写真a

赤松 謙祐 (アカマツ ケンスケ)

AKAMATSU Kensuke

職名

教授

学位

博士(工学)(神戸大学)

専門分野

材料加工・組織制御工学, 複合材料・表界面工学, デバイス関連化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    神戸大学   工学部   工業化学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    神戸大学  自然科学研究科  物質科学  博士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    甲南大学   フロンティアサイエンス学部   生命化学科   教授  

  • 2003年04月
    -
    継続中

    甲南大学   甲南大学先端生命工学研究所   研究員  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   理工学部   機能分子化学科   講師  

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    甲南大学   ハイテクリサーチセンター   研究員  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年11月
    -
    2001年11月

      神戸大学大学院  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    ナノ学会

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    American Chemical Society

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    電気鍍金研究会

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    表面技術協会

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    エレクトロニクス実装学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Precisely Controlled Reproducible Synthesis of Palladium Nanoparticles inside Metal-Organic Frameworks with H2 Gas as Reductant: Effects of Framework Crystallinity and H2 Gas

    Y. Takashima, Y. Sato, N.Kubo, T. Tsuruoka, K. Akamatsu

    Chem. Lett   50   244 - 247   2021年

    共著

  • Controlling Interfacial Ion-Transport Kinetics Using Polyelectrolyte Membranes for Additive- and Effluent-free, High-Performance Electrodeposition

    Kensuke Akamatsu, Shu-ichi Nakano, Koshi Kimura, Yohei Takashima, Takaaki Tsuruoka, Hidemi Nawafune, Yuki Sato, Junya Murai, Hiroshi Yanagimoto

    ACS Applied Materials&Interfaces     2021年  [査読有り]

    共著

  • Controlled syntheses of Ag nanoparticles inside MOFs by using amine-boranes as vapour phase reductants

    Yohei Takashima, Yasushi Sato, Takaaki Tsuruoka, Kensuke Akamatsu

    Dalton Transactions     2020年  [査読有り]

    共著

  • Coordination-Driven Self-Assembly on Polymer Surface for Efficient Synthesis of [Au(SPh)]n Coordination Polymer-Based Films

    T. Tsuruoka, T. Ohhashi, J. Watanabe, R. Yamda, S. Hirao, T. Takashima, A. Demessence, S. Vaidya, O. Veselska, A. Fateeva, K. Akamatsu

    Cryst. Growth     1961 - 1968   2020年

    単著

  • Control of the nucleation and growth processes of metal-organic frameworks using a metal ion-doped polymer substrate for the construction of continuous films

    T. Ohhashi, T. Tsuruoka, T. Takashima, K. Akamatsu

    CrystEngComm   21   4851 - 4854   2019年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Fluorescence Enhancement of Immobilozed CdTe Nanocrystals Metal-Nanocrystals- Modidied Substrate by Dipole Coupling

    T.Tsuruoka, M. Yamashita, M. Kumano, K. Uwajima, H. Nawafune and K. Akamatsu (担当: その他 )

    Transaction of Material Research Society of Japan  2016年07月

  • 樹脂—金属接着・接合部の応力解析と密着性・耐久性評価

    木村祐介、鶴岡孝章、赤松謙祐、縄舟秀美 (担当: その他 )

    技術情報協会  2016年07月

  • 樹脂—金属接着・接合部の応力解析と密着性・耐久性評価

    木村祐介、鶴岡孝章、赤松謙祐、縄舟秀美 (担当: 共著 )

    技術情報協会  2014年

  • Fluorescence Enhancement of Immobilozed CdTe Nanocrystals Metal-Nanocrystals- Modidied Substrate by Dipole Coupling

    T.Tsuruoka, M. Yamashita, M. Kumano, K. Uwajima, H. Nawafune and K. Akamatsu (担当: 共著 )

    Transaction of Material Research Society of Japan  2014年

  • ナノ粒子の固定化・集積化による配線形成」 in 次世代めっき技術 ー表面技術におけるプロセス・イノベーションー

    赤松 謙祐 (担当: その他 )

    日刊工業新聞  2012年07月

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 金属ナノ粒子分散層を利用した樹脂/金属間接合

    鶴岡、縄舟、赤松

    プラスチックスエージ ( プラスチックスエージ )  Mar   55 - 60   2013年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • マテリアル・イノベーションに対応する高度めっき技術

    縄舟、赤松、鶴岡

    工業材料 ( 日刊工業新聞 )  61 ( 5 ) 18 - 22   2013年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 電気化学的手法によるポリイミド樹脂表面への金属パターン形成

    赤松、鶴岡、縄舟

    工業材料 ( 日刊工業新聞 )  61 ( 5 ) 39 - 42   2013年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 透明ポリイミドフィルム上へのピール強度の優れた銅めっき皮膜形成

    池田、小林、藤原、赤松、縄舟

    工業材料 ( 日刊工業新聞 )  61 ( 5 ) 47 - 50   2013年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 電気化学リソグラフィーによる樹脂表面への金属パターン形成

    赤松、福本、鶴岡、縄舟、柳本

    表面技術 ( 表面技術協会 )  63   95 - 99   2012年

    総説・解説(その他)   共著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Direct Photochemical Deposition of Metallic Patterns on Polyimides for Development of Flexible Transparent Conductive Films

    K. Akamatsu

    2018 MRS Fall Meeting & Exhibit  (Boston, Massachusetts)  2018年11月  -  2018年11月   

  • 金属サテライトナノ構造体の構造制御と有機溶媒センシング特性

    赤松 謙祐

    日本分析化学会第78回分析討論会  2018年05月  -  2018年05月   

  • In situ synthesis of metal/polymer nanocomposites and control of particle size and thermal properties

    Kensuke Akamatsu

    EMN(Energy Materials Nanotechnology) Americas Meetings  2017年12月  -  2017年12月   

  • Fully additive-based chemical approach for direct fabrication of inorganic thin films on polymer substrates

    Kensuke Akamatsu

    The 4th International Symposium on Hybrid Materials and Processing  2017年11月  -  2017年11月   

  • Electrodeposition Though Polyelectrolyte Layers: Control of Interfacial Reaction, Deposition Rate,and Morphology of Deposited Thin Films

    Kensuke Akamatsu

    232nd ECS MEETING  2017年10月  -  2017年10月   

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • ポリイミド樹脂の無機薄膜パターン形成方法

    出願2003-273063 

    赤松 謙祐

  • 光パターニングが可能な導電性樹脂

    出願2003-393044 

    赤松 謙祐

  • 金属ナノ粒子コンポジット膜の製造方法及びその製造装置

    出願2003-353130 

    赤松 謙祐

  • 金ナノ粒子が固定化されたインプリントポリマー

    出願2003-144271 

    赤松 謙祐

  • 樹脂基材上への導電性皮膜の形成法

    特第2003-013245号

    赤松 謙祐

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • マイクロエレクトロニクスシンポジウムベストペーパー賞

    2004年11月11日   a  

    受賞者:  赤松 謙祐

  • マイクロエレクトロニクスシンポジウムベストペーパー賞

    2002年11月11日   a  

    受賞者:  赤松 謙祐

  • 日本化学会春季年会講演奨励賞

    1998年11月11日   a  

    受賞者:  赤松 謙祐

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 固体電解質膜を介したイオン輸送による新規高速電析システム構築

    基盤研究(B)

    研究期間:  2020年04月  -  2022年03月 

  • 光ダイレクトリソグラフィ-によるフレキシブル透明導電性基板材料開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

    光ダイレクトリソグラフィ-によるフレキシブル透明導電性基板材料開発

  • 抵融点金属ナノ粒子を高濃度に内包した高分子コンポジットの創製と熱物性制御

    萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

    抵融点金属ナノ粒子を高濃度に内包した高分子コンポジットの創製と熱物性制

  • 電機化学的手法による樹脂/金属ナノ接合界面の構築と微細回路形成

    基盤研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

    電機化学的手法による樹脂/金属ナノ接合界面の構築と微細回路形成

  • ソフトリソグラフィーとダイレクトメタライゼーション法の融合による樹脂上への微細配線形成

    若手研究(A)

    研究期間:  2012年04月  -  2016年03月 

     

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 有機・無機ナノ複合体の創製と精密微細構造制御

    提供機関:  科学技術振興機構  科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業さきがけ

    研究期間: 2006年04月  -  2009年03月 

  • 有機/無機複合化による高効率発光性半導体ナノ粒子の合成と微細構造設計

    提供機関:  ひょうご科学技術協会  ひょうご科学技術協会 研究助成

    研究期間: 2005年04月  -  2006年03月 

  • ナノ粒子光触媒を用いた新しい湿式銅めっきプロセスの開発

    提供機関:  電子回路基板技術振興財団  電子回路基板技術振興財団 研究助成

    研究期間: 2004年04月  -  2005年03月 

  • 構造規制された金属ナノ粒子を利用する低誘電率基板上への微細回路パターン形成

    提供機関:  近畿地方発明センター  近畿地方発明センター 研究助成

    研究期間: 2003年04月  -  2004年03月 

  • 樹脂の表面改質を利用した銅のダイレクトメタラリゼーションに関する研究

    提供機関:  兵庫県科学技術振興財団  兵庫県科学技術振興財団 研究助成

    研究期間: 2002年04月  -  2003年03月 

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 金属・半導体・磁性ナノ粒子の有機分子とのハイブリッド化

  • ガラス、樹脂などの基板上への配線形成

  • 金属・高分子ナノ構造材料の作製と物性解析

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  ナノ材料化学、無機化学、電気化学 無機ナノ粒子集積体の精密合成と機能制御

    研究費の種類: その他

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2009年08月
     
     

    ひらめき☆ときめきサイエンス

  • 2009年04月
    -
    継続中

    レポートの実施

  • 2007年08月
    -
    2011年08月

    実験講義

  • 2007年06月
    -
    2010年12月

    模擬講義

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    ナノサイエンス序論 (前)(1年前期必修科目2単位)
    電気化学(A期)(3年前期選択必修科目2単位)
    ナノ・マイクロ材料科学(後)(2年後期選択必修科目2単位)
    ナノバイオラボベーシック(前・後) (1年必修科目4単位)
    ナノバイオラボ1B (前・後) (2年必修科目4単位)
    フロントランナー講座(後)(1年必修科目4単位)など

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

     ナノサイエンスに関する基礎的な知識を習得し、物質の合成、構造、物性の相関を理解することを目標とする。これにより、物質・材料研究における問題点を見出し、その解を自らが計画する研究によって解明し、世に公表するために必要となる素養を身に着けること

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    基本的に記憶学習項目と論理学習項目に分けて講義を行っている。ナノサイエンスに基づく物質・材料科学においては、基礎物理量の理解と化学反応の基礎には最低限覚えるべき項目があり、これらのデータを用いて論理的にナノサイエンスを解釈するための講義構成を心がけている。毎回リフレクションペーパーを記入してもらい理解度の把握に努めるとともに、学生にとって難易度の高い項目を抽出して後に講義において解説するなど、理解度の底上げに注力している。また、講義科目については授業終了後に講義動画URLを開示し、復習用として公開している。
     実験科目においては、実験目標、実験条件の設定方法、実験結果の測定方法、実験結果の解析方法、実験結果の他との比較によるディスカッションに各々注力している。特にナノ材料評価においては、電子顕微鏡による構造観察を行い、構造—物性相関の理解を深める内容とし、これら評価・解析を通じて、合成条件へのフィードバック方法を体得させるようにしている。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

     基礎知識の習得は必ず必要であり、授業においてその重要性、知識から知恵への昇華について説明しているが、リフレクションペーパーを読む限り、ナノサイエンスには物理的な項目が多いため、生物・化学中心の素養を持つ学生には困難を伴うように感じられる。一方、2年生以上になれば、実験における知識が経験によって具体化され、取り組むハードルは下がっていると感じており、基礎学習から実践研究へのラインが有機的に結合し、意欲が高まっていると判断できる。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

     基本的に板書中心の講義を展開しており、補助資料の重要性を感じていることから、講義動画の編集を行い、具体例や設問を追加することで改善していく予定である。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    1. リフレクションペーパー(非公開)
    2. 各講義用に作成した講義動画。単元ごとに30〜60分程度
    3. レポート(非公開)

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    表面技術協会   学術委員

  • 2005年11月
    -
    継続中

    表面技術協会   関西支部常任幹事

  • 2005年11月
    -
    継続中

    表面技術協会   評議員

  • 2004年11月
    -
    継続中

    表面技術協会   ナノテク部会企画幹事

  • 2004年11月
    -
    継続中

    エレクトロニクス実装学会   若手会委員 企画・運営

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • サイエンスパートナーシッププロジェクト

    2005年12月
    -
    2009年12月

    ・ナノテクノロジー、バイオテククノロジー、ナノバイオテクノロジーが拓く未来社会「ナノメートルサイズの金微粒子の調製とDNAの検出」(2005年12月)
    ・体感するテクノロジー―社会を変える先端テクノロジーを使いこなす―「ナノテクノロジーの最前線―超微細回路の作製技術を探る―」(2007年8月)
    ・学び、感じることから伝えることへ「超微細電子回路を描く―テレビや携帯電話の電子配線の作製法を学ぶ―」(2008-2009年)
    ・最新電子機器に使われる電気回路の特性を調べる(2009年)

  • 関西表面技術フォーラム

    2002年11月
    -
    現在

    実行委員

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • ナノ粒子複合高分子薄膜の調製技術

    ナノ粒子複合高分子薄膜の調製技術

  • 基板上への金属回路パターン形成技術

    基板上への金属回路パターン形成技術

  • 金属・半導体ナノ粒子の湿式合成技術

    金属・半導体ナノ粒子の湿式合成技術