:Domestic  

Academic Awards Received 【 display / non-display

  • 2021年度日本ロボット学会功労賞

    2021.9   日本ロボット学会  

    第25回ロボティクスシンポジア実行委員会

     More details

  • SI2018 優秀講演賞

    2018.12   第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   複数の小型IoTデバイスを利用した就寝環境の状態変化検出システムの検討

    梅谷智弘,石井真由子,田村祐一,才脇直樹,横山清子

  • SI 2017 第11回RTミドルウェアコンテスト ベストサポート賞

    2017.12   日本ロボット工業会  

    菊地 智也,中田 圭祐,樋口 拓海,清瀬 大貴,梅谷 智弘,北村 達也

  • SI2016 RTミドルウェアコンテスト 帰ってきた世界一軽いRTコンポーネント賞

    2016.12   日本ロボット工業会  

    青木 哲,榊原 洋之,清瀬 大貴,林 拓実,原口 和貴,梅谷 智弘,北村 達也

  • SI2015 RTミドルウェアコンテスト ウィン電子工業賞

    2015.12   計測自動制御学会システムインテグレーション部門  

    青木哲,秋山和寛,林拓実,原口和貴,真下遼,梅谷智弘,北村達也,灘本明代

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 構造を柔軟に変更できる知能化空間を用いた心身の常時健康増進支援システムの構築

    2022.4 - 2025.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

    田村 祐一,才脇 直樹,横山 清子

      More details

    Authorship:Principal investigator

  • 簡便に設置したアンビエント知能環境に基づく身体性を拡張する作業支援空間の構築

    2017.4 - 2020.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator

    本研究は,遠隔操作など感覚をつかみにくい間接的な作業に対して,簡便に得たアンビエント(空間)情報を用いて人の身体性を拡張し,作業者を支援するシステムの構築を目的とする。申請者が取り組んできた簡便なアンビエント情報計測,モデリング技術を発展させ,人がインタラクティブに関わる知能化空間の制御技術,最終的には人の身体性を拡張する作業支援技術を開発する。

  • 簡便な行動観測で収集したアンビエント情報に基づいた作業支援環境の構築

    2014.4 - 2016.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists(B)

      More details

    人やロボットの簡便な行動観測技術を利用し,知的環境での物体モデル生成,呈示に用いるアンビエント情報のモデル化,人やロボットの状況に即した情報伝達技術を開発する。

  • 添付型記憶媒体による物体と環境の情報化を利用したロボットの知的動作生成

    2005.4 - 2007.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists(B)

      More details

    ロボットの行動生成を目標とした,添付型記憶媒体を用いた蓄積情報の更新手法および情報の管理手法の開発,ならびに蓄積情報を利用したロボット作業への適用に関する研究開発を行う.

Joint and Contract research activities (Public) 【 display / non-display

  • アンビエントセンサとウェアラブル端末による生体情報のビッグデータ収集と リアルタイムのインタラクションによる職場のサイバーインフラ構築

    Offer organization:科学技術振興機構(JST)  General funded research

    共創の場形成支援プログラム(育成型)  2020.12 - 2022.3

      More details

    Grant type:Competitive

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • 外部計測や知的情報インフラを用いた情報化空間の構築とその応用

  • 動作解析と生体信号の統合解析 

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2021.3   計測自動制御学会  会誌出版委員会

  • 2020.1   計測自動制御学会 システムインテグレーション部門  会計幹事補,会計副幹事,会計幹事

  • 2019.9 - 2020.5   システム制御情報学会  第64回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’20)実行委員

  • 2019.5 - 2021.6   システム制御情報学会  会誌・論文誌委員

  • 2019.3 - 2021.6   日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門 ROBOMECH 2021講演会  実行副委員長

display all >>

Social Activities 【 display / non-display

  • 武庫川女子大学附属高等学校 SSH運営指導委員

    2018.4

     More details

    高校での課題研究,探究活動など,スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業における評価,助言を行う.

  • ひらめき☆ときめきサイエンス

    2010.8

     More details

    平成22年度日本学術振興会「ひらめき☆ときめきサイエンス」にて,中高生向けワークショップ「ロボットを作る・見る・動かす-ii Robot Worldへの招待」を代表者として実施した.

  • 兵庫県立加古川東高校 SSH 地域アドバイザー

    2009.9 - 2012.3

     More details

    総合学習「課題研究」での,生徒の課題研究の助言など

  • 日本機械学会 講演会 「デザインとロボティクス・メカトロニクス」

    2008.7

     More details

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門において,講演会「デザインとロボティクス・メカトロニクス」を企画,運営した.