写真a

TANAKA Masahiro

Position

Professor

Research Field

Informatics / Soft computing, Manufacturing Technology (Mechanical Engineering, Electrical and Electronic Engineering, Chemical Engineering) / Control and system engineering, Informatics / Perceptual information processing

Homepage URL

http://carnation.is.konan-u.ac.jp/

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Kyoto University   Faculty of Engineering   Graduated

    - 1979.3

Graduate School 【 display / non-display

  • Kyoto University   Graduate School, Division of Engineering   Master's Course   Completed

    1979.4 - 1981.3

Campus Career 【 display / non-display

  •   知能情報学部   部長

    2014.4 - 2016.3

  • KONAN UNIVERSITY   University Office   Director

    2012.4 - 2014.3

  • KONAN UNIVERSITY   Cyber Library   Director in General

    2012.4 - 2014.3

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Intelligence and Informatics   Faculty of Intelligence and Informatics Department of Intelligence and Informatics   Professor

    2008.4

  •   理工学部   入試実施委員長

    2006.4 - 2008.3

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 高知工科大学

    2005.4 - 2012.3

      More details

    Country:Japan

  • 岡山大学工学部

    1990.4 - 1999.6

      More details

    Country:Japan

  • 滋賀大学経済短期大学部経営学科

    1989.4 - 1990.3

      More details

    Country:Japan

  • International Institute for Applied Systems Analysis

    1988.4 - 1989.8

      More details

    Country:Austria

  • 滋賀大学経済短期大学部経営学科

    1987.4 - 1989.3

      More details

    Country:Japan

display all >>

 

Research Career 【 display / non-display

  • Detection of persons and mobile objects and their environmental recognition

    Project Year: 2015.4  -   

Papers 【 display / non-display

  • Real-Time System of Detection and Identification of Raised Hands and Persons by Deep Learning Algorithms for Teaching Support Systems Reviewed

    Atsushi Ogino, Masahiro Tanaka

    Transaction of ISCIE   36 ( 9 )   287 - 295   2023.9

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author  

  • Super Resolution for Surveillance Camera’s Videos by Applying CodeFormer

    Jun-hao Chen and Masahiro Tanaka

    ICCE-TW 2024   2024.7

     More details

    Authorship:Last author, Corresponding author  

  • PPC-US-LSF3DOD: A Pseudo-Point-Clouds based Unsupervised and Scalable Late-Sensor-Fusion Method for 3D Obstacle Detection Reviewed International coauthorship

    Bowen Zhang and Masahiro Tanaka

    ICRCV 2023 (2023 the 5th International Conference on Robotics and Computer Vision)   2023 ( 5 )   28 - 35   2023.9

     More details

    Authorship:Last author  

  • Development of a Smart Gate for the University Library with Multiple Sensors Reviewed

    Masahiro Tanaka

    Proc. IEEE ICCE-TW 2023   2023 ( 1 )   353 - 354   2023.7

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author  

  • A Vision Method for Step Detection Using Sensor Fusion of 2D LiDAR and Binocular Camera on Electric Mobility Scooter Reviewed International coauthorship

    Bowen Zhang and Masahiro Tanaka

    Proc. IEEE ICCE-TW 2023   2023 ( 1 )   243 - 244   2023.7

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 深度センサーによる身体自動計測システムの開発

    田中雅博, 曽我部晋哉( Role: Joint author)

    甲南大学  2019.2 

  • ソフトコンピューティングの基礎と応用

    馬場,田中,吉富,満倉,半田( Role: Joint author ,  第3章)

    共立出版  2012.4  ( ISBN:978-4-320-12308-3

  • 21世紀の情報英語 The Adventure of ROBO-TA

    田中雅博監修( Role: Supervisor (editorial) ,  全体の監修, Prologue, 2,12,13,17,19章,Epilogue)

    講談社サイエンティフィク  2004.11 

  • 金融・経済問題における可視化情報検索-自己組織化マップの応用

    徳高平蔵、田中雅博監訳( Role: Joint translator ,  はじめに, 5,6,7,10章, 索引)

    Springer東京  1999.11 

  • ソフトコンピューティング入門

    田中雅博( Role: Sole author)

    科学技術出版  1998.11 

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 監視カメラによるスマートオフィスウォッチャー Invited

    田中雅博、荻野敦史

    画像ラボ   35 ( 4 )   18 - 23   2024.4

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • UDから見た人の動きを捉えるシステム Invited

    田中雅博

    計測と制御   63 ( 2 )   111 - 112   2024.2

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  • 身近な移動体への非線形カルマンフィルタの実応用 ー距離センサの利用ー Invited

    田中雅博

    システム/制御/情報 「確率システムシンポジウム50回記念」特集号 (別冊)   64B ( 1B )   15 - 26   2020.1

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:システム制御情報学会  

  • 私の確率システムシンポジウムとの関わり

    田中雅博

    システム/制御/情報 「確率システムシンポジウム50回記念」特集号 (別冊)   69 - 70   2020.1

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:システム制御情報学会  

  • 知能情報処理研究室の10年を振り返って Invited

    田中雅博

    甲南大学紀要知能情報学編   11 ( 2 )   133 - 153   2018.12

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:甲南大学  

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Development of Intelligent Systems for Health Care and Monitoring Person’s Movement Invited

    Masahiro Tanaka

    The 5th International Symposium on Advanced Technologies and Applications in the Internet of Things (ATAIT 2023)  (Kusatsu)  2023.8  VLSI center of Ritsumeikan University

     More details

    Event date: 2023.8

    Country:Japan  

  • シニアカーにおける画像ベースでの路面障害物検知システム

    芦川 凜空,張 伯聞,田中 雅博

    第24回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2023  (新潟朱鷺メッセ)  2023.12  計測自動制御学会システムインテグレーション部門

     More details

    Event date: 2023.12

  • Instance Segmentationによるイチゴの検出

    田中 雅博,吉田 和行

    電気・情報関係学会北海道支部連合大会  (はこだて未来大学)  2023.10  電気関係学会連合

     More details

    Event date: 2023.10

    Country:Japan  

  • 抱き抱え移乗介護のOpenPoseによる3D判定システム

    田中雅博,高砂智滉,大西智也,前川義量

    2023年電気学会 電子・情報・システム部門大会   (北海道科学大学)  2023.9  電気学会電子・情報・システム部門

     More details

    Event date: 2023.8 - 2023.9

    Country:Japan  

  • An Obstacle Warning System Using Computer Vision Installed on a Small Electric Car

    2023.8 

     More details

    Event date: 2023.8 - 2023.9

    Country:Japan  

display all >>

Industrial property rights 【 display / non-display

  • 障害物検出装置

    田中雅博

     More details

    Application no:特願2012- 27784

    Country of applicant:Domestic  

  • 物体検知システム、物体検知システムの制御方法、制御プログラム、および記録媒体

    田中雅博

     More details

    Application no:特願2009-195908

    Country of applicant:Domestic  

  • 手書き文字の対応点マッチング方法、装置及びプログラム

    田中雅博

     More details

    Application no:2002-134437

    Patent/Registration no:特許第4037164号

Works 【 display / non-display

  • Entrance System of Konan University Library

    2023.4

     More details

    Work type:Software

  • KoRo(案内ロボット)

    田中研究室

    2015 - 2020.3

     More details

    Work type:Software

  • 田中研新聞(毎月発行)

    田中雅博

    2013.9

  • ラジオ体操採点システム

    田中雅博研究室(田中雅博他学生)

    2013

     More details

    Work type:Software

  • 入退場者カウンタ

    2013

     More details

    Work type:Software

display all >>

Other Research Activities 【 display / non-display

  • ラジオ体操採点システム

    2013.4

  • 大学図書館と危機管理-ふたつの大震災に学ぶ

    2012.4

     More details

    立教大学池袋キャンパス  田中雅博、山田義人  Symposium

    私立大学図書館協会の情報発信の一環

  • 距離センサを用いた安全歩行・走行確認装置

    2012.1

     More details

    KinectやXtionなどの深度センサを用いて,安全に歩行あるいは走行するための装置を開発中。
    以下の展示会に出展
    イノベーションジャパン2012(東京国際フォーラム,2012/9/27-28)

  • 歩行者カウンタの開発

    2008.4

     More details

    JSTのシーズ発掘試験(発掘型,発展型)をベースに,レーザーレンジスキャナを複数台用いた歩行者動態チェックを行うシステムを開発した(主要部分は開発済み).

    以下の展示会に出展
    1.池田銀行TOYROビジネスマッチングフェア(マイドームおおさか)平成21年10月15日~16日
    2.国際フロンティア産業メッセ2010(神戸国際展示場)
    平成22年9月9日~10日

    ひょうご神戸産学学官アライアンス 新技術説明会
    科学技術振興機構JSTホール(東京・市ヶ谷)
    にて説明会

    レーザーレンジスキャナを複数個用いた歩行者等検知システム

  • 甲南キャンパスロボットKoRoプロジェクト

    2008.4 - 2020.3

     More details

    高度な自己位置推定やプラニング機能を持つ,キャンパス内移動ロボットを,学内教員および学外教員とともに共同開発.

display all >>

Academic Awards Received 【 display / non-display

  • 教職員表彰(功績表彰)

    2024.4   甲南学園  

  • Universal Design Incentive award

    2022.3   SICE  

     More details

  • UDX奨励賞

    2022.2   計測自動制御学会システムインテグレーション部門ユニバーサルデザイン応用システム部会  

  • SI2019優秀講演賞

    2019.12   計測自動制御学会システムインテグレーション部門   Kinectを用いたFMS自動評価システム

    岩﨑智宏, 田中雅博

  • SI2018優秀講演賞

    2019.3   計測自動制御学会システムインテグレーション部門   上下肢運動時における関節角度の深度センサによる計測

    大西智也, 田中雅博

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 深度センサによる人体および環境のリアルタイム計測を基にした生活支援技術の研究

    2016.4 - 2019.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Kinectなどの深度センサは人の手や胴体などの動きをとらえるため、最近コンピュータへの入力・指示方法として急速にクローズアップされてきたものであるが、本研究では、人の体の動きを深度センサで観測することにより、人の健康づくりや生活支援、視覚障害者などへの福祉機器開発につなげる部分の研究を行う。
    今まで予備実験をしてきた成果を基に、深度センサによる人の動作表現の基礎となる数学的なモデルを作成し、様々な体操やダンスなどに共通する、姿勢や評価の方法、模範演技の取り込み方法や学習方法などを検討する。さらにその上に、体操やダンス、姿勢のゆがみなどの自己診断やアドバイスシステムなどを構築する。また、視覚障害者等が体に装着して危険を検知するためのモデル構築とシステム開発もおこなう。試作したシステムは、実際に必要とする人による実験を行う。

  • 移動ロボット向けソフトコンピューティングライブラリの開発

    2012.4 - 2015.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    屋外活動を行う移動ロボットにおいて、ソフトコンピューティングの利用法の確立を図る。ソフトコンピューティングの移動ロボットへの応用例はしばしばあるが、ソフトコンピューティングの視点から研究を行っている例は少ない。本研究では、ソフトコンピューティングを長年行ってきた経験とロボット・センサーの応用経験を生かし、屋外の移動ロボット特有の困難さである、環境の時間的変化、リアルタイム性、多くの障害物・ノイズ成分などに対応して、多種のセンサーを有機的に活用し、ソフトコンピューティングの技術を駆使して安定的に
    検出できるロバストな汎用アルゴリズム群を開発することで、屋外活動でのロボットの活路を広げる。また、そこで開発するアルゴリズムは、RTコンポーネントとして作製・公開することで、他の研究者へも貢献する。

  • 進化的アルゴリズムとタブーサーチを用いた希望実現型時間割作成法に関する研究

    2000.4 - 2002.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    本研究は時間割作成法という,現実的に重要な,組合せ最適化問題のメタヒューリスティック的解法,特に,遺伝的アルゴリズムの適用方法を研究

Other External funds procured 【 display / non-display

  • 知能化技術を用いたロコモ予防運動採点システム実用化検証

    2016.6 - 2017.3

    JST  JSTマッチングプランナープログラム

      More details

    高齢社会が進み、高齢者の健康を保つためにはロコモ(運動器症候群 用語参照)を予防することが喫緊の課題となっている。
    申請者は、ラジオ体操採点システムを開発し、各地の健康増進イベントでの試用を通じて運動習慣化や運動指導での有用性を確認している。
    そこで、本課題ではその技術を発展させ、「運動を自動的に教示しながら運動評価できる技術」を研究開発する。そして、ロコモ予防運動採点システムを試作し実用化検証試験を行ことにより、有用性と課題を明らかにする。
    開発技術が実証されれば、運動指導を省人化、さらには無人化し、高齢者がゲーム感覚で楽しみながらロコモ予防を提供する新たなサービスが一気に広がることが期待される。

  • レーザースキャナを用いた歩行者および車両動態計測システム

    2009.8 - 2010.3

    その他省庁等  地域イノベーション創出総合支援事業重点地域研究開発推進プログラム「シーズ発掘試験」平成21年度(発展型)

  • 歩行者の動態自動計測法の研究

    2008.8 - 2009.3

    その他省庁等  地域イノベーション創出総合支援事業重点地域研究開発推進プログラム「シーズ発掘試験」平成20年度(発掘型)

Joint and Contract research activities (Public) 【 display / non-display

  • 物流現場における深層学習技術の活用論の検討並びに検証

    Offer organization:鴻池運輸  General funded research

    2023.4 - 2024.3

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Collaborative (industry/university)

  • 物流現場における深層学習技術の活用論の検討並びに検証

    Domestic Joint Research

    2022.4 - 2023.3

      More details

    Grant type:Collaborative (industry/university)

  • 物流現場における深層学習技術の活用論の検討並びに検証

    Domestic Joint Research

    2021.4 - 2022.3

  • 物流現場における深層学習技術の活用論の検討並びに検証

    Domestic Joint Research

    2020.4 - 2021.3

  • 物流現場における深層学習技術の活用論の検討並びに検証

    Domestic Joint Research

    2019.4 - 2020.3

display all >>

Preferred joint research theme 【 display / non-display

  • レーザースキャナーカメラによる空間中の物体認識の産業応用

  • ニューラルネットワーク、ディープラーニング、遺伝的アルゴリズム、最適化、オペレーションズリサーチの応用研究

  • 体操、リハビリ、健康増進のためのキネクトなどの深度センサーの応用

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2023.1 - 2024.12   計測自動制御学会  UDX研究会副主査

      More details

  • 2022.1   計測自動制御学会システムシステムインテグレーション部門  ユニバーサルデザイン応用システム部会委員

  • 2021.11   兵庫県立大学  教員採用選考委員

  • 2020.12 - 2021.1   神戸市  しあわせの村職員政策提案ワーキングチームアドバイザー

  • 2017.12   兵庫県立大学  教員採用選考委員

display all >>

Social Activities 【 display / non-display

  • ICTを知る ー社会とつながるー

    Role(s): Lecturer

    神戸市シルバーカレッジ  2023.12

  • 近畿大学工学部にて研究指導

    Role(s): Advisor

    近畿大学工学部竹田研究室  2023.10

  • ICTによるコミュニケーション

    Role(s): Lecturer

    神戸市シルバーカレッジ  2023.5

     More details

    Audience: General

  • ICTを知る ー社会とつながるー

    Role(s): Lecturer

    神戸市シルバーカレッジ  2022.11

  • ICTによるコミュニケーション

    Role(s): Lecturer

    神戸婦人大学  2022.10

display all >>

 

Qualification acquired 【 display / non-display

  • Software Design & Development Engineer/Information Processing Engineer, Class 1

Teacher organization examination execution 【 display / non-display

  • 1999.7   Konan University   Professor