写真a

藤井 敏司 (フジイ サトシ)

FUJII Satoshi

職名

教授

学位

理学修士(京都大学), 博士(理学)(京都大学)

専門分野

生体関連化学, 無機化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    京都大学   理学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    1993年03月

    京都大学  理学研究科  化学  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年03月
    -
    2006年03月

    スタンフォード大学(Stanford University)   客員研究員

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    甲南大学   フロンティアサイエンス学部   生命化学科   教授  

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    甲南大学   フロンティアサイエンス学部   生命化学科   准教授  

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    甲南大学   理工学部   機能分子化学科   准教授  

  • 2003年04月
    -
    継続中

    甲南大学   甲南大学先端生命工学研究所   教員  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   理工学部   講師  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年03月
    -
    2006年03月

      Stanford University  

  • 2002年04月
    -
    2003年03月

      東京農工大学  

  • 1993年04月
    -
    2000年03月

      (財)山形県テクノポリス財団生物ラジカル研究所   化学第一研究部  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2002年10月
    -
    継続中
     

    電子スピンサイエンス学会

  • 2001年09月
    -
    継続中
     

    アメリカ化学会

  • 2001年03月
    -
    継続中
     

    メスバウアー分光研究会

  • 2000年05月
    -
    継続中
     

    日本NO学会

  • 1995年12月
    -
    継続中
     

    国際生物無機化学会

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • アルツハイマー病の早期リスク評価システムの開発

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2014年04月  -  継続中

    アルツハイマー病の良いバイオマーカーと考えられているアミロイドβペプチドの簡便・高感度・安価な測定法の開発に取り組んでいる

  • Three Helix Bundle構造を有する人工金属タンパク質に関する研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2009年04月  -  継続中

    一酸化窒素応答性を有する金属錯体をベースとした人工金属タンパク質を創成し、天然のタンパク質が行っている小分子の結合による構造変化を再現できるモデルタンパク質のキャラクタリゼーションとその応用を図る。

  • ニトリルヒドラターゼモデル錯体の合成とキャラクタリゼーション

    基礎科学研究  

    研究期間: 2009年04月  -  継続中

    ニトリルをアミドに変換する酵素、ニトリルヒドラターゼの特異な配位環境に注目し、触媒機能を有するモデル錯体の開発を行っている。

論文 【 表示 / 非表示

  • Functional characterization of aconitase X as a cis-3-hydroxy-L-proline dehydratase

    Seiya Watanabe, Kunihiko Tajima, Satoshi Fujii, Fumiyasu Fukumori, Ryotaro Hara, Rio Fukuda, Mao Miyazaki, Kuniki Kino, Yasuo Watanabe

    Scientific Reports   6   1 - 12   2016年12月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Site-specific control of silica mineralization on DNA using a designed peptide

    Makoto Ozaki, Kazuma Nagai, Hiroto Nishiyama, Takaaki Tsuruoka, Satoshi Fujii, Tamaki Endoh, Takahito Imai, Kin-ya Tomizaki, Kenji Usui

    Chemical Communications   52 ( 21 ) 4010 - 4013   2016年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Facile Quantification of Alzheimer's Disease Amyloid-β Based on Aggregation-Induced Emission

    Koji Kawamura, Runa Nakayama, Ai Matsumoto, Satoshi Fujii, Takashi Murashima

    Journal of Pharmaceutical and Medicinal Research   1 ( 1 ) 27 - 30   2015年12月  [査読有り]

    共著

  • Electrochemical quantification of the Alzheimer's disease amyloid-β(1-40) using amyloid-β fibrillization promoting peptide

    Satoshi Fujii, Daiki Sono, Kaoru Matsubara, Hitoshi Abe

    Sensing and Bio-Sensing Research   6   7 - 12   2015年12月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Enhanced Chromogenic Sensitivity of Horseradish Peroxidase-catalyzed Oxidative Reactions in the Presence of Betaine-Type Metabolic Analogs

    Kotomi Takagi, Yasuhiro Kashima, Satoshi Fujii, Kazuya Koumoto

    Bulletin of the Chemical Society of Japan   88 ( 8 ) 1074 - 1082   2015年08月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 元素118の新知識

    桜井弘, 荒野泰, 小谷明, 高妻孝光, 佐治英郎, 鈴木晋一郎, 寺嶋孝仁, 中山祐正, 根矢三郎, 羽場宏光, 廣田俊, 藤井敏司 (担当: 共編者 )

    講談社ブルーバックス  2017年08月 ISBN: 9784065020289

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース3 細胞培養トレーニング

    西方敬人、川上純司、藤井敏司、長濱宏治、川内敬子 (担当: 共著 )

    学研メディカル秀潤社  2015年03月 ISBN: 978-4780909036

  • 元素111の新知識 第2版 増補版

    桜井弘,藤井敏司, ほか (担当: 共著 )

    株式会社講談社  2013年02月 ISBN: 978-4-06-257805-9

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース 2 遺伝子組換え基礎実習

    西方敬人, 川上純司, 藤井敏司, 長濱宏治 (担当: 共著 )

    株式会社学研メディカル秀潤社  2012年12月 ISBN: 978-4-7809-0862-6

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース 1 実験の基本と原理

    西方敬人, 川上純司, 藤井敏司, 長濱宏治 (担当: 共著 )

    株式会社学研メディカル秀潤社  2012年10月 ISBN: 978-4-7809-0856-5

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 'Pentacoordinated iron complexes with carboxamido nitrogens and thiolate sulfurs: As models for Fe-contoining nitrile hydratases

    FUJII Satoshi

    J. Inorg. Biochem.   ( 96 ) 134   2003年

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • アルツハイマー病とNO・金属イオンの化学

    藤井敏司,杉本直己

    化学 ( 化学同人 )  57 ( 4 ) 43 - 47   2002年03月

    総説・解説(商業誌)   共著

    アルツハイマー病と一酸化窒素,金属イオンの関わりについて,総合的に論じた

  • 狂牛病・プリオン病と金属イオンの化学

    藤井敏司,杉本直己

    化学 ( 化学同人 )  57 ( 3 ) 30 - 34   2002年02月

    総説・解説(商業誌)   共著

    狂牛病に代表されるプリオン病と金属イオンの関係について総合的に解説した

  • 正しいコンピュータ解析・処理の仕方

    藤井 敏司

    第2回ESR基礎セミナー(主催 : 磁気共鳴医学会・SFRR/JP), 京都, 2001.7     2001年  [依頼有り]

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)   単著

  • In vivo evidence of transnitrosylation from paramagnetic dinitrosyl dithiolato iron complex to another iron complex(共著)

    FUJII Satoshi

    Nitric Oxide, Biology and Chemistry, 1st International Conference on Biology, Chemistry and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, San Francisco(USA)2000.6/3-7)   4 ( 3 ) 278 - 279   2000年

    研究発表要旨(国際会議)   単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Three helix bundle構造をとる人口金属タンパク質のNO反応性

    中山翔太,藤井敏司

    日本化学会第99春季年会  2019年03月  -  2019年03月   

  • Three helix bundle構造をとる人口金属タンパク質のNO反応性制御

    中山翔太,藤井敏司

    第68回錯体化学討論会  (仙台国際センター)  2018年07月  -  2018年07月   

  • 表面積を増加させた電極を用いたアミロイドβ定量法の検討

    國光祐希,藤井敏司

    電気化学会第49回大会  (東京理科大学葛飾キャンパス)  2018年03月  -  2018年03月    電気化学会

  • 金ナノ粒子修飾電極を用いたアミロイドβ測定法の高感度化

    國光祐希, 中村暢文, 藤井敏司

    電気化学会第48回大会  (首都大学東京南大沢キャンパス)  2017年03月  -  2017年03月    公益社団法人 電気化学会

  • 金ナノ粒子修飾電極を用いたアミロイドβ定量法の高感度化

    國光祐希, 中村暢文, 藤井敏司

    第10回バイオ関連化学シンポジウム  (石川県音楽堂・もてなしドーム)  2016年09月  -  2016年09月    日本化学会

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • アミロイドβペプチドを電気化学敵意測定するためのバイオセンサ

    特願 2015-60724 

    藤井敏司

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 書評

    2012年01月  -  2012年01月

    書評

    化学同人の「化学」誌上で,学生向けの推薦本を選定し,評した。

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • アルツハイマー病の早期リスク評価を目指したアミロイドβセンサの超高感度化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2022年03月  代表者:  藤井敏司

    これまで、アルツハイマー病の早期リスク評価を達成するために、原因物質と考えられているアミロイドβの血漿中の存在量を測定するための電気化学センサを開発してきたが、未だ血漿中の濃度を測定するまでには至っていない。本研究では、さらなる高感度化を図り、血漿中のアミロイドβの測定を狙う。

  • アルツハイマー病の早期診断を志向するアミロイドβの電気化学的バイオセンサの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

    アルツハイマー病の原因物質と考えられるアミロイドβペプチドを、高感度、迅速、安価に測定できる電気化学センサの開発を行う。

  • アミロイドβペプチドの電気化学的検出によるアルツハイマー病早期診断システムの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

    アミロイドβペプチドの凝集を促進するペプチドを固定化した電極を用いて、集積したアミロイドβペプチドを電気化学的に測定する方法を開発し、アルツハイマー病の早期診断への活用を図る

  • アミロイドβ線維化促進ペプチドを用いたアルツハイマー病早期診断装置の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  継続中 

    アミロイドβ凝集促進ペプチドを用いたアルツハイマー病の早期診断システムを開発する

  • 一酸化窒素応答性ペプチドー金属錯体コンジュゲートの創成と応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月 

    a

全件表示 >>

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 抗酸化活性分析事業創設を目指したバイオラジカル計測システムに関する研究開発

    提供機関: (株)三星化学研究所  学内共同研究

    研究期間: 2004年08月  -  2005年03月 

    新規なFlow Injection ESRを用いた高感度かつ迅速な一酸化窒素の検出法の開発に関する研究

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 研究助成

    寄附者名称:(財)昭和報公会 2001年11月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 金属錯体を用いた人工触媒に関する研究

  • 一酸化窒素検出法に関する研究

  • ペプチドー金属イオン相互作用に関する研究

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター賞

    2010年08月   生物無機化学研究会  

    受賞者: 宮﨑洋、藤井敏司

    ヘリックスバンドル構造を有する新規NOセンサーの開発に関する発表について

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2016年10月
     
     

    理系のプレゼンテーション

  • 2015年10月
     
     

    理系のプレゼンテーションのコツ

  • 2014年10月
     
     

    理系のプレゼンテーションのコツ

  • 2013年12月
     
     

    表現力を高めるプレゼンテーション技術

  • 2012年08月
     
     

    サイエンスリーダーズキャンプ

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    科学英語コミュニケーション1(1年前期)、メディカルサイエンス概論(2年A期集中2単位:分担)、有機化学と分光法(2年B期2単位)、生物無機化学(2年C期2単位)、ナノバイオ卒業研究(4年通年必修科目:15単位)、生命無機化学特論(大学院前期2単位)など

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    私の教育理念・目標は、単なる知識の伝授ではなく、学生が生命現象の原理や仕組みを分子レベルで理解し、それをベースに未知の現象などを解明、また様々な分野への応用展開を図れるような思考力、実践力を身につけてもらうことである。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    科学英語コミュニケーション1については、毎回その回の講義内容に関する演習を課し、提出してもらった答案には一人づつ英語の実力に応じた添削を行なって返送した。学生がノートテイクに時間を費やさないように、講義科目においては、パワーポイントの縮小版をプリントとして配布し、講義中に考えるための時間を取るようにしている。ただし、一部のキーワードなどを空欄にし、集中力を維持できるようにしている。また、演習時間の不足を補うため、単元毎にレポートを課し、採点して返却することで、学生個々に自身の理解度を把握してもらっている。また、講義終了時にはリアクションペーパーを提出してもらい、講義中に分かったところ、分からなかったところ、質問などを記入してもらっている。
     研究室では、自立して研究活動を進めてもらうため、出来るだけ細かい指示はせずに、自分で計画、実行できるように指導している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    科学英語コミュニケーションにおいては、各個人の分かっていないところにピンポイントで解説を加えたこともあり、一部の学生では大幅な英語力の向上が見られた。また、1年生及び過年度生のほとんどが単位を修得した。また、前述の授業の進め方に馴染んだ学生は優秀な成績を収めてくれたが、プリントがあることによる気の緩みを見せる学生もいた。また、リアクションペーパーを記入する時間を十分取れなかった時間もあり、質問等を十分にすくい上げられなかったところもあった。
     研究室では、各自スケジュール表を作り、それに従ってPDCAサイクルを意識した活動ができるようになってきている。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    学生の集中力維持の工夫(15分を1ターンにして、区切る)、レポート課題の解説(これまでは時間がなくて、略解しか示していない)の時間確保などを実施したい。
     研究室においては、実績がなかなか出ない学生に対して、もう少し細かな指導をする必要がある。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

     1 リアクションペーパー(非公開)
     2 各講義で使用しているプリント原稿
     3 レポート課題
     4 シラバス

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年01月
    -
    継続中

    電子スピンサイエンス学会   監事

  • 2010年01月
    -
    継続中

    電子スピンサイエンス学会   学会誌編集アドバイザー

  • 2009年11月
     
     

    電子スピンサイエンス学会   第48回年会実行委員

  • 2007年01月
    -
    2008年12月

    電子スピンサイエンス学会   理事

  • 2007年01月
    -
    2008年12月

    電子スピンサイエンス学会   学会誌編集委員長

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 理系のプレゼンテーションについて

    兵庫県立姫路飾西高等学校  自然科学探究II 科学特別講義  (兵庫県立姫路飾西高等学校 特別講義棟 情報教室) 

    2020年12月
     
     

    理系の課題研究の発表の際に準備する資料の作り方、話し方、などプレゼンテーションのコツを、生徒さんたちの資料の添削を含めて講義する

  • 理系のプレゼンテーションについて

    兵庫県立龍野高等学校  課題研究I特殊講義  (兵庫県立龍野高等学校) 

    2020年12月
     
     

    理系の課題研究に関する発表の際に作成すべき、資料の作り方、発表の仕方など、気をつけることを、生徒さんの作成した資料の添削なども含めて講義

  • 課題研究発表会

    兵庫県立龍野高等学校  (兵庫県立龍野高等学校) 

    2020年01月
     
     

    龍野高等学校自然科学科2年生の課題研究発表会において、評価委員を務めた

  • 自然科学探究特別講義II

    兵庫県立姫路飾西高等学校  (兵庫県立姫路飾西高等学校) 

    2019年12月
     
     

    理系のプレゼンテーションについて講義

  • 課題研究I特別講義

    兵庫県立龍野高等学校  (兵庫県立龍野高等学校) 

    2019年11月
     
     

    理系のプレゼンテーションに関して講義を行った

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 生体内一酸化窒素の検出法及び一酸化窒素の取り扱い

    生体内一酸化窒素の検出法及び一酸化窒素の取り扱い

  • 電子スピン共鳴法に関する基礎・応用

    電子スピン共鳴法に関する基礎・応用

  • 嫌気条件下での無機合成

    嫌気条件下での無機合成

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 高等学校教諭専修免許

  • 中学校教諭専修免許

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

      学生部委員   (全学委員会)

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

      フロンティアサイエンス学部学部長   (全学委員会)

  • 2010年04月
    -
    2015年03月

      協定校推薦入学制度に関する委員会委員   (全学委員会)

  • 2009年04月
    -
    2013年03月

      入試制度検討委員   (全学委員会)