写真a

南地 伸昭 (ナンチ ノブアキ)

NANCHI Nobuaki

職名

特任教授

学位

博士(観光学)(北海道大学), 博士(経済学)(神戸大学), 修士(経済学)(大阪大学)

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学   大学院国際広報メディア・観光学院   博士課程   修了

    2019年4月 - 2022年9月

  • 神戸大学   経済学研究科   総合経済政策   博士課程   修了

    2001年4月 - 2006年9月

  • 大阪大学   経済学研究科   日本経済経営   修士課程   修了

    1997年4月 - 1999年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   経営学部   経営学科   特任教授

    2022年4月 - 現在

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 四国巡礼ツーリズムの経験価値-質問紙調査によるモデル実証- 査読あり

    南地伸昭

    観光研究   34 ( 1 )   31 - 50   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

  • 巡礼ツーリズムの経験価値 査読あり

    南地伸昭

    北海道大学博士学位論文   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

  • 巡礼ツーリズムにおける経験価値のモデル実証-西国三十三所巡礼バスツアー参加者への質問紙調査を基に- 査読あり

    南地伸昭

    観光研究   33 ( 1 )   89 - 105   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

  • 聖地巡礼ツーリズムの経験価値に関する一考察 査読あり

    南地伸昭

    観光研究   32 ( 1 )   19 - 32   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

  • わが国地方銀行の組織デザイン化戦略にみる環境適応行動ー情報通信技術革新と業際規制緩和の視点からー 査読あり

    南地伸昭

    経営行動科学   30 ( 2 )   61 - 81   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 地方創生のための地域金融機関の役割ー金融仲介機能の質向上を目指してー

    南地伸昭( 担当: 共著)

    中央経済社  2018年3月 

  • 地域金融機関の社会貢献

    南地伸昭( 担当: 単著)

    八千代出版  2012年9月 

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 渋沢栄一による大阪紡績会社の創業についての一考察-シュンペーターの企業家像とDCFに基づく事例分析-

    南地伸昭

    経営行動科学学会  (同志社大学)  2017年11月  経営行動科学学会

     詳細を見る

    国名:日本国  

  • わが国地方銀行の組織デザイン化戦略にみる環境適応行動ー情報通信技術革新と業際規制緩和の観点からー

    南地伸昭

    経営行動科学学会  2015年11月 

     詳細を見る

    国名:日本国  

  • 地域金融機関の二重性の金融社会学的分析

    南地伸昭

    生活経済学会  2004年6月 

     詳細を見る

    国名:日本国  

  • 金融自由化時代のリテール金融機関経営ー戦略思考と組織設計ー

    南地伸昭

    大阪銀行協会フォーラム  1999年8月 

     詳細を見る

    国名:日本国  

  • 金融自由化時代の地域金融機関経営

    南地伸昭

    金融学会  1998年10月 

     詳細を見る

    国名:日本国  

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 日米地域銀行の存続と再編-なぜ日本の地域銀行は減っていくのか-

    2018年10月

     詳細を見る

    書評

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2021年度優秀論文賞

    2022年5月   日本観光研究学会   巡礼ツーリズムにおける経験価値のモデル実証-西国三十三所巡礼バスツアー参加者への質問紙調査を基に-

  • 2020年度優秀論文賞

    2021年5月   日本観光研究学会   聖地巡礼ツーリズムの経験価値に関する一考察

  • 第16回(2018年度)JAASアワード優秀事例賞

    2019年4月   経営行動科学学会   わが国地方銀行の組織デザイン化戦略にみる環境適応行動

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

 

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2022年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    BPコース特論Ⅲ、基礎演習、基礎演習(再履修)、経営実務b、BP演習Ⅱb、専門演習Ⅰ

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    学修を通じた理論的枠組みの理解を基礎としながら、それらの知見を実際の経済・経営現象の分析に応用することによって、現実社会が抱える問題の把握と課題克服に向けた処方箋を自ら考察・提示できるようになることを目標としている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    基礎的な理論の理解から始め、段階的に実際の経済・経営現象の事例分析を織り交ぜるスタイルを採用している。受講者が学修した理論的枠組みや知見を実際の経済・経営現象の分析・理解、ひいては現実社会が抱える課題の解決に向けて自ら考察し、処方箋の提示に取り組むことを目指している。具体的には、現実社会における経済経営現象に関する事例を取り上げて、培った理論的知見を用いながら自らまたは仲間と分析・検討しながら課題とその克服のための処方箋を考察し、プレゼンテーションやレポートの作成に取り組んでいる。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    根拠資料(資料の種類などの名称):

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 地域金融機関IT研究会報告書「リテール戦略におけるコンタクトセンター」

    役割:講師, 情報提供, 調査担当, 報告書執筆

    公益財団法人金融情報システムセンター  2005年7月

  • 地域金融機関IT研究会報告書「携帯電話を活用した金融ビジネスの動向」

    役割:講師, 情報提供, 調査担当, 報告書執筆

    公益財団法人金融情報システムセンター  2006年8月

  • 金融機関のリスク管理の課題と対応

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供, 調査担当, 報告書執筆

    公益財団法人金融情報システムセンター  2005年10月

  • リテール戦略におけるコンタクトセンターの役割

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供, 調査担当, 報告書執筆

    公益財団法人金融情報システムセンター  2006年1月

  • 金融自由化時代の地域金融機関経営

    役割:講師, 情報提供, 寄稿

    大阪銀行協会  1998年10月

 

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 日本証券アナリスト協会認定アナリスト