写真a

市田 正夫 (イチダ マサオ)

ICHIDA Masao

職名

教授

学位

博士(理学)(大阪市立大学)

専門分野

物性Ⅰ

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    大阪市立大学   理学部   物理学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年09月

    大阪市立大学  理学研究科  物理学  博士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    甲南大学   理工学部   教授  

  • 2007年04月
    -
    2012年03月

    甲南大学   理工学部   物理学科   准教授  

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    甲南大学   理工学部   助教授  

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    甲南大学   理工学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

       (独法) 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 個人型研究(さきがけタイプ)  

  • 2001年12月
    -
    2003年03月

      科学技術振興事業団 さきがけ研究21  

  • 1995年04月
    -
    2001年03月

      名古屋大学理工科学総合研究センター  

  • 1993年10月
    -
    1995年03月

      名古屋大学工学部  

  • 1993年04月
    -
    1993年09月

      日本学術振興会  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    日本物理教育学会

  • 1995年04月
    -
    継続中
     

    フラーレン・ナノチューブ学会(国内)

  • 1989年07月
    -
    継続中
     

    日本物理学会(国内)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 低次元励起子系の光物性

    (選択しない)  

    研究期間: 1989年04月  -  継続中

  • ナノカーボンの光学応答

    (選択しない)  

    研究期間: 1989年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • A Hundred-Picoseconds Pulse Laser as a Calibration Source

    Yusuke Inome, Yuji Sunada, Yuuki Choushi, Masao Ichida, Razmik Mirzoyan, Hideyuki Ohoka, Takayuki Saito, Kenji Tamura, Masahiro Teshima, Tokonatsu Yamamoto

    IEEE Transactions on Nuclear Science   66 ( 8 ) 1993 - 1997   2019年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • e-beam irradiation effects on IR absorption bands in single-walled carbon nanotubes

    Masao Ichida, Katsunori Nagao, Yuka Ikemoto, Toshiya Okazaki, Yasumitsu Miyata, Akira Kawakami, Hiromichi Kataura, Ikurou Umezu, Hiroaki Ando

    Solid State Communications   250   119 - 122   2017年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Temperature dependence of plasmon resonance in single-walled carbon nanotubes

    Takahiro Morimoto, Masao Ichida, Yuka Ikemoto, and Toshiya Okazaki

    Phys. Rev. B   93 ( 19 ) 195409   2016年05月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Correlated Optical and Magnetic Properties in Photoreduced Graphene Oxide

    Takaaki Taniguchi, Hiroyuki Yokoi, Masaki Nagamine, Hikaru Tateishi, Asami Funatsu, Kazuto Hatakeyama, Chikako Ogata, Masao Ichida, Hiroaki Ando, Michio Koinuma, and Yasumichi Matsumoto

    Phys. Chem. C   118 ( 48 ) 28258 - 28265   2014年11月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Evaluation of hole-spin superposition in GaAs/AlGaAs quantum wells through time-resolved photoluminescence measurements

    Tetsu Ito, Hideki Gotoh, Masao Ichida and Hiroaki Ando

    Appl. Phys. Lett.   104   252406   2014年06月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 電磁気学講義ノート

    市田正夫 (担当: 単著 )

    サイエンス社  2017年11月 ISBN: 9784781914121

  • カーボンナノチューブの基礎と応用(共著)

    斉藤理一郎 篠原久典 編 (担当: 共著 )

    培風館  2004年03月 ISBN: 4-563-06734-2

  • カーボンナノチューブ―進む材料開発技術と今後の用途展開(共著)

    真庭豊 市田正夫 他多数 (担当: 共著 )

    情報機構  2002年04月 ISBN: 4-901677-01-2

  • カーボンナノチューブ―期待される材料開発―(共著)

    飯島澄男 斉藤理一郎 他多数 (担当: 共著 )

    シーエムシー  2001年11月 ISBN: 4-88231-744-3

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 「アバランシ・フォトダイオードを用いた通信波長帯用単一光子検出器」

    山本 健史、市田 正夫、前田 啓輔、安藤 弘明

    甲南大学理工学部 紀要 ( 甲南大学 )  ( 54(1) ) 47   2006年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • C70結晶の高温高圧処理による重合体の形成とその構造

    今岡雅之, 市田正夫, 日影達夫, 中村新男

    X線回折研究のあゆみ ( 名古屋大学 )  ( 22 ) 11 - 16   2001年01月

    総説・解説(その他)   共著

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 酸化グラフェンの三次非線形光学応答の光照射効果とその起源

    細見勇登, 南畑侑亮, 松田一成, 安藤弘明, 市田正夫

    光物性研究会  (京都大学宇治キャンパス)  2017年12月  -  2017年12月   

  • Observation of electron- and hole-spin relaxation by pump and probe measurement under different excitation polarization

    Hiroki Muramatsu, Tetsu Ito, Hideki Gotoh, Masao Ichida, Hiroaki Ando

    1st MRS Thailand International Conference  (Chiang Mai, Thailand)  2017年10月  -  2017年11月   

  • フルオレン‐アン トラセン薄膜混晶の室温レーザ ー発振特性の厚み依存性

    萬徳匡昭、市田正夫、梅津郁朗、青木珠緒

    光物性研究会  (神戸)  2016年12月  -  2016年12月   

  • 酸化グラフェンの三次非線形光学応答の光照射効果

    南畑侑亮,,松田一成,安藤弘明,市田正夫

    光物性研究会  (神戸)  2016年12月  -  2016年12月   

  • Control of Electron Spin Relaxation by Excitation Photon Density in Pnpn Structured GaAs

    Atsushi Morozumi, Tetsu Ito, Masao Ichida, and Hiroaki Ando

    Inter-Academia 2016  ( Warsaw, Poland)  2016年09月  -  2016年09月   

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • カーボンナノチューブを用いた光スイッチング素子及びその製造方法

    特願2004-188270 

    市田正夫

    特許、発明者、特願2004-188270、2004.6.25

  • カーボンナノチューブを用いた光スイッチング素子及び光磁気スイッチング素子

    特願2004-188379 

    市田正夫

    特許、発明者、特願2004-188379、2004.6.25

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 酸化グラフェンの非線形光学応答とその光照射効果に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

    本研究の目的は、グラフェン及び酸化グラフェンにおける非線形光学応答を調べ、同じナノカーボン系であるカーボンナノチューブやフラーレンと比較することにより、カーボンπ電子系における光学非線形性の起源と次元性の役割についての知見を得て、新たな非線形光デバイス材料としてグラフェンを評価する。また、時間分解分光測定により、光還元のメカニズムを明らかにし、その制御を試みる。さらに、光還元により空間変調された酸化グラフェン-グラフェン薄膜の作製を試み、その光デバイスとしての可能性を検討する

  • 構造欠陥に起因したカーボンナノチューブの新たな電子状態とその制御

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

    高純度に分離された半導体および金属単層カーボンナノチューブの薄膜の赤外吸収スペクトルとその電子線照射効果について調べた。その結果、赤外吸収帯は有限長さのチューブが示すプラズモン共鳴であり、その共鳴エネルギーは、チューブ中の欠陥で決まる有効長さに依存することが分かった。

  • カーボンナノチューブのTHz光領域の光学応答とTHz光発生・検出に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年04月  -  継続中 

    カーボンナノチューブのTHz光領域の光学応答を調べ、THz発生・検出デバイスへの応用を検討する。

  • 精密レーザー分光による単層カーボンナノチューブの電子状態と非線形光学特性の研究

    特定領域研究

    研究期間:  1998年04月  -  継続中 

    単層カーボンナノチューブの電子状態と非線形光学特性をレーザー分光で調べる。

  • 機能性カーボンナノチューブの光物性評価に関する研究

    特定領域研究

    研究期間:  1998年04月  -  継続中 

    高純度分離単層カーボンナノチューブの光学非線形性や緩和ダイナミクス、位相緩和などを調べる。

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • カーボンナノチューブの非線形及び磁気光学特性の研究

    提供機関:  文部科学省  戦略的創造研究推進事業

    研究期間: 2001年12月  -  2005年03月 

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 単層カーボンナノチューブによるTHz光発生及び検出に関する研究

    提供機関: 情報通信研究機構  国内共同研究

    研究期間: 2012年05月  -  継続中 

    半導体単層カーボンナノチューブ薄膜のTHz光領域の光学応答
    半導体単層カーボンナノチューブ薄膜を用いたTHz光アンテナの作製と評価

  • カーボンナノチューブの非線形及び磁気光学特性の研究

    提供機関:   国内共同研究

    研究期間: 2001年12月  -  2005年03月 

    単層カーボンナノチューブの非線形光学応答やその時間応答をフェムト秒時間分解分光により調べ、また、磁気光学応答について超強磁場発生装置を用いて調べる研究。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    講義資料のWEBでの配布

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    電磁気学II、基礎物理学実験、ラボラトリーフィジックス、物理学実験II,物理工学リサーチ、物理学卒業研究

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    甲南学園の創始者である平生釟三郎は、建学の精神として「人格の修養と、健康の増進といふことを第一としゐるのである。それに加ふるに、個性を尊重して、天賦の智能を啓発する意味に於ての智育を施すことである。」としている。また、教育観として、「凡ての人は天才であり、その天才を発揮させて行くと云ふことが、人間を作ることの本義でなければならぬ。」としている。さらに、生徒を教育する教員に対しては「学校は先生の為に作つてあるのではない。生徒の為に作つてあるのである。だから先生には生徒の為になることは、何でもしてもらはなければならぬ。」としている。このような建学の精神をもとに、学生個人の特性に応じた、人間教育を行うことを理念としている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    物理学は身近な出来事から宇宙の果てで起こっていることまで全ての現象を説明する学問である。上記の教育理念に基づいて、教員が学生が目指すべき道を指し示しつつ、その後には、自分で道を切り開けるような能力を獲得できるよう、授業を組み立てている。具体的には、講義の最初にその日の講義が全体のどこに位置しているかを示し、小テストにより知識の定着化、や理解度の自己確認を行う。講義は一方的に板書をノートに写すだけでなく、多くの例やトピックスを交えながら、常に興味を持てるように工夫している。講義前に予習が出来るように、講義資料はネットによって配布している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    授業改善アンケートによれば、授業内容についての質問への回答(項目6)、教員の話し方(項目8)、授業の難易度の設定(項目9)、講義資料について(項目11)、知識・能力の向上(項目12)、授業の満足度(項目13)で、学部、全学平均を超えており、学生にとって良い授業であったとの評価を受けていると考えられる。また、また、自由記述においても「分かりやすかった」との回答が多くみられた。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    今後は、ピア・インストラクションなどアクティブラーニングの導入や、演示実験を活用した教育を行っていきたい。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

     講義資料
     http://www.phys.konan-u.ac.jp/~ichida/Lectures/Em2/index.html

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本物理教育学会   近畿支部支部長

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    日本物理教育学会   事務局長

  • 2016年04月
    -
    継続中

    日本物理教育学会   庶務理事

  • 2013年04月
    -
    継続中

    日本物理教育学会   理事

  • 2011年09月
    -
    2013年08月

    日本物理学会(国内)   大阪支部・会計係

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 時間分解分光

    a

  • 強磁場下における光学スペクトル測定

    a

  • 非線形分光

    a

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 第四級アマチュア無線技士

  • 基本情報技術者/第2種情報処理技術者

  • ソフトウェア開発技術者/第1種情報処理技術者