写真a

MAEDA Kazuaki

Position

Associate Professor

Research Field

Other, Neuro/Muscular Physiology, Sensory Physiology, Cognitive Neuro Science

Graduate School 【 display / non-display

  •  
    -
    1999.03

    Keio University  Graduate School, Division of Medicine  Doctor's Course  Completed

Campus Career 【 display / non-display

  • 2008.04
    -
    Now

    KONAN UNIVERSITYFaculty of Intelligence and Informatics   Faculty of Intelligence and Informatics Department of Intelligence and Informatics   Faculty of Intelligence and Informatics, Department of Intelligence and Informatics.   Associate Professor  

  • 2007.04
    -
    Now

    KONAN UNIVERSITYGraduate School of Natural Science (Masters Degree Program)   Graduate School of Natural Science Deprtment of Intelligent Systems and Informatics (Masters Degree Program)   Information Science and System Engineering, Graduate School of Natural Science.   Associate Professor  

  • 2007.04
    -
    2008.03

    KONAN UNIVERSITYFaculty of Science and Engineering   Faculty of Science and Engineering Department of Information Science and Systems Engineering   Faculty of Science and Engineering, Department of Information Science and System Engineering   Associate Professor  

  • 2005.04
    -
    2007.03

    KONAN UNIVERSITYGraduate School of Natural Science (Masters Degree Program)   Graduate School of Natural Science Deprtment of Information Science and Systems Engineering (Masters Degree Program)   Information Science and System Engineering, Graduate School of Natural Science.   Lecturer  

  • 2001.04
    -
    2007.03

    KONAN UNIVERSITYFaculty of Science and Engineering   Faculty of Science and Engineering Department of Information Science and Systems Engineering   FFaculty of Science and Engineering, Department of Information Science and System Engineering   Lecturer  

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 2003.04
    -
    2004.03

    National Institute for Physiological Sciences  

  • 1997.04
    -
    1999.03

    National Institute for Physiological Sciences  

Association Memberships 【 display / non-display

  • 2016.06
     
     
     

    Japanese Scociety for Chronobiology

  • 2013.05
     
     
     

    Japanese Society of Sleep Research

  • 2013.01
     
     
     

    Japn Society of Developmental Psychology

  • 2010.05
    -
    2011.11
     

    Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine

  • 2008.04
     
     
     

    Phisiological Society of Japan

display all >>

 

Published Papers 【 display / non-display

  • 朝食時のトリプトファン摂取量が認知活動に及ぼす影響

    仲本晶絵, 前田多章,白尾満里奈

    甲南大学紀要 知能情報学編   10 ( 1 ) 69 - 74   2017.07

    Joint Work

  • 室内照明環境の認知症患者における睡眠覚醒リズム改善効果

    仲本晶絵, 前田多章,奥村明彦,香川修志,羽入桂奈子

    甲南大学紀要 知能情報学編   9 ( 2 ) 119 - 131   2016.12

    Joint Work

  • 照明環境が夜間学習効率に及ぼす影響 −睡眠の質と記憶の保持力に着目して−

    仲本晶絵, 前田多章

    甲南大学紀要 知能情報学編   9 ( 2 ) 109 - 117   2016.12

    Joint Work

  • Processingを用いたプログラミング導入教育の取り組み

    関和広,北村達也,永田亮, 和田昌浩,梅谷智弘,前田多章

    甲南大学教育学習支援センター紀要   1   2016.03

    Joint Work

  • 音Off-Set刺激の抗ストレス効果の生理学的評価

    水落亮平, 前田多章

    甲南大学紀要 知能情報学編   7 ( 1 ) 27 - 40   2014.07

    Joint Work

display all >>

Books etc 【 display / non-display

  • 眼科専門医のための『今日の治療指針』第2版

    前田 多章 (Part: Other ,  網膜機能・電気生理学的検査方法 )

    医学書院  2007.11

  • Today's Therapy in Opthalmology

    (Part: Joint Work )

    Igaku-Shoin Ltd.  2007.10

  • 情報科学 ヒューマン編, 第2章 自然情報への回帰(共著)

    中易秀敏, 坪野博宣, 前田多章, 前川善一郎 (Part: Joint Work )

    共立出版株式会社  2002.11

    慶應医学(学術雑誌、 1999 ) 76(1): ppT31-T41

  • 情報科学 ヒューマン編

    前田 多章 (Part: Other )

    共立出版  2002

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 「記憶の神経基盤」に関する研究の歩み

    前田多章

    甲南大学紀要知能情報学編 ( 甲南大学 )  11 ( 2 ) 243 - 248   2018.02

    Introduction and explanation (bulletin of university, research institution)   Single Work

    1949年にマックギル大学のD. O. Hebbによって,記憶が「細胞Aの軸索が,細胞Bを活性化し,繰り返し,または持続的に発火を引き起こすと,ある種の発達の過程または代謝が変化が,一方または両方の細胞に起こり,Bを活動させる細胞としてのAの能力が増強される。」という神経機序によって作り上げられているという概念が提唱された。D. O. Hebbは同時に,Assembly codeという概念も提唱している。そして,21世紀にはいってからの神経科学の研究,特に10年前から急速に用いられ始めた光遺伝学の手法により,これらの記憶のモデルが正しいこと,そして,記憶の最終段階では遺伝子発現重要な基盤となっていることが明らかにされた。

  • 睡眠と記憶の関係 −記憶が定着されるしくみ−

    前田多章

    甲南大学紀要知能情報学編 ( 甲南大学 )  6 ( 2 ) 269 - 289   2013.11

    Introduction and explanation (bulletin of university, research institution)   Single Work

    近年の研究で,記憶能力が生活環境に大きく影響されていることが明らかになってきた。特に睡眠と記憶との関係が,世界中の色々な研究所から指摘されている。そして,現代社会における生活習慣自体が,実は記憶能力を顕著に低下させていることが指摘されている。そこで記憶に関して認知科学的側面から解説するとともに,睡眠の特性とその働きを解説する.続いて,記憶が睡眠の中で形成されることを解説し,最後により記憶力をアップさせるにはどのような生活環境(睡眠衛生)がよいのか提案する。なお,本稿は,これまでに公開されている学術論文,学会発表,その他の刊行物における情報に紹介するとともに,筆者の研究の一つである睡眠健康科学において,睡眠が記憶能力に与える影響を調査した結果の一部を併せて紹介したものである。

  • 大切なお子さんのために知っておきたい“子育て10のポイント” 脳科学と発育・発達の視点からのアドバイス

    前田多章

    甲南大学広報誌「甲南Today」 ( 甲南大学 )  ( 44 ) 15 - 17   2013.03

    Introduction and explanation (bulletin of university, research institution)   Single Work

    胎児期から起きている脳の変化を解説し,妊娠初期に母胎がストレスに被爆した場合に,胎児に及ぼす影響を解説した。続いて,幼児期〜思春期にかけて各ライフステージに応じて必要と考えられる教育および教育環境を解説した。

  • 白黒つけたい! 英語の早期教育

    前田多章

    神戸新聞朝刊 ( 神戸新聞社 )    2012.09

    Introduction and explanation (bulletin of university, research institution)   Joint Work

  • 子育てで知りたい右脳・左脳

    前田多章

    シティライフ ( シティライフ )  ( 4月 ) 10 - 10   2012.04

    Introduction and explanation (bulletin of university, research institution)   Single Work

display all >>

 

Teacher organization examination execution 【 display / non-display

  • 2006.12   Konan University   Associate Professor

  • 2012.01   Konan University  

  • 2000.12   Konan University  

  • 1999.04   Konan University   Lecturer