写真a

西浦 太郎 (ニシウラ タロウ)

NISHIURA Taro

職名

特任准教授

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   教育学部   教育心理学系   卒業

    - 2007年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学大学院   教育学研究科   臨床教育学専攻 心理臨床学講座   博士課程   単位取得満期退学

    2010年4月 - 2013年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   全学共通教育センター   特任准教授

    2020年4月 - 現在

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本学生相談学会

    2020年5月 - 現在

  • NACADA, National Conference on Academic Advising(全米アカデミック・アドバイジング学会)

    2021年9月 - 現在

  • 日本遊戯療法学会

    2008年4月 - 現在

  • 日本心理臨床学会

    2007年4月 - 現在

 

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 米国の高等教育機関における障害学生支援と課題/Support and Challenges for Students with Disabilities in Higher Education Institutions in the United States

    大下リンダ・西浦太郎

    第40回日本学生相談学会   (大阪大学)  2022年5月  日本学生相談学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    米国における合理的配慮の法的・思想的背景を概観し、米国の高等教育機関における合理的配慮を決定する上での実施プロセス・留意点を取り上げた。また、米国の大学生が障害学生支援を利用するにあたり、(制度・人的・心理面における)阻害要因になっている要因を挙げ、それらの問題への対応策を考察した。

  • Supporting students with disabilities on study abroad programs in Japan and beyond

    Oshita, L., & Nishiura, T.

    NACADA 2021 Annual Conference  (Cincinnati, OH, United States)  NACADA (National Academic Advising Association)

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    日米の大学の障害学修支援の歴史と差異を制度や法の観点から概観した。また、合理的配慮を求める留学生に対し、送り出し側と受け入れ側が検討・実施する必要のある支援や諸注意点について発表した。

  • 現代学生の主体性と体験の可能性について―少人数ワークショップ型授業の実践から―

    西浦太郎

    甲南大学人間科学研究所 公開研究会  甲南大学人間科学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

  • 危機状況・パンデミック下における非対面での学生・教職員支援の可能性の検討 -『新型コロナウイルス 特設サイト』の制作・運営の実践から-

    西浦太郎

    第39回日本学生相談学会  (筑波大学 (オンライン開催))  日本学生相談学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

  • An Approach to people living in bicultural world

    Taro NISHIURA

    XXⅠ International Congress of Rorschach and Projective Methods  (Turkey)  Istanbul University

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学 学生相談室紀要 第29号 「甲南大学 学生相談室 2020年度利用者統計報告」 篠田亜美・西浦太郎

    2022年2月

     詳細を見る

    未設定

  • 甲南大学 学生相談室紀要 第29号 「甲南大学 学生相談室 新型コロナウイルス特設サイト報告 その2」

    2022年2月

     詳細を見る

    未設定

  • 甲南大学 学生相談室紀要 第28号 「甲南大学 学生相談室 新型コロナウイルス特設サイト 報告書」(2020年5月-12月)

    2021年2月

     詳細を見る

    甲南大学学生相談室紀要第28号   未設定

  • 甲南大学 学生相談室紀要 第28号 「甲南大学 学生相談室 2019年度利用者統計報告」

    2021年2月

     詳細を見る

    書評

  • 甲南大学 学生相談室紀要 第27号 「甲南大学 学生相談室 2018年度利用者統計報告」

    2019年2月

     詳細を見る

    未設定

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 東日本大震災の被災者への心理的支援に関する実践的研究

    2012年4月 - 2013年4月

    京都大学教育学部同窓会 京友会  京友会 研究助成事業研究費

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  学生相談領域における学生・教職員への包括的支援に関する研究

    研究費の種類: 教育開発研究費

     詳細を見る

     学生相談室における臨床・実践活動として、学生へのカウンセリング・心理教育、保護者・教職員に対するコンサルテーションを行なっているが、これらと連動して臨床心理学の見地から以下の研究を行なっている。 1. 学生相談におけるカウンセリングの研究 2. コミュニティをベースとした学生・関係者への支援 3. 多様な文化的背景を持つ留学生への個別・集団単位の心理支援 4. 新型コロナウイルス感染症が学生の心理面に与える影響と効果的な支援方法  2020年より学生相談室スタッフと協力し、「甲南大学 新型コロナ特設サイ   ト」を制作し、WEB発信の可能性と課題に関する検討・研究を行なっている。 5. 障害のある留学生・学生への合理的配慮実施・制度面の整備に関する研究 6. 統計的手法を用いた近年の相談動向・学生の心理状態に関する研究 ・上記に関して、関連情報の収集や、文献の整理をし、データーの整理・分析を行い、関連学会において国内外での研究発表を行い、論文などの執筆活動を行なっている。

  • 2020年度  学生相談領域における学生・教職員への包括的支援に関する研究

    研究費の種類: 教育開発研究費

     詳細を見る

     近年、学生や教職員を取り巻く環境は複雑化し、学生へのサポートとしては、心理支援だけではなく、学生の修学・生活全般にまたがる多面的かつ包括的な支援が求められている。 ・学生相談室では、学生への心理カウンセリングに加え、教員・職員、保護者へのコンサルテーションなどの実践活動を行っているが、これらを事例・文献・実証研究の観点から研究を行っている。 ・また、2020年は新型コロナウイルス感染症が拡大し、学生・教職員との関わりが制限される状況が生じたが、非対面での支援の一環として、WEBサイトを学生相談室スタッフと協力して制作し、学生・教職員への効果的な情報発信に関する実践・研究を行なっている。(詳しくは、「甲南大学 新型コロナ特設サイト」参照)。 ・これらと併行して、本学に留学している留学生へのカウンセリングを中心とする効果的な心理支援や、組織単位での支援に関する研究を行っている。近年、留学生の中には、留学時に合理的配慮を申請する学生が増加し、ニーズや対応も複雑化し、専門性と他職種による連携の深化が求められている。そのため、学生ニーズに沿った大学による適切なサービスの提供に向けたシステムの構築に関する研究を国内外の実践・研究者と共に行っている。

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年2月
     
     

    甲南大学国際交流センター ホストファミリー講習会 講師「発達障害を持つ人との関わりについて」

  • 2018年12月
     
     

    甲南大学国際交流センターホストファミリー講習会 講師「欧州からの留学生のメンタリティについて 教育・文化・宗教の観点から」

  • 2017年12月
     
     

    甲南大学国際交流センターホストファミリー講習会 講師「ホームステイで留学生を受け入れるにあたって―主に留学生のメンタル面から―」

  • 2017年8月
     
     

    甲南大学国際交流センター教職員研修会 講師 「米国における障害学生に対する合理的配慮のプロセスについて」

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    心理学と現代社会 :(2年次・3年次・4年次配当)
    自己の探求 :(2年次・3年次・4年次配当)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

     現代は日本においては少子高齢化・IT・AI化が進み、これまでとは異なる世界が急速に発展しつつある。また、地球温暖化もかつてない規模と速度で進み、水害が多発し、以前のような形態での生活は困難になりつつある。人間の生活は、これまでとは異なる局面に入りつつあり、人間のあり方も急激に変わることが求められ、多様な問題に対し柔軟に対応できる資質が必要となる。

    このような中、新たな知見や知識を得て、これらの事象に対応することは重要である一方で、人間が自らの体験や過去の歴史を基に考え、自分や弱者を含めた他者、社会に対する洞察・理解を深め、社会や人間の役に立つ実効力のある学びの場が必要となる。上記の2つの授業では、人と人の関係を重要視する臨床心理学の視座を用いた教育・実践を行なっている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    ① 心理学と現代社会

    ・授業の冒頭に授業の背景や目標、クラスへの取り組み方を説明している。

    ・人間が発達・成長する上で必要不可欠な事柄を臨床心理学の視座をベースにし 
     て、母子関係・社会との関係などの観点から取り上げ、講義をしている。

    ・また、知識を伝えるだけではなく、学生がより身近に上記の事柄を感じ、自らの
     体験を通して感じ、考えてもらえるために上記に関連する映画やアニメーション
     を紹介し、解説を行なっている。

    ・履修者が授業や内容に関する理解を深められ、自分の意見を形成できるように授
     業中にワークの実施。

    ・学生が自らの洞察力を深められるように、学期中に2回、レポートの作成を学生に
     課している。

    ・My KonanのQ&Aに来る履修者からの希望、質問に答え、相互のコミュニケーシ
     ョンを図っている。


    ②自己の探求

    ・授業の冒頭に、授業の背景や目標、クラスへの取り組み方を説明している。 

    ・履修者の「体験」を重要視する科目であるため、多くの身体や感覚を用いた臨床
     心理学の知見を生かした様々なワークを実施している。

    ・また、自己理解・他者理解を体験的に深めるためにブラインドウォークを学生と
     行っている。安全を確保した上で履修者同士でペアを組み、一人が案内役、もう
     一人が目を隠した状態で構内を歩き、その体験を後に共有し、レポートで考察を
     し、それに対するコメントを行なっている。

    ・洞察を深めるために、レポートの作成を履修者に課している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    ・履修者は、映画やアニメーションを趣味や日常の一環として観ていること
     が多い。しかし、授業コメントに多く見られるコメントとしては、講義で身近な
     アニメーションや映画を見て、講師からの解説や説明を聞くことで様々な意味が
     あることを知り、自ら感じ、考え、それらの考えをより深化できるようになった
     と述べるものが多くあった。このことから、日々における感受性が豊かになり、
     関心領域が広がっている面があるといえる。

    ・また、ブラインドウォーク等の実体験に基づいたワークにおいても、相手の立場
     に立って考えることがどのようなことなのかを体験を通して考えられるようにな
     ったとするコメントがあり、自らの体験を通して考えるルートができたと考えら
     れる。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    ・講義では履修者が体験したり、感じることを重要視しているために、講師が一方
     的に話すことには慎重になる必要がある。しかし、学生が自ら課題を見つけ、考
     えられるようになるための働きかけや工夫が講師側から必要になると思われ 
     る。この点に関しては、リアクションペーパーの一層の有効活用や、フィードバ
     ックをより丁寧にする必要がある。その一方で、履修者が多い場合は、フィード
     バックの形態にも注意を要する必要がある。


    ・授業資料も、学生が能動的にメモを取り、考察する習慣を身につけることが重要
     であるため、配布する資料に掲載する情報も授業毎に留意する必要がある。

    ・学生の関心は日々、変わる面があるため、新しいアニメーションも取り入れてい
     く必要がある。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、リアクションペーパー、授業改善アンケート(自由記述)

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 京都子どもの心のケアチーム

    役割:運営参加・支援

    京都子どもの心のケアチーム  福島県  2012年11月

     詳細を見る

    東日本大震災により避難生活を送られている被災者の方々、子どもへの心理面の支援を精神科医と行った。

  • 京都大学教育学研究科 こころの支援室

    役割:運営参加・支援

    2012年4月 - 2013年3月

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 保護者, 社会人・一般

    東日本大震災により京阪神地区にて避難生活を送る親子を対象に、心理面のサポートや、横のつながり・ネット―ワークを構築するためのイベントやグループワークを立案・企画・実施した。

 

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理士

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年9月
     
     

      経済学部 FD講師 「コロナ禍における学生のストレスケア」   (その他の主要活動)

  • 2020年5月
    -
    現在

      広報委員   (その他の主要活動)