写真a

川上 純司 (カワカミ ジュンジ)

KAWAKAMI Junji

職名

教授

学位

博士(薬学)(北海道大学), 薬学修士(大阪大学)

専門分野

分子生物学, 構造生物化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1989年03月

    大阪大学   薬学部   製薬化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1994年03月

    北海道大学  薬学研究科  製薬化学専攻  博士課程  修了

  • 1989年04月
    -
    1991年03月

    大阪大学  薬学研究科  薬品化学専攻  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年03月
    -
    2002年03月

    Yale大学   客員研究員

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    甲南大学   フロンティアサイエンス学部 生命化学科   教授  

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    甲南大学   理工学部 機能分子化学科   准教授  

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   理工学部 機能分子化学科   助教授  

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    甲南大学   理工学部 機能分子化学科   講師  

  • 1996年04月
    -
    2001年03月

    甲南大学   理学部 化学科   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

      住友化学工業株式会社   生命工学研究所  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2017年11月
    -
    継続中
     

    日本核酸化学会

  • 2015年04月
    -
    継続中
     

    日本核酸医薬学会

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    日本分子生物学会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    RNA学会(The RNA Society)

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    日本化学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Enhancement of exon skipping activity by reduction in the secondary structure content of LNA-based splice-switching oligonucleotides

    T. Shimo, K. Tachibana, Y. Kawawaki, Y. Watahiki, T. Ishigaki, Y. Nakatsuji, T. Hara, J. Kawakami and S. Obika

    Chem. Commun.   55   6850 - 6853   2019年04月  [査読有り]

    共著

  • Influence of intracellular environment on allosteric ribozyme activity

    Misaki Kameno, Mika Sawada, Nae Sakimoto and Junji Kawakami

    Proc. 44th Intl. Symp. Nucleic Acid Chemistry     178 - 179   2017年11月

    共著

  • Quantification of stabilization effect of co-solutes on RNA tertiary interaction

    Natsumi Sasaki, Daisuke Miyoshi and Junji Kawakami

    Proc. 44th Intl. Symp. Nucleic Acid Chemistry     174 - 175   2017年11月

    共著

  • Quantitative relationship between chemical properties and bioactivities of anti-microRNA oligonucleotides targeted to tumor-associated microRNA-21

    Koji Nagahama, Kenta Iseda, Daichi Kawano, Junji Kawakami

    Biochimie   137   124 - 131   2017年03月  [査読有り]

    共著

  • Characterization of functional RNA to perform self-cleavage reaction under low pH condition

    N. Sakimoto, M. Kameno, N. Sasaki, J. Kawakami

    Proc. 43rd Intl. Symp. Nucleic Acid Chemistry     284 - 285   2016年09月

    共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース③ 細胞培養トレーニング

    西方敬人, 川上純司, 藤井敏司, 長濱宏治, 川内敬子 (担当: 共著 )

    学研メディカル秀潤社  2015年04月 ISBN: 9784780909036

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース② 遺伝子組換え基礎実習

    西方敬人, 川上純司, 藤井敏司, 長濱宏治 (担当: 共著 )

    学研メディカル秀潤社  2012年12月 ISBN: 978-4-7809-0862-6

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース① 実験の基本と原理

    西方敬人, 川上純司, 藤井敏司, 長濱宏治 (担当: 共著 )

    学研メディカル秀潤社  2012年09月 ISBN: 978-4-7809-0856-5

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 細胞膜を通るための必要最低限の疎水性とは?ペプチドを用いた検証

    川上純司

    高分子 ( 高分子学会 )  56 ( 3 ) 153   2007年03月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • DNAによる三次元ナノ構造体形成法の進展

    川上純司

    高分子 ( 高分子学会 )  55 ( 5 ) 362   2006年05月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • 一分子蛍光エネルギー移動(FRET)を利用したバイオ高分子の動的挙動解析

    川上純司

    高分子 ( 高分子学会 )  54 ( 9 ) 703   2005年09月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

  • テーラーメード・リボスイッチ

    川上純司

    高分子 ( 高分子学会 )  54 ( 2 ) 93   2005年02月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 細胞内におけるASOのmRNA結合を検出するアプタセンサーの構築

    綿引優花、石垣卓、谷口慎也、赤松由御、川上純司

    日本核酸医薬学会 第5回年会  (大阪)  2019年07月  -  2019年07月    日本核酸医薬学会

  • Locked nucleic acid (LNA) を導入した splice-switching oligonucleotides (SSO) の高次構造形成と活性の相関

    中辻悠輔、下剛典、橘敬祐、川脇優希、綿引優花、石垣卓、原孝史、川上純司、小比賀聡

    日本核酸医薬学会 第5回年会  (大阪)  2019年07月  -  2019年07月    日本核酸医薬学会

  • 好熱性細菌及び酵母菌による多段階培養発酵技術から得られた発酵エキスの有用性

    川野大地、付子華、伊達朗、寥箏箏、聶菁、Eduardo Perez、Jose Fernandez、Corey Webb、Kristen Huber、Jeffry B. Stock、川上純司、孫培文

    第44回日本香粧品学会  (東京)  2019年06月  -  2019年06月   

  • 好熱性細菌と酵母の共培養発酵技術から得られた発酵エキスTIRACLEの機能評価

    付子華、川野大地、伊達朗、寥箏箏、聶菁、Eduardo Perez、Jose Fernandez、Corey Webb、Kristen Huber、Jeffry B. Stock、川上純司、孫培文

    日本薬学会第139年会  (千葉)  2019年03月  -  2019年03月    日本薬学会

  • 臨床試験中及び実用化された核酸医薬

    谷口陽祐、川上純司、佐々木茂貴

    日本薬学会第139年会  (千葉)  2019年03月  -  2019年03月    日本薬学会

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ヘアピンループDNA/RNAを認識するモデルペプチドの速度論的機能評価

    若手研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月 

    ヘアピンループDNA/RNAを認識するモデルペプチドの速度論的機能評価
    領域・整理
    ・課題番号
    4706
    7305
    16750150

  • ヘアピンループDNA/RNAを認識するモデルペプチドの速度論的機能評価

    若手研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月 

    ヘアピンループDNA/RNAを認識するモデルペプチドの速度論的機能評価
    領域・整理
    ・課題番号
    4706
    7305
    16750150

  • ヘアピンループDNA/RNAを認識するモデルペプチドの速度論的機能評価

    若手研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月 

    ヘアピンループDNA/RNAを認識するモデルペプチドの速度論的機能評価
    領域・整理
    ・課題番号
    4706
    7305
    16750150

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • リアルタイムPCR等を使用した遺伝子の定量解析

  • 新規機能性核酸(アプタマー等)の取得

  • 人為的遺伝子発現調節(翻訳)

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース① 実験の基本と原理

  • 2009年04月
    -
    継続中

    ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース② 実習編

  • 2009年04月
    -
    継続中

    ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース③ 細胞培養トレーニング

  • 2019年07月
     
     

    ベストレクチャー研修会

  • 2014年12月
     
     

    FDワークショップ「Reflective Teaching - Understanding why we do what we do in the classroom?」

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    日本核酸医薬学会   評議員、幹事、事務局

  • 2016年09月
    -
    継続中

    日本核酸化学会   評議員

  • 2004年04月
    -
    2017年03月

    高分子学会   バイオ・高分子研究会 運営委員

  • 2010年12月
     
     

    アンチセンスDNA/RNA研究会   第20回アンチセンスシンポジウム オーガナイザー

  • 2008年09月
     
     

    高分子学会   バイオ高分子研究会2008 オーガナイザー

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 模擬講義

    2014年12月
     
     

    毒学/兵庫大学附属須磨ノ浦高等学校

  • 出張模擬講義

    2014年12月
     
     

    毒学 - 薬学へのいざない/兵庫県立舞子高等学校

  • サイエンスパートナーシッププロジェクト

    2014年08月
     
     

    自然科学入門講座「身近な生活から最先端の遺伝子研究について学ぶ」- 遺伝子鑑定/兵庫県立星陵高等学校

  • etc

    2014年03月
     
     

    遺伝子鑑定の精度・信憑性/兵庫県警察本部 刑事部

  • 模擬講義

    2013年12月
     
     

    くすりの科学/須磨ノ浦女子高等学校

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 原核生物を用いたバイオテクノロジー

    原核生物を用いたバイオテクノロジー

  • 生体高分子の合成・精製

    生体高分子の合成・精製

  • 分子間相互作用解析

    分子間相互作用解析