写真a

WAKATANI Akiyoshi

Position

Professor

Research Field

Informatics / Computer system, Informatics / Information network, Others / Others

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Kyoto University   Faculty of Engineering   Graduated

    - 1984.3

Graduate School 【 display / non-display

  • Kyoto University   Graduate School, Division of Engineering   Master's Course   Completed

    - 1986.3

Studying abroad experiences 【 display / non-display

  • 1992.10
    -
    1994.9

    Oregon Graduate Institute   visiting faculty

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Graduate School of Natural Science (Masters Degree Program)   Graduate School of Natural Science Deprtment of Intelligent Systems and Informatics (Masters Degree Program)

    2020.4 - 2021.3

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Intelligence and Informatics   Faculty of Intelligence and Informatics Department of Intelligence and Informatics

    2016.4 - 2018.3

  • KONAN UNIVERSITY   Graduate School of Natural Science (Masters Degree Program)   Graduate School of Natural Science Deprtment of Information Science and Systems Engineering (Masters Degree Program)

    2011.4 - 2012.3

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Science and Engineering   Faculty of Science and Engineering Department of Information Science and Systems Engineering

    2010.4 - 2011.3

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Intelligence and Informatics   Professor

    2008.4

display all >>

External Career 【 display / non-display

  • 松下電器産業

    1986.4 - 2000.3

  • 松下電器産業,研究員

    1986 - 2000

 

Papers 【 display / non-display

  • Prototype of a self-study web application suite for parallel programming education Reviewed

    A. Wakatani and T. Maeda

    18th annual International Conference of Education, Research and Innovation (INTED 2024)   261 - 270   2024.3

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author  

  • 生成AI を用いたC言語プログラミング学習のための助言システムの試作

    若谷彰良, 前田利之

    甲南大学紀要 知能情報学編   16 ( 2 )   7 - 16   2024.2

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author  

  • Incremental auto-tuning for hybrid parallelization using OpenCL Reviewed

    A. Wakatani

    12th IEEE International Conference on Intelligent Data Acquisition and Advanced Computing Systems: Technology and Applications (IEEE IDAACS 2023)   5 - 9   2023.9

     More details

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author  

  • 再帰関数を含むアプリケーションに対するOpenCLのハイブリッド並列

    若谷彰良, 中谷秋栄

    甲南大学紀要 知能情報学編   16 ( 1 )   1 - 6   2023.8

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author  

  • Auto-generation of programming exercises for education of MPI and AVX parallel programming Reviewed

    A. Wakatani and T. Maeda

    17th annual International Conference of Education, Research and Innovation (INTED 2023)   1 - 8   2023.3

     More details

    Authorship:Lead author  

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Multi-step parallel PNN algorithm for distributed-memory systems

    若谷 彰良

    Computer and Information Science,Studies in Computational Intelligence, pp. 41-51, May. 2008  2008  ( ISBN:3540791868

     More details

  • Parallel Language and Compiler Research in Japan(共著)

    Koji Zaiki, Akiyoshi Wakatani, Tadashi Okamoto, Katsuyuki Kaneko and Tatsuo Nogi( Role: Joint author)

    Kluwer Academic publishers  1995  ( ISBN:0-7923-9506-9

  • Parallel Programming Language ADETRAN in "Parallel Language and Compiler Research in Japan"

    WAKATANI Akiyoshi

    Kluwer Academic  1995 

     More details

  • Parallel Language and Compiler Research in Japan(共著)

    Koji Zaiki, Akiyoshi Wakatani, Tadashi Okamoto, Katsuyuki Kaneko, Tatsuo Nogi

    Kluwer Academic publishers  1995 

     More details

  • 超並列コンピュータ ADENARTの構成とソフトウエア

    堀内 司朗(監修),廉田 浩(編著),金子 克幸,中野 拓,若谷 彰良,材木 幸治,岡本 理( Role: Sole author)

    工業調査会  1992.11 

display all >>

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • メニーコア時代の並列プログラミング

    若谷彰良

    甲南大学紀要 知能情報学編   6 ( 2 )   175 - 184   2013.10

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:甲南大学  

  • Implementation of Recurrence Calculation on a Heterogeneous Multicore Processor

    Akiyoshi Wakatani

    8th IEEE International Conference on Computer and Information Science   876 - 881   2009

     More details

  • Reduced Parallel PNN algorithm for PC Grid systems

    Akiyoshi Wakatani

    ACM SAC 2009   1009 - 1010   2009

     More details

  • マルチコア時代の並列プログラミング

    若谷彰良

    甲南大学紀要 知能情報学編   1 ( 2 )   223 - 248   2008.12

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)   Publisher:甲南大学  

  • Parallel DPCM Algorithms for Multicore Processors

    Akiyoshi Wakatani

    IWAIT 2008   2008

     More details

display all >>

Industrial property rights 【 display / non-display

  • Parallel Image Clustering Apparatus

    Akiyoshi Wakatani, Yoshiteru Mino and Hiroshi Kadota

     More details

    Patent/Registration no:5.909.508

    Country of applicant:Foreign country  

  • Multiprocessor System Having Unidirectional Communication Paths

    Akiyoshi Wakatani

     More details

    Patent/Registration no:5.060.141

    Country of applicant:Foreign country  

  • Merge Device Using FIFO Buffers

    Akiyoshi Wakatani

     More details

    Patent/Registration no:5.274.825

    Country of applicant:Foreign country  

  • マルチプロセッサシステム

    谷川 裕二,若谷 彰良

     More details

    Patent/Registration no:特平6-42235

    Country of applicant:Domestic  

  • Method and Apparatus for Compiler Processing and Program Related to Data Transfer and Calculation, and Method of Managing Memory

    Akiyoshi Wakatani

     More details

    Patent/Registration no:5.404.531

    Country of applicant:Domestic  

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • AI・データサイエンス教育のためのプログラミング演習問題の自動生成システムの研究

    2023.4 - 2026.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator

    AI(人工知能)及びデータサイエンスを用いた事業推進及び技術革新が進み、これらの技術を縦横無尽に使いこなすには、代表的なプログラミング言語であるPython言語の理解だけでなく、複数の機械学習用のライブラリを使いこなし、データの前処理やデータ表示及び学習や推論をプログラミングできることが必要になる。一般に、初学者に対するプログラミングの学習には大量の演習問題を用いた繰り返し学習が必要であると考えられている。
    本研究の目的は、ライブラリ(pandas、NumPy、scikit-learn等)を用いたPython言語による機械学習用プログラミングの学習において、数学及び統計的知識を加味したプログラミング演習問題をテンプレートと置換ルールを用いて自動生成するWebベースの学習システムを実装し、学習システムの定量的評価、すなわち、1)テンプレート数と学習教材の規模の関係、2)学習者の学習時間と理解向上度の関係を明らかにし、適切なテンプレート数と置換ルールを用いて学習システムを最適化することである。
    本研究では、能動的な学習に重要な演習問題を多数効率的に作成できることから、初学者に対する教育の質の改善ができ、機械学習に優れた人材の育成に寄与することが期待できる。

  • 記述のゆれを許容した教育用疑似自然言語プログラミング環境の構築

    2019.4 - 2024.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)

  • 並列プログラミングのための反転授業向け学習支援ツールの研究

    2018.4 - 2024.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator

    並列コンピュータが一般化し、そのための並列プログラミングの需要が増加している。並列プログラミングの学習においては、APIの理解およびスレッド制御やデータ依存関係を理解するために、一般に、大量の例題を用いた学習が有効である。本研究では、並列プログラミング(MPI, CUDA, OpenMP)の学習を反転授業に適用した際に必要となる例題を3つに分類し、その作成のために、webベースで自動生成できるシステムを開発し、その評価を行う。
    ・例題を一つずつ作成するのではなく、自動的に大量の例題を作成するシステムを構築する。
    ・学習対象となる複数の並列プログラミング環境に対応し、また、学習進度に合わせた例題作成を行うシステムとし、MOOC(本文参照)と連携して実証実験を行う。
    本研究の実証実験の結果、一斉講義だけでなく例題による学習ができることから、反転授業に並列プログラミングの学習を適用でき、教育の質の改善ができることを検証していく。

  • 反転授業のためのプログラミング言語学習用例題自動生成システムの研究

    2015.4 - 2018.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator

    プログラミング言語学習においては、一般に、大量の例題を行うことで学習効果を高めることが
    できる。本研究では、プログラミング言語学習を反転授業に適用した際に必要となる例題作成を、
    web ベースで自動生成できるシステムの開発を行う。
    ・例題を一つずつ作成するのではなく、自動的に大量の例題を作成するシステムを作成する。
    ・学習対象となる複数のプログラミング言語に対応し、また、学習進度に合わせた例題作成を行
    うシステムとし、MOOC と連携して実証実験を行う。
    本研究の実証実験の結果、一斉講義だけでなく例題による学習ができることから、反転授業にプ
    ログラミング言語学習を適用でき、教育の質の改善ができることを検証していく。

 

Social Activities 【 display / non-display

  • 神戸市情報セキュリティ研修(所属長研修)実施業務委託先選定会議委員

    2011.3 - 2011.4

     More details

    神戸市の情報セキュリティ研修(所属長研修)の実施業務の委託先を選定する。

  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会2011年秋季研究発表会実行委員

    2010.10 - 2011.10

     More details

    日本オペレーションズ・リサーチ学会主催の、2011年秋季に甲南大学で開催される研究発表会の運営を行う。

  • 神戸市情報セキュリティ研修(所属長研修)実施業務委託先選定会議委員

    2008.3 - 2008.4

     More details

    神戸市における情報セキュリティ研修(所属長研修)の実施業務の委託先を選定する。

  • The 7th International Conference on Optimizationでの現地実施委員

    2006.12 - 2007.12

     More details

    2007年に神戸で開催された7th International Conference on Optimizationでの運営を行う。

 

Qualification acquired 【 display / non-display

  • Usual Car License (first kind)

  • Software Design & Development Engineer/Information Processing Engineer, Class 1