写真a

KAMIMURA Kazuki

Position

Associate Professor

External Link

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Hirao School of Management   Associate Professor

    2019.4

 

Papers 【 display / non-display

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 新・福祉の総合政策

    駒村康平,上村一樹,渡辺久里子( Role: Joint author)

    創成社  2018.10  ( ISBN:978-4-7944-3193-6

     More details

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

Presentations 【 display / non-display

  • Daily steps and healthcare costs in Japanese communities: Causal inference

    隅田和人,岡本翔平,上村一樹,白石憲一

    日本経済学会2020年度秋季大会  (オンライン開催)  日本経済学会

     More details

    Event date: 2020.10

  • 準拠集団の所得水準と主観的厚生―相対所得仮説の検証―

    白石 憲一, 隅田 和人, 上村 一樹, 岡本 翔平

    日本経済学会2018年度秋季大会  2018.9 

     More details

  • 準拠集団の所得水準と主観的厚生―相対所得仮説の検証―

    白石 憲一・隅田 和人・上村 一樹・岡本 翔平

    日本経済学会2018年度秋季大会 

     More details

    Event date: 2018.9

    researchmap

  • Effects of daily steps on health care expenditure

    Okamoto, S., Kamimura, K., Shiraishi, K., Sumita, K., Komamura, K., Tanabe, K., Yokoyama, N., Tsukao, A., Chijiki, S. and Kuno, S

    International Health Congress 

     More details

    Event date: 2018.6

  • 健康診断受診による主観的厚生の改善効果

    上村 一樹

    2017 年生活経済学会関東部会  2017.11 

     More details

display all >>

Academic Awards Received 【 display / non-display

  • 生活経済学会奨励賞

    2015.6   生活経済学会  

    上村一樹

     More details

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 健康診断受診率向上政策の費用対効果分析

    2016.4 - 2020.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    自治体に対するアンケート調査、インターネット調査、既存の社会調査を組み合わせることにより、健康診断の受診率を効果的に向上させる方法に関する費用対効果分析を行う。

Joint and Contract research activities (Public) 【 display / non-display

  • 地域社会のソーシャルキャピタルと社会保障制度への態度の関係

    Offer organization:全労済  General funded research

    2018.1 - 2018.12

      More details

    欧米諸国同様、わが国でも、社会的な分断の発生、それによる社会保障をはじめとした諸制度への悪影響が危惧されている。本研究では、社会的な分断がもたらす悪影響を回避する鍵として、地域におけるソーシャルキャピタルに注目する。具体的には、ソーシャルキャピタルが豊かな地域に住んでいると、自分自身に直接の利益がないものも含め、社会保障制度に対して前向きな態度になる、という仮説をデータ分析によって検証する。

  • スポーツ庁平成27年度総合特区推進費補助金(スポーツによる地域活性化推進事業)「スポーツウエルネスサービスによる地域活性化モデルの構築」

    General funded research

    2015.4 - 2016.3

  • 平成27年度インセンティブの制度化を見据えた健幸ポイント等の予防事業の類型化のための調査検討

    General funded research

    2015.4 - 2016.3

  • 文部科学省委託「平成26年度スポーツを通じた地域コミュニティ活性化促進事業 健康づくり無関心層も含めた多くの国民がスポーツライフ化を可能とするインセンティブ方法の検討」

    General funded research

    2014.4 - 2015.3

  • 国民健康保険調整交付金事業「平成25年度健康ポイント制度社会実験事業」

    General funded research

    2013.4 - 2014.3