写真a

川上 純司 (カワカミ ジュンジ)

KAWAKAMI Junji

職名

教授

学位

博士(薬学)(北海道大学), 薬学修士(大阪大学)

専門分野

構造生物化学, 分子生物学, 物理系薬学

研究分野・キーワード

機能性核酸、特異的分子間相互作用、試験管内分子進化、生物物理化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1989年03月

    大阪大学   薬学部   製薬化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1994年03月

    北海道大学  薬学研究科  製薬化学専攻  博士課程  修了

  • 1989年04月
    -
    1991年03月

    大阪大学  薬学研究科  薬品化学専攻  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年03月
    -
    2002年03月

    Yale大学   客員研究員

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    甲南大学   フロンティアサイエンス学部 生命化学科   教授  

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    甲南大学   理工学部 機能分子化学科   准教授  

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   理工学部 機能分子化学科   助教授  

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    甲南大学   理工学部 機能分子化学科   講師  

  • 1996年04月
    -
    2001年03月

    甲南大学   理学部 化学科   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

      住友化学工業株式会社   生命工学研究所  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2017年11月
    -
    継続中
     

    日本核酸化学会

  • 2015年04月
    -
    継続中
     

    日本核酸医薬学会

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    日本分子生物学会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    RNA学会(The RNA Society)

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    日本化学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Different reactivity of Sp and Rp isomers of phosphorothioate-modified oligonucleotides in a duplex structure

    Md Ariful Islam, Aki Fujisaka, Junji Kawakami, Takao Yamaguchi, Satoshi Obika

    Bioorg. Med. Chem. Lett.     2020年

    共著

  • Enhancement of exon skipping activity by reduction in the secondary structure content of LNA-based splice-switching oligonucleotides

    T. Shimo, K. Tachibana, Y. Kawawaki, Y. Watahiki, T. Ishigaki, Y. Nakatsuji, T. Hara, J. Kawakami and S. Obika

    Chem. Commun.   55   6850 - 6853   2019年04月  [査読有り]

    共著

  • Enhancement of exon skipping activity by reduction in the secondary structure content of LNA-based splice-switching oligonucleotides

    T. Shimo, K. Tachibana, Y. Kawawaki, Y. Watahiki, T. Ishigaki, Y. Nakatsuji, T. Hara, J. Kawakami, S. Obika

    Chem. Commun.   55   6850 - 6853   2019年

    共著

  • Influence of intracellular environment on allosteric ribozyme activity

    Misaki Kameno, Mika Sawada, Nae Sakimoto and Junji Kawakami

    Proc. 44th Intl. Symp. Nucleic Acid Chemistry     178 - 179   2017年11月

    共著

  • Quantification of stabilization effect of co-solutes on RNA tertiary interaction

    Natsumi Sasaki, Daisuke Miyoshi and Junji Kawakami

    Proc. 44th Intl. Symp. Nucleic Acid Chemistry     174 - 175   2017年11月

    共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 医薬品開発における中分子領域(核酸医薬・ペプチド医薬)の開発戦略

    川上 純司 (担当: その他 , 担当範囲: アンチセンス核酸医薬の作用機序 )

    情報機構  2019年10月

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース③ 細胞培養トレーニング

    西方敬人, 川上純司, 藤井敏司, 長濱宏治, 川内敬子 (担当: 共著 )

    学研メディカル秀潤社  2015年04月 ISBN: 9784780909036

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース② 遺伝子組換え基礎実習

    西方敬人, 川上純司, 藤井敏司, 長濱宏治 (担当: 共著 )

    学研メディカル秀潤社  2012年12月 ISBN: 978-4-7809-0862-6

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース① 実験の基本と原理

    西方敬人, 川上純司, 藤井敏司, 長濱宏治 (担当: 共著 )

    学研メディカル秀潤社  2012年09月 ISBN: 978-4-7809-0856-5

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース1 実験の基本と原理

    西方敬人, 川上純司, 藤井敏司, 長濱宏治 (担当: その他 )

    秀潤社  2012年

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • Triplet analysis that identifies unpaired regions of functional RNAs

    Junji Kawakami, Yoshie Yamaguchi, Naoki Sugimoto

    Journal of Nucleic Acids   2011   2011年

    共著

    We developed a novel method for analyzing RNA sequences, deemed triplet analysis, and applied the method in an in vitro RNA selection experiment in which HIV-1 Tat was the target. Aptamers are nucleic acids that bind a desired target (bait), and to date, many aptamers have been identified by in vitro selection from enough concentrated libraries in which many RNAs had an obvious consensus primary sequence after sufficient cycles of the selection. Therefore, the higher-order structural features of the aptamers that are indispensable for interaction with the bait must be determined by additional investigation of the aptamers. In contrast, our triplet analysis enabled us to extract important information on functional primary and secondary structure from minimally concentrated RNA libraries. As a result, by using our method, an important unpaired region that is similar to the bulge of TAR was readily predicted from a partially concentrated library in which no consensus sequence was revealed by a conventional sequence analysis. Moreover, our analysis method may be used to assess a variety of structural motifs with desired function. © 2011 Junji Kawakami et al.

    DOI

  • Pyrrolidinyl peptide nucleic acid with α/β-peptide backbone - A conformationally constrained PNA with unusual hybridization properties

    C. Vilaivan, C. Srisuwannaket, C. Ananthanawat, C. Suparpprom, J. Kawakami, Y. Yamaguchi, Y. Tanaka, T. Vilaivan

    Artificial DNA: PNA & XNA   2   11   2011年

    共著

    DOI

  • Comparative thermodynamic analysis of RNA-protein interaction on surface and in solution

    Y. Tanaka, K. Ishidate, K. Kishimoto, N. Sugimoto, J. Kawakami

    Proc. 37th Intl. Symp. Nucleic Acids Chemistry     276   2010年

    共著

  • Accurate curve fitting procedure for UV melting analysis of highly thermostable RNA hairpins

    J. Kawakami, Y. Tanaka, K. Kishimoto

    Nucleic Acids Symp. Ser.   53   227   2009年

    共著

  • Recognition of a flipped base in a hairpinloop DNA by a small peptide

    Junji Kawakami, Shinji Okabe, Yoshiatsu Tanabe, Naoki Sugimoto

    NUCLEOSIDES NUCLEOTIDES & NUCLEIC ACIDS ( TAYLOR & FRANCIS INC )  27 ( 3 ) 292 - 308   2008年03月

    共著

    Two tiny hairpin DNAs, CORE (dAGGCTTCGGCCT) and AP2 (dAGGCTXCGGCCT,X:abasic nucleotide), fold into almost the same tetraloop hairpin structure with one exception, that is, the sixth thymine (T6) of CORE is exposed to the solvent water (Kawakami, J et al., Chem. Lett. 2001, 258-259). In the present study, we selected small peptides that bind to CORE or AP2 from a combinatorial pentapeptide library with 2.5 x 106 variants. On the basis of the structural information, the selected peptide sequences should indicate the essential qualifications for recognition of the hairpin loop DNA with and without a flipped base. In the selected DNA binding peptides, aromatic amino acids such as histidine for CORE and glutamine/aspartic acid for AP2 were found to be abundant amino acids. This amino acid preference suggests that CORE-binding peptides use)pi-pi stacking to recognize the target while hydrogen bonding is dominant for AP2-binding peptides. To investigate the binding properties of the selected peptide to the target, surface plasmon resonance was used. The binding constant of the interaction between CORE and a CORE-binding peptide (HWHHE) was about 1.1 x 10(6) M-1 at 25 degrees C and the resulting binding free energy change at 25 degrees C (Delta G(25)degrees) was - 8.2 kcal mol(-1). The binding of the peptide to AP2 was also analyzed and the resulting binding constant and Delta G(25)degrees were about 4.2 x 10(4) M-1 and -63 kcal mol(-1), respectively. The difference in the binding free energy changes (Delta Delta G(25)degrees) of 1.9 kcal mol(-1) was comparable to the values reported in other systems and was considered a consequence of the loss of pi-pi stacking. Moreover, the stabilization effect by stacking affected the dissociation step as well as the association step. Our results suggest that the existence Of an aromatic ring (T6 base) produces new dominant interactions between peptides and nucleic acids, although hydrogen bonding is the preferable mode of interaction in the absence of the flipping base. These findings regarding CORE and AP2 recognition are expected to give useful information in the design of novel artificial DNA binding peptides.

    DOI

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 細胞内におけるASOのmRNA結合を検出するアプタセンサーの構築

    綿引優花、石垣卓、谷口慎也、赤松由御、川上純司

    日本核酸医薬学会 第5回年会  (大阪)  2019年07月  -  2019年07月    日本核酸医薬学会

  • Locked nucleic acid (LNA) を導入した splice-switching oligonucleotides (SSO) の高次構造形成と活性の相関

    中辻悠輔、下剛典、橘敬祐、川脇優希、綿引優花、石垣卓、原孝史、川上純司、小比賀聡

    日本核酸医薬学会 第5回年会  (大阪)  2019年07月  -  2019年07月    日本核酸医薬学会

  • 好熱性細菌及び酵母菌による多段階培養発酵技術から得られた発酵エキスの有用性

    川野大地、付子華、伊達朗、寥箏箏、聶菁、Eduardo Perez、Jose Fernandez、Corey Webb、Kristen Huber、Jeffry B. Stock、川上純司、孫培文

    第44回日本香粧品学会  (東京)  2019年06月  -  2019年06月   

  • 臨床試験中及び実用化された核酸医薬

    谷口陽祐、川上純司、佐々木茂貴

    日本薬学会第139年会  (千葉)  2019年03月  -  2019年03月    日本薬学会

  • 好熱性細菌と酵母の共培養発酵技術から得られた発酵エキスTIRACLEの機能評価

    付子華、川野大地、伊達朗、寥箏箏、聶菁、Eduardo Perez、Jose Fernandez、Corey Webb、Kristen Huber、Jeffry B. Stock、川上純司、孫培文

    日本薬学会第139年会  (千葉)  2019年03月  -  2019年03月    日本薬学会

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ヘアピンループDNA/RNAを認識するモデルペプチドの速度論的機能評価

    若手研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月 

    ヘアピンループDNA/RNAを認識するモデルペプチドの速度論的機能評価
    領域・整理
    ・課題番号
    4706
    7305
    16750150

  • ヘアピンループDNA/RNAを認識するモデルペプチドの速度論的機能評価

    若手研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月 

    ヘアピンループDNA/RNAを認識するモデルペプチドの速度論的機能評価
    領域・整理
    ・課題番号
    4706
    7305
    16750150

  • ヘアピンループDNA/RNAを認識するモデルペプチドの速度論的機能評価

    若手研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月 

    ヘアピンループDNA/RNAを認識するモデルペプチドの速度論的機能評価
    領域・整理
    ・課題番号
    4706
    7305
    16750150

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • リアルタイムPCR等を使用した遺伝子の定量解析

  • 新規機能性核酸(アプタマー等)の取得

  • 人為的遺伝子発現調節(翻訳)

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース① 実験の基本と原理

  • 2009年04月
    -
    継続中

    ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース② 実習編

  • 2009年04月
    -
    継続中

    ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース③ 細胞培養トレーニング

  • 2019年07月
     
     

    ベストレクチャー研修会

  • 2014年12月
     
     

    FDワークショップ「Reflective Teaching - Understanding why we do what we do in the classroom?」

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    日本核酸医薬学会   評議員、幹事、事務局

  • 2016年09月
    -
    継続中

    日本核酸化学会   評議員

  • 2004年04月
    -
    2017年03月

    高分子学会   バイオ・高分子研究会 運営委員

  • 2010年12月
     
     

    アンチセンスDNA/RNA研究会   第20回アンチセンスシンポジウム オーガナイザー

  • 2008年09月
     
     

    高分子学会   バイオ高分子研究会2008 オーガナイザー

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 模擬講義

    2014年12月
     
     

    毒学/兵庫大学附属須磨ノ浦高等学校

  • 出張模擬講義

    2014年12月
     
     

    毒学 - 薬学へのいざない/兵庫県立舞子高等学校

  • サイエンスパートナーシッププロジェクト

    2014年08月
     
     

    自然科学入門講座「身近な生活から最先端の遺伝子研究について学ぶ」- 遺伝子鑑定/兵庫県立星陵高等学校

  • etc

    2014年03月
     
     

    遺伝子鑑定の精度・信憑性/兵庫県警察本部 刑事部

  • 模擬講義

    2013年12月
     
     

    くすりの科学/須磨ノ浦女子高等学校

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 原核生物を用いたバイオテクノロジー

    原核生物を用いたバイオテクノロジー

  • 生体高分子の合成・精製

    生体高分子の合成・精製

  • 分子間相互作用解析

    分子間相互作用解析