論文 【 表示 / 非表示

  • Covalent Stem Cell-Combining Injectable Materials with Enhanced Stemness and Controlled Differentiation In Vivo 査読あり

    Natsumi Ueda, Shiho Sawada, Fumiya Yuasa, Karen Kato, Koji Nagahama

    ACS Applied Materials & Interfaces   14 ( 47 )   52618 - 52633   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: https://doi.org/10.1021/acsami.2c12918

  • Controlling liquid–liquid phase separation of G-quadruplex-forming RNAs in a sequence-specific manner 査読あり

    Mitsuki Tsuruta, Takeru Torii, Kazuki Kohata, Keiko Kawauchi, Hisae Tateishi-Karimata, Naoki Sugimoto and Daisuke Miyoshi

    Chem. Commun.   2022年11月

     詳細を見る

  • 製造委託の際に知っておきたい核酸医薬の特性ー品質と安全性評価面を中心に

    川上 純司

    Pharm Tech Japan   38 ( 12 )   2017 - 2022   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • Two-Dimensional Metal–Organic Framework-Based Cellular Scaffolds with High Protein Adsorption, Retention, and Replenishment Capabilities 査読あり

    Tokitaka Katayama, Shintaro Tanaka, Takaaki Tsuruoka, and Koji Nagahama

    ACS Applied Materials & Interfaces   14 ( 30 )   34443 - 34454   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • Two-Dimensional Metal–Organic Framework-Based Cellular Scaffolds with High Protein Adsorption, Retention, and Replenishment Capabilities

    Tokitaka Katayama, Shintaro Tanaka, Takaaki Tsuruoka, Koji Nagahama

    ACS Applied Materials & Interfaces   2022年8月

     詳細を見る

  • 細胞内環境で安定化される核酸非構造を狙った分子標的薬の開発 招待あり

    川内敬子・橋本佳樹・杉本 渉・三好大輔

    バイオマテリアル-生体材料-   40 ( 3 )   6 pages   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • 核酸の化学修飾と構造や相分離能の相関 招待あり

    鶴田 充生・取井 猛流・杉本 渉・川内 敬子・三好 大輔

    月刊「細胞」(ニューサイエンス社)   53 ( 14 )   910 - 913   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • Exportin-inspired artificial cell nuclear-exporting nanosystems 査読あり

    Mitsuo Inui , Yuta Hamada , Nana Sejima , Natsumi Ueda , Tokitaka Katayama , Kimika Ono, Koji Nagahama

    Nanoscale Advances   4   2637 - 2641   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • Significant structural change in human c-Myc promoter G-quadruplex 査読あり 国際共著

    Nikita Kundu, Taniya Sharma, Sarvpreet Kaur, Mamta Singh, Vinit Kumar, Uttam Sharma, Aklank Jain, Jadala Shankaraswamy, Daisuke Miyoshi, Sarika Saxena

    RSC Adv.   12   7594 - 7604   2022年4月

  • Angiogenesis Promotion by Combined Administration of DFO and Vein Endothelial Cells Using Injectable, Biodegradable, Nanocomposite Hydrogel Scaffolds 査読あり

    Kimika Ono, Manami Sumiya, Naohiro Yoshinobu, Tatsuya Dode, Tokitaka Katayama, Natsumi Ueda, Koji Nagahama

    ACS Applied Bio Materials   5 ( 2 )   471 - 482   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • Actin Filament in the First Cell Cycle Contributes to the Determination of the Anteroposterior Axis in Ascidian Development 査読あり

    Toshiyuki Goto, Shuhei Torii, Aoi Kondo, Kazumasa Kanda, Junji Kawakami, Yosky Kataoka, Takahito Nishikata

    Journal of Developmental Biology   10 ( 1 )   10 - 10   2022年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:MDPI AG  

    In many animal species, the body axis is determined by the relocalization of maternal determinants, organelles, or unique cell populations in a cytoskeleton-dependent manner. In the ascidian first cell cycle, the myoplasm, including mitochondria, endoplasmic reticulum (ER), and maternal mRNAs, move to the future posterior side concomitantly (called ooplasmic segregation or cytoplasmic and cortical reorganization). This translocation consists of first and second phases depending on the actin and microtubule, respectively. However, the transition from first to second phase, that is, translocation of myoplasmic components from microfilaments to microtubules, has been poorly investigated. In this study, we analyzed the relationship between these cytoskeletons and myoplasmic components during the first cell cycle and their role in morphogenesis by inhibitor experiments. Owing to our improved visualization techniques, there was unexpected F-actin accumulation at the vegetal pole during this transition period. When this F-actin was depolymerized, the microtubule structure was strongly affected, the myoplasmic components, including maternal mRNA, were mislocalized, and the anteroposterior axis formation was disordered. These results suggested the importance of F-actin during the first cell cycle and the existence of interactions between microfilaments and microtubules, implying the enigmatic mechanism of ooplasmic segregation. Solving this mystery leads us to an improved understanding of ascidian early development.

    DOI: 10.3390/jdb10010010

  • Dynamic Changes in the Aassociation between Maternal mRNAs and Endoplasmic Reticulum during Ascidian Early Embryogenesis 査読あり

    Goto T, Torii S, Kondo A, Yagi H, Suekane M, Kataoka Y, Nishikata T

    Development Genes and Evolution   232 ( 1 )   1 - 14   2022年2月

     詳細を見る

    共著

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1007/s00427-021-00683-y

  • Actin Filament in the First Cell Cycle Contributes to the Determination of the Anteroposterior Axis in Ascidian Development 査読あり

    Goto T, Torii S, Kondo A, Kanda K, Kataoka Y, Nishikata T

    Journal of Developmental Biology   10 ( 1 )   10 - 23   2022年2月

     詳細を見る

    共著

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.3390/jdb10010010

  • Intramolecular G-quadruplex-hairpin loop structure competition of a GC-rich exon region in the TMPRSS2 gene 査読あり

    Wataru Sugimoto, Natsuki Kinoshita, Minori Nakata, Tatsuya Ohyama, Hisae Minatojima-Minaminachi, Takahito Nishikata, Naoki Sugimoto, Daisuke Miyoshi, Keiko Kawauchi

    Chem. Commun.   58   48 - 51   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

  • De novo design of a nanopore for single-molecule detection that incorporates a β-hairpin peptide. 国際誌

    Keisuke Shimizu, Batsaikhan Mijiddorj, Masataka Usami, Ikuro Mizoguchi, Shuhei Yoshida, Shiori Akayama, Yoshio Hamada, Akifumi Ohyama, Kenji Usui, Izuru Kawamura, Ryuji Kawano

    Nature nanotechnology   17 ( 1 )   67 - 75   2022年1月

     詳細を見る

    The amino-acid sequence of a protein encodes information on its three-dimensional structure and specific functionality. De novo design has emerged as a method to manipulate the primary structure for the development of artificial proteins and peptides with desired functionality. This paper describes the de novo design of a pore-forming peptide, named SV28, that has a β-hairpin structure and assembles to form a stable nanopore in a bilayer lipid membrane. This large synthetic nanopore is an entirely artificial device for practical applications. The peptide forms multidispersely sized nanopore structures ranging from 1.7 to 6.3 nm in diameter and can detect DNAs. To form a monodispersely sized nanopore, we redesigned the SV28 by introducing a glycine-kink mutation. The resulting redesigned peptide forms a monodisperse pore with a diameter of 1.7 nm leading to detection of a single polypeptide chain. Such de novo design of a β-hairpin peptide has the potential to create artificial nanopores, which can be size adjusted to a target molecule.

    DOI: 10.1038/s41565-021-01008-w

    PubMed

  • Chemical synthesis of single nanometer-sized Bi2−xSbxTe3.0 nanocrystals via direct precipitation process

    Ryosuke Fujiwara, Yohei Takashima, Takaaki Tsuruoka, Muneyuki Naito, Junya Murai, Kensuke Akamatsu

    Results in Chemistry   4   100485 - 100485   2022年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.rechem.2022.100485

  • Rational and site-selective formation of coordination polymer consisiting of d10 coinage metal ions with thiolate ligands using metal ion-doped polymer substrate

    T. Tsuruoka, Y. Miyashita, R. Yoshino, M. Fukuoka, S. Hirao, Y. Takashima, A. Demessence, K. Akamatsu

    RSC Adv   12   3716 - 3720   2022年

  • Chemical synthesis of single nanometer-sized Bi2-xSbxTe3.0 nanocrystals via direct precipitation process

    R. Fujiwara, Y.Takashima, T. Tsuruoka, M. Naito, J. Murai, K. Akamatsu

    Chemistry   4   100485   2022年

  • Rational and site-selective formation of coordination polymer consisiting of d10 coinage metal ions with thiolate ligands using metal ion-doped polymer substrate

    T. Tsuruoka, Y. Miyashita, R. Yoshino, M. Fukuoka, S. Hirao, Y. Takashima, A. Demessence, K. Akamatsu

    RSC Adv   12   3716 - 3720   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • Rational and site-selective formation of coordination polymers consisting of d<sup>10</sup> coinage metal ions with thiolate ligands using a metal ion-doped polymer substrate

    Takaaki Tsuruoka, Yuri Miyashita, Ryuki Yoshino, Myu Fukuoka, Shoya Hirao, Yohei Takashima, Aude Demessence, Kensuke Akamatsu

    RSC Advances   12 ( 6 )   3716 - 3720   2022年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    We report an interfacial approach for fabricating coordination polymer (CP) crystal films and patterns on a polymer surface using a metal ion-doped polymer substrate.

    DOI: 10.1039/d2ra00269h

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 核酸医薬品のCMC管理戦略 −品質評価・不純物管理−

    冨田恵麗沙, 秋田智香, 川上純司( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 核酸医薬品と核酸化学)

    サイエンス&テクノロジー  2022年9月  ( ISBN:9784864282925

  • 実験医学 (Experimental Medicine)

    秋田智香, 川上純司( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 核酸医薬の化学 総論-修飾核酸と機能評価)

    実験医学  2021年11月 

  • がん関連mRNAと光線力学療法

    三好大輔, 杉本直己( 担当: 共著)

    CSJカレントレビュー「生体分子と疾患」(化学同人)  2021年5月 

  • 大学的神戸ガイド −こだわりの歩き方

    西方敬人,井野瀬久美惠( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 灘の酒造り)

    昭和堂  2021年3月  ( ISBN:9784812220153

  • 生体への影響解析のための電磁波照射装置の開発と開発研究におけるアウトリーチ活動

    臼井健二、梅谷智弘( 担当: 単著)

    甲南大学総合研究所叢書  2021年3月 

  • 固液界面での金属有機構造体作製

    鶴岡孝章( 担当: 単著)

    ナノ学会  2021年 

  • 核酸科学ハンドブック

    中野修一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第Ⅱ部14項 リボザイム)

    講談社サイエンティフィック  2020年12月  ( ISBN:978-4-06-520786-4

  • 核酸化学ハンドブック

    三好大輔( 担当: 単著 ,  範囲: 光線力学療法の基礎)

    日本核酸化学会  2020年12月  ( ISBN:978-4-06-520786-4

  • 核酸科学ハンドブック

    川上純司( 担当: 分担執筆 ,  範囲: アンチセンス核酸のメカニズム)

    講談社  2020年12月  ( ISBN:9784065207864

     詳細を見る

  • 相分離生物学の全貌

    三好 大輔、川内 敬子( 担当: 共著 ,  範囲: DNA,RNAと相分離)

    東京化学同人  2020年11月  ( ISBN:9784807913466

  • 相分離生物学の全貌

    三好大輔, 川内敬子( 範囲: DNA・RNAと相分離)

    現代化学増刊  2020年11月 

  • 医薬品開発における中分子領域(核酸医薬・ペプチド医薬)の開発戦略

    川上 純司( 範囲: アンチセンス核酸医薬の作用機序)

    情報機構  2019年10月 

  • 細胞移植用スマートゲルの開発

    長濱宏治、小野公佳、木村友香、青山青海( 担当: 共著)

    ケミカルエンジニヤリング  2019年 

  • 皮膚の安全性・有用性評価法

    臼井 健二( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章 第6節 ペプチド固定化樹脂を用いた皮膚感作性試験法の開発)

    技術情報協会  2018年5月 

     詳細を見る

    weblink:https://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=4945

  • ゲルを用いた再生医療関連技術の開発

    長濱 宏治( 担当: 単著)

    (株)技術情報協会  2018年2月 

  • マイクロビーズ固定化ペプチドを用いたバイオ計測デバイスの開発

    臼井健二, 南野祐槻, 宮﨑洋, 横田晋一朗, 山下邦彦, 濵田芳男( 担当: 共著)

    医療・診断をささえるペプチド科学  2017年10月 

  • 元素118の新知識

    桜井弘, 荒野泰, 小谷明, 高妻孝光, 佐治英郎, 鈴木晋一郎, 寺嶋孝仁, 中山祐正, 根矢三郎, 羽場宏光, 廣田俊, 藤井敏司( 担当: 共編者(共編著者))

    講談社ブルーバックス  2017年8月  ( ISBN:9784065020289

  • Cell and Molecular Mechanics in Health and Disease

    Keiko Kawauchi, Hideaki Fujita, Daisuke Miyoshi, Evelyn K. F. Yim, and Hiroaki Hirata( 担当: 編集)

    Hindawi Limited  2017年2月 

  • Fluorescence Enhancement of Immobilozed CdTe Nanocrystals Metal-Nanocrystals- Modidied Substrate by Dipole Coupling

    T.Tsuruoka, M. Yamashita, M. Kumano, K. Uwajima, H. Nawafune and K. Akamatsu

    Transaction of Material Research Society of Japan  2016年7月 

  • 樹脂—金属接着・接合部の応力解析と密着性・耐久性評価

    木村祐介、鶴岡孝章、赤松謙祐、縄舟秀美

    技術情報協会  2016年7月 

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • ペプチドを用いたアレルギー感作性試験の開発および,ペプチド合成を学生実験に導入した試み

    Peptide Newsletter Japan,

    臼井健二   125   2022年7月

  • 「受動的な学び」から「能動的な学び」へ 〜高大連携活動の展開と可能性〜 招待あり

    甲元一也

    月刊「兵庫教育」   74 ( 3 )   4 - 7   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • G4形成がん関連mRNAの液液相分離現象

    小路諭, 赤松由御, 鶴田充生, 川内敬子, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   102nd   2022年

     詳細を見る

  • 麹菌産生物質デフェリフェリクリシンの抗がん作用

    豊田駿, 芦田侑加子, 赤松実憲, 浦野諒人, 月生雅也, 取井猛流, 戸所健彦, 久田博元, 石田博樹, 西方敬人, 川内敬子

    日本薬学会年会要旨集(Web)   142nd   2022年

     詳細を見る

  • 生物学的液液相分離現象に対するジオール類の阻害メカニズムの解明

    高宮渚, 鶴田充生, 川内敬子, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   102nd   2022年

     詳細を見る

  • 核酸の四重らせん構造を狙った治療薬の展望

    木下菜月, 取井猛流, 川内敬子, 三好大輔

    Bio Clinica   37 ( 4 )   2022年

     詳細を見る

  • 核酸の二次構造を標的としたドロプレットの分解

    鶴田充生, 取井猛流, 小畠一起, 川内敬子, 建石(狩俣)寿枝, 杉本直己, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   102nd   2022年

     詳細を見る

  • 核酸のグアニン四重らせん構造を狙った光線力学療法

    取井猛流, 木下菜月, 浦野諒人, 三好大輔, 川内敬子

    日本女性科学者の会学術誌(Web)   22   2022年

     詳細を見る

  • 光感受性ナノ粒子を用いたナノメディシン

    西館智尋, 金野智浩, 坂本武琉, 木下菜月, 鳥井猛流, 橋本佳樹, 川内敬子, 三好大輔, 今井陽介, 小林芳男, 山内紀子, 北村成史, 権田幸祐

    ナノ学会大会講演予稿集   20th   2022年

     詳細を見る

  • バイオマテリアル新素材・新機能の開拓 細胞内環境で安定化される核酸非構造を狙った分子標的薬の開発

    川内敬子, 橋本佳樹, 杉本渉, 三好大輔

    バイオマテリアル(Web)   40 ( 3 )   2022年

     詳細を見る

  • グアニン四重らせん構造選択的化合物の開発に向けたスクリーニングシステムの構築

    橋本佳樹, 取井猛流, 藤田ひな, 川内敬子, 建石寿枝, 杉本直己, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   102nd   2022年

     詳細を見る

  • 核酸医薬の配列設計のためのin vitro評価:細胞内物質との弱い相互作用の影響 招待あり

    中野修一

    Bio Clinica   12 ( 36 )   1426 - 1428   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • マイクロ波照射による細胞への影響とその応用

    平田 桃, 川内 敬子, 西方 敬人, 中西 伸浩, 臼井 健二

    日本電磁波エネルギー応用学会論文誌   5   38 - 48   2021年12月

  • 適用範囲の広い皮膚感作性試験法の開発

    臼井健二,宮﨑洋,山下邦彦

    Medical Science Digest   47   226 - 228   2021年3月

  • rDNAの四重らせん構造形成の分子機構の解明

    取井猛流, 杉本渉, 建石寿枝, 鶴田充生, 月生雅也, 村嶋貴之, 西方敬人, 杉本直己, 三好大輔, 川内敬子

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   44th   2021年

     詳細を見る

  • 液液相分離現象を引き起こすペプチドのアミノ酸配列選択性の探索

    鶴田充生, 小畠一起, 取井猛流, 川内敬子, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   101st   2021年

     詳細を見る

  • 液-液相分離現象を制御する小分子の発見に向けたスクリーニングシステムの構築

    高宮渚, 鶴田充生, 橋本佳樹, 川内敬子, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   101st   2021年

     詳細を見る

  • 核酸の化学修飾と構造や相分離能の相関

    鶴田充生, 取井猛流, 杉本渉, 川内敬子, 三好大輔

    月刊細胞   53 ( 14 )   2021年

     詳細を見る

  • 核小体ストレスにより形成するrDNA G-quadruplex集合体とその機能

    杉本渉, 桑本慎, 建石寿枝, 岩根敦子, 岩根敦子, 岩根敦子, 高橋宏隆, 三好大輔, 川内敬子

    日本薬学会年会要旨集(Web)   141st   2021年

     詳細を見る

  • マイクロ波照射による細胞への影響とその応用

    平田桃, 川内敬子, 西方敬人, 西方敬人, 中西伸浩, 中西伸浩, 臼井健二, 臼井健二

    日本電磁波エネルギー応用学会論文誌(Web)   5   2021年

     詳細を見る

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 有機化学反応に使用される水系反応溶媒

    甲元一也、北村武大、山本真史、郷田慎

     詳細を見る

    出願番号:特願2021-005314

    公開番号:特開2022-109793

  • 水性二相分離液、及び当該水性二相分離液を用いた有機物の分離方法

    甲元一也、北村武大、山本真史、郷田慎

     詳細を見る

    出願番号:特願2021-005313

    公開番号:特開2022-109792

  • デバイス及びその製造方法

    甲元一也、橋本賀之、北村武大、森田祐子、山本真史

     詳細を見る

    出願番号:特願2020-37096

    公開番号:特開2021-136916

  • 基質溶液

    甲元一也、塩江一磨、木全伸介

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-034728

    公開番号:特開2019-146541

  • β-1,3-1,6-グルカン粉末、グルカン含有組成物、β-1,3-1,6-グルカン粉末の製造方法、包接複合体、包接複合体の製造方法およびゲスト分子の回収方法

    甲元一也、北原義孝

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP20

    公表番号:WO2019/073989 A1

  • 難水溶性物質の可溶化剤

    甲元一也

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-058040

    公開番号:特開2018-158317

  • 被験物質の皮膚感作性の評価方法、及び樹脂固定ペプチド

    臼井健二, 目片秀明, 宮崎洋, 山下邦彦

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-194496

  • 被験物質の皮膚感作性の検定方法

    臼井健二・目片秀明・宮崎洋・山下邦彦

     詳細を見る

    出願番号:2016-092093

    出願国:国内  

  • 樹脂固定ペプチド

    臼井健二・目片秀明・宮崎洋・山下邦彦

     詳細を見る

    出願番号:2016-092094

    出願国:国内  

  • β-1,3-1,6-グルカンへの難水溶性物質の包接方法およびその方法に用いる包接剤

    鈴木利雄、甲元一也、中川暁史、児玉歩夢

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-063512

    公開番号:特開2016-183120

    特許番号/登録番号:特許第6645673号

  • アミロイドβペプチドを電気化学敵意測定するためのバイオセンサ

    藤井敏司

     詳細を見る

    出願番号:特願 2015-60724

    出願国:国内  

  • 基質結合力調整剤及びこれを用いた分子センサ並びにその使用方法

    甲元一也、鈴木良順、伊東宏昌、松本弘一

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-034591

    公開番号:特開2016-156705

  • 疎水性物質包接剤およびそれを用いた疎水性物質の可溶化方法

    谷口泰造、宮本和英、炬口真理子、角山圭一、坂井和夫、福田勝、鈴木利雄、甲元一也、山本和宏、渡邉愛未

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-251325

    公開番号:特開2016-113381

  • 多糖ーペプチドグリカン複合体含有粒子

    辻浩和、森山薫、志田寛、千葉勝由、野本康二、甲元一也、長濱宏治、松井淳

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-234585

    公開番号:特開2015-129114

    特許番号/登録番号:特許第6358933号

  • 多糖ーペプチドグリカン複合体含有粒子

    辻浩和,森山薫,志田寛,千葉勝由,野本康二,甲元一也,長濱宏治,松井淳

     詳細を見る

    出願番号:2014-234585

    公開番号:6358933

    出願国:国内  

  • 核酸鎖の四重螺旋構造の検出方法

    三好 大輔、前田 龍一

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-199029

    公開番号:特開2015-62388

    出願国:国内  

  • 有機性廃棄物の微生物分解促進剤及びこれを用いた有機性廃棄物の分解方法

    甲元一也、船津亮二、辰野早苗

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-121688

    公開番号:特開2014-237100

    特許番号/登録番号:特許第6176710号

    有機性廃棄物の微生物分解促進剤及びこれを用いた有機性廃棄物の分解方法に関する

  • 凍結保護剤

    甲元一也、中川雄市、曽田匡洋

     詳細を見る

    出願番号:2013-24841

    公開番号:特開2014-150777

    ベタイン誘導体を用いた酵素の凍結保護剤に関する。

  • Method for detecting G-quadruplex, method for detecting G-quadruplex-forming DNA and method for determining telomerase activity

    Hidenobu Yaku, Daisuke Miyoshi

     詳細を見る

    出願番号:13/335,498

    出願国:外国  

  • 発光効率又は発色効率を高める酵素反応方法

    甲元一也、鹿島康浩

     詳細を見る

    出願番号:特願2011-225756

    公開番号:特開2012-100654

    出願国:国内  

    発光効率又は発色効率を高める酵素反応方法の開発

全件表示 >>

 

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ポリフェノール活性化ブドウ種子エキスのUV防御能の評価

    川野 大地, 川上 純司, 付 子華

    第45回日本分子生物学会年会  (幕張メッセ)  2022年12月  深川 竜郎

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月 - 2022年12月

  • アンチセンス核酸医薬のモデルとしてのRNA/DNA二重鎖におけるRNA鎖長が熱力学的パラメータに与える影響

    冨田 恵麗沙, 秋田 智香, 柏木 歩夢, 佐野 蓮心, 畠中 陸希, 井上 貴雄, 小比賀 聡, 川上 純司

    第45回日本分子生物学会年会  (幕張メッセ)  2022年11月  深川 竜郎

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月 - 2022年12月

  • カリウム/ナトリウムイオン共存下におけるG4アプタマーの構造安定性

    石垣 卓, 廣瀬 雅子, 加藤 眞紀, 川上 純司

    第45回日本分子生物学会年会  (幕張メッセ)  2022年11月  深川 竜郎

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月 - 2022年12月

  • 環状RNAを自己触媒的に調製するリガーゼリボザイム配列の最適化

    清瀬 茜, 川上 純司

    第45回日本分子生物学会年会  (幕張メッセ)  2022年11月  深川 竜郎

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月 - 2022年12月

  • 遺伝子を注射するコロナワクチン 招待あり

    川上 純司

    ホテルグランヴィア大阪 講演会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  • Effect of unmodified gap between two ENA modifications on thermodynamic stability of DNA/RNA duplexes

    Tomoka Akita, Elisa Tomita-Sudo, Shizuka Közaki, Renshin Sano, Ayumu Kashiwagi, Riki Hatakenaka, Yoshiyuki Onishi, Makoto Koizumi, Junji Kawakami

    The 49th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry The 6th Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistry  (Tokyo University of Science Katsushika Campus, Library Big Hall)  2022年11月  Hidetaka Torigoe

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    国名:日本国  

  • Regulation of functional RNA Activity by complementary DNA strands

    Nae Sakimoto, Akane Kiyose, Shuichiro Fujiki, Riki Hatakenaka, Junji Kawakami

    The 49th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry The 6th Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistry  (Tokyo University of Science Katsushika Campus, Library Big Hall)  2022年11月  Hidetaka Torigoe

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    国名:日本国  

  • β-1,3-1,6-グルカンおよびその包接複合体ナノ粒子からなる易水溶性粉末の調製

    甲元一也・児玉歩夢・土居菜々子・畦崎梨花・森田志穂・杉野遥香

    第71回高分子討論会  (北海道大学札幌キャンパス)  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    国名:日本国  

  • β-1,3-1,6-グルカンナノ粒子を利用した抗酸化物質のデリバリーシステムの開発

    甲元一也・土居菜々子

    第71回高分子討論会  (北海道大学札幌キャンパス)  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    国名:日本国  

  • オリゴ核酸のHPLC分析におけるカラムの検討

    斎藤 恵美、櫻井 葉玲、南海 浩一、井上 貴雄、川上 純司、小比賀 聡

    日本核酸医薬学会第7回年会  (御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター)  2022年8月  横田 隆徳

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月 - 2022年8月

    国名:日本国  

  • オリゴヌクレオチド類縁物質(ヌクレオチド欠失体/付加体)のオフターゲット評価

    石田 和也、吉田 徳幸、赤堀 有美、川上 純司、井上 貴雄、小比賀 聡

    日本核酸医薬学会第7回年会  (御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター)  2022年8月  横田 隆徳

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月 - 2022年8月

    国名:日本国  

  • オリゴ核酸不純物の迅速かつ網羅的検出および配列確認法の確認

    唐澤 薫、岩崎 了教、川上 純司、井上 貴雄、小比賀 聡

    日本核酸医薬学会第7回年会  (御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター)  2022年8月  横田 隆徳

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月 - 2022年8月

    国名:日本国  

  • 専門外の研究者のための核酸化学の基礎

    川上 純司

    日本核酸医薬学会第7回年会  (御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター)  2022年8月  横田 隆徳

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月 - 2022年8月

    国名:日本国  

  • Shortmer副生成物の結合親和性はヌクレオチド欠損位置によって異なる

    秋田 智香、神前 静香、井上 貴雄、小比賀 聡、川上 純司

    日本核酸医薬学会第7回年会  (御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター)  2022年8月  横田 隆徳

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月 - 2022年8月

    国名:日本国  

  • シングル四重極型質量分析計を用いた簡易的な核酸医薬品の合成確認

    鈴木 里沙、加藤 紀子、久保田 諒、川上 純司、井上 貴雄、小比賀 聡、早川 禎宏

    日本核酸医薬学会第7回年会  (御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター)  2022年8月  横田 隆徳

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月 - 2022年8月

    国名:日本国  

  • 卓上MALDI-TOF MSを用いたアンチセンス核酸医薬品の配列確認

    西風 隆司、川上 純司、井上 貴雄、小比賀 聡、早川 禎宏

    日本核酸医薬学会第7回年会  (御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター)  2022年8月  横田 隆徳

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月 - 2022年8月

    国名:日本国  

  • 変性β-1,3-1,6-グルカンナノ粒子のキャビティに包接されるゲスト分子の構造要件の探索

    西田和史、土居菜々子、甲元一也

    第19回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム  (岡山大学津島キャンパス)  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 様々な電界強度の直線偏波マイクロ波照射によるペプチドを用いた炭酸カルシウムの凝集沈殿

    日本化学会第102春季年会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • 金還元ペプチドビーズを用いた長期保存や再利用が可能な固定化金ナノ粒子の作製

    日本化学会第102春季年会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • 金属イオンドープ高分子基板上での銅-チオラート配位高分子の作製およびパターン形成

    鶴岡孝章

    日本化学会第102春季年会(2022)  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 甲元 一也

    数学理科甲子園2022

    役割:パネリスト, コメンテーター, 助言・指導

    兵庫県教育委員会  2022年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

  • 甲元 一也

    微生物が創り出す天然多糖を加工してカプセルを作る 〜多糖ナノカプセルが変える未来の食品、化粧品、医薬品〜

    役割:講師

    兵庫県立豊岡高校  2022年9月

  • 甲元 一也

    講演「仮設の立て方に重点をおいたリサーチプランの立案」

    役割:講師, 助言・指導

    兵庫「咲いテク」委員会  2022年8月

  • 甲元 一也

    実験講義「研究体験2022 〜機能性色素を作る、調べる〜」

    役割:講師

    兵庫県立豊岡高校  2022年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    講義「研究体験2022 〜機能性色素を作る、調べる〜(事前学習)」

    役割:講師

    兵庫県立豊岡高校  2022年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    講義「課題探究テーマの設定法」

    役割:講師

    兵庫県立神戸高校  2022年6月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    総合的探究の時間(グローバルリサーチ)発表会

    役割:助言・指導

    兵庫県立兵庫高等学校  2022年6月

  • 甲元 一也

    講義「理数系で学ぶ」

    役割:講師

    兵庫県立明石高校  2022年5月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    講演「理系で活躍するために身につけるべきこと」

    役割:講師

    広島皆実高等学校  2022年4月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    講演「課題研究(探究活動)が拓く未来」

    役割:講師

    兵庫県立須磨友が丘高等学校  2022年4月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    教員対象講演会「探究テーマの設定法」

    役割:講師

    兵庫県立芦屋高校  2022年4月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    模擬講義「課題研究におけるテーマ設定 〜どうやって決めていけばよいのか〜」

    役割:講師

    神戸市立六甲アイランド高等学校  2022年3月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 藤井 敏司

    課題研究II発表会(兵庫県立龍野高等学校)

    役割:助言・指導

    兵庫県立龍野高等学校  令和3年度課題研究II発表会  2022年2月

  • 甲元 一也

    探究・課題研究発表会「豊高アカデミア」

    役割:助言・指導

    兵庫県立豊岡高校  2022年1月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    研究発表会

    役割:助言・指導

    兵庫県立龍野高校  2022年1月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    出張模擬講義「理系研究者のためのプレゼンの基本」

    役割:講師

    兵庫県立神戸高等学校  兵庫県立神戸高等学校  2022年1月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    兵庫県立神戸高等学校の総合理学科の2年生を対象に課題研究におけるプレゼン資料の作成方法等に関する講義を実施した。

  • 甲元 一也

    GSC ROOTプログラム(サマリーセッション)

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    神戸大学、兵庫県立大学、関西学院大学、甲南大学  Zoom  2022年1月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 大学生

  • 甲元 一也

    リサーチフェスタ2021

    役割:講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援

    甲南大学  リサーチフェスタ特設サイト  2021年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般

  • 藤井 敏司

    理系のプレゼンテーション

    役割:講師

    兵庫県立姫路飾西高等学校  自然科学探求II 科学特別講義  2021年12月

  • 甲元 一也

    数学理科甲子園

    役割:パネリスト, コメンテーター, 助言・指導

    兵庫県教育委員会  姫路アクリエ  2021年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 13=

    2019年6月

     詳細を見る

    「分子設計が開く未来」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 12=

    2018年6月

     詳細を見る

    「食品化学・栄養学と医療」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 11=

    2017年7月

     詳細を見る

    「皮膚科学・化粧品と医療」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 10=

    2016年6月

     詳細を見る

    「再生医療における細胞材料開発の重要性」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 9=

    2015年6月

     詳細を見る

    「再生医療と細胞培養技術」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 8=

    2014年6月

     詳細を見る

    「基礎研究者と医療産業との架け橋」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 7=

    2013年6月

     詳細を見る

    「先端医療の実現と装置開発」