写真a

西川 耕平 (ニシカワ コウヘイ)

NISHIKAWA Kohei

職名

教授

学位

経営学修士(滋賀大学)

専門分野

組織開発

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年03月

    南山大学   経営学部   経営学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1988年09月

    甲南大学  社会科学研究科  経営学  博士課程  単位取得満期退学

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年01月
    -
    2008年03月

    デラウエア大学   客員教授

  • 2000年09月
    -
    2001年06月

    デラウエア大学   客員教授

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    継続中

    甲南大学   ■廃止組織■   EBA総合コース(経営)   共通教育センター   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    2013年03月

      南山大学大学院   教育ファシリテーション専攻  

  • 2008年04月
    -
    2016年03月

      兵庫県立大学   経営学部  

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

      帝塚山大学   経営情報学部  

  • 1995年01月
     
     

      ラオス国立行政学院  

  • 1991年04月
    -
    2002年03月

      帝塚山大学 経営情報学部  

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2014年01月
    -
    継続中
     

    ATDジャパン

  • 2009年05月
    -
    継続中
     

    国際OD協会 (International OD Association)

  • 2008年05月
    -
    継続中
     

    ODネットワーク (OD Network)

  • 2005年05月
    -
    継続中
     

    アカデミーオブマネジメント

  • 1983年05月
    -
    継続中
     

    日本経営学会(国内)

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 社会福祉組織に変化を起こす「組織開発」を用いたソーシャルワークのモデル化の研究

    (選択しない)  

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月

    社会福祉法人組織のマネジメントを対象にして、マクロ経済・社会の環境変化から、介護技能や技術の変化だけでなく、介護職の労働市場の動向までを含めた複合的な変化に社会福祉が適応するための変革課題を、組織開発の視点から理解する。

  • 組織変革コンサルタントの実践事例分析に基づく組織開発の理論構築

    (選択しない)  

    研究期間: 2005年03月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • The Reality That We Take on: A Humanistic Change in IT Venture Company

    Kohei Nishikawa

    South Asian Journal of Business and Management Cases   8 ( 1 ) 70 - 79   2019年04月  [査読有り]

    単著

    Imura, CEO of Second Selection, started an IT venture company, after quitting another venture. Building on his past achievement, he converted the audacious dream into his venture. After some time, some of his reliable colleagues left the company. He did some introspection and hired a consultant to transform the mindset of his employees. To his surprise, initially the employees did not respond to the new changes being brought in. After 4 years of struggle, he was able to engage everyone in this transformation. The new management system was finally embracing the change.

    DOI

  • Who Constructs the Path We take? A Case Study of Nakatsuka Metal and Foil Company

    KOhei Nishikawa

    South Asian Journal of Business and Management Cases   6 ( 1 ) 26 - 35   2017年05月  [査読有り]

    単著

    DOI

  • Who Leads Change Processes?: From the Case Study of Japan Railways Kyusyu

    Kohei Nishikawa

    South Asian Journal of Business and Management Cases   3 ( 1 ) 53 - 64   2014年  [査読有り]

    単著

    JR九州の組織変革事例をアダルトラーニングの視点で分析し、大人の成熟と組織の変革を組織変革として理解する可能性を指摘した論文。

    DOI

  • 実践としての組織開発(OD)

    西川耕平

    甲南経営研究   51 ( 4 ) 53 - 96   2011年03月

    単著

  • 組織開発(OD)と人材育成: 個人の変革と組織の変革を結びつける枠組みの考察と展望

    西川耕平

    経営学論集80集: 社会と企業:いま企業に、何が問われているか   80   200 - 201   2010年09月

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Ethics and Responsibility in Human Resources, Leadership and Start-up Business

    Kohei Nishikiawa (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Nishio Glass and Mirror' Looking in the glass to craft meaningful work )

    Boomsbury Publishing India Pvt. Ltd.,  2019年12月 ISBN: 978-93-89449-64-8

    The harsh economy for small companies like this case occurred in the 90s. Besides, after the short bullish economy in the early 00s, the Great Recession in 2008 let the economy down again. Regardless of the CEO’s energetic effort, it verged on liquidation, as a result of a three-year deficit.
    In 2011, while talking with the OD consultant, the CEO determined to change everything as the last opportunity to save the family business. The journey embarked on; as a result, a few successes but many failures in a human relationship repetitively occurred in the corporation, yet still, the part of it continues.
    The overview of this case gives an implication; that is, the change process is not swinging between polarized principles, replacing old management for a new one, or achieving strategic change goals, but the nurturing process for people to behave wisely and develop “self” continuously, on top of old “self.”

  • 社会福祉法人北摂杉の子会の事例分析に基づく、社会福祉法人と組織開発

    安田美代子、得津愼子、植田仁秀、川島恵美、西川耕平 (担当: 共著 , 担当範囲: 第5章 )

    関西学院 人間福祉学部  2019年03月

    社会福祉のマネジメントに関する多くの研究があるにもかかわらず、マネジメント組織変革に対する実践的な処方箋は少ない。そこで、日本のほとんどの社会福祉団体が経験している、しかし顧みられることの少ない現実的な問題に対して、調査者自らが変革の一部となり、日常的な行動実践状況に参加しながら、現実的な仮説を模索した。

  • Social Wellfare Business Bitter Sweet Pills, in Responsible Humane Strategies fir Gender Equality, Empowerment, and Leadership

    Kohei Nishikawa, Tetsuri Kobayashi (担当: 共著 , 担当範囲: 論文原稿作成と編集 )

    Bloomsbury India  2019年 ISBN: 9789388630085

  • Leveraging Human Resources for Humanizing Management Practices and Fostering Entrepreneurship

    Kohei Nishikawa (担当: 共著 , 担当範囲: The Reflection to Scale Up to Be Better Off, Section 3, Chapter 24 )

    Bloomsbury Publishing   2018年 ISBN: 978-93-87471-35-1

  • Organizational Development Through Strategic Managament

    Nakatsuka Metal & Foil Co., Ltd., An Wakening Small Family-Owned Japanese Company in the Traditional Market (担当: 共著 , 担当範囲: Section 4 Chapter 23 )

    Bloomsbury India  2017年01月 ISBN: 9789384052829

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 明日のマネジメントを考えるヒント、この人に聞く

    西川耕平

    看護管理 ( 医学書院 )  29日 ( 5 ) 400 - 403   2019年05月

    総説・解説(商業誌)   単著

    アクションとリフレクションの学習サイクルを通じて、人と組織が変革する事に向かう組織開発について解説します。

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • The Reflection to Scale Up to Be Better off

    The Reflection to Scale Up to Be Better off

    国際マネジメント事例学会  (The University of Birla Institute of Management Technpology)  2017年11月  -  2017年12月    Birla Institute of Management Technology

  • Nakatsuka Metal & Foil Co. Ltd,.: An Awakening Small Family-Owned Japanese Company in the Traditional Market

    西川耕平

    国際マネジメント事例学会  (The University of Birla Institute of Management Technology )  2016年12月  -  2016年12月    Birla Institute of Management Technology

    中塚金属における組織開発コンサルタントの組織変革過程を、両者のインタビューを通じて作成した事例の分析

  • Expanding the Conversation: Values-in-Use in 21st Century Organizational Change

    Expanding the Conversation: Values-in-Use in 21st Century Organizational Change

    Academy of Management  (Anaheim, California USA)  2016年08月  -  2016年08月    Academy of Management

    組織開発コンサルタントが、Organization Development価値観を、どのようにクライアントに理解させて実践するかについて、日本の事例を紹介した。

  • Creating Meaningful Organizations: Role of Values, Spirituality, Mindfulness and Leadership

    Creating Meaningful Organizations: Role of Values, Spirituality, Mindfulness and Leadership

    Academy of Management  (Anaheim California USA)  2016年08月  -  2016年08月    Academy of Management

  • Crafting Meaningful International Teaching Collaborations

    Crafting Meaningful International Teaching Collaborations

    Academy of Management  (Anaheim, California USA )  2016年08月  -  2016年08月    Academy of Management

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • Making Large Global Collaborations Succeed, the workshop in International Management division of Academy of Management

    2008年08月  -  2008年08月

    Anaheim, CA US.  Charles Wankel and hundreds of others   座談会

    アメリカのSt.Johns Uni.のチャールズ・ワンケルの呼びかけで、およそ百人がネット上でInternational Managementのテキストを書くために集まり、具体的な構成とスケジュールに関する話し合いを半日かけて実施した。西川は1章担当グループを英語でリードして、第1章共同執筆と「事例:星野リゾート」を担当し、2011年に出版予定となっている。

  • International M&A Workshop, Hosted by Research Institute of Economics and Business Administration, Kobe University

    2007年02月  -  2007年02月

    神戸大学  Mahlich, Jorg.,G. Burein Yurtogl., Kshetri, Nir., 村松司叙, Stapeles, Andrew., Bebenroth, Ralf.,   座談会

    企業財務論から捉えたM&A行動と、経営戦略・組織行動の接点を国際的な比較研究から模索する研究発表と討論会で、西川は午後の全体司会者として発表と討論と総括討論までを英語でリードした。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Sage Best Case 2019

    2019年12月05日   International Conference on Management Cases; BIMTECH; SAGE Publishing   The case Nishio Glass and Mirror: Looking in the glass to craft meaningful work  

    受賞者:  Kohei Nishikawa

    The harsh economy for small companies like this case occurred in the 90s. Besides, after the short bullish economy in the early 00s, the Great Recession in 2008 let the economy down again. Regardless of the CEO’s energetic effort, it verged on liquidation, as a result of a three-year deficit.
    In 2011, while talking with the OD consultant, the CEO determined to change everything as the last opportunity to save the family business. The journey embarked on; as a result, a few successes but many failures in a human relationship repetitively occurred in the corporation, yet still, the part of it continues.
    The overview of this case gives an implication; that is, the change process is not swinging between polarized principles, replacing old management for a new one, or achieving strategic change goals, but the nurturing process for people to behave wisely and develop “self” continuously, on top of old “self.”

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 社会福祉組織に変化を起こす「組織開発」を用いたソーシャルワークのモデル化の研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2019年03月 

    社会福祉組織に変化を起こす「組織開発」を用いたソーシャルワークのモデル化の研究

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 組織開発を中心に、人・集団・組織・コミュニティーの開発に関する実態調査と開発・変革支援を希望する。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2010年12月
     
     

    Organization Development Principles for International Business.Two-day Workshop at Temple University in Japan

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年08月
    -
    継続中

    国際OD協会 (International OD Association)   運営理事

  • 2016年03月
    -
    継続中

    ATDジャパン   運営理事

  • 2007年11月
    -
    継続中

    アカデミーオブマネジメント   年次大会発表論文査読委員

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • OD Association in Japan

    2014年01月
    -
    現在

    海外で開発された組織開発の理論・実践応用成果を、日本の各種組織に実践応用するために、企業人事担当、コンサルタント、大学研究者が定期的に交流する学習の場を、代表理事として運営している。
    年次大会だけでなく、年に数回勉強会や研究会として、研究者、コンサルタント、クライアント企業担当者が集まり、交流学習を継続している。
    2014年8月には、京都で日本初の国際大会実施が開催され、100名を超える海外のODコミュニティーメンバーと交流する大会委員長である。

  • アショカ ジャパン 

    2013年12月
    -
    現在

    アメリカに本拠のあるアショカ財団の日本支部の、ユースベンチャー審査会パネリストであり、アショカ財団の若手社会起業家と、定期的に交流をしている。

  • International OD Association

    2013年08月
    -
    現在

    組織運営理事(Executive Committee)

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 最新海外組織開発理論・技法の紹介

    組織開発の領域をカバーする大学・大学院が無いため、コンサルタントの部分的な技法導入だけになりがちで、例えばワールドカフェが大規模組織変革の理論背景無しに普及するようになりがちです。本質を見失った理解が本来の組織開発の価値を損なわないために、基礎になる組織開発の理論と実践事例を含めて、最新の知識を、送れず、歪めず紹介します。場合によっては、海外実践家との連携の仲立ちもします。

おすすめURL 【 表示 / 非表示

  • OD Association in Japan

    www.odaj.org

    任意団体として2014年に、西川が代表理事を勤めたODNJから離れ、2014年8月に日本初のOD国際集会を開いた。その後、小さいながらも、海外OD実践家・研究者との連携を保ちながら、実践家の質を高める交流を継続している数少ない団体。

    複合領域

取得資格 【 表示 / 非表示

  • TOEIC 805

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2003年08月
    -
    2005年03月

      EBA高等教育研究所所長   (全学委員会)