写真a

HIRANO Junichi

Position

Associate Professor

Degree

Ph.D. (Political Science)(Kobe University), Master (Political Science)(Kobe University)

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Osaka University   Faculty of Law   School of Law   Graduated

    - 2004.3

Graduate School 【 display / non-display

  • Kobe University   Graduate School of Law   Political Science   Doctor's Course   Accomplished credits for doctoral program

    - 2009.3

  • Kobe University   Graduate School of Law   Political Science   Master's Course   Completed

    - 2006.3

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Law   Faculty of Law Department of Law   Associate Professor

    2015.4

External Career 【 display / non-display

  • National Institute of Technology, Niihama College   Department of Liberal Arts

    2013.4 - 2015.3

      More details

    Country:Japan

  • Kobe University   Graduate School of Law

    2009.4 - 2013.3

      More details

    Country:Japan

 

Papers 【 display / non-display

  • 現職市長の任期途中の辞職・失職

    平野淳一

    甲南法学   59 ( 1・2 )   47 - 85   2019

     More details

    Single Work

  • 「平成の大合併」後の市長選挙

    平野淳一

    公共選択   ( 72 )   102 - 121   2019

     More details

    Single Work

  • 衆議院議員の市長選挙への対応(1)

    平野 淳一

    甲南法学   56 ( 3・4 )   281 - 293   2016

     More details

    Single Work

  • 平成の大合併の政治的効果:市長選挙結果の分析から

    平野 淳一

    年報政治学   ( 2013-Ⅰ )   256 - 278   2013

     More details

    Single Work

  • 市長選挙における二大政党の関与

    平野 淳一

    選挙研究   28 ( 1 )   39 - 54   2012

     More details

    Single Work

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 地方自治論:2つの自律性のはざまで

    北村亘,青木栄一,平野淳一( Role: Joint author)

    有斐閣  2017 

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 首長選挙と政党政治:地方議会の選挙制度改革が首長選挙に与える影響

    平野淳一

    都市問題   109 ( 5 )   24 - 28   2018

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:後藤・安田記念東京都市研究所  

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 市長選挙における保守分裂の要因の解明

    2022.4 - 2027.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

  • 地方自治体における「政権交代」の実態の解明

    2018.4

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

     本研究では、地方自治体における「政権交代」が生じる要因と、新たに誕生した首長が、どのように支持基盤の形成を行うのかを明らかにする。それにより、二元代表制下の首長と議会の関係について、新たなモデルを提示することを試みる。

  • 首長の行財政改革の規定要因

    2015.4 - 2019.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists(B)

      More details

     近年の地方財政の悪化により、多くの地方自治体の首長が行財政改革を迫られている。本研究課題では、財政収入と支出が共に減少して縮小期にある現代の市長による行財政改革への姿勢と実績に注目し、それらが再選時の市長選挙結果にどのような影響を与えているかを明らかにする。

  • 市長選挙における対立構図の規定要因の解明

    2009.9 - 2010.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (Start-up)

      More details

    本研究課題では、日本の市長選挙における対立構図の規定要因の解明を目標とした。分析の結果、現職優位に関する理論が日本の市長選挙における対立構図にも適用できることが明らかになった他、中央レベルでの政党間関係が市長選挙における対立構図に影響を与えていることも明らかになった。また、市町村合併が近年の市長選挙における対立構図の変容に大きな影響を及ぼしていることも示すことができた。