論文 【 表示 / 非表示

  • Two-Dimensional Metal–Organic Framework-Based Cellular Scaffolds with High Protein Adsorption, Retention, and Replenishment Capabilities 査読あり

    Tokitaka Katayama, Shintaro Tanaka, Takaaki Tsuruoka, and Koji Nagahama

    ACS Applied Materials & Interfaces   14 ( 30 )   34443 - 34454   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • Cooperative catalysis in a metal–organic framework via post-synthetic immobilisation 査読あり

    Yohei Takashima, Yuya Suwaki, Takaaki Tsuruoka and Kensuke Akamatsu

    Dalton Transactions   51   9229 - 9232   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    DOI: 10.1039/d2dt01544g

  • Exportin-inspired artificial cell nuclear-exporting nanosystems 査読あり

    Mitsuo Inui , Yuta Hamada , Nana Sejima , Natsumi Ueda , Tokitaka Katayama , Kimika Ono, Koji Nagahama

    Nanoscale Advances   4   2637 - 2641   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • Angiogenesis Promotion by Combined Administration of DFO and Vein Endothelial Cells Using Injectable, Biodegradable, Nanocomposite Hydrogel Scaffolds 査読あり

    Kimika Ono, Manami Sumiya, Naohiro Yoshinobu, Tatsuya Dode, Tokitaka Katayama, Natsumi Ueda, Koji Nagahama

    ACS Applied Bio Materials   5 ( 2 )   471 - 482   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • Dynamic Changes in the Aassociation between Maternal mRNAs and Endoplasmic Reticulum during Ascidian Early Embryogenesis 査読あり

    Goto T, Torii S, Kondo A, Yagi H, Suekane M, Kataoka Y, Nishikata T

    Development Genes and Evolution   232 ( 1 )   1 - 14   2022年2月

     詳細を見る

    共著

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1007/s00427-021-00683-y

  • Actin Filament in the First Cell Cycle Contributes to the Determination of the Anteroposterior Axis in Ascidian Development 査読あり

    Goto T, Torii S, Kondo A, Kanda K, Kataoka Y, Nishikata T

    Journal of Developmental Biology   10 ( 1 )   10 - 23   2022年2月

     詳細を見る

    共著

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.3390/jdb10010010

  • Rational and site-selective formation of coordination polymer consisiting of d10 coinage metal ions with thiolate ligands using metal ion-doped polymer substrate

    T. Tsuruoka, Y. Miyashita, R. Yoshino, M. Fukuoka, S. Hirao, Y. Takashima, A. Demessence, K. Akamatsu

    RSC Adv   12   3716 - 3720   2022年

  • Rational and site-selective formation of coordination polymer consisiting of d10 coinage metal ions with thiolate ligands using metal ion-doped polymer substrate

    T. Tsuruoka, Y. Miyashita, R. Yoshino, M. Fukuoka, S. Hirao, Y. Takashima, A. Demessence, K. Akamatsu

    RSC Adv   12   3716 - 3720   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • Rational and site-selective formation of coordination polymer consisiting of d10 coinage metal ions with thiolate ligands using metal ion-doped polymer substrate

    T. Tsuruoka, Y. Miyashita, R. Yoshino, M. Fukuoka, S. Hirao, Y. Takashima, A. Demessence, K. Akamatsu

    RSC Adv   12   3716 - 3720   2022年

  • Intramolecular G-Quadruplex-Hairpin Loop Structure Competition of a GC-Rich Exon Region in the TMPRSS2 Gene 査読あり

    Sugimoto W, Kinoshita N, Nakata M, Ohyama T, Tateishi-Karimata H, Nishikata T, Sugimoto N, Miyoshi D, Kawauchi K

    Chem Commun (Camb)   58 ( 1 )   48 - 51   2021年12月

     詳細を見る

    共著

    DOI: 10.1039/d1cc05523b

  • Injectable Biocatalytic Nanocomposite Hydrogel Factories for Focal Enzyme-Prodrug Cancer Therapy 査読あり

    Kimika Ono, Hiroyuki Hashimoto, Tokitaka Katayama, Natsumi Ueda, Koji Nagahama

    Biomacromolecules   22 ( 10 )   4217 - 4227   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • Biological Tissue-Inspired Living Self-Healing Hydrogels Based on Cadherin-Mediated Specific Cell–Cell Adhesion 査読あり

    Koji Nagahama, Seika Aoyama, Natsumi Ueda, Yuka Kimura, Tokitaka Katayama, Kimika Ono

    10 ( 8 )   1073 - 1079   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • Involvement of Annexin A2 in Serum-MAF Dependent Phagocytic Activation of Macrophages 査読あり

    Kawakatsu K, Seta Y, Maemura M, Nishikata T.

    Anticancer Research   41 ( 8 )   4089 - 4092   2021年8月

     詳細を見る

    共著

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.21873/anticanres.15211

  • Enhancement of the Catalytic Activity of Hammerhead Ribozymes by Organic Cations. 査読あり 国際誌

    Shu-Ichi Nakano, Hirofumi Yamashita, Naoki Sugimoto

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   2021年7月

     詳細を見る

    Catalytic turnover is important for the application of ribozymes to biotechnology. However, the turnover is often impaired because of the intrinsic high stability of base pairs with cleaved RNA products. Here, organic cations were used as additives to improve the catalytic performance of hammerhead ribozyme constructs that exhibit different kinetic behaviors. Kinetic analysis of substrate cleavage demonstrated that bulky cations, specifically tetra-substituted ammonium ions containing pentyl groups or a benzyl group, have the ability to greatly increase the turnover rate of the ribozymes. Thermal stability analysis of RNA structures revealed that the bulky cations promote the dissociation of cleaved products and refolding of incorrectly folded structures with small disruption of the catalytic structure. The use of bulky cations is a convenient method for enhancing the catalytic activity of hammerhead ribozymes, and the approach may be useful for advancing ribozyme technologies.

    DOI: 10.1002/cbic.202100280

    PubMed

  • がん関連RNAを破壊する分子標的型光線力学療法 招待あり 査読あり

    杉本 渉・橋本 佳樹・川内 敬子・三好 大輔

    BIO Clinica   36 ( 5 )   65 - 67   2021年5月

     詳細を見る

    共著

    出版者・発行元:北隆館  

  • Controlling interfacial ion-transport kinetics using polyelectrolyte membranes for additive- and effluent-free, high-performance electrodeposition 査読あり

    K. Akamatsu, S. Nakano, K. Kimura, Y. Takashima, T. Tsuruoka, H. Nawafune, Y. Sato, J. Murai, and H. Yanagimoto

    ACS Appl. Mater. Interfaces   13 ( 11 )   13896 - 13906   2021年3月

     詳細を見る

  • Covalent cell-loading injectable hydrogel scaffold significantly promotes tissue regeneration in vivo compared with a conventional physical cell-loading hydrogel scaffold 査読あり

    Yuka Kimura, Seika Aoyama, Natsumi Ueda, Tokitaka Katayama, Kimika Ono, Koji Nagahama

    Advanced Biology   5   2000106   2021年2月

     詳細を見る

    共著

  • Hydrostatic pressure-regulated cellular calcium responses 査読あり 国際誌

    Minami Fukuchi, Kotaro Oyama, Hiroaki Mizuno, Akihisa Miyagawa, Kazuya Koumoto, Gaku Fukuhara

    Langmuir   37 ( 2 )   820 - 826   2021年1月

     詳細を見る

  • Combined Effects of Methylated Cytosine and Molecular Crowding on the Thermodynamic Stability of DNA Duplexes 招待あり 査読あり

    Combined Effects of Methylated Cytosine and Molecular Crowding on the Thermodynamic Stability of DNA Duplexes

    Int. J. Mol. Sci.   22 ( 2 )   947   2021年1月

     詳細を見る

  • Exploration of structural transition phenomenon in flexible metal-organic framework formed on polymer substrate

    S. Hirao, R. Hamagami, T. Ohhashi, K. Eguchi, N. Kubo, Y. Takashima, K. Akamatsu, T. Tsuruoka

    CrystEngComm   23   8498 - 8505   2021年

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大学的神戸ガイド −こだわりの歩き方

    西方敬人,井野瀬久美惠( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 灘の酒造り)

    昭和堂  2021年3月  ( ISBN:9784812220153

  • 固液界面での金属有機構造体作製

    鶴岡孝章( 担当: 単著)

    ナノ学会  2021年 

  • 核酸科学ハンドブック

    中野修一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第Ⅱ部14項 リボザイム)

    講談社サイエンティフィック  2020年12月  ( ISBN:978-4-06-520786-4

  • 核酸化学ハンドブック

    三好大輔( 担当: 単著 ,  範囲: 光線力学療法の基礎)

    日本核酸化学会  2020年12月  ( ISBN:978-4-06-520786-4

  • 相分離生物学の全貌

    三好 大輔、川内 敬子( 担当: 共著 ,  範囲: DNA,RNAと相分離)

    東京化学同人  2020年11月  ( ISBN:9784807913466

  • 相分離生物学の全貌

    三好大輔, 川内敬子( 範囲: DNA・RNAと相分離)

    現代化学増刊  2020年11月 

  • 医薬品開発における中分子領域(核酸医薬・ペプチド医薬)の開発戦略

    川上 純司( 範囲: アンチセンス核酸医薬の作用機序)

    情報機構  2019年10月 

  • 細胞移植用スマートゲルの開発

    長濱宏治、小野公佳、木村友香、青山青海( 担当: 共著)

    ケミカルエンジニヤリング  2019年 

  • 皮膚の安全性・有用性評価法

    臼井 健二( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章 第6節 ペプチド固定化樹脂を用いた皮膚感作性試験法の開発)

    技術情報協会  2018年5月 

     詳細を見る

    weblink:https://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=4945

  • ゲルを用いた再生医療関連技術の開発

    長濱 宏治( 担当: 単著)

    (株)技術情報協会  2018年2月 

  • マイクロビーズ固定化ペプチドを用いたバイオ計測デバイスの開発

    臼井健二, 南野祐槻, 宮﨑洋, 横田晋一朗, 山下邦彦, 濵田芳男( 担当: 共著)

    医療・診断をささえるペプチド科学  2017年10月 

  • 元素118の新知識

    桜井弘, 荒野泰, 小谷明, 高妻孝光, 佐治英郎, 鈴木晋一郎, 寺嶋孝仁, 中山祐正, 根矢三郎, 羽場宏光, 廣田俊, 藤井敏司( 担当: 共編者(共編著者))

    講談社ブルーバックス  2017年8月  ( ISBN:9784065020289

  • Cell and Molecular Mechanics in Health and Disease

    Keiko Kawauchi, Hideaki Fujita, Daisuke Miyoshi, Evelyn K. F. Yim, and Hiroaki Hirata( 担当: 編集)

    Hindawi Limited  2017年2月 

  • Fluorescence Enhancement of Immobilozed CdTe Nanocrystals Metal-Nanocrystals- Modidied Substrate by Dipole Coupling

    T.Tsuruoka, M. Yamashita, M. Kumano, K. Uwajima, H. Nawafune and K. Akamatsu

    Transaction of Material Research Society of Japan  2016年7月 

  • 樹脂—金属接着・接合部の応力解析と密着性・耐久性評価

    木村祐介、鶴岡孝章、赤松謙祐、縄舟秀美

    技術情報協会  2016年7月 

  • Chapter 6. Assays for Telomerase Activity toward Applications of Cancer Diagnosis in G-Quadruplex Structures, Formation and Role in Biology

    Hidenobu Yaku, Daisuke Miyoshi

    Nova Science Publishers  2016年 

  • がん研究読本 6

    川内敬子( 範囲: RASによるがん悪性化に、p53を介したアクチン細胞骨格の変化がブレーキをかける道筋を解明!)

    がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動総括支援活動班  2016年 

  • 「樹脂へのめっき技術の進歩」in 表面・界面技術ハンドブック –材料創製・分析・評価技術から先端産業への適用、環境配慮まで–

    鶴岡孝章、高嶋洋平、縄舟秀美、赤松謙祐( 範囲: 第1編 第1章 p.27-p.33)

    エヌティーエス  2016年 

  • バイオチップの基礎と応用―原理から最新の研究・開発動向まで―「生体分子解析・細胞解析に向けた設計ペプチドチップ」

    臼井健二,堤浩,三原久和( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2015年10月  ( ISBN:978-4-7813-1079-4

  • ゼロからはじめるバイオ実験マスターコース③ 細胞培養トレーニング

    西方敬人, 川上純司, 藤井敏司, 長濱宏治, 川内敬子( 担当: 共著)

    学研メディカル秀潤社  2015年4月  ( ISBN:9784780909036

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 「受動的な学び」から「能動的な学び」へ 〜高大連携活動の展開と可能性〜 招待あり

    甲元一也

    月刊「兵庫教育」   74 ( 3 )   4 - 7   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 核酸医薬の配列設計のためのin vitro評価:細胞内物質との弱い相互作用の影響 招待あり

    中野修一

    Bio Clinica   12 ( 36 )   1426 - 1428   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 難水溶性物質の皮膚感作性を評価する簡便な試験法の開発

    有海 秀人, 浜田 芳男, 臼井 健二, 吉山 友二

    臨床薬理   51 ( Suppl. )   S311 - S311   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本臨床薬理学会  

  • 細胞の内部環境は核酸医薬に用いられるオリゴヌクレオチドにどのような影響を与えるか 招待あり

    中野修一

    月刊細胞   52 ( 5 )   42 - 44   2020年5月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:ニューサイエンス社  

  • 洗浄処理後のすすぎ信憑性評価のための生物学的な安全性評価試験方法の検討

    川田原 瑠勇, 藤田 敏, 原田 陽滋, 臼井 健二

    医療機器学   90 ( 2 )   179 - 179   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本医療機器学会  

  • HIV-1プロテアーゼ阻害剤の水溶性プロドラッグ

    浜田 芳男, 臼井 健二

    日本薬学会年会要旨集   140年会   27P - am018   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

  • DMPKの新たな発現機構の解明

    取井猛流, 江畑貴弘, 伊藤功彦, 平田宏聡, 杉本渉, 小野寺恵吾, 中嶋亘, 上原郁野, 奥崎大介, 山内翔太, YEMIMA Budirahardja, 西方敬人, 三好大輔, 田中信之, 川内敬子, 川内敬子

    日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   43rd   2020年

     詳細を見る

  • rRNA転写阻害による核小体崩壊メカニズムの解明

    杉本渉, 豊田駿, 建石寿枝, 杉本直己, 岩根敦子, 岩根敦子, 岩根敦子, 三好大輔, 川内敬子

    日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   140th (Web)   2020年

     詳細を見る

  • C-SPRAにおける難水溶性感作性物質に対する適用性の検討

    池田 英史, 宮崎 洋, 山下 邦彦, 高石 雅之, 濱田 芳男, 臼井 健二

    The Journal of Toxicological Sciences   44 ( Suppl. )   S320 - S320   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本毒性学会  

  • 分子夾雑環境が制御する核酸分子の機能

    中野修一、杉本直己

    化学と工業   72 ( 5 )   401 - 403   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)   出版者・発行元:日本化学会  

  • 脱ワトソン・クリックの核酸化学(53):RNAグアニン四重らせん構造とカチオン性ペプチドによる特異的相分離現象

    小畠一起, 川内敬子, 杉本直己, 杉本直己, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   99th   ROMBUNNO.2G4‐15   2019年3月

     詳細を見る

  • 脱ワトソン・クリックの核酸化学(55):DNA四重らせん選択的リガンドのワンポットスクリーニング

    長野香穂, 衣笠紫野, 萩原伸也, 佐藤綾人, 川内敬子, 建石寿枝, 杉本直己, 杉本直己, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   99th   ROMBUNNO.2G4‐32   2019年3月

     詳細を見る

  • 皮膚の安全性や有用性を考慮する評価法とその治療法の開発 固定化ペプチドを用いた新規感作性物質評価法

    浜田 芳男, 臼井 健二

    日本薬学会年会要旨集   139年会 ( 1 )   184 - 184   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

  • 皮膚の安全性や有用性を考慮する評価法とその治療法の開発 ペプチドマイクロアレイを化学物質の皮膚への安全性評価に応用する

    臼井 健二

    日本薬学会年会要旨集   139年会 ( 1 )   183 - 183   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

  • プロテアーゼ処理によるアミロイドβペプチドの部分配列から成るナノ構造体の細胞接着能

    横田晋一朗, 眞下泰正, 原田陽滋, 三重正和, 小畠英理, 臼井健二

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   99th   2019年

     詳細を見る

  • がん細胞の悪性化に及ぼすDNA四重鎖構造の解離と転写変異の影響

    建石寿枝, 川内敬子, 杉本直己, 杉本直己

    日本核酸医薬学会年会講演要旨集   4th   73   2018年6月

     詳細を見る

  • 第6節 ペプチド固定化樹脂を用いた皮膚感作性試験法の開発 査読あり

    臼井健二, 宮﨑洋, 南野祐槻, 濵田芳男, 山下邦彦

    皮膚の安全性・有用性評価法   88 - 95   2018年5月

  • Peptides for Silica Precipitation: Amino Acid Sequences for Directing Mineralization

    Makoto Ozaki, Shungo Sakashita, Yoshio Hamada, Kenji Usui

    Protein & Peptide Letters   25   15 - 24   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Bentham Science Publishers  

    DOI: 10.2174/0929866525666171214111007

  • 脱ワトソン・クリックの核酸化学(47):RNA四重らせん構造リガンドを用いた分子標的型光線力学療法の構築

    高木一樹, 安井貴俊, 伊藤功彦, 杉本渉, 川内敬子, 杉本直己, 杉本直己, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   98th   ROMBUNNO.4D5‐02   2018年3月

     詳細を見る

  • 細胞核指向型ペプチド-プラスミドDNA複合体の合成と赤色蛍光タンパク質発現の試み

    片岡駿佑, 臼井健二, 山崎正幸, 富崎欣也

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   98th   2018年

     詳細を見る

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 有機化学反応に使用される水系反応溶媒

    甲元一也、北村武大、山本真史、郷田慎

     詳細を見る

    出願番号:特願2021-005314

    公開番号:特開2022-109793

  • 水性二相分離液、及び当該水性二相分離液を用いた有機物の分離方法

    甲元一也、北村武大、山本真史、郷田慎

     詳細を見る

    出願番号:特願2021-005313

    公開番号:特開2022-109792

  • デバイス及びその製造方法

    甲元一也、橋本賀之、北村武大、森田祐子、山本真史

     詳細を見る

    出願番号:特願2020-37096

    公開番号:特開2021-136916

  • 基質溶液

    甲元一也、塩江一磨、木全伸介

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-034728

    公開番号:特開2019-146541

  • β-1,3-1,6-グルカン粉末、グルカン含有組成物、β-1,3-1,6-グルカン粉末の製造方法、包接複合体、包接複合体の製造方法およびゲスト分子の回収方法

    甲元一也、北原義孝

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP20

    公表番号:WO2019/073989 A1

  • 難水溶性物質の可溶化剤

    甲元一也

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-058040

    公開番号:特開2018-158317

  • 被験物質の皮膚感作性の評価方法、及び樹脂固定ペプチド

    臼井健二, 目片秀明, 宮崎洋, 山下邦彦

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-194496

  • 被験物質の皮膚感作性の検定方法

    臼井健二・目片秀明・宮崎洋・山下邦彦

     詳細を見る

    出願番号:2016-092093

    出願国:国内  

  • 樹脂固定ペプチド

    臼井健二・目片秀明・宮崎洋・山下邦彦

     詳細を見る

    出願番号:2016-092094

    出願国:国内  

  • β-1,3-1,6-グルカンへの難水溶性物質の包接方法およびその方法に用いる包接剤

    鈴木利雄、甲元一也、中川暁史、児玉歩夢

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-063512

    公開番号:特開2016-183120

    特許番号/登録番号:特許第6645673号

  • アミロイドβペプチドを電気化学敵意測定するためのバイオセンサ

    藤井敏司

     詳細を見る

    出願番号:特願 2015-60724

    出願国:国内  

  • 基質結合力調整剤及びこれを用いた分子センサ並びにその使用方法

    甲元一也、鈴木良順、伊東宏昌、松本弘一

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-034591

    公開番号:特開2016-156705

  • 疎水性物質包接剤およびそれを用いた疎水性物質の可溶化方法

    谷口泰造、宮本和英、炬口真理子、角山圭一、坂井和夫、福田勝、鈴木利雄、甲元一也、山本和宏、渡邉愛未

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-251325

    公開番号:特開2016-113381

  • 多糖ーペプチドグリカン複合体含有粒子

    辻浩和、森山薫、志田寛、千葉勝由、野本康二、甲元一也、長濱宏治、松井淳

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-234585

    公開番号:特開2015-129114

    特許番号/登録番号:特許第6358933号

  • 多糖ーペプチドグリカン複合体含有粒子

    辻浩和,森山薫,志田寛,千葉勝由,野本康二,甲元一也,長濱宏治,松井淳

     詳細を見る

    出願番号:2014-234585

    公開番号:6358933

    出願国:国内  

  • 核酸鎖の四重螺旋構造の検出方法

    三好 大輔、前田 龍一

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-199029

    公開番号:特開2015-62388

    出願国:国内  

  • 有機性廃棄物の微生物分解促進剤及びこれを用いた有機性廃棄物の分解方法

    甲元一也、船津亮二、辰野早苗

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-121688

    公開番号:特開2014-237100

    特許番号/登録番号:特許第6176710号

    有機性廃棄物の微生物分解促進剤及びこれを用いた有機性廃棄物の分解方法に関する

  • 凍結保護剤

    甲元一也、中川雄市、曽田匡洋

     詳細を見る

    出願番号:2013-24841

    公開番号:特開2014-150777

    ベタイン誘導体を用いた酵素の凍結保護剤に関する。

  • Method for detecting G-quadruplex, method for detecting G-quadruplex-forming DNA and method for determining telomerase activity

    Hidenobu Yaku, Daisuke Miyoshi

     詳細を見る

    出願番号:13/335,498

    出願国:外国  

  • 発光効率又は発色効率を高める酵素反応方法

    甲元一也、鹿島康浩

     詳細を見る

    出願番号:特願2011-225756

    公開番号:特開2012-100654

    出願国:国内  

    発光効率又は発色効率を高める酵素反応方法の開発

全件表示 >>

 

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • β-1,3-1,6-グルカンおよびその包接複合体ナノ粒子からなる易水溶性粉末の調製

    甲元一也・児玉歩夢・土居菜々子・畦崎梨花・森田志穂・杉野遥香

    第71回高分子討論会  (北海道大学札幌キャンパス)  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    国名:日本国  

  • β-1,3-1,6-グルカンナノ粒子を利用した抗酸化物質のデリバリーシステムの開発

    甲元一也・土居菜々子

    第71回高分子討論会  (北海道大学札幌キャンパス)  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    国名:日本国  

  • Shortmer副生成物の結合親和性はヌクレオチド欠損位置によって異なる

    秋田 智香、神前 静香、井上 貴雄、小比賀 聡、川上 純司

    日本核酸医薬学会第7回年会  (御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター)  2022年8月  横田 隆徳

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月 - 2022年8月

    国名:日本国  

  • 専門外の研究者のための核酸化学の基礎

    川上 純司

    日本核酸医薬学会第7回年会  (御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター)  2022年8月  横田 隆徳

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月 - 2022年8月

    国名:日本国  

  • 変性β-1,3-1,6-グルカンナノ粒子のキャビティに包接されるゲスト分子の構造要件の探索

    西田和史、土居菜々子、甲元一也

    第19回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム  (岡山大学津島キャンパス)  2022年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

  • 様々な電界強度の直線偏波マイクロ波照射によるペプチドを用いた炭酸カルシウムの凝集沈殿

    日本化学会第102春季年会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • 金還元ペプチドビーズを用いた長期保存や再利用が可能な固定化金ナノ粒子の作製

    日本化学会第102春季年会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • 金属イオンドープ高分子基板上での銅-チオラート配位高分子の作製およびパターン形成

    鶴岡孝章

    日本化学会第102春季年会(2022)  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • 金属ナノ粒子―MOF 複合体の新規合成法の開発 招待あり

    髙嶋 洋平

    日本化学会第 102 春季年会(2021)  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • 固体電解質を介したイオン輸送による新規電析プロセスの開発」

    赤松謙祐

    電気化学会第89回大会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • 血液検査からアルツハイマー病の兆候を検出する電気化学センサの開発 招待あり

    藤井敏司

    JST ライフサイエンス系新技術説明会  (オンライン)  2022年3月  国立研究開発法人 日本科学技術振興機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    国名:日本国  

    その他リンク: https://shingi.jst.go.jp/pdf/2021/2021_10kansai2_004.pdf

  • What effects does intracellular environment have on nucleic acid structures? 招待あり

    Shu-ichi Nakano

    Pacifichem 2021   (Hawaii (on-line congress))  2021年12月  Pacifichem 2020 Administration

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    国名:アメリカ合衆国  

  • マクロファージの細胞表層に見られる特徴的な微小管構造と貪食活性化

    勢田佳加、川勝薫平、前村美里、西方敬人

    第25回バイオ治療法研究会学術集会  (福岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • 塩基性タンパク質を含む分子クラウディング環境におけるDNA四重鎖構造の安定化

    宮嵜光一、田辺一也、林花梨、武本満理奈、橋本留奈、梅野光莉、中野修一

    第43回分子生物学会年会  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • Innovative imaging system using fiber bundle-based micro-endoscope for the investigation of tumor environments and evolution of cancer therapies

    Toshiyuki Goto, Masayuki Nakano, Asako Sakaue-Sawano, Ryoko Ando, Atsushi Miyawaki, Sally Danno, Ichiro Nakahara, Takahito Nishikata, Yasuhisa Tamura, Yosky Kataoka, Kazuo Funabiki

    第44回日本分子生物学会年会  (横浜) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • serum-MAFによるマクロファージの迅速な貪食活性化機構の新規性

    川勝薫平、前村美里、勢田佳加、宇都義浩、久保健太郎、乾利夫、西方敬人

    第44回日本分子生物学会年会  (横浜) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • Verification of translational activity in unfertilized eggs of Ciona intestinalis using antisense nucleic acid.

    近藤葵、後藤俊志、鳥居柊平、川上純司、西方敬人

    第44回日本分子生物学会年会  (横浜) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • Spatio-temporal analysis of ER and maternal mRNAs in the ascidian egg

    Shuhei Torii, Toshiyuki Goto, Aoi Kondo, Takahito Nishikata

    第44回日本分子生物学会年会  (横浜) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • Analysis of direct interactions between macrophages and keratinocytes in the early stage of wound healing

    Minori Akamatsu, Miu Matsuoka, Mai Yakura, Takahito Nishikata

    第44回日本分子生物学会年会  (横浜) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

  • Synthesis of Immobilized Gold Nanoparticles with Catalytic Activity Using Resin Conjugated with Gold Mineralizing Peptide

    第58回ペプチド討論会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 甲元 一也

    微生物が創り出す天然多糖を加工してカプセルを作る 〜多糖ナノカプセルが変える未来の食品、化粧品、医薬品〜

    役割:講師

    兵庫県立豊岡高校  2022年9月

  • 甲元 一也

    講演「仮設の立て方に重点をおいたリサーチプランの立案」

    役割:講師, 助言・指導

    兵庫「咲いテク」委員会  2022年8月

  • 甲元 一也

    実験講義「研究体験2022 〜機能性色素を作る、調べる〜」

    役割:講師

    兵庫県立豊岡高校  2022年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    講義「研究体験2022 〜機能性色素を作る、調べる〜(事前学習)」

    役割:講師

    兵庫県立豊岡高校  2022年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    講義「課題探究テーマの設定法」

    役割:講師

    兵庫県立神戸高校  2022年6月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    総合的探究の時間(グローバルリサーチ)発表会

    役割:助言・指導

    兵庫県立兵庫高等学校  2022年6月

  • 甲元 一也

    講義「理数系で学ぶ」

    役割:講師

    兵庫県立明石高校  2022年5月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    講演「理系で活躍するために身につけるべきこと」

    役割:講師

    広島皆実高等学校  2022年4月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    講演「課題研究(探究活動)が拓く未来」

    役割:講師

    兵庫県立須磨友が丘高等学校  2022年4月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    教員対象講演会「探究テーマの設定法」

    役割:講師

    兵庫県立芦屋高校  2022年4月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    模擬講義「課題研究におけるテーマ設定 〜どうやって決めていけばよいのか〜」

    役割:講師

    神戸市立六甲アイランド高等学校  2022年3月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 藤井 敏司

    課題研究II発表会(兵庫県立龍野高等学校)

    役割:助言・指導

    兵庫県立龍野高等学校  令和3年度課題研究II発表会  2022年2月

  • 甲元 一也

    探究・課題研究発表会「豊高アカデミア」

    役割:助言・指導

    兵庫県立豊岡高校  2022年1月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    研究発表会

    役割:助言・指導

    兵庫県立龍野高校  2022年1月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 甲元 一也

    出張模擬講義「理系研究者のためのプレゼンの基本」

    役割:講師

    兵庫県立神戸高等学校  兵庫県立神戸高等学校  2022年1月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    兵庫県立神戸高等学校の総合理学科の2年生を対象に課題研究におけるプレゼン資料の作成方法等に関する講義を実施した。

  • 甲元 一也

    GSC ROOTプログラム(サマリーセッション)

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    神戸大学、兵庫県立大学、関西学院大学、甲南大学  Zoom  2022年1月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 大学生

  • 甲元 一也

    リサーチフェスタ2021

    役割:講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援

    甲南大学  リサーチフェスタ特設サイト  2021年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般

  • 藤井 敏司

    理系のプレゼンテーション

    役割:講師

    兵庫県立姫路飾西高等学校  自然科学探求II 科学特別講義  2021年12月

  • 甲元 一也

    数学理科甲子園

    役割:パネリスト, コメンテーター, 助言・指導

    兵庫県教育委員会  姫路アクリエ  2021年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

  • 甲元 一也

    グローバルリサーチ発表会

    役割:助言・指導

    兵庫県立兵庫高校  兵庫県立兵庫高校  2021年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 13=

    2019年6月

     詳細を見る

    「分子設計が開く未来」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 12=

    2018年6月

     詳細を見る

    「食品化学・栄養学と医療」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 11=

    2017年7月

     詳細を見る

    「皮膚科学・化粧品と医療」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 10=

    2016年6月

     詳細を見る

    「再生医療における細胞材料開発の重要性」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 9=

    2015年6月

     詳細を見る

    「再生医療と細胞培養技術」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 8=

    2014年6月

     詳細を見る

    「基礎研究者と医療産業との架け橋」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 7=

    2013年6月

     詳細を見る

    「先端医療の実現と装置開発」