論文 【 表示 / 非表示

  • Separation of the diastereomers of phosphorothioated siRNAs by anion-exchange chromatography under non-denaturing conditions 査読あり

    Hiroyuki Togawa, Takashi Okubo, Kazuki Horiuchi, Takao Yamaguchi, Elisa Tomita-Sudo, Tomoka Akita, Junji Kawakami, Satoshi Obika

    Journal of Chromatography A   1721   464847   2024年4月

     詳細を見る

  • Basic protein- and peptide-induced stabilization of long-loop DNA G-quadruplexes 査読あり

    K. Tanabe, K. Miyazaki, H. Umeno, M. Takemoto, and S. Nakano

    Biochimie   219   110 - 117   2024年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1016/j.biochi.2023.11.005

  • Development of a pseudo-cellular system to quantify specific interactions determining G-quadruplex function in cells. 査読あり 国際誌

    Journal of the American Chemical Society   146 ( 12 )   8005 - 8015   2024年2月

     詳細を見る

    共著

    出版者・発行元:Journal of the American Chemical Society  

  • Cr(NO3)3 as a new etching reagent for an Al-based metal-organic framework to control its crystal size and defects 査読あり

    Yohei Takashima, Naoto Tanabe, Shintaro Tanaka, Takaaki Tsuruoka, Kensuke Akamatsu

    Cryst. Growth Des.   24   1766 - 1773   2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • Structure and thermoelectric characterization of p-Type SnTe nanobulk material synthesized by charge compensation chemical reaction 査読あり

    Ryosuke Fujiwara, Yuta Ikeda, Takuto Kawaguchi, Yohei Takashima, Takaaki Tsuruoka, Kensuke Akamatsu

    Energies   17   190   2024年2月

  • Inhibitory Effects of Shikonin Dispersion, an Extract of Lithospermum erythrorhizon Encapsulated in β-1,3-1,6 Glucan, on Streptococcus mutans and Non-Mutans Streptococci 査読あり

    Ryota Nomura, Yuto Suehiro, Fumikazu Tojo, Saaya Matayoshi, Rena Okawa, Masakazu Hamada, Shuhei Naka, Michiyo Matsumoto-Nakano, Rika Unesaki, Kazuya Koumoto, Keiko Kawauchi, Takahito Nishikata, Tatsuya Akitomo, Chieko Mitsuhata, Masatoshi Yagi, Toshiro Mizoguchi, Koki Fujikawa, Taizo Taniguchi and Kazuhiko Nakano

    25   1075   2024年1月

  • Inhibitory Effects of Shikonin Dispersion, an Extract of Lithospermum erythrorhizon Encapsulated in β -1,3-1,6 Glucan, on Streptococcus mutans and Non-Mutans Streptococci 査読あり

    Nomura R, Suehiro Y, Tojo F, Matayoshi S, Okawa R, Hamada M, Naka S, Matsumoto-Nakano M, Unesaki R, Koumoto K, Kawauchi K, Nishikata T, Akitomo T, Mitsuhata C, Yagi M, Mizoguchi T, Fujikawa K, Taniguchi T, Nakano K

    International Journal of Molecular Science   25   1075   2024年1月

     詳細を見る

  • Inhibitory Effects of Shikonin Dispersion, an Extract of Lithospermum erythrorhizon Encapsulated in β-1,3-1,6 Glucan, on Streptococcus mutans and Non-Mutans Streptococci. 査読あり 国際誌

    Ryota Nomura, Yuto Suehiro, Fumikazu Tojo, Saaya Matayoshi, Rena Okawa, Masakazu Hamada, Shuhei Naka, Michiyo Matsumoto-Nakano, Rika Unesaki, Kazuya Koumoto, Keiko Kawauchi, Takahito Nishikata, Tatsuya Akitomo, Chieko Mitsuhata, Masatoshi Yagi, Toshiro Mizoguchi, Koki Fujikawa, Taizo Taniguchi, Kazuhiko Nakano

    International journal of molecular sciences   25 ( 2 )   2024年1月

     詳細を見る

    Shikonin is extracted from the roots of Lithospermum erythrorhizon, and shikonin extracts have been shown to have inhibitory effects on several bacteria. However, shikonin extracts are difficult to formulate because of their poor water solubility. In the present study, we prepared a shikonin dispersion, which was solubilized by the inclusion of β-1,3-1,6 glucan, and analysed the inhibitory effects of this dispersion on Streptococcus mutans and non-mutans streptococci. The shikonin dispersion showed pronounced anti-S. mutans activity, and inhibited growth of and biofilm formation by this bacterium. The shikonin dispersion also showed antimicrobial and antiproliferative effects against non-mutans streptococci. In addition, a clinical trial was conducted in which 20 subjects were asked to brush their teeth for 1 week using either shikonin dispersion-containing or non-containing toothpaste, respectively. The shikonin-containing toothpaste decreased the number of S. mutans in the oral cavity, while no such effect was observed after the use of the shikonin-free toothpaste. These results suggest that shikonin dispersion has an inhibitory effect on S. mutans and non-mutans streptococci, and toothpaste containing shikonin dispersion may be effective in preventing dental caries.

    DOI: 10.3390/ijms25021075

    PubMed

  • Direct formation of ZIF-8 crystal thin films on the surface of a zinc ion-doped polymer substrate 査読あり

    Takaaki Tsuruoka, Kaito Araki, Kouga Kawauchi, Yohei Takashima, Kensuke Akamatsu

    Inorganics   12   21   2024年1月

  • Structure and Thermoelectric Characterization of p-Type SnTe Nanobulk Material Synthesized by Charge Compensation Chemical Reaction

    Ryosuke Fujiwara, Yuta Ikeda, Takuto Kawaguchi, Yohei Takashima , Takaaki Tsuruoka and Kensuke Akamatsu

    Energies   17 ( 190 )   2024年

  • Cr(NO3)3 as a New Etching Reagent for an Al-based Metal-Organic Framework to Control Its Crystal Size and Defects

    Y. Takashima, N. Tanabe, S. Tanaka, T. Tsuruoka, K. Akamatsu

    Cryst. Growth Des   24   1766 - 1773   2024年

  • Direct Formation of ZIF-8 Crystal Thin Films on the Surface of a Zinc Ion-Doped Polymer Substrate

    T. Tsuruoka, K. Araki, K. Kawauchi, Y. Takashima, K. Akamatsu

    Inroganics   12 ( 21 )   2024年

  • Loss of p53 function promotes DNA damage-induced formation of nuclear actin filaments 査読あり

    Torii T, Sugimoto W, Itoh K, Kinoshita N, Gessho M, Goto T, Uehara I, Nakajima W, Budirahardja Y, Miyoshi D, Nishikata T, Tanaka N, Kawauchi K

    Cell Death and Disease   14   766   2023年11月

     詳細を見る

  • Loss of p53 function promotes DNA damage-induced formation of nuclear actin filaments. 査読あり 国際誌

    Takeru Torii, Wataru Sugimoto, Katsuhiko Itoh, Natsuki Kinoshita, Masaya Gessho, Toshiyuki Goto, Ikuno Uehara, Wataru Nakajima, Yemima Budirahardja, Daisuke Miyoshi, Takahito Nishikata, Nobuyuki Tanaka, Hiroaki Hirata, Keiko Kawauchi

    Cell death & disease   14 ( 11 )   766 - 766   2023年11月

     詳細を見る

    共著

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    Tumor suppressor p53 plays a central role in response to DNA damage. DNA-damaging agents modulate nuclear actin dynamics, influencing cell behaviors; however, whether p53 affects the formation of nuclear actin filaments remains unclear. In this study, we found that p53 depletion promoted the formation of nuclear actin filaments in response to DNA-damaging agents, such as doxorubicin (DOXO) and etoposide (VP16). Even though the genetic probes used for the detection of nuclear actin filaments exerted a promotive effect on actin polymerization, the detected formation of nuclear actin filaments was highly dependent on both p53 depletion and DNA damage. Whilst active p53 is known to promote caspase-1 expression, the overexpression of caspase-1 reduced DNA damage-induced formation of nuclear actin filaments in p53-depleted cells. In contrast, co-treatment with DOXO and the pan-caspase inhibitor Q-VD-OPh or the caspase-1 inhibitor Z-YVAD-FMK induced the formation of nuclear actin filament formation even in cells bearing wild-type p53. These results suggest that the p53-caspase-1 axis suppresses DNA damage-induced formation of nuclear actin filaments. In addition, we found that the expression of nLifeact-GFP, the filamentous-actin-binding peptide Lifeact fused with the nuclear localization signal (NLS) and GFP, modulated the structure of nuclear actin filaments to be phalloidin-stainable in p53-depleted cells treated with the DNA-damaging agent, altering the chromatin structure and reducing the transcriptional activity. The level of phosphorylated H2AX (γH2AX), a marker of DNA damage, in these cells also reduced upon nLifeact-GFP expression, whilst details of the functional relationship between the formation of nLifeact-GFP-decorated nuclear actin filaments and DNA repair remained to be elucidated. Considering that the loss of p53 is associated with cancer progression, the results of this study raise a possibility that the artificial reinforcement of nuclear actin filaments by nLifeact-GFP may enhance the cytotoxic effect of DNA-damaging agents in aggressive cancer cells through a reduction in gene transcription.

    DOI: 10.1038/s41419-023-06310-0

    PubMed

  • Comparison of evolutionary relationships between Branchiostoma floridae, Ciona intestinalis, and Homo sapiens globins provide evidence of gene co-option and convergent evolution 査読あり

    Yano N, Minamoto T, Yamaguchi H, Goto T, Nishikata T

    International Journal of Molecular Science   24   16009   2023年11月

     詳細を見る

    共著

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: doi.org/10.3390/ijms242116009

  • Sequencing of Morpholino Antisense Oligonucleotides Using Electron Capture Dissociation Mass Spectrometry 査読あり

    Kaoru Karasawa, Eva Duchoslav, Lyle Burton, Junji Kawakami, Takashi Baba

    Analytical Chemistry   95 ( 44 )   16352 - 16358   2023年10月

     詳細を見る

  • Mitochondrial Dynamics of Bcl-2 Family Proteins during 17-β-Estradiol-Induced Apoptosis Correlate with the Malignancy of Endometrial Cancer Cells 査読あり

    Takahiro Yaguchi, Misaki Kameno, Hirofumi Taira, and Junji Kawakami

    Biochemstry   62 ( 21 )   3041 - 3049   2023年10月

     詳細を見る

  • 複数種の液体クロマトグラフ質量分析計を用いたモデル核酸医薬品の分析データの比較 査読あり

    Kenji Hirose, Tokuyuki Yoshida, Maki Terasaki, Hiroshi Sezaki, Kaoru Karasawa, Noriyuki Iwasaki, Kentaro Takahara, Naomi Takiguchi, Mitsuaki Sekiguchi, Hirokazu Nankai, Emi Saito, Hideaki Sato, Takashi Osawa, Takao Yamaguchi, Kosuke Ito, Junji Kawakami, Satoshi Obika, and Takao Inoue

    54   439 - 454   2023年10月

  • Effect of linearly polarized microwaves on nanomorphology of calcium carbonate mineralization using peptides 査読あり

    Kenji Usui, Makoto Ozaki, Kan Hirao, Tsubasa Kosaka, Natsumi Endo, Shuhei Yoshida, Shin-ichiro Yokota, Yonejiro Arimoto, Ryuji Osawa, Nobuhiro Nakanishi, Kin-ya Tomizaki, Tomohiro Umetani, Fumihiro Kayamori

    Scientific Reports   13   12027   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • Thixotropic β-Chitin Nanofiber Hydrogel with a Living Body-Responsive Self-Hardening Property and Its Application as a Sprayable Antiadhesion Barrier 査読あり 国際誌

    Koji Nagahama, Kaho Tobiishi, Natsumi Ueda, Tatsuya Dode, Shahidul Islam Sobuj, Fumiya Yuasa, Kazuhiko Yamashita, Takahito Nishikata

    ACS Applied Bio Materials   6 ( 7 )   2636 - 2643   2023年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    DOI: doi.org/10.1021/acsabm.3c00221

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 核酸医薬 モダリティ・合成・分析・DDSの最新動向

    冨田恵麗沙、秋田智香、川上純司( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 核酸医薬の不純物と管理)

    NTS  2024年4月  ( ISBN:978-4-86043-886-9

  • 不純物の分析法と化学物質の取り扱い

    騰川博之、大久保貴史、野中祐美、山口卓男、小比賀聡、川上純司( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 核酸医薬品の不純物の分析)

    技術情報協会   2024年1月  ( ISBN:978-4-86104-998-9

  • 元素118の新知識 第2版

    藤井敏司( 担当: 共著)

    講談社ブルーバックス  2023年3月  ( ISBN:978-4-06-531316-9

  • 分子夾雑系での核酸挙動

    建石寿枝、三好大輔、杉本直己( 担当: 共著)

    CSJカレントレビュー「生体分子と疾患」(化学同人)  2023年2月  ( ISBN:9784759814057

  • 核酸医薬品のCMC管理戦略 −品質評価・不純物管理−

    冨田恵麗沙, 秋田智香, 川上純司( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 核酸医薬品と核酸化学)

    サイエンス&テクノロジー  2022年9月  ( ISBN:9784864282925

  • がん関連mRNAと光線力学療法

    三好大輔, 杉本直己( 担当: 共著)

    CSJカレントレビュー「生体分子と疾患」(化学同人)  2021年5月 

  • 大学的神戸ガイド −こだわりの歩き方

    西方敬人,井野瀬久美惠( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 灘の酒造り)

    昭和堂  2021年3月  ( ISBN:9784812220153

  • 生体への影響解析のための電磁波照射装置の開発と開発研究におけるアウトリーチ活動 査読あり

    臼井健二、梅谷智弘( 担当: 単著)

    甲南大学総合研究所叢書  2021年3月 

  • 固液界面での金属有機構造体作製

    鶴岡孝章( 担当: 単著)

    ナノ学会  2021年 

  • 核酸科学ハンドブック

    中野修一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第Ⅱ部14項 リボザイム)

    講談社サイエンティフィック  2020年12月  ( ISBN:978-4-06-520786-4

  • 核酸化学ハンドブック

    三好大輔( 担当: 単著 ,  範囲: 光線力学療法の基礎)

    日本核酸化学会  2020年12月  ( ISBN:978-4-06-520786-4

  • 核酸科学ハンドブック

    川上純司( 担当: 分担執筆 ,  範囲: アンチセンス核酸のメカニズム)

    講談社  2020年12月  ( ISBN:9784065207864

     詳細を見る

  • 相分離生物学の全貌

    三好 大輔、川内 敬子( 担当: 共著 ,  範囲: DNA,RNAと相分離)

    東京化学同人  2020年11月  ( ISBN:9784807913466

  • 相分離生物学の全貌

    三好大輔, 川内敬子( 範囲: DNA・RNAと相分離)

    現代化学増刊  2020年11月 

  • 医薬品開発における中分子領域(核酸医薬・ペプチド医薬)の開発戦略

    川上 純司( 範囲: アンチセンス核酸医薬の作用機序)

    情報機構  2019年10月 

  • 細胞移植用スマートゲルの開発

    長濱宏治、小野公佳、木村友香、青山青海( 担当: 共著)

    ケミカルエンジニヤリング  2019年 

  • 皮膚の安全性・有用性評価法

    臼井 健二( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章 第6節 ペプチド固定化樹脂を用いた皮膚感作性試験法の開発)

    技術情報協会  2018年5月 

     詳細を見る

    weblink:https://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=4945

  • ゲルを用いた再生医療関連技術の開発

    長濱 宏治( 担当: 単著)

    (株)技術情報協会  2018年2月 

  • マイクロビーズ固定化ペプチドを用いたバイオ計測デバイスの開発 査読あり

    臼井健二, 南野祐槻, 宮﨑洋, 横田晋一朗, 山下邦彦, 濵田芳男( 担当: 共著)

    医療・診断をささえるペプチド科学  2017年10月 

  • 元素118の新知識

    桜井弘, 荒野泰, 小谷明, 高妻孝光, 佐治英郎, 鈴木晋一郎, 寺嶋孝仁, 中山祐正, 根矢三郎, 羽場宏光, 廣田俊, 藤井敏司( 担当: 共編者(共編著者))

    講談社ブルーバックス  2017年8月  ( ISBN:9784065020289

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • タンパク質の構造や酵素反応へのマイクロ波の影響 査読あり

    栢森 史浩、平尾 莞、鶴岡 孝章、中西 伸浩、臼井 健二

    日本電磁波エネルギー応用学会論文誌   7   1 - 9   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • RNA高次構造を標的とした光線力学的療法の展望 招待あり

    BIO Clinica   38 ( 13 )   76 - 78   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 水和を介して酵素の活性化、安定化を引き起こす低分子双性イオン性分子の開発 招待あり

    甲元一也

    野口研究所時報   ( 66 )   3 - 9   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 様々な分野に適用可能な皮膚感作性試験法の開発 査読あり

    臼井健二、宮﨑 洋、山下 邦彦、栢森 史浩、有海秀人

    アレルギーの臨床   2023年10月

  • 核酸医療の基礎知識 修飾核酸 招待あり

    秋田 智香、冨田 恵麗沙、川上 純司

    月刊 臨床神経科学   41 ( 5 )   639 - 642   2023年5月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 日本発の核酸医薬を世界に向けて

    川上純司

    SCAS NEWS   2023-1   1 - 2   2023年

  • LC/MSを使用したオリゴ核酸の不純物分析

    瀬崎浩史、内藤厚子、林明生、川上純司、井上貴雄、山口卓男、小比賀聡

    Medical Science Digest   49 ( 14 )   780 - 782   2023年

  • タンパク質の構造や酵素反応へのマイクロ波の影響 査読あり

    栢森史浩、平尾莞、鶴岡孝章、中西伸浩、臼井健二

    日本電磁波エネルギー応用学会論文誌   2023年

  • 細胞架橋ゲルの開発および再生医療応用 招待あり 査読あり

    上田菜摘美、長濱宏治

    バイオマテリアル-生体材料-   41 ( 3 )   244 - 245   2023年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

  • 核酸医薬の効果に影響する細胞内物質のin vitro評価 招待あり

    中野修一

    Precision Medicine   5 ( 14 )   64 - 67   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:北隆館  

  • 血液検査によるアルツハイマー病早期発症リスク評価を可能とする電気化学センサの開発 招待あり

    藤井敏司

    BIO INDUSTRY   39 ( 10 )   13 - 17   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 製造委託の際に知っておきたい核酸医薬の特性ー品質と安全性評価面を中心に  招待あり

    川上 純司

    Pharm Tech Japan    38 ( 12 )   2017 - 2022   2022年9月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 細胞内環境で安定化される核酸非構造を狙った分子標的薬の開発 招待あり

    川内敬子・橋本佳樹・杉本 渉・三好大輔

    バイオマテリアル-生体材料   40 ( 3 )   206 - 211   2022年8月

  • ペプチドを用いたアレルギー感作性試験の開発および,ペプチド合成を学生実験に導入した試み 査読あり

    Peptide Newsletter Japan,

    臼井健二   125   2022年7月

  • 「受動的な学び」から「能動的な学び」へ 〜高大連携活動の展開と可能性〜 招待あり

    甲元一也

    月刊「兵庫教育」   74 ( 3 )   4 - 7   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • バイオマテリアル新素材・新機能の開拓 細胞内環境で安定化される核酸非構造を狙った分子標的薬の開発

    川内敬子, 橋本佳樹, 杉本渉, 三好大輔

    バイオマテリアル(Web)   40 ( 3 )   2022年

     詳細を見る

  • 核酸の四重らせん構造を狙った治療薬の展望

    木下菜月, 取井猛流, 川内敬子, 三好大輔

    Bio Clinica   37 ( 4 )   2022年

     詳細を見る

  • 核酸のグアニン四重らせん構造を狙った光線力学療法

    取井猛流, 木下菜月, 浦野諒人, 三好大輔, 川内敬子

    日本女性科学者の会学術誌(Web)   22   2022年

     詳細を見る

  • G4形成がん関連mRNAの液液相分離現象

    小路諭, 赤松由御, 鶴田充生, 川内敬子, 三好大輔

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   102nd   2022年

     詳細を見る

  • 麹菌産生物質デフェリフェリクリシンの抗がん作用

    豊田駿, 芦田侑加子, 赤松実憲, 浦野諒人, 月生雅也, 取井猛流, 戸所健彦, 久田博元, 石田博樹, 西方敬人, 川内敬子

    日本薬学会年会要旨集(Web)   142nd   2022年

     詳細を見る

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • β-1,3-1,6-グルカン粉末、グルカン含有組成物、β-1,3-1,6-グルカン粉末の製造方法、包接複合体、包接複合体の製造方法およびゲスト分子の回収方法

    甲元一也、北原義孝

     詳細を見る

    出願番号:特願2023075381

    公開番号:特開2023099144

  • 核酸の立体構造を制御する方法及びその用途、並びに、細胞内分子クラウディング環境を再現するための組成物

    建石 寿枝、川内 敬子、高橋 俊太郎、杉本 直己

     詳細を見る

    出願番号:特願2022-189538

  • 光増感剤輸送キャリア

    大谷 亨、川内 敬子、三好 大輔

     詳細を見る

    出願番号:特願2022-128296

  • 基質溶液

    甲元一也、塩江一磨、木全伸介

     詳細を見る

    出願番号:特願2022-038409

    公開番号:特開2022-079493

  • 有機化学反応に使用される水系反応溶媒

    甲元一也、北村武大、山本真史、郷田慎

     詳細を見る

    出願番号:特願2021-005314

    公開番号:特開2022-109793

  • 水性二相分離液、及び当該水性二相分離液を用いた有機物の分離方法

    甲元一也、北村武大、山本真史、郷田慎

     詳細を見る

    出願番号:特願2021-005313

    公開番号:特開2022-109792

  • デバイス及びその製造方法

    甲元一也、橋本賀之、北村武大、森田祐子、山本真史

     詳細を見る

    出願番号:特願2020-37096

    公開番号:特開2021-136916

  • 基質溶液

    甲元一也、塩江一磨、木全伸介

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-034728

    公開番号:特開2019-146541

    特許番号/登録番号:特許第7202559号

  • β-1,3-1,6-グルカン粉末、グルカン含有組成物、β-1,3-1,6-グルカン粉末の製造方法、包接複合体、包接複合体の製造方法およびゲスト分子の回収方法

    甲元一也、北原義孝

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP20

    公表番号:WO2019/073989 A1

    特許番号/登録番号:特許第7298846号

  • 難水溶性物質の可溶化剤

    甲元一也

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-058040

    公開番号:特開2018-158317

    特許番号/登録番号:特許第7253219号

  • 被験物質の皮膚感作性の評価方法、及び樹脂固定ペプチド

    臼井健二, 目片秀明, 宮崎洋, 山下邦彦

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-194496

  • 被験物質の皮膚感作性の検定方法

    臼井健二・目片秀明・宮崎洋・山下邦彦

     詳細を見る

    出願番号:2016-092093

    出願国:国内  

  • 樹脂固定ペプチド

    臼井健二・目片秀明・宮崎洋・山下邦彦

     詳細を見る

    出願番号:2016-092094

    出願国:国内  

  • β-1,3-1,6-グルカンへの難水溶性物質の包接方法およびその方法に用いる包接剤

    鈴木利雄、甲元一也、中川暁史、児玉歩夢

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-063512

    公開番号:特開2016-183120

    特許番号/登録番号:特許第6645673号

  • アミロイドβペプチドを電気化学敵意測定するためのバイオセンサ

    藤井敏司

     詳細を見る

    出願番号:特願 2015-60724

    出願国:国内  

  • 基質結合力調整剤及びこれを用いた分子センサ並びにその使用方法

    甲元一也、鈴木良順、伊東宏昌、松本弘一

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-034591

    公開番号:特開2016-156705

    特許番号/登録番号:特許第6488147号

  • 疎水性物質包接剤およびそれを用いた疎水性物質の可溶化方法

    谷口泰造、宮本和英、炬口真理子、角山圭一、坂井和夫、福田勝、鈴木利雄、甲元一也、山本和宏、渡邉愛未

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-251325

    公開番号:特開2016-113381

    特許番号/登録番号:特許第6778359号

  • 多糖ーペプチドグリカン複合体含有粒子

    辻浩和、森山薫、志田寛、千葉勝由、野本康二、甲元一也、長濱宏治、松井淳

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-234585

    公開番号:特開2015-129114

    特許番号/登録番号:特許第6358933号

  • 多糖ーペプチドグリカン複合体含有粒子

    辻浩和,森山薫,志田寛,千葉勝由,野本康二,甲元一也,長濱宏治,松井淳

     詳細を見る

    出願番号:2014-234585

    公開番号:6358933

    出願国:国内  

  • 核酸鎖の四重螺旋構造の検出方法

    三好 大輔、前田 龍一

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-199029

    公開番号:特開2015-62388

    出願国:国内  

全件表示 >>

 

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Rapid monitoring of the purification process of oligonucleotide impurities using a benchtop MALDI-TOF MS system

    Takashi Nishikaze, Kosuke Uchiyama, Risa Suzuki, Junji Kawakami, Takao Inoue, Satoshi Obika, and Yoshihiro Hayakawa

    72nd ASMS (American Society for Mass Spectrometry) Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics  2024年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年6月

  • Sequence confirmation of partially deaminated oligonucleotide analogues using 2D-LC/MS

    Emi Saito, Harei Sakurai, Hirokazu Nankai, Takao Inoue, Junji Kawakami, Satoshi Obika

    TIDES ASIA 2024, Oligonucleotide & Peptide Therapeutics  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

  • Identification of a novel guanine-derived impurity in oligonucleotides and investigation of its formation factors

    Harei Sakurai, Emi Saito, Hirokazu Nankai, Takeshi Osawa, Takao Inoue, Junji Kawakami, Satoshi Obika

    TIDES ASIA 2024, Oligonucleotide & Peptide Therapeutics  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

  • Controlled lattice rearrangement in a metal-organic framework by defect engineering 招待あり

    Yohei Takashima

    The 9th Asian Conference on Coordinaiton Chemistry (ACCC9)  2024年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月

  • 有機カチオンによるDNA構造遷移の促進

    梅野光莉、西山和樹、犬塚晴彦、中野修一

    第46回日本分子生物学会年会  (神戸ポートアイランド)  2023年12月  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    国名:日本国  

  • Ligation reaction on Capped RNA substrates by a Ligase Ribozyme

    Nae Sakimoto, Riki Hatakenaka, Emily Matsusaka, Natsuki Doi, Akane Kiyose and Junji Kawakami

    The 50th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry The 7th Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistry  (Miazaki Civic Plaza)  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    国名:日本国  

  • オリゴ核酸の分析におけるHFIPの品質およびMS感度の比較

    廣瀬恒久、尾崎誠、桑山知美、川上純司、下間志士

    第50回国際核酸化学シンポジウム 日本核酸化学会第7回年会  (宮崎市民プラザ)  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    国名:日本国  

  • Sequence-dependent effects on kinetic parameters of nucleic acid duplex formation

    Elisa Tomita-Sudo, Tomoka Akita, Renshin Sano, Ayumu Kashiwagi, Junji Kawakami

    The 50th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry The 7th Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistry  (Miazaki Civic Plaza)  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    国名:日本国  

  • Sequences that destabilize DNA/RNA duplexes

    Shizuka Közaki, Ayumu Kashiwagi, Shuichiro Fujiki, Tomoka Akita, Junji Kawakami

    The 50th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry The 7th Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistry  (Miazaki Civic Plaza)  2023年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    国名:日本国  

  • Efficient Method Development and Identification of Oligonucleotides Therapeutics Impurities

    Risa Suzuki, Shinichi Fujisaki, Junji Kawakami, Takao Inoue, Satoshi Obika, Yoshihiro Hayakawa

    19th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society (OTS, at Barcelona)  (Fira de Barcelona)  2023年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    国名:スペイン  

  • Effect of bridged nucleic acid introduction on the flexibility of oligonucleotides

    Tomoka Akita, Elisa Tomita-Sudo, Shin Itoh, Nae Sakimoto, Takeshi Masuda, Akifumi Nakamura, Yoshiyuki Onishi, Makoto Koizumi and Junji Kawakami

    19th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society (OTS, at Barcelona)  (Fira de Barcelona)  2023年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    国名:スペイン  

  • Assessment of Subtle HOS Changes in Oligonucleotide Therapeutics Using High-Throughput Circular Dichroism Spectrometer HTCD Plus and a program qHOS

    Taiji Oyama, Satoko Suzuki, Taku Ishigaki, Shizuka Közaki, Tomoka Akita, Takao Inoue, Satoshi Obika, Junji Kawakami

    19th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society (OTS, at Barcelona)  (Fira de Barcelona)  2023年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    国名:スペイン  

  • 核酸のFoldingと相互作用 招待あり

    川上 純司

    医薬品関連マテリアルズオープンプラットフォーム(MOP)  (物質・材料研究機構 高分子・バイオ材料研究センター)  2023年10月  川上 亘作

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    国名:日本国  

  • Introduction of various metal ions into cytochrome P450 using ferrochelatase co-expression system

    Mahiro Nakazawa, Eri Akagawa, Maki Sawada, Kouta Takeda, Satoshi Fujii, Masafumi Yohda, Nobuhumi Nakamura

    2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    国名:日本国  

  • Bundle構造を形成する新規人工金属タンパク質の構造安定性とNO応答性の相関の解明

    宮﨑啓輔、中山翔太、藤井敏司

    錯体化学会第73回討論会  (水戸市)  2023年9月  錯体化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    国名:日本国  

  • β-1,3-1,6-グルカンナノ粒子への包接に伴う抗酸化物質の抗酸化力の上昇

    河南翔馬、土居菜々子、甲元一也

    第75回日本生物工学会大会  (東京都立大学南大沢キャンパス)  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

  • β-1,3-1,6-グルカンナノ粒子に包接した機能物質のクリーム中における放出特性

    三和正弥、甲元一也

    第75回日本生物工学会大会  (名古屋大学東山キャンパス)  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

  • 架橋型核酸による標的結合親和性向上の塩基配列依存性

    秋田智香、冨田恵麗沙、川上純司

    超異分野学会大阪大会2023  2023年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

  • AMED核酸CMCプロジェクト 招待あり

    川上 純司

    日本核酸医薬学会第8回年会  (名古屋大学豊田講堂)  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    国名:日本国  

  • 連続クロマトグラフィー(MCSGP)を用いたオリゴ核酸の精製

    毛利 真裕子、瀧本 清貴、武藤 英吾、川上 純司、井上 貴雄、小比賀 聡

    日本核酸医薬学会第8回年会  (名古屋大学豊田講堂)  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    国名:日本国  

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 甲元 一也

    講演「実力を養う探究の進め方」

    役割:講師

    兵庫県立神戸高等学校  2024年5月

  • 甲元 一也

    講演「探究活動について 〜情報収集のためのフィールドワーク〜」

    役割:講師

    兵庫県立加古川南高等学校  2024年5月

  • 甲元 一也

    講演「探究活動の指導と評価」

    役割:講師

    兵庫県立加古川南高等学校  2024年5月

  • 甲元 一也

    模擬講義「課題研究を練り上げる」

    役割:講師

    神戸市立六甲アイランド高校  2024年3月

  • 甲元 一也

    オンライン探究講座Part 3「探究学習の意義はどこにある? 生徒に問うワーク型授業」

    役割:講師

    甲南大学フロンティアサイエンス学部  2024年2月

  • 甲元 一也

    オンライン探究講座Part 2「ファシリテーションを中心とする探究授業の進め方」

    役割:講師

    甲南大学フロンティアサイエンス学部  2024年2月

  • 甲元 一也

    講演「仮設の立て方に重点をおいたリサーチプランの立案」

    役割:講師, 助言・指導

    兵庫県立宝塚北高校  2024年1月

  • 甲元 一也

    出張模擬講義「理系研究者のためのプレゼンの基本」

    役割:講師

    兵庫県立神戸高等学校  2024年1月

  • 甲元 一也

    講演「魅せる、伝わるプレゼンテーションの作成技法」

    役割:講師

    兵庫県立長田高校  2024年1月

  • 藤井 敏司

    プレゼンテーション指導

    役割:講師

    兵庫県立姫路飾西高等学校  2023年12月

  • 甲元 一也

    リサーチフェスタ2023

    役割:講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援

    甲南大学  リサーチフェスタ特設サイト  2023年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般

  • 甲元 一也

    令和5年度理数教育推進協議会

    役割:助言・指導

    兵庫県教育委員会  2023年12月

  • 甲元 一也

    オンライン探究講座Part 1「探究テーマの設定法(初級編)」

    役割:講師

    甲南大学フロンティアサイエンス学部  2023年11月

  • 藤井 敏司

    兵庫県総合文化祭自然科学部門審査員

    役割:助言・指導

    兵庫県高等学校文化連盟  2023年11月

  • 甲元 一也

    数学理科甲子園2023

    役割:パネリスト, コメンテーター, 助言・指導

    兵庫県教育委員会  2023年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

  • 村嶋 貴之

    広島城北高校出張講義

    役割:講師

    2023年10月

  • 甲元 一也

    GSC ROOTプログラム(夏合宿)

    役割:講師, 助言・指導

    2023年8月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生

  • 甲元 一也

    2023年度高校教員向け課題探究講座

    役割:講師, 助言・指導, 企画, 運営参加・支援

    甲南大学フロンティアサイエンス学部  2023年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, メディア

  • 甲元 一也

    全国高等学校データサイエンス授業づくり研究会

    役割:パネリスト

    兵庫県立姫路西高校  2023年8月

  • 藤井 敏司

    プレゼンテーション指導

    役割:講師

    兵庫県立龍野高等学校  2023年7月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 13=

    2019年6月

     詳細を見る

    「分子設計が開く未来」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 12=

    2018年6月

     詳細を見る

    「食品化学・栄養学と医療」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 11=

    2017年7月

     詳細を見る

    「皮膚科学・化粧品と医療」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 10=

    2016年6月

     詳細を見る

    「再生医療における細胞材料開発の重要性」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 9=

    2015年6月

     詳細を見る

    「再生医療と細胞培養技術」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 8=

    2014年6月

     詳細を見る

    「基礎研究者と医療産業との架け橋」

  • 西方 敬人

    甲南大学FIRST・FIBER産学連携サロン=Part 7=

    2013年6月

     詳細を見る

    「先端医療の実現と装置開発」