写真a

星 敦士 (ホシ アツシ)

HOSHI Atsushi

職名

教授

学位

社会学修士(東京都立大学)

専門分野

社会学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年03月

    金沢大学   文学部   人間学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年03月

    東京都立大学  社会科学研究科  社会学  博士課程  単位取得満期退学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2017年03月

    甲南大学   文学部   准教授  

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   文学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年07月
    -
    2005年03月

      国立社会保障・人口問題研究所  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1998年07月
    -
    継続中
     

    日本社会学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    関西社会学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    社会デザイン研究学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 育児期におけるサポート・ネットワークの構造とその変化ーー全国家庭動向調査(第2回~第5回調査)からみた相談相手の選択とその規定要因

    星敦士

    甲南大學紀要 文学編   ( 169 ) 47 - 61   2019年03月

    単著

  • 倫理的消費に関心をもつのはどのような人か――共分散構造分析による社会階層要因と社会ネットワーク要因の検討

    星敦士

    甲南大學紀要 文学編   ( 168 ) 85 - 94   2018年03月

    単著

  • 子どもの進学と母親の地域とのつながり

    星敦士

    都市社会研究   ( 9 ) 113 - 127   2017年03月  [招待有り]

    単著

  • 成人子から親に対するサポートはどのように決まるのか――第5回全国家庭動向調査を用いた世代間支援関係の検討

    星敦士

    社会学研究   ( 99 ) 57 - 84   2017年02月  [招待有り]

    単著

  • 希望する結婚・出産の実現による出生数維持のための方策と展望

    星敦士

    都市政策   ( 170 ) 12 - 21   2017年01月  [招待有り]

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 少子高齢時代の女性と家族:パネルデータから分かる日本のジェンダーと親子関係の変容

    津谷 典子, 阿藤 誠, 西岡 八郎, 福田 亘孝 (担当: その他 , 担当範囲: 第2章「結婚後の家族形成とパートナーシップ」(共著) )

    慶應義塾大学出版会  2018年03月 ISBN: 4766424980

    ASIN Amazon

  • 食と農のコミュニティ論: 地域活性化の戦略

    碓井 たかし, 松宮 朝 (担当: その他 , 担当範囲: 11章「日本におけるスローフード運動の展開」(共著) )

    創元社  2013年02月 ISBN: 4422300466

    ASIN Amazon

  • 現代の階層社会[3]流動化のなかの社会意識

    斎藤友里子,三隅一人 (担当: 編者 , 担当範囲: 第3章(共著) )

    東京大学出版会  2011年07月 ISBN: 9784130551335

  • 少子化時代の家族変容―パートナーシップと出生行動(分担執筆)

    星 敦士 (担当: その他 , 担当範囲: 第7章「夫の家事参加と妻の出生意欲」(共著) )

    東京大学出版会  2011年03月 ISBN: 4130511351

    ASIN Amazon

  • 社会ネットワークのリサーチ・メソッド―「つながり」を調査する

    平松 闊, 宮垣 元, 星 敦士, 鵜飼 孝造 (担当: その他 )

    ミネルヴァ書房  2010年04月 ISBN: 4623056430

    ASIN Amazon

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • かわる家族のかたち:少子化社会の現状と政策的対応

    星 敦士

    第6回都市政策セミナー(神戸市都市問題研究所)  2018年02月  -  2018年02月   

  • 希望する結婚・出産の実現による出生数維持のための方策

    星 敦士

    第2回政策企画部会セミナー(神戸市)  2017年03月  -  2017年03月   

  • 運動参加要因としての心理的コミットメント――スローフード協会会員を対象としたアンケートデータ分析から

    宮田尚子・星敦士

    第65回関西社会学会大会(富山大学)  2014年05月  -  2014年05月   

  • 農食の情報論的分析――スローフードを中心に

    碓井崧・星敦士

    第81回日本社会学会大会(東北大学)  2008年11月  -  2008年11月   

  • 農食をめぐるオールタナティブ運動の運動特性――地産地消・有機農業・スローフードの場合

    碓井崧・奥村義雄・星敦士

    第58回関西社会学会大会(同志社大学)  2007年05月  -  2007年05月   

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 母親の就業と進路格差ー都市間比較調査に見る格差の実態

    基盤研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  継続中 

    既婚女性の就業継続における課題の一つである子どもの受験行動について、階層間格差の拡大と既婚女性の就業継続や教育課題にたいする対処行動という視点から都市間比較調査により実証的に明らかにする。

  • 社会ネットワークアプローチによる「食」をめぐる集合行為の検討

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2015年03月 

    本研究の目的は、集合行為における「参加」と「動員」のプロセスを、社会ネットワーク研究の手法を応用して分析することである。社会運動研究において注目されてきた「参加」と「動員」を媒介する過程として人々が取り結ぶ社会ネットワークと、そのネットワークを通じて交わされる意味・シンボルの機能に照準することで、集合行為をめぐる動員論と行為論を架橋することが可能となる。また、社会ネットワーク研究は計量的手法を中心に発展してきたため、「つながり」の測定手法は精緻化されてきたが、一方でなぜそのような関係の構造が人や組織にある行為を促すのか、という解釈においてはアドホックなものに偏る傾向があった。そこに、社会関係を通じた運動参加という行為と動員を扱ってきた資源動員論のような社会運動論との接合の必要性がある。
     具体的には、現代社会における「食」のあり方をめぐって展開されている日本のスローフード運動を事例として、標本調査によって得られるデータを対象とした計量的分析と、個別のケースにおける具体的な運動展開のプロセスに対して事例研究の手法からアプローチすることで、参加者のコミットメントのあり方と、活動を通じて形成される社会ネットワークとの相互作用を明らかにする。

  • 食のグローバル化へのオールタナティブ運動に関する社会学的研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2006年11月  -  2008年11月 

    食と農のグローバル化が進行する現代社会におけるオルタナティヴな運動としてのスローフード、地産地消、有機農業、コミュニティ・ビジネスなどを検証する。

  • 新しいコミュニティの構想:東部被災地をフィールドとして

    基盤研究(B)

    研究期間:  2005年11月  -  2007年11月 

    阪神淡路大震災から10年後の被災地の現状を調査し、新しいコミュニティの可能性を理論・実証の双方から検証する。

  • 地方分権が社会保障システムの効率性・衡平性に与える影響の分析

    基盤研究(B)

    研究期間:  2005年11月  -  2007年11月 

    市町村合併、地方分権の推進が医療・介護等の社会保障システムの効率性、衡平性にどのような影響を与えるのかについて現地調査、ヒアリング、モデル分析から検証する。

全件表示 >>

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 市民意識調査

    提供機関:   一般受託研究

    研究期間: 2001年11月  -  2002年11月 

    施策に対する満足度、市民のニーズ、家族のあり方や就業などに関する諸種の実態と意識を把握するために調査を実施。

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 社会ネットワークの構造と機能に関する研究

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年05月
     
     

    研究会報告「星ゼミは何をやっているのか」

  • 2017年04月
    -
    継続中

    ゼミにおけるルーブリック方式による評価シートの利用

  • 2010年04月
     
     

    専門教育科目「社会ネットワーク論」での使用を前提とした著書の刊行

  • 2005年04月
    -
    継続中

    e-learningコンテンツ「社会調査工房オンライン」の制作

  • 2005年04月
    -
    継続中

    講義科目におけるリアクションペーパーの活用

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 国立社会保障・人口問題研究所「第5回家庭動向調査」

    2016年04月
    -
    現在

    プロジェクト委員

  • 国立社会保障・人口問題研究所「第4回家庭動向調査」

    2008年11月
    -
    2009年11月

    所外委員(2008-2009)

  • 国立社会保障・人口問題研究所「第4回家庭動向調査」

    2007年11月
    -
    2008年11月

    所外委員(2007-2008)

  • 国立社会保障・人口問題研究所「第3回家庭動向調査」

    2004年11月
    -
    2005年11月

    所外委員(2004-2005)

  • 国立社会保障・人口問題研究所「第2回家庭動向調査」

    2000年11月
    -
    2001年11月

    所外委員(2000-2001)

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 調査票の作成、サンプリング、実査など社会調査(特に量的調査)の実施に関する技術

    a

  • 社会ネットワークに関するデータ収集方法

    a

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 専門社会調査士