写真a

村嶋 貴之 (ムラシマ タカシ)

MURASHIMA Takashi

職名

教授

学位

博士(理学)(京都大学)

専門分野

機能・物性・材料,

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   理学部   化学科   卒業

    - 1988年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   理学研究科   化学   博士課程   修了

    - 1993年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   フロンティア研究推進機構   フロンティア研究推進機構   機構長

    2020年4月 - 現在

  • 甲南大学   図書館   館長

    2017年4月 - 2020年3月

  • 甲南大学   フロンティアサイエンス学部   部長

    2013年4月 - 2016年3月

  • 甲南大学   フロンティアサイエンス学部   教授   教授

    2009年4月 - 現在

  • 甲南大学   理工学部   准教授

    2007年4月 - 2009年3月

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 愛媛大学理学部

    1994年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会

      詳細を見る

  • 有機合成化学協会

    1111年11月 - 現在

  • 日本化学会

      詳細を見る

  • 日本化学会

    1111年11月 - 現在

  • 国際ヘテロ環化学会

    1111年11月 - 現在

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Nicotine-Selective Polymeric Adsorbent Obtained by Molecular Imprinting with Excess Use of Itaconic Acid 査読あり

    Haruka Nogami, Yuma Nakahori, Takashi Murashima, Jun Matsui

    Chromatography   38   15 - 21   2017年1月

     詳細を見る

  • Elucidation of a “Signal-ON” Mechanism of Aggregation-Induced Emission Dye-Labelled DNA/DNA Duplexes and Application of a Repeat DNA Detection Method 査読あり

    Takashi Murashima, Koji Kawamura, Ai Matsumoto

    Medicinal Chemistry   6   704 - 709   2016年12月

     詳細を見る

  • Facile Quantification of Alzheimer’s Disease Amyloid-β Based On Aggregation-Induced Emission

    Koji Kawamura, Runa Nakayama, Ai Matsumoto, Satoshi Fujii, Takashi Murashima

    Journal of Pharmaceutical and Medicinal Research   1 ( 1 )   27 - 30   2015年11月

     詳細を見る

    共著

  • Facile DNA Detection Based on Fluorescence Switching of A Hydrophobic AIE Dye-Labeled Peptide Nucleic Acid Probe by Aggregation/Disaggregation 査読あり

    K. Kawamura, A. Matsumoto, T. Murashima

    International Journal of Medical Nano Research   2 ( 2 )   2015年9月

     詳細を見る

  • A mRNA-responsive G-quadruplex-based drug release system 査読あり

    H. Yaku, T. Murashima, D. Miyoshi, N. Sugimoto

    Sensors   15 ( 4 )   9388 - 9403   2015年4月

     詳細を見る

    共著

    DOI: 10.3390/s150409388

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 化学実験のための基礎技術 第5版 実験化学講座5

    村嶋 貴之( 担当: 単著)

    丸善株式会社  2005年2月  ( ISBN:4-621-07304-4

     詳細を見る

    化学実験のための基礎技術 第5版 実験化学講座5
    (丸善株式会社)(1章) (単行本、 2005 )

  • 有機化合物の合成III アルデヒド・ケトン・キノン 第5版 実験化学講座15

    村嶋 貴之( 担当: 単著)

    丸善株式会社  2003年11月  ( ISBN:4-621-07314-1

     詳細を見る

    有機化合物の合成III アルデヒド・ケトン・キノン 第5版 実験化学講座15
    (丸善株式会社)(2.4-2.6章、295-353頁) (単行本、 2003 )

  • 化学フロンティア13 ナノバイオエンジニアリング−生命と物質の融合をめざして−

    村嶋 貴之( 担当: 単著)

    化学同人  2003年11月 

     詳細を見る

    化学フロンティア13 ナノバイオエンジニアリング−生命と物質の融合をめざして−
    (化学同人)(9章、95-107頁) (単行本、 2003 )

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • A simple "add and measure" FRET-based telomeric tandem repeat sequence detection and telomerase assay method.

    K. Kawamura, H. Yaku, D. Miyoshi, T. Murashima

    Org. Biomol. Chem.   12   936 - 941   2014年

     詳細を見る

  • In situ synthesis of metal/polymer nanocomposite thin films on glass substrates by using highly cross-linked polymer matrices with tailorable ion exchange capabilities.

    I. Toda, T. Tsuruoka, J. Matsui, T. Murashima, H. Nawafune, K. Akamatsu

    RSC Advances,   4   4723 - 4726   2014年

     詳細を見る

  • In vitro assays predictive of telomerase inhibitory effect of G-quadruplex ligands in cell nuclei.

    H. Yaku, T. Murashima, D. Miyoshi, N. Sugimoto,

    J. Phys. Chem. B   118   2605 - 2614   2014年

     詳細を見る

  • A highly sensitive telomerase activity assay that eliminates false-negative results caused by PCR inhibitors

    H. Yaku, T. Murashima, D. Miyoshi, N. Sugimoto

    Molecules   18   11751 - 11767   2013年

     詳細を見る

  • In situ template synthesis of one-dimensional gold nanoparticle arrays in organic nanowires

    T. Matsushita, Y. Fukumoto, T. Kawakami, T. Tsuruoka, T. Murashima, T. Yanagishita, H. Masuda, H. Nawafune, K. Akamatsu

    RSC Advances   3   16243 - 16246   2013年

     詳細を見る

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Pyridine N-Oxide構造に着目した新規水溶性AIE色素の開発

    村嶋貴之、喜來美咲

    第11回CSJ化学フェスタ(2021)  (オンライン)  2021年10月  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

  • Pyridine N-Oxide 構造に着目した新規水溶性 AIE 色素の開発

    村嶋貴之、喜來美咲

    第41回有機合成若手セミナー  (オンライン)  2021年8月  有機合成化学協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

  • ChemBIT(83) ポルフィリン/核酸コンジュゲートによる二重鎖核酸の構造と熱力学的安定性

    村嶋 貴之

    日本化学会第87春季年会(2007年、講演) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

  • α、α-二置換グリシン(21) α-フェニル-α-(2-ピリジル)グリシンのキラリティーの検討

    村嶋 貴之

    日本化学会第87春季年会(2007年、講演) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

  • 多価フェノール類のアシル化における位置選択性

    村嶋 貴之

    日本化学会第87春季年会(2007年、講演) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 鉱酸を用いない無公害形のピリジン又はピリジン誘導体のニトロ化合物の製造法

    村嶋 貴之

     詳細を見る

    公開番号:特許公開平4−282363

    出願国:国内  

  • 芳香族ニトロ化合物の製造方法

    村嶋 貴之

     詳細を見る

    公開番号:特許公開平6−87793

    出願国:国内  

  • 縮環ピロール類およびその製造法

    村嶋 貴之 

     詳細を見る

    公開番号:特許公開平9−235272

    出願国:国内  

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学協会研究企画賞

    1996年11月   日産化学  

    村嶋 貴之

  • 井上研究奨励賞

    1996年11月   a  

    村嶋 貴之

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 凝集誘起発光色素とAβ凝集促進ペプチドを用いたAβの簡便な定量法の開発

    2016年4月 - 2019年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

     詳細を見る

    本研究では、アルツハイマー病(AD)のマーカーであるアミロイドβ(Aβ)の迅速かつ簡便な分析法の開発を目的とする。ADはAβの蓄積により発症すると考えられているが、その蓄積は長期的に進行するうえ個人差が大きく、一回の分析では発症リスクを判断できないが、腰椎穿刺による脳脊髄液採取による方法は被験者に負担が大きく、複数回の検査に適さない。本研究では健康診断レベルでの血液によるAβの定量を目指して、認識部位としての“Aβ凝集促進ペプチド”に検出部位としての“凝集誘起発光色素(AIE)”を結合させたプローブを用い、高感度の定量法を確立する。AIEは凝集により高輝度の蛍光を示すため、高感度化が期待できるとともに、認識部位の設計検討により遺伝子産物の蓄積により発症するその他の疾患の検査にも適用可能である。

  • 蛍光共鳴エネルギー移動を利用した迅速かつ簡便なテロメラーゼ活性測定法の開発

    2013年4月 - 2016年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

     詳細を見る

    テロメア鎖の相補鎖(12mer)の5’末端にFAMを結合させたプローブ(5’-FAM-CCTAACCCTAA-3’)を様々な鎖長のテロメア鎖と混合し、二重鎖を形成させた後インターカレーターとしてエチジウムブロミド(EB)を加えて蛍光を測定したところ、FAMの蛍光はEBへのFRETにより消光するため、テロメア鎖長や濃度を定量できることがわかった。また、ネガティブコントロールとしてテロメア鎖以外の配列をもつDNAを加えた場合には蛍光の消光が起こらないことも確認した。そこで、HeLa細胞を用いてテロメア伸長反応を行い、その反応混合物のテロメア量を測定することでテロメラーゼ活性の測定が可能かどうかを調べたところ、400cells/μL以上の細胞数でテロメラーゼ活性の定量が可能であることがわかった。
     上記のassay法は試料にプローブとインターカレーターを加えて蛍光を測定するだけという簡単な手法であり、応用範囲も広いと期待できるが、2種類の物質を順に混合する必要があることから、さらに簡便なassay法として、AIE色素を用いる方法を考案した。また、感度向上を目指して1本のテロメア鎖あたりに結合する色素の数を増やすため、プローブに用いる配列を6merとした。ただし、6merのDNA2重鎖の Tmは極めて低いことがわかっているため、プローブにはDNA自身より強く結合することが知られているPNAを用いた。合成したプローブはTPE-linker-CCCTAA-linker-Kである。このプローブを用いてテロメア鎖の定量を行い、凝集誘起発光という性質が、生体分子の自己集合を検知するためには非常に相性の良い方法であることを実証した。

  • ポルフィリンのスタッキングと水素結合を利用した機能性超分子の構築と物性

    2003年4月 - 2006年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

     詳細を見る


    "領域・整理・課題番号"
    "4704
    8508
    15550132"

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 抗酸化活性分析事業創成を目指したバイオラジカル計測システムに関する研究開発

    提供機関:財団法人京都産業21(株式会社三星化学研究所) 

    2005年11月 - 2007年11月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 核酸と有機小分子との相互作用解析

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  有機合成化学、生体機能関連化学、機能性色素化学、病気の診断に利用できる分子センサーの開発

    研究費の種類: その他

  • 2020年度  有機合成化学、生体機能関連化学、機能性色素化学、病気の診断に利用できる分子センサーの開発

    研究費の種類: その他

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2012年8月
     
     

    オープンキャンパス

  • 2012年4月
     
     

    オープンキャンパス

  • 2010年8月
     
     

    オープンキャンパス

  • 2010年6月
     
     

    保護者対象キャリア説明会

  • 2010年4月
     
     

    オープンキャンパス

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    ケミカルサイエンス序論(1年前期必修科目2単位)、有機電子論(1年D期選択必修2単位)、有機合成化学(3年B期選択必修2単位)、上級ケミカルサイエンス(修士前期選択必修2単位)、生命化学(基礎共通科目後期2単位、分担)、ナノバイオラボベーシック(1年前期必修2単位、分担)、ナノバイオラボ1A(2年前期必修4単位、分担)、ナノバイオラボ2A(3年前期必修6単位、分担)、ナノバイオラボ2B(3年後期必修6単位、分担)、ナノバイオ卒業研究(4年通年必修15単位、分担)、科学英語コミュニケーション4(4年前期必修1単位、分担)、プレゼンテーション演習4(4年後期必修1単位、分担)、ナノバイオ研究演習1,2,ナノバイオ国際演習(修士集中選択必修各2単位、分担)、ナノバイオ研究実験(修士通年必修12単位、分担)、ナノバイオ研究演習3〜5,ナノバイオ国際研究演習(博士集中選択必修各2単位、分担)、(ナノバイオ特殊講義4(博士集中選択必修2単位、分担)、ナノバイオゼミナール4(博士集中選択必修2単位、分担)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

     自然科学はいくつかの基本原理・法則にしたがって構築されており有機化学もその例に漏れない。私の教育理念・目標は、暗記に頼るのではなく原則を深く理解した上で論理的に考えることで全ての有機化学・有機反応が説明できることを理解し、それを応用して目的とする化合物を実際に合成できるようになることである。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

     1億種以上の有機化合物が起こす反応は文字通り無限にあるが、それらを反応機構ごとに整理し、どのように進むのか、なぜ起こるのか、を合理的に解説している。FIRST開講の講義科目(ケミカルサイエンス序論、有機電子論、有機合成化学、上級ケミカルサイエンス)においては、講義内容をインデックス化し個々の項目について理解度を自身で確認するための設問を付したナノバイオサブジェクトインデックス(NBSi)を配布した。また、毎回講義内容を網羅したプリントを配布し、ノートを書くために手を動かすのではなく論理的な説明を理解するために頭を動かすよう指導した。さらに、これらの科目では全ての講義を収録してアーカイブ化しており、予習復習に利用できる体制としている。なお、講義科目では毎回講義終了時にリフレクションペーパーにわからなかった点等を記入してもらい、必要に応じて次回以降の講義で補足説明をした。
    本年度はCOVID-19の影響で多くの授業がweb活用型となったが、これをきっかけに、これまで蓄積してきたコンテンツの利用に加えて、新たなコンテンツの作成を行い、教育効果を確認しながら活用した。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

     授業改善アンケートの結果から、ケミカルサイエンス序論、有機電子論、有機合成化学、上級ケミカルサイエンスのいずれにおいても予復習に掛ける時間は本学の平均より長く、プリント等の評価も高いことが確認できた。オンラインとなった授業においては、MyKONANのQ&A機能やメールによる質問を受け付け、個別に返信すると言った対応を取った。その効果もあって、定期試験の結果などから判断して、学生の理解度は全て対面で実施していた年度よりもむしろ高いようであった。特に、大学院講義である上級ケミカルサイエンスではかなり高度な内容も扱っているが、学生からは動画コンテンツを繰り返し視聴することで理解が深まったとの感想を聞かされている。また、実験科目においてもひとり一人にレポートの修正点や解説を朱記し、改訂版の提出を義務づけることによってレポートの質が向上した。NBSiやアーカイブは利用者からは効果的だと評価されているが、より多くの学生に活用を促す必要がある。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

     アーカイブおよび本年度に作成したコンテンツをブラッシュアップし、これらを利用した反転授業を行うとともに、修得した知識を活用する力を高めるために演習の時間を増やす。また、NBSiやアーカイブの活用促進法をスチューデントリーダーと協力して検討する。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    1.NBSi(学部内公開)
    2.講義プリント(非公開)
    3.講義アーカイブ(学部内公開)
    4.リフレクションペーパー(非公開)
    5.授業改善アンケート結果(学部内公開)

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年4月 - 2010年3月   有機合成化学協会  幹事

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 高等学校実験指導

    2012年8月

     詳細を見る

    星陵高等学校の実験指導

  • 出張講義

    2011年12月

     詳細を見る

    須磨の浦女子高等学校で出張講義

  • ポートアイランド一般公開

    2011年11月

     詳細を見る

    ポートアイランド一般公開において、講演、展示、実験体験を担当

  • 高等学校実験指導

    2011年8月

     詳細を見る

    明石高校の実験指導

  • キャンパス見学

    2011年8月

     詳細を見る

    西宮今津高等学校のキャンパス見学で、学部紹介、キャンパスツアーを担当

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 多置換ポルフィリン合成に関する情報

    多置換ポルフィリン合成に関する情報

  • 芳香族ニトロ化反応制御技術

    芳香族ニトロ化反応制御技術

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年4月
    -
    2020年3月

      図書館長   (全学委員会)

  • 2016年4月
    -
    現在

      評議員   (全学委員会)

  • 2013年4月
    -
    2016年3月

      フロンティアサイエンス学部学部長   (全学委員会)

  • 2012年4月
    -
    2013年3月

      フロンティアサイエンス学部副学部長   (その他の主要活動)

  • 2010年4月
    -
    2012年3月

      情報教育研究センター副所長   (全学委員会)