写真a

川内 敬子 (カワウチ ケイコ)

KAWAUCHI Keiko

職名

准教授

学位

博士(理学)(姫路工業大学), 理学(姫路工業大学)

外部リンク

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 姫路工業大学   理学部   卒業

    1991年4月 - 1995年3月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 姫路工業大学大学院   理学研究科   生命科学専攻   博士課程   修了

    1998年4月 - 2002年3月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 甲南大学   フロンティアサイエンス学部   生命化学科   准教授

    2018年4月 - 現在

  • 甲南大学   フロンティアサイエンス学部   生命化学科   講師

    2014年4月 - 2018年3月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 特定国立研究開発法人理化学研究所   生命機能科学研究センター

    2017年4月 - 2021年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 日本医科大学   先端医学研究所

    2014年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • シンガポール国立大学

    2010年5月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:シンガポール共和国

  • 日本医科大学   老人病研究所

    2008年10月 - 2011年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 日本医科大学   老人病研究所

    2007年4月 - 2008年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会

    2019年11月 - 現在

  • 日本癌学会

    2005年4月

      詳細を見る

  • 日本癌学会

    2005年9月 - 2017年12月

  • 日本女性科学者の会

    2020年10月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本分子生物学会

    2001年5月 - 現在

      詳細を見る

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • An anionic phthalocyanine decreases NRAS expression by breaking down its RNA G-quadruplex 査読あり

    Kawauchi K, Sugimoto W, Yasui T, Murata K, Itoh K, Takagi K, Tsuruoka T, Akamatsu K, Tateishi-Karimata H, Sugimoto N, Miyoshi D.

    Nature Commun.   9   2271   2018年6月

     詳細を見る

    共著

  • Intramolecular G-quadruplex-hairpin loop structure competition of a GC-rich exon region in the <i>TMPRSS2</i> gene

    Wataru Sugimoto, Natsuki Kinoshita, Minori Nakata, Tatsuya Ohyama, Hisae Tateishi-Karimata, Takahito Nishikata, Naoki Sugimoto, Daisuke Miyoshi, Keiko Kawauchi

    Chemical Communications   58 ( 1 )   48 - 51   2022年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    We identified cytosine-rich regions adjacent to guanine-rich regions in the TMPRSS2 gene, which showed structural competition between a G-quadruplex and a hairpin loop. Furthermore, this competition significantly affected transcription efficiency.

    DOI: 10.1039/d1cc05523b

    researchmap

  • 核小体ストレスにより形成するrDNA G-quadruplex集合体とその機能

    杉本 渉, 桑本 慎, 建石 寿枝, 岩根 敦子, 高橋 宏隆, 三好 大輔, 川内 敬子

    日本薬学会年会要旨集   141年会   29V05 - am10S   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

    researchmap

  • Anti-Malignant Effect of Tensile Loading to Adherens Junctions in Cutaneous Squamous Cell Carcinoma Cells. 国際誌

    Oleg Dobrokhotov, Masaki Sunagawa, Takeru Torii, Shinji Mii, Keiko Kawauchi, Atsushi Enomoto, Masahiro Sokabe, Hiroaki Hirata

    Frontiers in cell and developmental biology   9   728383 - 728383   2021年

     詳細を見る

    Actomyosin contractility regulates various cellular processes including proliferation and differentiation while dysregulation of actomyosin activity contributes to cancer development and progression. Previously, we have reported that actomyosin-generated tension at adherens junctions is required for cell density-dependent inhibition of proliferation of normal skin keratinocytes. However, it remains unclear how actomyosin contractility affects the hyperproliferation ability of cutaneous squamous cell carcinoma (cSCC) cells. In this study, we find that actomyosin activity is impaired in cSCC cells both in vitro and in vivo. External application of tensile loads to adherens junctions by sustained mechanical stretch attenuates the proliferation of cSCC cells, which depends on intact adherens junctions. Forced activation of actomyosin of cSCC cells also inhibits their proliferation in a cell-cell contact-dependent manner. Furthermore, the cell cycle arrest induced by tensile loading to adherens junctions is accompanied by epidermal differentiation in cSCC cells. Our results show that the degree of malignant properties of cSCC cells can be reduced by applying tensile loads to adherens junctions, which implies that the mechanical status of adherens junctions may serve as a novel therapeutic target for cSCC.

    DOI: 10.3389/fcell.2021.728383

    PubMed

    researchmap

  • Photosensitizers Based on G-Quadruplex Ligand for Cancer Photodynamic Therapy. 査読あり 国際誌

    Keiko Kawauchi, Ryoto Urano, Natsuki Kinoshita, Shin Kuwamoto, Takeru Torii, Yoshiki Hashimoto, Shinya Taniguchi, Mitsuki Tsuruta, Daisuke Miyoshi

    Genes   11 ( 11 )   2020年11月

     詳細を見る

    共著

    G-quadruplex (G4) is the non-canonical secondary structure of DNA and RNA formed by guanine-rich sequences. G4-forming sequences are abundantly located in telomeric regions and in the promoter and untranslated regions (UTR) of cancer-related genes, such as RAS and MYC. Extensive research has suggested that G4 is a potential molecular target for cancer therapy. Here, we reviewed G4 ligands as photosensitizers for cancer photodynamic therapy (PDT), which is a minimally invasive therapeutic approach. The photosensitizers, such as porphyrins, were found to be highly toxic against cancer cells via the generation of reactive oxidative species (ROS) upon photo-irradiation. Several porphyrin derivatives and analogs, such as phthalocyanines, which can generate ROS upon photo-irradiation, have been reported to act as G4 ligands. Therefore, they have been implicated as promising photosensitizers that can selectively break down cancer-related DNA and RNA forming G4. In this review, we majorly focused on the potential application of G4 ligands as photosensitizers, which would provide a novel strategy for PDT, especially molecularly targeted PDT (mtPDT).

    DOI: 10.3390/genes11111340

    PubMed

    researchmap

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 相分離生物学の全貌

    三好大輔, 川内敬子( 範囲: DNA・RNAと相分離)

    現代化学増刊  2020年11月 

     詳細を見る

  • がん研究読本 6

    川内敬子( 範囲: RASによるがん悪性化に、p53を介したアクチン細胞骨格の変化がブレーキをかける道筋を解明!)

    がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動総括支援活動班  2016年 

     詳細を見る

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスター3細胞培養トレーニング

    西方敬人, 川上純司, 藤井敏司, 長濱宏治, 川内敬子( 担当: 共著)

    学研メディカル集潤社  2015年3月 

  • がん研究読本6

    大野茂男、千葉奈津子、川内敬子、駒田雅之、山本陽一朗、宮川隆、小原英幹、野島博、芳賀永、下野洋平、上野博夫、北爪しのぶ、佐谷秀行( 担当: 共著)

    がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動総括支援活動班  2015年 

  • 細胞培養トレーニング

    西方 敬人, 川上 純司, 藤井 敏司, 長濱 宏治, 川内 敬子

    学研メディカル秀潤社, 学研マーケティング (発売)  2015年  ( ISBN:9784780909036

     詳細を見る

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • G4形成がん関連mRNAの液液相分離現象

    小路諭, 赤松由御, 鶴田充生, 川内敬子, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   102nd   2022年

     詳細を見る

  • 麹菌産生物質デフェリフェリクリシンの抗がん作用

    豊田駿, 芦田侑加子, 赤松実憲, 浦野諒人, 月生雅也, 取井猛流, 戸所健彦, 久田博元, 石田博樹, 西方敬人, 川内敬子

    日本薬学会年会要旨集(Web)   142nd   2022年

     詳細を見る

  • 生物学的液液相分離現象に対するジオール類の阻害メカニズムの解明

    高宮渚, 鶴田充生, 川内敬子, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   102nd   2022年

     詳細を見る

  • 核酸の四重らせん構造を狙った治療薬の展望

    木下菜月, 取井猛流, 川内敬子, 三好大輔

    Bio Clinica   37 ( 4 )   2022年

     詳細を見る

  • 核酸の二次構造を標的としたドロプレットの分解

    鶴田充生, 取井猛流, 小畠一起, 川内敬子, 建石(狩俣)寿枝, 杉本直己, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   102nd   2022年

     詳細を見る

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • RASによるがん悪性化機構の解明と制御法の開発

    川内敬子

    SJWS 新春シンポジウム2021  (オンライン)  日本女性科学者の会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

  • ワークショップ”Understanding of health and disease in cell, tissue, and organ systems based on cytoskeletal dynamics”

    川内敬子、吉野大輔、平田宏聡

    第43回 日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

  • DNA損傷応答における核内アクチンフィラメント構造に対するp53の役割

    川内敬子, 伊藤功彦, 杉本渉, 取井猛流, 岩根敦子, 平田宏聡

    第42回 日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    researchmap

  • メカノバイオロジーの再生医療への展開

    川内敬子

    第9回 細胞再生医療研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    researchmap

  • DNA損傷応答におけるアクチンの役割

    川内敬子, 杉本渉, 伊藤功彦

    第41回 日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    researchmap

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本女性科学者の会奨励賞

    2021年5月   日本女性科学者の会  

     詳細を見る

  • 村尾育英会 学術賞

    2019年3月   一般財団法人 村尾育英会  

    川内敬子

  • 神奈川難病財団研究奨励賞

    2009年12月   神奈川難病財団  

    川内敬子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「匂いシグナル」で制御される口腔がん細胞の細胞融合誘導機構の解析

    2022年4月 - 2025年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    荒木 啓吾, 川内 敬子

     詳細を見る

  • がん抑制因子p53の機能低下が惹起する異常な核小体ストレス応答の分子機構解明

    2021年4月 - 2024年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    川内 敬子

     詳細を見る

  • 核酸とタンパク質の液液相分離の分子機構解明と制御に向けた最小モデルシステムの構築

    2021年4月 - 2024年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    三好 大輔, 川内 敬子

     詳細を見る

  • rRNAが形成する四重らせん構造による核小体機能の制御

    2020年7月 - 2022年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 挑戦的研究(挑戦)

    三好 大輔, 川内 敬子

     詳細を見る

  • RNA四重らせん構造によるストレス顆粒の制御

    2018年6月 - 2020年3月

    学術振興機構 科学研究費助成事業 挑戦的研究(挑戦)

    三好 大輔, 川内 敬子

     詳細を見る

    細胞質に存在するストレス顆粒は、RNAの運搬、局在、蓄積、保護、分解など、RNAの運命を調節し、細胞が受ける様々な外部刺激に対応している。mRNAとタンパク質からなるストレス顆粒の特筆すべき点は、分子環境に依存した顆粒形成と解離の可逆性にある。しかし これまでの研究では、ストレス顆粒の環境応答性と可逆性を生み出す分子機構は明らかではない。
    注目すべきことに、ストレス顆粒に含まれるタンパク質(顆粒タンパク質)はmRNA四重らせん構造に結合可能であり、さらに、ストレス顆粒に含まれるmRNA(顆粒mRNA)の多くは 四重らせん構造を形成できる。この四重らせん構造は、環境応答能や可逆的多量体化能を有する。そこで本研究では、顆粒mRNAが形成する四重らせん構造の環境応答性およびmRNA四重らせん構造と顆粒タンパク質の相互作用を、細胞を模倣した分子環境で定量解析し、mRNA四重らせん構造の分子環境依存的構造変化とストレス顆粒のダイナミクスの相関を化学的に解明することを試みる。最終的には、外部刺激や細胞内環境因子でmRNA四重らせん構造を調節し、ストレス顆粒の合理的制御を目指している。
    これまでの研究から、顆粒形成のモデル実験系を、オリゴ核酸(RNA及びDNA)とペプチドを用いて構築することに成功した。核酸鎖の塩基配列と二次構造を系統的に設計して、顆粒形成能を検討したところ、四重らせん構造を形成する核酸鎖のみが顆粒を形成することが示された。同時に、mRNA四重らせん構造を選択的に結合する光増感剤を見出した。この化合物に光を照射することで、標的とするmRNAを選択的に切断することも可能となった。さらに、活性酸素が細胞内で産生されることで、ストレス顆粒が形成され、顆粒内に四重らせん構造と顆粒のマーカータンパク質が共局在することも確認できた。

    researchmap

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 核内アクチン線維構造の制御による 新たながん治療創薬への挑戦

    2018年4月 - 現在

    甲南学園  甲南学園平生太郎基金科学研究奨励助成金

研究費にかかる研究(調査)活動報告書 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  がん細胞における細胞融合メカニズムの解明

    研究費の種類: 研究テーマ:がん細胞における細胞融合メカニズムの解明

  • 2020年度  がん細胞における細胞融合メカニズムの解明

    研究費の種類: 研究テーマ:がん細胞における細胞融合メカニズムの解明

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年8月
     
     

    2019年度 理科教員向け実験講座

  • 2015年3月
     
     

    ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース 3

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    分子生物学、現代生活と生命化学、科学英語コミュニケーション2、科学英語コミュニケーション4、プレゼンテーション演習3、プレゼンテーション演習4、ナノバイオ特殊講義2、ナノバイオラボベーシックA、ナノバイオラボ1A、ナノバイオラボ2A、ナノバイオラボ2B、ナノバイオ研究実験、ナノバイオ卒業研究、ナノバイオ研究演習1、ナノバイオ研究演習2、ナノバイオゼミナール2、ナノバイオ特殊講義4、ナノバイオゼミナール4、ナノバイオ国際演習

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    私の教育理念・目標は、基本を大切にしながら柔軟な発想をもち、高い専門知識と豊かな人間力を兼ね備え、社会のニーズに柔軟に対応ができるような人材の育成、またグローバル社会に適応できる国際感覚をもった人材の育成である。そのために、学生の意識を「人から教わる」から「自ら学ぶ」という意識へ変えることが必要であり、高い専門知識を深く理解させ、条件に応じて適宜対応できる力を養うことで、学生の自立、行動に対する責任感をもてるようになってもらうことである。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    上記の理念を達成するために、学生の疑問や意見を尊重しながら、論理的な展開ができるよう議論を重ね、好奇心や探究心を持ち続けることができるように心がけている。国際感覚を養ううえで、私自身が海外で研究室を運営した経験や人脈を生かし、国際交流を推進している。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    座学においては、総合的には高い評価を得た。前期の科学英語コミュニケーションではオンデマンドでの授業であり、提出されたレポートに対してコメントをつけて返却することで、授業の理解度を測ったことによる学習意欲が高まったものによると考えられる。後期の分子生物学では、講義のはじめに復習を行うこと、また身近な生命現象を説明することで、総合的に考えられるように努めた点は、理解力の向上につながったと考えられる。実験・演習科目においては、コロナ禍で活動が制限される中、時間を有効に実験や研究に積極的に取り組んでいく学生の変化を実感し、学会等で発表できたことから、一定の評価ができる。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    オンラインを利用した講義において、学生の理解度がテストまで分からない点は、改善したいと考える。教育効果の高いスライド作りや収録などを勉強し、自らの講義を工夫していくことで、授業の改善に努める。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

全件表示 >>

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年5月 - 現在   日本女性科学者の会  日本女性科学者の会 理事

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • がん細胞の謎を解く~がんの予防と治療に向けて~

    役割:講師

    JR東日本  東京オトナ大学  2019年12月

     詳細を見る

  • 『がん』とは?

    役割:講師

    東京海上日動火災保険(株)・甲南大学  公開講座  2017年11月

     詳細を見る

  • ダイバーシティ研究環境整備と女性研究者の未来

    役割:パネリスト

    日経グループ  日経ウーマノミクスプロジェクト  2017年5月

     詳細を見る