写真a

古田 美保 (フルタ ミホ)

FURUTA Miho

職名

教授

学位

修士(経営学)(青山学院大学)

専門分野

税務会計、法人税

研究分野・キーワード

-税務会計,タックス・インセンティブ,法人税法

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    青山学院大学   経営学部   経営学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    青山学院大学  経営学研究科  経営学  博士課程  単位取得満期退学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    甲南大学   経営学部   教授  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2002年09月
    -
    継続中
     

    日本簿記学会(国内)

  • 2002年09月
    -
    継続中
     

    日本会計研究学会(国内)

  • 2000年09月
    -
    継続中
     

    税務会計研究学会(国内)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 欠損金の繰戻還付制度の意義と対象欠損金

    古田美保

    税研   36 ( 3 ) 27 - 33   2020年09月

    単著

  • 連結納税制度の見直しに伴う企業グループ税制における課税単位

    古田美保

    産業経理   79 ( 4 ) 134 - 145   2020年01月

    単著

  • 会社法成立以降の純資産の部に関連する判決例

    古田美保

    日税研論集   ( 76 ) 317 - 368   2019年07月

    単著

  • PE課税における帰属資本の擬制

    古田美保

    甲南経営研究   59 ( 4 ) 67 - 88   2019年02月

    単著

  • 現行法人税制における課税単位としての法人概念の再検討:帰属主義における外国法人PEの取り扱いと法人税課税相当性

    古田 美保

    産業経理   77 ( 1 ) 106 - 118   2017年04月

    単著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ビジネス・イノベーションのプラットフォーム

    甲南大学ビジネス・イノベーション研究所 (担当: その他 , 担当範囲: 第8章 法人企業におけるイノベーション支援の政策税制 )

    同文舘  2012年11月

  • 法人税の損金不算入規定

    武田昌輔,成道秀雄 (担当: 共著 , 担当範囲: 第10章(193~212頁担当) )

    中央経済社  2012年04月 ISBN: 9784502052200

    「過少資本税制における支払利息等」

  • 法人税の損金不算入規定

    古田 美保 (担当: その他 , 担当範囲: 過少資本税制における支払利息等 )

    中央経済社  2012年04月

  • ネットワーク社会の税務・会計

    古田美保,河崎照行 (担当: 編者 , 担当範囲: 第10章(155~174頁) )

    税務経理協会  2011年03月 ISBN: 9784419053260

    「電子商取引と移転価格税制」

  • 経営学の伝統と革新

    甲南大学経営学会 (担当: 共著 , 担当範囲: 第Ⅱ部第15章(237~254頁) )

    千倉書房  2010年11月 ISBN: 9784805109632

    「法人関連政策税制に関する租税支出レポートの意義と必要性」

全件表示 >>

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 法人税法には2種類ある!~理論的法人税制と政策税制

    古田美保

    会計人コース ( 中央経済社 )  46 ( 12 ) 111 - 113   2011年10月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 赤字の法人は法人税を納めない?

    古田美保

    会計人コース ( 中央経済社 )  46 ( 11 ) 102 - 104   2011年09月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 税金・税効果会計

    古田美保

    税経セミナー ( 税務経理教会 )  54 ( 2 ) 121 - 133   2009年01月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 税効果会計

    古田美保

    税経セミナー ( 税務経理教会 )  53 ( 4 ) 99 - 107   2008年02月

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 企業集団の所得算定のあり方

    古田美保

    甲南会計研究     2008年

    単著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 欠損金に係る課題~事業再生の観点から~(統一論題『事業再生と損金概念』)

    古田美保

    税務会計研究学会  (専修大学)  2012年10月  -  2012年10月    専修大学

  • 欠損金の非対称的取り扱いに関するインセンティブ

    古田美保

    税務会計研究学会第23回大会  (名古屋経済大学)  2011年10月  -  2011年10月    名古屋経済大学

  • 法人税制における課税単位の検討

    古田美保

    税務会計研究学会第18回大会  (日本大学)  2006年10月  -  2006年10月    日本大学

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • 電子商取引にかかわる法人課税上の課題(特別委員会報告)

    2007年10月  -  2007年10月

    税務会計研究学会第19回大会(近畿大学

  • 電子商取引における税務会計の課題―無形資産の評価に関する論点の整理―(特別委員会報告)

    2006年10月  -  2006年10月

    税務会計研究学会第18回大会(日本大学

  • 法人税制における課税単位の検討―連結納税制度・LLC・LLPとの関連から(自由論題報告)

    2006年10月  -  2006年10月

    税務会計研究学会第18回大会(日本大学

  • 固定資産の減損にかかる研究-カナダの減損会計と税務(特別委員会報告)

    2005年10月  -  2005年10月

    税務会計研究学会第17回大会(神戸大学

  • 固定資産の減損に係る研究-減損処理と普通償却(特別委員会報告)

    2004年10月  -  2004年10月

    税務会計研究学会第16回大会(熊本学園大学

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 租税支出効果のディスクロージャーおよび評価・分析のための会計学的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月 

    本研究の目的は,租税制度のみならず社会制度においても重要性を増大させている租税支出効 果の評価・分析のための枠組みを検討し,もって租税支出項目の統廃合を含めた改善の可能性に ついて明らかにするために,その評価と報告書の体系のあり方について会計学の観点から検討を 行うことにある。経済その他の政策目的の達成手段として,課税の優遇(軽課)あるいは重課と いった正負の租税支出はごく一般的に用いられるが,そのディスクロージャー,そして評価・分 析の枠組みについての先行研究の成果はごく限られている。本研究は,その評価・分析について 会計学理論を用いることにより,新たな理論的枠組み構築に資することを目的とするものである。

科研費以外の競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 関西地域発イノベーション・プラットフォームの構築

    提供機関:  文部科学省  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

    研究期間: 2010年04月  -  2013年03月 

  • アライアンス・ベースド技術経営論の研究

    提供機関:  経済産業省  産業技術競争力強化人材育成事業

    研究期間: 2006年07月  -  2007年02月 

  • 地域経済クラスター創造に向けての社会連携研究

    提供機関:  文部科学省  私立大学学術研究高度化推進事業

    研究期間: 2005年04月  -  2010年03月 

研究シーズへのリンク 【 表示 / 非表示

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    会計シミュレーションゲーム

  • 2008年04月
    -
    継続中

    企業経営と会計学

  • 2008年04月
    -
    継続中

    税務会計論

  • 2006年05月
    -
    継続中

    「税務会計」『経営学研究のしおり』

  • 2003年04月
    -
    継続中

    講義教材・資料のweb掲載

ティーチングポートフォリオ 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の責任(何をやっているか:主たる担当科目):

    専門演習I(2年次配当、2単位)、専門演習II(3年次配当、8単位)

    教育の理念(なぜやっているか:教育目標):

     法人税負担は法人企業にとって不可避のコストであるため、企業活動を行なう際には、また、財務諸表の作成および理解にあたっても、税法と税務会計の理解が必ず要求される。ただし、税法の規定、特に法人税の規定は経済情勢等に応じて変更される可能性が高い。したがって、税法の本質や理念を理解することが、将来の税法の理解にもつながる点で重要になる。こういった観点から、法人企業への課税はどうなっており、またどうあるべきか等の問題意識のもとに、法人課税に関する理論や現状を学び、もって税制一般の基礎となるべき理論的背景の理解と現行制度との整合性や課題について検討する力を涵養することを目的としている。

    教育の方法(どのようにやっているか:教育の工夫):

     演習においては、自ら論点を提示して学生同士で議論を行うよう、活発な発言を奨励している。2年次は文献精読を通じて基礎知識の醸成と議論の仕方を学ぶ。3年次からは税務・会計に関するテーマを設定して共同研究を実施し、資料収集、論点抽出、考察と結論の導出、報告書作成までの論文作成の一連の作業を行う。その成果は他大学ゼミとの研究会および学部内のゼミ報告会(ゼミ甲子園)で報告する。その後、各自の問題意識のもと設定したテーマに基づき論文作成を進め、複数回の中間報告と質疑応答を繰り返しながら卒業論文を完成させる。

    教育方法の評価・学習の成果(どうだったか:結果と評価):

     演習においても、制度の暗記よりも論理的解釈・理論的思考の重要性を強調している。講義や演習の当初はこちらから論点を提示するようにしているが、次第に学生自身が論点を提示し、理論的基礎を伴う質疑応答ができるようになっていると考える。

    改善点・今後の目標(これからどうするか):

     演習においては、学生作成の報告レジュメを起点とした討論を中心にしているため、学生側にいかに準備させるか、また発言させるかが課題となる。前提となる知識について補足する際には、講義になりすぎないように心がけている。
     また、理論的思考力を養う観点から、制度の暗記ではなく論述力を重視することは引き続き重視して行きたいと考えている。

    根拠資料(資料の種類などの名称):

    シラバス、講義資料、授業改善アンケート

全件表示 >>