写真a

久原 篤 (クハラ アツシ)

KUHARA Atsushi

職名

教授

学位

博士(理学)(名古屋大学)

専門分野

遺伝・染色体動態

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1999年03月

    名古屋大学   理学部   分子生物学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年02月

    名古屋大学  理学研究科  生命理学�生命理学専攻  博士課程  修了

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    名古屋大学  理学研究科  生命理学専攻  修士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    甲南大学   理工学部   生物学科   教授  

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    甲南大学   理工学部   生物学科   准教授  

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    甲南大学   理工学部   生物学科   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

      名古屋大学   理学部  

  • 2009年10月
    -
    2011年03月

      名古屋大学  

  • 2007年04月
    -
    2009年09月

      名古屋大学   理学部  

  • 2005年03月
    -
    2007年03月

      名古屋大学   大学院理学研究科  

  • 2004年03月
    -
    2005年02月

      日本学術振興会PD  

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2000年06月
    -
    継続中
     

    日本遺伝学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本神経科学会

  • 1998年10月
    -
    継続中
     

    日本分子生物学会

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    関西サイエンスフォーラム

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    日本動物学会

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 動物の温度適応の解析

    基礎科学研究  

    研究期間: 2002年04月  -  2005年03月

  • 光技術装置の開発と利用による神経暗号の解読

    JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)  

    研究期間: 2009年10月  -  2011年03月

  • 温度を感知する嗅覚ニューロン

    JST戦略的創造研究推進制度(研究チーム型) (戦略的基礎研究推進事業:CREST)  

    研究期間: 2005年04月  -  2009年09月

  • 記憶学習の分子と神経局所回路

    基礎科学研究  

    研究期間: 2002年04月  -  2005年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Cold acclimation via the KQT-2 potassium channel is modulated by oxygen in Caenorhabditis elegans

    Okahata M., Wei A. D., Ohta A., Kuhara A.

    Science Advances   5 ( 2 ) 1 - 12   2019年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Endoribonuclease ENDU-2 regulates multiple traits including cold tolerance via cell autonomous and nonautonomous controls in C. elegans

    Ujisawa T., Ohta A., Ii T., Minakuchi Y., Toyoda A., Ii M., Kuhara A.

    PNAS   115 ( 35 ) 8823 - 8828   2018年08月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Sperm affects head sensory neuron in temperature tolerance of Caenorhabditis elegans

    Sonoda S., Ohta, A., Maruo, A., Ujisawa T., Kuhara, A.

    Cell Reports     2016年06月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Light and pheromone-sensing neuron regulates cold habituation through insulin signaling in C. elegans

    Ohta, A., Ujisawa T., Sonoda S., Kuhara, A.

    Nature commun.     2014年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Neural coding in a single sensory neuron controlling opposite seeking behaviors in Caenorhabditis elegans

    Kuhara A., Ohnishi N., Shimowada T., Mori I.

    Nature commun   2 ( 355 ) doi: 10.1038/ncomms1352   2011年06月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ブレインサイエンスレビュー 2009、嗅覚ニューロンにおけるG タンパクを介した温度受容メカニズム(共著)

    久原篤 (担当: 共著 , 担当範囲: 嗅覚ニューロンにおけるG タンパクを介した温度受容メカニズム )

    クバプロ書籍  2009年03月

  • 香りの百科事典、"生物の嗅覚系 3. 線虫"(共著)

    久原 篤 & 森 郁恵 (担当: 共著 , 担当範囲: 生物の嗅覚系 3. 線虫 )

    丸善出版  2005年02月

  • 線虫 究極のモデル生物、"感覚刺激とそれに対する応答"(共著)

    久原 篤 & 森 郁恵 (担当: 共著 , 担当範囲: 生物の嗅覚系 3. 線虫 )

    Springer出版  2003年11月

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 動物の低温適応における精子から頭部の温度感覚神経へのフィードバック制御

    久原篤

    科研費NEWS   2018年度 ( 2 ) 13 - 13   2018年09月

    単著

  • 線虫感覚受容器のグリアーニューロン相互作用と低温耐性

    中台(鹿毛)枝里子, 太田茜,宇治澤知代,孫思墨, 西川禎一, 久原篤

    月刊「細胞」   50 ( 9 ) 24(480) - 27(483)   2018年07月

    共著

  • 低温耐性を司る組織ネットワーク

    藤田茉優,大西康平,太田茜,久原篤

    月刊「細胞」特集 低温の生物学と医学   50 ( 9 ) 8(464) - 11(467)   2018年07月

    単著

  • 線虫 Caenorhabditis elegans の温度適応を制御する神経と腸を介した情報処理

    久原 篤, 宇治澤 知代, 太田 茜

    比較生理生化学 ( 比較生理生化学会 )  32 ( 2 ) 67 - 75   2015年

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

  • 線虫C. elegansにおける温度と神経を主軸とした生体調節学

    久原 篤

    比較生理生化学 ( 比較生理生化学会 )  31 ( 3 ) 131 - 132   2014年

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 学会発表等をこちらにまとめてあります

    こちらにすべて記載: http://kuharan.com/publications/Kuhara_presentation_list.pdf

    学会発表等をこちらにまとめてあります  2011年04月  -  継続中   

  • 温度を感じる脳のしくみ

    久原篤

    文部科学大臣表彰受賞記念 公開講演会  2012年06月  -  2012年06月   

  • 行動に関わる神経回路の生理暗号をさぐる

    久原 篤

    第4回 甲南大学生物学シンポジウム  2012年01月  -  2012年01月   

  • Adaptation and evolution against environmental temperature-changes in C. elegans

    宇治澤知代、井上奈穗、前田諒、太田茜、久原篤

    第34回日本分子生物学会年会  2011年12月  -  2011年12月   

  • Excitatory and inhibitory neurotransmission in a single sensory neuron direct opposite temperature-seeking behaviors

    Atsushi Kuhara, Noriyuki Ohnishi, Tomoyasu Shimowada, and Ikue Mori

    第34回日本分子生物学会年会  2011年12月  -  2011年12月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会賞

    2018年02月   日本学術振興会  

    受賞者:  久原篤

  • 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2012年04月17日   文部科学大臣  

    受賞者:  久原篤

  • 生物物理学会奨励賞

    2011年09月17日   生物物理学会  

    受賞者:  久原篤

  • 長瀬研究振興賞

    2011年04月21日   長瀬科学技術振興財団  

    受賞者:  久原篤

  • 第一回 赤﨑賞

    2011年03月16日   名古屋大学学術顕彰  

    受賞者:  久原篤

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 頭部から尾部そして再び頭部に周回する全身性神経回路による環境馴化速度の制御

    基盤研究(B)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

    頭部から尾部そして再び頭部に周回する全身性神経回路による環境馴化速度の制御

  • シングルセルトランスクリプトーム解析による温度記憶の解析

    挑戦的研究 (萌芽)

    研究期間:  2017年07月  -  2020年03月 

    シングルセルトランスクリプトーム解析による温度記憶の解析

  • TRPチャネルおよび膜脂質によ る温度センシング機構の解明

    新学術領域 計画班

    研究期間:  2015年07月  -  2020年03月 

    温度センシング機構の解明

  • 温環境への馴化を司る生体内サーキットの分子生理システム

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

    低温環境への馴化を司る生体内サーキットの分子生理システムの遺伝学的解析

  • フェロモン感知ニューロンにおける温度感知とそれらの情報の識別

    挑戦的萌芽

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月 

    フェロモン感知ニューロンにおける温度感知とそれらの情報の識別

全件表示 >>

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規温度センサー分子の単離とそれを用いた応用技術の創出

    提供機関:  その他省庁等  PRIME, AMED

    研究期間: 2017年10月  -  2021年03月 

    新規温度センサー分子の単離とそれを用いた応用技術の創出

  • 民間財団研究費をまとめて記載しております

    提供機関:  その他財団等  民間財団研究費まとめ

    研究期間: 2011年04月  -  継続中 

    HP参照:http://kuharan.com/publications/award.html

  • 記憶・感覚に関わるジアシルグリセロールリン酸化酵素の解析

    提供機関:  その他財団等  長瀬科学技術振興財団 研究助成

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月 

  • 温度感覚と学習記憶の分子神経回路メカニズムの分子基盤

    提供機関:  その他財団等  中島記念国際交流財団 日本人若手研究者研究助成

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月 

  • 行動に関わる神経活動の情報学的解析

    提供機関:  その他財団等  堀科学芸術振興財団 研究助成

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月 

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 最新光技術のシンプルな動物への応用(線虫を利用)

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 時実利彦記念神経科学優秀博士研究賞(指導した学生)

    2019年07月   日本神経科学学会  

  • ロレアル ユネスコ女性科学者奨励賞(指導した学生)

    2019年07月   ロレアル  

  • 文部科学省主催サイエンスインカレ ファイナリスト(平成30年度)(指導した学生)

    2019年03月   文部科学省  

  • 日本遺伝学会 平成30年度 Bestペーパー賞(指導した大学院生)

    2018年10月   日本遺伝学会  

  • The 8th Asis-Pasific C. elegans meeting, Poster Award(所属学生)

    2018年07月   Asis-Pasific C. elegans communite  

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2012年09月
    -
    継続中

    講義「基礎生物学演習I」における講義資料のインターネット公開

  • 2011年10月
    -
    2014年10月

    研究職についての職業紹介の講演_温度の感覚と脳の関係を探る

  • 2011年09月
    -
    継続中

    講義「動物生理学」における講義資料のインターネット公開

  • 2011年09月
    -
    2014年03月

    講義「生物学」における講義資料のインターネット公開

  • 2011年08月
    -
    継続中

    一日科学体験(高校生実習)の講師

全件表示 >>

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    生物学入門(1年次配当、2単位)、基礎生物学実験(2年次配当、3単位)、国際社会における現代生物学(2年次配当、2単位)、生物学卒業実験(4年次配当、20単位)、生物学専門実験及び演習II(3年次配当、5単位)、基礎生物学演習 I (2年次配当、2単位)、比較生理学(1年次配当、2単位)、動物生理学(1年次配当、2単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

    生物学を学ぶことは生物学的知識を暗記することだと考えている学生や、新しい生物学的知識を教えてもらうことであると考えている学生が多い。大学で学ぶ生物学で重要なことは、生物学の知見を詳しく知ることだけではなく、どのような研究や実験から、どのような結果によって生物学的結果が導き出されたのかを考え、実際の実験科目で論理的思考からそのエッセンスを考察することである。この考える生物学の最初のステップは、生物学的な実験科目や基礎や演習科目で考えることである。そのプロセスは専門実習における発表やレポート、または卒業論文を作成するなかで身につけるが、講義においても学生に「考えて言葉にする」機会を提供することが望ましい。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

    講義では、取り上げるテーマについて説明しながら関連する生物学的事象を紹介し、そこから何が分かるのかを受講生に理解や考えてもらう。特に低年時の基礎や演習科目では、 約10分の時間を与え、毎回、予習確認の小テストを行いそれを提出してもらう。また、講義内での感想や不明点などのレスポンスを紙に書いてもらい提出してもらう。それらは回収し、特に興味深い内容は講義内で紹介するよう努めている。生物学入門では大学で生物学を学ぶ上での広い意味でのコミュニケーション力や文章力を身につけるために、グループワークを積極的に取り入れている。生物学専門実験及び演習では、数名のチームを組んで議論をしながら実験内容の理解や面白いアイデアが得られるように導いている。教室(実習室)を巡りながら、その解析の目的を理解して自分の実験結果を班で議論し、全員の前で発表する機会を与え、参加者全員で議論を進める。その後、私が何を考えたかを説明し、テーマに戻って検討したことを位置付ける。基本的に正解のあるものも多いが、正解のないものもあるため、結果の誤解や論理の間違いは指摘する。また、生物学卒業実験においては、研究結果に対して常に疑問をもち議論することを求めている。卒業論文の発表会では、多くの教員や学生の前で発表を行い、質疑応答にも自ら答えることでプレゼンテーション力も身につけてもらう。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

     講義では、受講生が考えをまとめることに習熟していくが、生物学的背景を押さえて資料を読み込む学生と、漫然と聴講している学生とには顕著な差異が見られる。実験科目は各実験ごとのトピックが他の実験とどのように繋がっているかを理解しているかどうかが重要であるが、それらの繋がりを捉えるために時間がかかるようである。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

     講義では、対象とする知見の背景説明を詳細にすること、事前学習として教科書を読む際の
    ポイントを明確にすること、過去の講義を想起させることなど、考えるためのヒントの示し方 を工夫し、一歩踏み込んだ考察につなげたい。講義資料は改良を加えているが、内容を増やすかどうかを検討する必要がある。実習では、私が講評し指導する時間が足りなくなることがあり、時間配分の工夫が必要である。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

     シラバス、講義資料、リアクションペーパー、授業改善アンケート(自由記述欄)

 

所属学協会等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年01月
    -
    2021年12月

    日本比較生理生化学会   評議員

  • 2017年04月
    -
    継続中

    国際C. elegans コミュニティ   ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP) 線虫 運営委員

  • 2017年04月
    -
    継続中

    日本動物学会   日本動物学会 将来計画委員

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    日本生物物理学会   奨励賞 審査委員

  • 2013年04月
    -
    継続中

    関西サイエンスフォーラム   部会委員

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪府生物教育研究会の講師

    2017年11月
     
     


    大阪府生物教育研究会の講師:線虫の温度応答を使い脳神経系を理解するというタイトルで講演と実習

  • 理化学研究所CDB 高校教職員のための発生生物学実践講座

    2017年08月
     
     

    理化学研究所CDB 高校教職員のための発生生物学実践講座の講師。

  • スイス連邦教育研究革新事務局 研究開発部門-COST 審査員

    2015年06月
     
     

    スイス連邦教育研究革新事務局 研究開発部門-COST 審査員

  • 大阪市立大学 テニュアトラック教員 外部評価委員

    2014年12月
    -
    2016年03月

    大阪市立大学 テニュアトラック教員 外部評価委員

  • 日本学術振興会 科学研究費委員会 審査専門委員

    2012年10月
    -
    2014年03月

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 光技術を生物にもちいる光学装置の開発

    a

  • 線虫をもちいた環境評価法

    a

  • 線虫をもちいた精神疾患の治療薬の検査

    a

おすすめURL 【 表示 / 非表示

  • wormbase

    http://www.wormbase.org/

    線虫C. elegansの情報の総合データベース

    生物科学

  • 虫の集い

    http://www.wormjp.umin.jp/jp/index-j.html

    線虫の日本人研究者のコミュニティーサイト

    生物科学

  • 久原研究室ホームページ

    http://kuharan.com/index.html

    生物科学

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

      生物学科主任   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

      生物学科副主任   (部局内委員会)

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

      教員資格審査委員会 常任委員   (部局内委員会)

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

      大学院委員会構成員   (全学委員会)

  • 2014年04月
    -
    2019年03月

      排水・危険物管理委員   (部局内委員会)

全件表示 >>