写真a

松川 恭子 (マツカワ キョウコ)

MATSUKAWA Kyoko

職名

教授

学位

博士(人間科学)(大阪大学), 哲学修士(人類学)(ロンドン大学 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)), 修士(人間科学)(大阪大学), 学士(文学)(大阪大学)

専門分野

文化人類学・南アジア地域研究

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1994年03月

    大阪大学   文学部   日本学科(文化系)   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2003年03月

    大阪大学  人間科学研究科  人間学  博士課程  修了

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    大阪大学  人間科学研究科  人間学  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2001年09月

    ゴア大学   研究生

  • 1997年10月
    -
    2000年06月

    ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)   修士課程(M.Phil.)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    甲南大学   文学部   社会学科   教授  

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    甲南大学   文学部   社会学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2014年03月

      奈良大学   社会学部  

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

      奈良大学   社会学部  

  • 2004年05月
    -
    2005年03月

      大阪大学   人間科学研究科  

  • 2003年04月
    -
    2004年04月

      日本学術振興会  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2012年02月
    -
    継続中
     

    観光学術学会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    「宗教と社会」学会

  • 2001年10月
    -
    継続中
     

    日本南アジア学会

  • 1997年05月
    -
    継続中
     

    日本文化人類学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 「『メディア実践系』授業の作り方(実践編)―他者からまなび、伝える方法―」

    松川恭子・辻野理花・西川麦子

    『甲南大學紀要 文学編』   ( 168 ) 105 - 132   2018年03月

    共著

  • 「デジタル・ストーリーテリング(DST)を利用した地域文化の理解・発信に向けて: 奈良の事例を中心として」

    松川恭子

    『総合研究所所報』   20   45 - 62   2012年03月

    単著

  • 「インドにおけるポルトガル植民地支配と村落 ―ゴア州のコムニダーデ・システムの現在をめぐって」

    松川恭子

    『コンタクト・ゾーン』   4   97 - 115   2010年03月  [査読有り]

    単著

  • 「『ことば』の科学?―インド、ゴア社会におけるコーンカニー語文字問題についての一考察―」

    松川恭子

    『奈良大学紀要』   38   101 - 113   2010年

    単著

  • “Local Foodways as Intangible Heritage in India: The Role of Chefs and Restaurants in Preserving Goan Culinary Ways”

    Kyoko Matsukawa

    Heritage 2010: Heritage and Sustainable Development     2035 - 1040   2010年  [査読有り]

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Masako Ishii, Naomi Hosoda, Masaki Matsuo and Koji Horinuki (eds.), Asian Migrant Workers in the Arab Gulf States: The Growing Foreign Population and Their Lives

    MATSUKAWA Kyoko (担当: その他 , 担当範囲: Chapter 9 "Transnational Community Networks of Goan Migrant Workers" and Excursus 5 "Education, Career and the Future of Middle-class Asian Children" (Co-authored with Naomi Hosoda) )

    Brill  2019年11月 ISBN: 978-90-04-39336-3

  • International Labour Migration in the Middle East and Asia: Issues of Inclusion and Exclusion

    Kwen Fee Lian, Naomi Hosoda and Masako Ishii (eds.) (担当: 共著 , 担当範囲: Naomi Hosoda and Kyoko Matsukawa Chapter 5 "'This is our home, but we cannot stay here forever': Second-Generation Asian Youth in Kuwait and the United Arab Emirates" )

    Springer  2019年08月 ISBN: 978-981-13-6898-1

  • Kyoko Matsukawa (ed.) Workshop Globalization of Indian Performing Arts in New Media Situation: Dynamics of Cultural Gyre, Workshop Proceedings

    松川 恭子 (担当: その他 )

    甲南大学生活協同組合複写センター  2018年03月

  • インド文化事典編集委員会編『インド文化事典』

    杉本良男,小西公大,杉本浄,杉本星子,竹村嘉晃,松尾瑞穂, 松川恭子,三尾稔 他 (担当: 共編者 , 担当範囲: 「言語政策」,「新聞革命」,「ゴアのクリスチャンファッション」, 「ラジオとテレビ」,「メディアと芸能」,「テレビ・ドラマと映画」, 「外食」,「衛星放送」,「ゴア」 )

    丸善出版  2018年01月 ISBN: 978-4-621-30235-4

  • 『現代インド6 環流する文化と宗教』

    三尾稔・杉本良男(編) (担当: 共著 , 担当範囲: 「環流化を媒介するメディア」「インド料理」 )

    東京大学出版会  2015年05月

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 書評 粟屋利江・井上貴子編『インド ジェンダー研究ハンドブック』

    松川 恭子

    『女性とジェンダーの歴史』   ( 6 ) 113 - 115   2019年03月

    単著

  • 書評 Tejaswini Ganti, Producing Bollywood : Inside the Contemporary Hindi Film Industry

    松川 恭子

    『アジア経済』   55 ( 4 ) 112 - 116   2014年12月

    単著

  • 「グローバリゼーションにおける文化的フローを統制する力」

    松川 恭子

    『民博通信』   ( 147 ) 20 - 21   2014年12月

    単著

  • 山本達也著『舞台の上の難民―チベット難民芸能集団の民族誌』

    松川 恭子

    『宗教と社会』   20   178   2014年

    単著

  • 「インドにおける新たなメディア状況と芸能の現在」

    松川 恭子

    『民博通信』   ( 143 ) 18 - 19   2013年12月

    単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • インド・ゴアにおける自己語り/複数メディアを活用した教育と発信の人類学的実践研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2024年03月  代表者:  松川恭子


    本研究は、インド・ゴア大学社会学科で、故Alito Siqueiraが修士課程卒業生たちに推奨した自己語りを通じた教育/複数メディアによる発信に申請者が関わる人類学的実践研究を行う。この作業により、「自己語り」という営為をめぐり現われるインド社会の文化的諸問題、「自己語り」のエンパワーメントの契機としての力、複数メディアでの発信による共感の拡がり・ネットワーク形成の可能性を明らかにすることをめざす。

  • インドにおける新しいメディア状況と芸能のグローバル化:文化の環流の人類学的研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月 

    本研究は、芸能に焦点を当てることで(1)インド社会の2000年以降の構造・価値観の変化を捉え、(2)西洋発の文化が世界中に拡大するという従来のグローバリゼーション・モデルとは異なる、文化の環流現象のモデル化を目指すものである。環流現象とは、国境を越える過程で変化し、様々な地域への拡大と自社会への回帰を見せる、近年のグローバルなインド文化の動態である。本研究課題では、演劇、舞踊、音楽という芸能が衛星放送、携帯電話、インターネット等からなる新しいメディア状況と結びついて世界各地に広がるとともに、インドに回帰することで生じるインド社会への影響を明らかにする。

  • インドのナショナルな大衆文化の系譜と演劇にみる地域的想像力の展開―ゴアの場合

    若手研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2013年03月 

    本研究が目指すのは、西部インド・ゴア社会の大衆演劇ティアトルの系譜を歴史的資料と現在の実践者に対する文化人類学的聞き取り調査によって明らかにし、19世紀~現在のインドにおけるナショナルな大衆文化の系譜のなかに位置づけることである。従来の研究で明らかにされてきたように、大衆文化の想像力が地方、都市を経てネーション意識を生み出す一方で、そのナショナルな大衆文化が、地域アイデンティティの再編成に環流し、独自の発展を遂げていった「地域的想像力」の編成過程に着目する。本研究でキーワードとなる「想像力」の語については、C・W・ミルズ(『社会学的想像力』)やA・アパデュライ(『さまよえる近代』)の用法を発展させ、自己を取り巻く世界を理解すること、その世界に関する知を生み出すために必要な力、と定義し、地域社会がグローバル化された公共圏・市民社会にアクセスする可能性についてより能動的に描き出すことを試みる。地域社会に固有の歴史・社会関係と結びついた知識・情報の伝達と共有のメカニズムに歴史的な状況が重なって、地域社会の想像力が発現してきたことに留意する。本研究が最終的に目指すのは、人々が大衆文化を単に消費するだけでなく、その中で独自の想像力を働かせてグローバル化した世界における自分のポジションを理解し、声を発していくことのできる可能性について考えていくことである。

  • 境界の生産性とトランスナショナリティに関する文化人類学的研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2009年03月 

    トランスナショナルな、つまり国家、国民、民族を超える現代世界の動態的現象を人類学的に把握し分析するために、「境界」に生まれるもの、つまり境界の生産性に着目した研究。中米、アフリカ、東南アジア、オセアニア、ヨーロッパなど各地で現地調査を実施して経験的資料を集め、国家や民族やモダニティなど多様な要因により複雑に構築される境界の理解を進めるとともに、その境界を越える人やモノの流れの現実を明らかにした。分担者としてインド・ゴアの分析を担当。

  • インド・ゴア社会の大衆演劇「ティアトル」をめぐる実践と共同性の文化人類学的研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2005年04月  -  2008年03月 

    ゴアの大衆劇「ティアトル」に関わる人々の実践を通じ、ゴア社会におけるカトリック教徒の共同性の現れを明らかにした。ティアトルは、毎週のように劇場で上演されるミュージカル仕立てのゴアの現地語(コーンカニー語)劇で、イタリア・オペラに着想を得て19世紀末、ムンバイ(旧ボンベイ)のゴア人によって始められた。現在は、多数のプロ劇団が存在するのみならず、アマチュア劇団の活動も盛んであり、年に数回ティアトル・コンペが行われている。ティアトルの実践者、受容者のほとんどがゴア人カトリックである理由を明らかにするため、現地調査を実施した。ポルトガル植民地時代の19世紀以来、ゴア人、特にカトリックの人々は、雇用機会を求めてゴアの外部(ムンバイやデリー等のインド大都市・ヨーロッパ・アメリカ・中東湾岸諸国)へ出稼ぎ・移住を行っている。このようなディアスポラの人々も含め、ティアトルをめぐる共同性の発現を明らかにすることが、本研究の第一の目的だった。

 

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    研究法入門演習(1年次配当、2単位)、多文化共生論(1年次配当、2単位)、文化人類学(A)(1年次配当、2単位)創作過程論(2年次配当、2単位)、社会調査実践研究(3年次配当、4単位)、発展研究C(文化と共生Ⅰ)(3年次配当、2単位)、共通演習(ゼミナールⅠ)(2年次配当、2単位)、ゼミナール1(ゼミナールⅡ)(2年次配当、2単位)、ゼミナール2(ゼミナールⅢ)(3年次配当、2単位)、ゼミナール3(ゼミナールⅣ)(3年次配当、2単位)、ゼミナール4(ゼミナールV)(4年次配当、2単位)、卒業研究(4年次配当、8単位)

    導入教育科目、文化人類学関連科目、メディア実践系科目(カリキュラムにおける「メディア表現とコミュニケーション」領域の科目)、社会調査士関連科目、演習科目を担当している。

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    社会学科の初年次必修科目から、CPにある基礎・応用・発展の積み上げ方式による学修により、学生が社会学・文化人類学の幅広い知見を獲得すること、社会調査を実施できるようになることが目標である。最終的には、卒業研究においてテーマ設定、先行研究の探索、調査計画立案、調査の実施、考察を自ら行う力をつけることを目指している。社会学科の学びにより獲得した総合力で、学生が社会に出た後に主体的に自らの知見を応用し、問題解決を図ることができるような教育を行うことを常に考えている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    どの科目でも、学生が受動的に話を聞くだけにならないよう、学生が自らの意見を何らかの形で表明する機会を持ち、教員と学生間のやり取り、学生の間の意見交換が活発になるような工夫をしている。講義形式の科目では、最初に講義の内容に関わる論点を一つ提示し、学生に自らの知見や意見を書いてもらった後、講義の最後に、新たにどのような知見を得、自らの意見がどのように変化したのかを改めて書いてもらうという試みを行っている。適時、学生が書いているものを巡回して確認し、発言を促している。何人かのコメントをピックアップし、次回に資料として配布し、口頭で紹介している。

    メディア実践系の実習科目や演習科目では、学生同士で意見交換を行いやすいように少人数のグループワークをできるだけ取り入れるようにしている。

    講義科目では、インドや湾岸アラブ諸国での経験談をできるだけ織り交ぜ、演習科目では、「社会の現在」を知るために大学外に出るなど、「実感・経験から社会に対する理解を深める」ことに重点を置いている。

    また、メディア実践系科目に関しては、担当教員間で、個々の学生がどの科目を履修し、どのように成長しているのかについて情報交換を行い、学生個々の能力を伸ばすべく、きめ細やかな指導を行うことを心掛けている。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

    特に演習科目で顕著なのは、学年が上がるにつれて、プレゼン能力の向上が見られる点である。また、ディスカッションのやり方についても「自らの意見を表明する」ことが4年生になるとできるようになっている。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

    実習科目、演習科目においては、学生の主体性を引き出すという試みは成果を上げつつある。一方、講義科目において、学生が主体的に「学んでいく」姿勢をどのように涵養していくかが課題である。履修者数が多い場合にグループワークなどをどのように組み込んでいくか、考えていきたい。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス
    講義資料
    授業改善アンケート結果
    2018 松川恭子・辻野理花・西川麦子「メディア実践系」授業の作り方(実践編):他者から学び、伝える方法」『甲南大學紀要.文学編』168: 105-132.
    社会調査工房オンライン「9-11 【補論】デジタル・ストーリーテリング 9-11-6 甲南大学文学部社会学科の授業でのDSTの試み」URL: http://kccn.konan-u.ac.jp/sociology/research/09/frame.html
    甲南Ch.記事
    「大阪・心斎橋の外国人観光客「爆買い」の現在を知る――社会学科・松川ゼミの学外研修報告」(2017年1月12日)URL: https://ch.konan-u.ac.jp/information/information/category-11/485.html

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

      国際交流センター副所長   (全学委員会)