写真a

住田 英穂 (スミタ ヒデホ)

SUMITA Hideho

職名

教授

専門分野

民事法学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    早稲田大学   法学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    早稲田大学  法学研究科  民事法学  博士課程  単位取得満期退学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    甲南大学   法学部   法学科   教授  

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    甲南大学   法学部   准教授  

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   法学部   助教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

      茨城大学人文学部  

  • 1997年01月
    -
    2003年03月

      茨城大学人文学部  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    日本私法学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 正当事由の意義と民法学

    住田英穂

    早稲田民法学の現在     2017年07月  [招待有り]

    単著

  • 民法416条の「予見主体」「予見可能性の判断の基準時」

    住田英穂

    民事責任の法理 円谷峻先生古稀記念論文集     2015年05月  [招待有り]

    単著

  • 損害軽減義務に関する一考察―最高裁平成21年1月19日判決を素材にして―

    住田英穂

    甲南法学   51 ( 2 )   2010年12月

    単著

  • アジアにおける製品・食品安全制度の比較、研究 - 日本、中国、韓国、マレーシア ー(共著)

    住田英穂

    平成16年度ー平成17年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書     172 - 188   2005年09月

    共著

    代表研究者 円谷峻

  • 原子力事故における国家の補完責任

    住田英穂

    茨城大学人文学部紀要・社会科学科論集   ( 38 ) 109 - 140   2003年03月

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 令和元年重要判例解説 民法5 違法な仮差押命令の申立てと債務者の逸失利益の損害との間の相当因果関係が否定された事例

    住田 英穂 (担当: 単著 )

    有斐閣  2020年04月 ISBN: 0448-0791

  • 民法判例百選Ⅱ債権(第8版)32 建物賃借人の地代弁済と第三者弁済

    住田英穂 (担当: 単著 )

    有斐閣  2018年03月 ISBN: 13425048

  • 民法判例百選Ⅱ債権(第7版)35 建物賃借人の地代弁済と第三者弁済

    住田英穂 (担当: 単著 )

    有斐閣  2015年01月

  • 東アジア諸国、オセアニア諸国、マレーシアの消費者保護制度に対する総合的比較研究

    円谷 峻 (担当: 共著 , 担当範囲: 54頁~74頁 )

    平成17年度ー平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(A))研究成果報告書   2008年06月

  • 民法Ⅱ[物権](共著)

    住田英穂 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1章第3節ⅢⅣⅤー第6節 pp58-86 )

    青林書院(平井一雄編)  2002年04月

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 契約法における多元主義

    住田英穂

    国際取引法研究会  2019年03月  -  2019年03月   

  • 国際取引における法の統一と法解釈の統一

    報告者・笠井修 指定討論者・住田英穂

    国際自由都市の展望と課題  2012年05月  -  2012年05月    済州大学法と政策研究所

  • 同時履行の抗弁権(履行留保権・履行拒絶権)と重大な契約違反解除・催告解除の関係ーCISGを素材としてー

    住田英穂

    神戸大学判例研究会  2011年11月  -  2011年11月   

  • アメリカ契約法における解除について―特定履行・損害軽減義務との関係を中心にして―

    住田英穂

    神戸大学民法判例研究会  2010年04月  -  2010年04月   

  • 契約違反における損害論

    住田英穂

    神戸大学民法判例研究会  2008年09月  -  2008年09月   

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • A Case concerning compensation for delays in certifications as Minamata Disease Victims(共著)

    1993年11月  -  1993年11月

    資料
    Waseda Bulletin of Comparative Law vol.12pp.40-45
    【著作者】内田勝一、住田英穂

  • The Land and House Lease Act(共著)

    1993年11月  -  1993年11月

    資料
    Waseda Bulletin of Comparative Law vol.12pp.23-30
    【著作者】内田勝一、住田英穂

  • The meaning of voluntary payment in Article 43 of the Loan Business Regulation Act(共著)

    1992年11月  -  1992年11月

    資料
    Waseda Bulletin of Comparative Law vol.11pp.43-47
    【著作者】内田勝一、住田英穂

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 司法書士の法律業務に関する理論上の問題点

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2007年04月  -  継続中 

    司法書士会との共同研究

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月
     
     

    法律討論会の審査委員

  • 2011年12月
     
     

    法律討論会の審査員

  • 2009年02月
     
     

    FD講演会への参加

  • 2006年07月
     
     

    法律討論会の出題者・審査員

  • 1997年04月
    -
    継続中

    レジュメの作成・配布

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

     民法総則Ⅰ(1年次配当、2単位)、民法総則Ⅱ(2年次配当、2単位)、物権法Ⅰ(2年次配当、2単位)物権法Ⅱ(2年次配当、2単位)債権法Ⅰ(2年次配当、2単位)、
    不法行為法(2年次配当、2単位)、親族法(2年次配当、2単位)、相続法(2年次配当、2単位)、基礎演習(1年次配当、2単位)選択演習(2年次配当、2単位)、専門演習(3年次配当、4単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

     法律を学ぶことは、条文を暗記することであると考えている学生があまりにも多い。法律学で重要なことは、条文を出発点として、その背後にある考え方・物事の捉え方、さらには価値観に迫り、そこから、社会現象を考察することである。法律学のなかでも、民法の規律する紛争は、事実関係や適用される条文が複雑であるため、条文や学説の背後に潜んでいる物事の見方や価値観を把握しにくいことも多い。事実関係を解きほぐし、条文が適用される思考プロセスを明らかにする作業を通じて、条文を解釈するということを体感させたいと考えている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    講義では、条文の知識を学ばせるだけではなく、設例を用意して、条文が適用される思考プロセスを示している。その際には、判例・通説だけではなく、それと対立する説も取り上げている。対立する学説までも検討するのは、条文や学説の背後にある考え方や価値観の違いを浮き彫りにすることを狙っているからである。
     ゼミでは、「文献の読解」と「レジュメ・レポートの作成」を中心に指導している。報告者を割り当て、レジュメをもとして報告してもらい、その後に全員で議論を行う。「問題提起」と「私見」をレジュメには、必ず含めるように指示している。文献の読解とレジュメ・レポートの作成のいずれにおいても、問題提起から結論に至る論理展開を意識させている。読解の段階では論理展開の分析する作業を、作成の段階では論理展開を組み立てる作業を経験させることによって、「深く読む」技法と「相手を説得する」技法をつかみとらせることを狙っている。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

     講義の試験では、基本的な知識を問う問題のほかに、事例問題を出題している。事例問題では、論点の提示→対立する説の記述→それぞれの説の立場からの解答という形式で、小問を設け、解答させている。小問に区切って解答させているので、学生がどこまで理解しているかが把握できる。近時は、高得点層と低得点層の乖離が目立つようになっている。
     ゼミでは、報告者の提示する私見に対して行われる議論が低調である。これは、報告者を除くゼミ員の予習・インプットが十分でないためである。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

     講義では、少しでも複雑な物事に直面すると「無理」と言って背をむけてしまう学生に、どのようにして、民法学の楽しさを伝え、やる気を出させるか、が課題である。ゼミでは、報告者でないときにも、主体的参加させる方法を工夫することが課題である。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、試験問題

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 講演 高齢者の財産管理―成年後見制度を中心にして―

    甲南大学 地域連携センター  (甲南大学 白川台キャンパス) 

    2019年11月
     
     

    甲南大学白川台キャンパスにて、近隣の住民の方を対象として、下記の題名の講演を行った。

    講演 高齢者の財産管理―成年後見制度を中心にして―