写真a

青木 慶 (アオキ ケイ)

AOKI Kei

職名

准教授

専門分野

経営学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2015年03月

    神戸大学  経営学研究科  博士課程  修了

  •  
    -
    2010年09月

    神戸大学  経営学研究科  修士課程  修了

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ユーザーとの共創によるイノベーション - Apple Distinguished Educator Program の事例 -

    青木 慶

    マーケティングジャーナル Vol. 39 No. 2     2019年09月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

    DOI

  • Can Brand Experience Increase Customer Contribution: How To Create Effective Sustainable Touchpoints With Customers

    Kei Aoki, Efua Obeng, Aberdeen Leila Borders & Deborah H. Lester

    Journal of Global Scholars of Marketing Science   29 ( 1 ) 51 - 62   2019年01月

    共著

  • Can Brand Experience Increase Customer Contribution: How To Create Effective Sustainable Touchpoints With Customers

    Kei Aoki, Efua Obeng, Aberdeen Leila Borders & Deborah H. Lester

    Journal of Global Scholars of Marketing Science   29 ( 1 ) 51 - 62   2019年01月

    共著

  • How to manage a co-creation community: The case of recipe site

    Kei Aoki

    US-China Law Review   13   276 - 286   2016年04月  [査読有り]

    単著

  • How to manage a co-creation community: The case of recipe site

    Kei Aoki

    US-China Law Review   13   276 - 286   2016年04月

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • アイデア共創の質を高めるしくみ

    青木慶 (担当: その他 )

    クロスメディア・パブリッシング  2017年08月

  • アイデア共創の質を高めるしくみ

    青木慶 (担当: 単著 )

    クロスメディア・パブリッシング  2017年08月

  • CSRの基礎 企業と社会の新しいあり方

    國部克彦,神戸CSR研究会 (担当: 共著 , 担当範囲: 第3章 CSRとマーケティング )

    中央経済社  2017年04月

  • CSRの基礎 企業と社会の新しいあり方

    國部克彦,神戸CSR研究会 (担当: その他 , 担当範囲: 第3章 CSRとマーケティング )

    中央経済社  2017年04月

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • How to increase social welfare through household sector innovation?

    Kei Aoki

    17th International Open and User Innovation Conference  (Utrecht Uviversity)  2019年07月  -  2019年08月   

  • How to increase social welfare through household sector innovation?

    Kei Aoki

    17th International Open and User Innovation Conference  (Utrecht Uviversity)  2019年07月  -  2019年07月   

  • The Relationship between Brand Experience and Word-of-Mouth (WOM)

    Kei Aoki, Efua Obeng, Aberdeen Leila Borders, Deborah Lester

    2019 AMA Winter Academic Conference  (Austin, U.S.A.)  2019年02月  -  2019年02月    American Marketing Association

  • The Relationship between Brand Experience and Word-of-Mouth (WOM)

    Kei Aoki, Efua Obeng, Aberdeen Leila Borders, Deborah Lester

    2019 AMA Winter Academic Conference  (Austin, U.S.A.)  2019年02月  -  2019年02月    American Marketing Association

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2019 JGSMS Best Paper Award

    2019年11月16日   Journal of Global Scholars of Marketing Science   Can brand experience increase customer contribution: How to create effective sustainable touchpoints with customers?  

    受賞者:  Kei Aoki, Efua Obeng, Aberdeen Leila Borders & Deborah H. Lester

  • 第3回碩学舎賞第一席

    2015年02月08日   碩学舎   消費者との共創コミュニティにおける製品開発に関する研究-Quirky社事例研究-  

    受賞者:  青木 慶

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 共創活動が創出する社会的価値-消費者参加型プラットフォームの新たな側面-

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中 

    本研究は、消費者参加型の共創活動から派生する、社会的価値の可能性について明らかにすることを目的とする。