写真a

NAITO Fumio

Position

Professor

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Kobe University   Faculty of Management   Graduated

    1977.4 - 1981.3

Graduate School 【 display / non-display

  • 神戸大学大学院   経営学研究科   会計学専攻   Doctor's Course   Accomplished credits for doctoral program

    1981.4 - 1986.3

Studying abroad experiences 【 display / non-display

  • 1996.9
    -
    1997.8

    ドイツ連邦共和国マールブルク大学   任期付専任教授

  • 2016.8
    -
    2016.9

    ドイツ経済監査士協会(IDW)、ケルンビジネススクール(CBS)、Auren監査会社等   科研費調査

  • 2013.7
     
     

    ドイツCBS、KPMGフランス等   科研費調査

  • 2012.3
     
     

    デンマーク王国 コペンハーゲン・ビジネス・スクール   甲南大学在外研究費活動

  • 2009.1
     
     

    ドイツ連邦共和国 ケルン・ビジネス・スクール   科研費研究活動

display all >>

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Business Administration   Professor

    2006.4

  • KONAN UNIVERSITY   Graduate School of Social Science (Masters Degree Program)   Graduate School of Social Science Deprtment of Business Administration (Masters Degree Program)   Professor

    2006.4

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Business Administration   Faculty of Business Administration Department of Business Administration   Manager

    2010.4 - 2012.3

  • KONAN UNIVERSITY   Graduate School of Social Science (Masters Degree Program)   Graduate School of Social Science Deprtment of Business Administration (Masters Degree Program)

    2010.4 - 2011.3

  • KONAN UNIVERSITY   Graduate School of Social Science (Masters Degree Program)   Graduate School of Social Science Deprtment of Business Administration (Masters Degree Program)

    2011.4 - 2012.3

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 関西電力株式会社 社外取締役・監査委員

    2020.6

      More details

    Country:Japan

  • 神戸大学 名誉教授

    2006.4

      More details

    Country:Japan

  • アシックス商事株式会社 社外監査役

    2015.3 - 2019.3

      More details

    Country:Japan

  • 神戸大学大学院経営学研究科 教授

    1999.4 - 2006.3

      More details

    Country:Japan

  • 神戸大学経営学部 教授

    1997.4 - 1999.3

      More details

    Country:Japan

display all >>

 

Papers 【 display / non-display

  • Zur Bedeutung und dem Ziel der Beteiligung von Arbeitnehmervertretern im Aufsichtsrat in Deutschland

    Fumio NAITO

    63 ( 1 )   1 - 29   2022.7

     More details

    Authorship:Lead author  

  • Wirecard-Bilanzbetrugsfall und Reform der staatlichen Regulierung über Rechnungslegung und Wirtschaftsprüfung von Unternehmen

    Fumio NAITO

    167 - 183   2022.3

     More details

    Single Work

    Authorship:Lead author  

  • Struktur der Revision bei der Fugger in Deutschland

    Fumio NAITO

    62 ( 3・4 )   40 - 71   2022.2

     More details

    Single Work

    Authorship:Lead author  

  • Geburt von Revisoren in Deutschland und Etablierung der sachverständigen Prüfung

    Fumio NAITO

    62 ( 1・2 )   1 - 32   2021.9

     More details

    Single Work

    Authorship:Lead author  

  • Strengthening Corporate Governance and Effectiveness of the Governance System in a Company with Nominating Committees, etc. Invited

    ( 3515 )   2021.7

     More details

    Single Work

    Authorship:Lead author  

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 会計学エッセンス(第5版)

    内藤文雄

    中央経済社  2022.3 

  • 監査の質に対する規制 -監査プロフェッションVS行政機関-

    鳥羽至英、秋月信二、小宮山賢、内藤文雄、永見尊、岡崎慶、福川裕徳、亀岡恵理子( Role: Joint author)

    国元書房  2021.1  ( ISBN:978-4-7658-0572-8

  • 会計学エッセンス(第4版)

    内藤文雄

    中央経済社  2020.2 

  • 会計学エッセンス(第3版)

    内藤文雄( Role: Sole author)

    株式会社中央経済社  2018.2 

  • 会計学エッセンス(第2版)

    内藤文雄( Role: Sole author)

    株式会社中央経済社  2015.10 

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • Audit Research and Value Judgement - Extension and Intention - Invited

    Fumio NAITO

    Accounting Forum   2020.9

     More details

    Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 経営職能型長期インターンシップの意義と課題 -甲南大学経営学部ビジネス・リーダー養成プログラム5年実施の結果を踏まえて-

    内藤文雄

    私学経営   ( 480 )   26 - 34   2015.2

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:私学経営学会  

  • 会計人コース 巻頭言

    内藤文雄

    会計人コース   2014.4

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:株式会社中央経済社  

  • Contributions and Limitations of Audit Research and the Prospects for Audit and Assurance Services

    Fumio Naito

    Japanese Accounting Forum   2013.2

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (international conference proceedings)   Publisher:日本会計研究学会  

  • 書評: 五十嵐達朗著『財務諸表監査 私論』日経事業出版センター、2012年3月刊

    内藤文雄

    週刊経営財務   2012.10

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:税務研究会  

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 監査研究の継承と変化報告監査研究と価値判断 −外延と内包− Invited

    NAITO, Fumio

     More details

    Event date: 2019.9

  • コーポレート・ガバナンスおける監査役監査の課題

    内藤文雄

    関西監査研究学会2017年度春季合宿研究会(滋賀県長浜市セミナー&カルチャーセンター臨湖第1会議室) 

     More details

    Event date: 2018.3

  • 監査の質の保証・監督に関するドイツ決算書監査制度改革の含意

    内藤文雄

    関西監査研究学会平成29年度夏季研究合宿報告(岐阜市長良川国際会議場) 

     More details

    Event date: 2017.8

  • コーポレート・ガバナンスに対する監査役監査の有効性

    内藤文雄

    関西監査研究学会平成28年度春季研究合宿報告(賢島宝生苑会議室) 

     More details

    Event date: 2017.3

  • コーポレート・ガバナンスに対する監査役監査の有効性

    NAITO, Fumio

    関西監査研究学会2016年度春季合宿研究会(三重県賢島商工会議所会議室) 

     More details

    Event date: 2017

display all >>

Other Research Activities 【 display / non-display

  • Usefulness for Investment Decisions and Objectivity of Substantial Judgments for Accounting and Audit

    2005.9

     More details

    Japanese Accounting Forum,No. 14

  • 円卓討論-会計基準の制度的発展をめざして-

    2005.2

     More details

    會計,第167巻第2号,107-137頁

  • 座談会「監査規範の概念的枠組みに関する基礎研究をめぐって」

    2004.8

     More details

    JICPAジャーナル,第16巻8号,11-31頁

  • 座談会「改訂中間監査基準をめぐって」

    2003.4

     More details

    JICPAジャーナル,第15巻第4号

  • Peter C. Fusaro and Ross M. Miller, What Went Wrong at Enron 橋本碩也訳 『エンロン崩壊の真実』税務経理協会

    2003.2

     More details

    Book Review

    税経通信,第58巻第2号,16頁

display all >>

Academic Awards Received 【 display / non-display

  • 日本学術振興会「科研費審査委員」平成27年度表彰

    2015.10   日本学術振興会  

    内藤文雄

  • 日本公認会計士協会 第32回学術賞

    2005.7   日本公認会計士協会  

    内藤 文雄

  • 日本監査研究学会 監査研究奨励賞

    2000.11   日本監査研究学会  

    内藤 文雄

  • 日本会計研究学会 太田・黒澤賞

    1996.9   日本会計研究学会  

    内藤 文雄

  • 日本内部監査協会 青木賞

    1996.9   日本内部監査協会  

    内藤 文雄

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 仮想的ビジネス・リスク情報監査の実験手法による監査の質の計測

    2015.4 - 2018.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Exploratory Research

      More details

     監査論研究においてこれまでに十分な研究の蓄積がない、監査の質を直接に計測し、その改善に資する目的で「仮想的ビジネス・リスク情報監査の実験手法による監査の質の計測」を実施する。
     法定監査の財務諸表監査における監査調書データを用いて監査の質の計測ができればこれに越したことはない。しかし、監査調書データの利用による分析は監査人の守秘義務の観点から事実上不可能である。これを打開し、監査の質を直接に計測するため、仮想的なビジネス・リスク情報を分析対象とした実験手法を用いる。具体的には、実際のビジネス・リスク情報から帰納的に抽出した仮想的ビジネス・リスク情報を公認会計士に提示し、その監査計画の立案を通じて、監査意見表明の基礎の合理性を分析することによって、監査の質を直接に計測する。

  • 企業リスク情報開示のダイバージェンスの実証と当該情報の監査の保証水準の計測

    2013.4 - 2016.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

      More details

    JSPS 25285144

    本研究では、金融商品取引法にもとづく企業内容開示制度において、企業活動を取り巻く国内外の経済・経営環境にかかるリスクにどう対応するかが重視されるなか、企業リスク情報の開示のあり方および当該情報の信頼性の確保のための監査による保証の仕組みのあり方を過年度実施の研究調査成果を踏まえて発展的に解明することを目的とする。発展的解明として、第一に開示のあり方について、企業リスク情報開示の積極性をクラスター分析によりグルーピングし、積極性を基準とするグループ間のダイバージェンスを開示実態から実証すること、第二に保証の仕組みについて、保証の鍵概念である保証水準を科学的分析の俎上に載せるためその計測を試みることをねらう。

  • 利益情報の変容と監査・保証業務のあり方に関する実証的要因分析(課題番号2 0 3 3 0 0 9 8)

    2008.4 - 2011.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

      More details

    本研究は、より有用かつ有効な企業内容開示制度における利益情報の開示および監査・保証業務のあり方について、主要な利害関係者への4回の意識調査および面談調査にもとづき、利益情報の変容の事実を実証し、その要因を分析した。また、かかる事実ないし要因に対応した、ディスクロージャー制度の改革ならびに財務諸表監査における情報の信頼性の保証方法および保証結果の伝達のあり方を明らかにした。

  • 積極的利益調整と財務諸表の重要な虚偽表示との区画原理及び判断規準に関する研究

    2007.4 - 2010.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Exploratory Research

      More details

    本研究は、会計上の見積りに代表される経営者の会計判断の主観性の程度が大きいためにもたらされる利益調整(アーニングス・マネジメント)が、どの程度になれば財務諸表の重要な虚偽表示(利益操作・粉飾決算)と判断されるべきか、その区画原理および判断基準を明らかにする目的をもった研究である。
     本研究の基礎として財務諸表等会計情報の質的特性の分析が必要であり、それにもとづき一般に公正妥当と認められた会計基準の枠内での経営者の会計判断のフレキシビリティを利用した積極的な利益計算の調整が、財務諸表の虚偽表示、すなわち粉飾決算とどの水準において区別されるのかということを解明する目的を有する。

  • 不確実性下における企業リスク情報の開示と保証に関する実証的国際比較研究

    2004.4 - 2007.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

      More details

    本研究では、わが国の金融制度のインフラストラクチャーを構成する、証券市場の透明性を担保するための証券取引法にもとづく企業内容開示制度において、企業活動を取り巻く経済環境が不確実性を増す中、企業リスク情報の開示のあり方ならびに当該情報の信頼性の確保のための保証の仕組みを明らかにすることを目的とする。
    共同研究者: 伊豫田隆俊(甲南大学経営学部教授)、山崎秀彦(専修大学経営学部教授)、永見尊(慶應義塾大学商学部助教授)、林隆敏(関西学院大学商学部教授)、松本祥尚(関西大学商学部教授)

display all >>

Joint and Contract research activities (Public) 【 display / non-display

  • 監査・保証業務研究

    Offer organization:日本監査研究学会  Domestic Joint Research

    2011.9 - 2013.11

  • 利益情報の変容と監査・保証業務のあり方に関する実証的要因分析

    Domestic Joint Research

    2008.4 - 2011.3

  • 不確実性下における企業リスク情報の開示と保証に関する実証的国際比較研究

    Domestic Joint Research

    2004.4 - 2007.3

  • わが国監査のコスト・パフォーマンス分析

    Domestic Joint Research

    2000.9 - 2002.9

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2015.9 - 2018.9   日本会計研究学会  日本会計研究学会 学会賞、太田・黒澤賞および学術奨励賞審査委員(再任)

  • 2015.9 - 2018.9   日本会計研究学会  評議員

  • 2012.9 - 2015.9   日本会計研究学会  日本会計研究学会賞、太田・黒澤賞および学術奨励賞審査委員

  • 2012.9 - 2015.9   日本会計研究学会  『会計プログレス』編集副委員長

  • 2010.10   日本監査研究学会  第33回全国大会準備委員長

display all >>

Social Activities 【 display / non-display

  • 企業会計審議会臨時委員

    1999.12 - 2012.5

  • 金融庁公認会計士・監査審査会平成16年度公認会計士試験第二次試験委員

    2003.11 - 2004.11

  • 金融庁公認会計士・監査審査会平成17年度公認会計士試験第二次試験委員

    2004.11 - 2005.11

  • 金融庁公認会計士・監査審査会平成18年度公認会計士試験委員

    2006.1 - 2006.11

  • 関西電力株式会社 社外取締役・監査委員

    Role(s): Organizing member

    2020.6

     More details

    Audience: Company

display all >>

 

Teacher organization examination execution 【 display / non-display

  • 2006.4   Konan University   Professor

  • 2006.4   Kobe University   Professor Emeritus

  • 1997.4   Kobe University   Professor