写真a

竹内 健互 (タケウチ ケンゴ)

TAKEUCHI Kengo

職名

准教授

学位

博士(法学)(明治大学), 修士(法学)(明治大学)

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 明治大学   法学部   法律学科   卒業

    2003年4月 - 2007年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 明治大学   法学研究科   公法学   博士課程   修了

    2010年4月 - 2018年3月

  • 明治大学   法学研究科   公法学   修士課程   修了

    2008年4月 - 2010年3月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本刑法学会

    2010年6月 - 現在

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 刑罰の表出的意味としての「非難」について

    駿河台法学   35 ( 2 )   51 - 73   2022年3月

  • 刑罰のコミュニケーション的機能について―表出的刑罰論は第三の選択肢となり得るか―

    『市民的自由のための市民的熟議と刑事法(増田豊先生古稀祝賀論文集)』   261 - 276   2018年3月

  • 【翻訳】ヘニング・ラトケ「刑事手続における証拠使用禁止に関する国際法および憲法上の適用基準

    法律論叢   93 ( 1 )   289 - 309   2020年7月

  • 故意の意的要素とその理解をめぐって

    駿河台法学   32 ( 1 )   1 - 31   2018年9月

  • 教唆概念の構造と位相

    駿河台法学   31 ( 1 )   113 - 158   2017年9月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 『刑法総論―理論と実践』

    ( 担当: 共著 ,  範囲: 第12章~第15章)

    法律文化社  2022年5月 

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • なぜ今「共謀罪」か!?

    入間市振興公社生涯学習講座(入間市産業文化センター)  2017年10月 

  • 法規解釈のメソドロジー―刑法61条を一つの素材として―

    第1回東西大学院法学研究科院生研究交流会  2011年12月 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 表出的刑罰論と応報刑論の関係に関する基礎理論的考察

    2021年4月 - 2023年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 若手研究