写真a

SAKAGAMI Machiko

Position

Professor

External Link

Graduating School 【 display / non-display

  • Osaka University   Faculty of Law   Graduated

    - 1990.3

Graduate School 【 display / non-display

  • Osaka University   Graduate School, Division of Law   Doctor's Course   Completed

    1990.4 - 2000.3

Campus Career 【 display / non-display

  • KONAN UNIVERSITY   Faculty of Law   Faculty of Law Department of Law   Professor

    2014.4

External Career 【 display / non-display

  • 名古屋外国語大学   外国語学部総合教養

    2008.4 - 2014.3

      More details

    Country:Japan

  • 大阪大学   法学部・大学院法学研究科

    2003.4 - 2004.3

      More details

    Country:Japan

  • 大阪大学   法学部・大学院法学研究科

    1997.4 - 2000.3

      More details

    Country:Japan

 

Papers 【 display / non-display

  • ヨーロッパ中世における内縁・事実婚の法的処遇-イタリアの例ー

    阪上眞千子

    阪大法学   71 ( 3・4 )   223 - 243   2021.11

     More details

    Single Work

    Publisher:大阪大学法学会  

  • イタリアの同性間の民事的結合(シヴィル・ユニオン)に関する法の成立 Reviewed

    阪上眞千子

    日伊文化研究   ( 56 )   83 - 95   2018.3

     More details

    Single Work

    Authorship:Lead author  

  • 「サン・マリーノ共和国における妻の地位の変遷-特に財産権に注目して」 Reviewed

    阪上眞千子

    比較家族史研究   ( 27 )   156 - 184   2013.3

     More details

    Single Work

  • 「サン・マリーノ共和国の『憲法』-条例から近代憲法へ、そしてヨーロッパ共通法へ」 Reviewed

    阪上眞千子

    日伊文化研究   ( 49 )   44 - 54   2011.3

     More details

    Single Work

  • 「サン・マリーノ共和国の法と裁判・序論-現代に生きる普通法」

    阪上眞千子

    阪大法学   ( 240 )   1169 - 1194   2006.3

     More details

    Single Work

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 「前段の司法」とその担い手をめぐる比較法史研究

    三阪佳弘( Role: Joint author ,  第四章「中世ボローニャと『公証人術の書』ーロランディーノ・パッサッジェーリ研究序論」)

    大阪大学出版会  2019.3  ( ISBN:978-4-87259-681-6

  • 『イタリアの歴史(現代史)』

    ロザリオ・ヴィッラリ( Role: Joint translator ,  前半)

    明石書店  2008.7 

     More details

    村上義和氏との共訳

Review Papers (Misc) 【 display / non-display

  • 学会回顧「西洋法制史」

    三成賢次・林智良・阪上眞千子・的場かおり

    法律時報   ( 12月 )   2008.12

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本評論社  

  • 学会回顧「西洋法制史」

    三成賢次・林智良・阪上眞千子・的場かおり

    法律時報   ( 12月 )   2007.12

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本評論社  

  • 学会回顧「西洋法制史」

    三成賢次・林智良・阪上眞千子・的場かおり

    法律時報   ( 12月 )   2006.12

     More details

    Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:日本評論社  

Presentations 【 display / non-display

  • イタリア中世における女性の財産権-ローマ法学説と地域特有法- Invited

    阪上眞千子

    女性の財産権・相続をめぐる比較ジェンダー史  (オンライン)  2022.2  科研費基盤研究(B)「『アジア・ジェンダー史』の構築と『歴史総合』教材の開発」科研費基盤研究(A)「イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究」

     More details

    Event date: 2022.2

  • イタリアにおけるシヴィル・ユニオン法成立

    阪上眞千子

    ジェンダー法学会大会  (立命館大学)  ジェンダー法学会

     More details

    Event date: 2016.12

  • 「サン・マリーノ法:普通法の現代的形態か?」

    阪上眞千子

    イタリア近現代史研究会例会  (明治大学)  イタリア近現代史研究会

     More details

    Event date: 2013.11

  • 「サン・マリーノ法史における妻の地位の変遷」

    阪上眞千子

    法制史学会近畿部会  (京都大学法学研究科)  法制史学会近畿部会

     More details

    Event date: 2012.5

  • 「サン・マリーノ法概要-特に憲法に注目して」

    阪上眞千子

    法制史学会中部部会  (名古屋大学法学研究科)  法制史学会中部部会

     More details

    Event date: 2010.10

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 近代市民社会における法的サービス需要充足の構造とその担い手に関する比較法史研究

    2014.4 - 2017.3

    JSPS Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research(B)

      More details

    近代市民社会における紛争解決を軸とした法的サービスの需要充足とその担い手としての法専門家と非法専門家のあり方について比較法史的考察を行う。

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2002.1 - 2004.1   法制史学会  近畿部会幹事