写真a

冨永 望 (トミナガ ノゾム)

TOMINAGA Nozomu

職名

教授

学位

博士(理学)(東京大学)

専門分野

素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理, 天文学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    東京大学   理学部   天文学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2007年09月

    東京大学  理学系研究科  天文学専攻  博士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2017年03月

    甲南大学   理工学部   准教授  

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

    甲南大学   理工学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年05月
    -
    継続中

      東京大学数物連携宇宙研究機構  

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

      国立天文台光赤外研究部  

  • 2007年10月
    -
    2008年03月

      東京大学理学系研究科  

  • 2005年04月
    -
    2007年09月

      東京大学理学系研究科  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2003年08月
    -
    継続中
     

    日本天文学会(国内)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 多次元相対論的輻射流体・元素合成計算で探るガンマ線バーストの起源

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2015年04月  -  2019年03月

  • 超新星爆発・ガンマ線バーストの輻射流体計算と遠方宇宙・初期宇宙観測への応用

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2011年04月  -  2015年03月

  • 超新星爆発・ガンマ線バーストの爆発機構および初期宇宙・遠方宇宙の研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2009年04月  -  2011年03月

  • 超新星・ガンマ線バーストの爆発機構、宇宙の化学進化と初代天体の観測的・理論的研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2008年04月  -  2009年03月

  • ガンマ線バーストと極超新星の発生機構及び初期宇宙の天体形成・化学進化の研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2005年04月  -  2008年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • A Rapidly Declining Transient Discovered with the Subaru/Hyper Suprime-Cam

    冨永望

    The Astrophysical Journal     2019年10月

    単著

    DOI

  • SN 2018hna: 1987A-like Supernova with a Signature of Shock Breakout

    冨永望

    The Astrophysical Journal     2019年09月

    単著

    DOI

  • The fast, luminous ultraviolet transient AT2018cow: extreme supernova, or disruption of a star by an intermediate-mass black hole?

    Perley, Daniel A.; Mazzali, Paolo A.; Yan, Lin; Cenko, S. Bradley; Gezari, Suvi; Taggart, Kirsty; Blagorodnova, Nadia; Fremling, Christoffer; Mockler, Brenna; Singh, Avinash; Tominaga, Nozomu; Tanaka, Masaomi; Watson, Alan M.; Ahumada, Tomás; Anupama, G. C.; Ashall, Chris; Becerra, Rosa L.; Bersier, David; Bhalerao, Varun; Bloom, Joshua S.; Butler, Nathaniel R.; Copperwheat, Chris; Coughlin, Michael W.; De, Kishalay; Drake, Andrew J.; Duev, Dmitry A.; Frederick, Sara; González, J. Jesús; Goobar, Ariel; Heida, Marianne; Ho, Anna Y. Q.; Horst, John; Hung, Tiara; Itoh, Ryosuke; Jencson, Jacob E.; Kasliwal, Mansi M.; Kawai, Nobuyuki; Khanam, Tanazza; Kulkarni, Shrinivas R.; Kumar, Brajesh; Kumar, Harsh; Kutyrev, Alexander S.; Lee, William H.; Maeda, Keiichi; Mahabal, Ashish; Murata, Katsuhiro L.; Neill, James D.; Ngeow, Chow-Choong; Penprase, Bryan; Pian, Elena; Quimby, Robert; Ramirez-Ruiz, Enrico; Richer, Michael G.; Román-Zúñiga, Carlos G.; Sahu, D. K.; Srivastav, Shubham; Socia, Quentin; Sollerman, Jesper; Tachibana, Yutaro; Taddia, Francesco; Tinyanont, Samaporn; Troja, Eleonora; Ward, Charlotte; Wee, Jerrick; Yu, Po-Chieh

    Monthly Notices of the Royal Astronomical Society     2019年03月  [査読有り]

    共著

  • Importance of 56Ni production on diagnosing explosion mechanism of core-collapse supernova

    Suwa, Yudai; Tominaga, Nozomu; Maeda, Keiichi

    Monthly Notices of the Royal Astronomical Society     2019年03月  [査読有り]

    共著

  • A Long-duration Luminous Type IIn Supernova KISS15s: Strong Recombination Lines from the Inhomogeneous Ejecta–CSM Interaction Region and Hot Dust Emission from Newly Formed Dust

    Kokubo, Mitsuru; Mitsuda, Kazuma; Morokuma, Tomoki; Tominaga, Nozomu; Tanaka, Masaomi; Moriya, Takashi J.; Yoachim, Peter; Ivezić, Željko; Sako, Shigeyuki; Doi, Mamoru

    The Astrophysical Journal     2019年02月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 「元素はいかにつくられたか」

    前田啓一、冨永望、大久保琢也、田中雅臣、和南城伸也、小林千晶、野本憲一 (担当: 共著 )

    物理の世界(岩波書店)  2007年09月

    (3章, 45-61ページ) (単行本、2007年)

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 2成分ジェットを伴う重力崩壊型超新星における元素合成

    冨永望

    日本天文学会2010年秋季年会 (2010、講演)  2010年09月  -  2010年09月   

  • 電子捕獲型超新星爆発とかに星雲を作った超新星1054

    冨永望

    日本天文学会2010年春季年会 (2010、講演)  2010年03月  -  2010年03月   

  • Shock Breakoutを用いた z>0.5 の重力崩壊型超新星の直接観測

    冨永望

    日本天文学会2009年秋季年会 (2009、講演)  2009年09月  -  2009年09月   

  • 宇宙初期の超新星爆発: [Fe/H]<-3.5の金属欠乏星からの制限

    冨永望

    日本天文学会2009年春季年会 (2009、講演)  2009年03月  -  2009年03月   

  • II型超新星の多色光度曲線

    冨永望

    日本天文学会2008年秋季年会 (2008、講演)  2008年09月  -  2008年09月   

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 超新星爆発・ガンマ線バーストの爆発機構および初期宇宙・遠方宇宙の研究

    若手研究(スタートアップ)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月 

    超新星爆発・ガンマ線バーストの流体・元素合成・輻射輸送計算を用いて、現在独立に研究が行われている超新星爆発・ガンマ線バーストの多波長観測、初期世代星の観測、超新星爆発の爆発機構の理論研究を結びつけ、新たな視点を超新星爆発・ガンマ線バーストの観測・理論研究へ与えることを目的とする。特に、同一の超新星モデルから超新星爆発、ガンマ線バースト、初期世代星に対する理論予測を与え、観測と比較し観測事実に基づき超新星爆発の爆発機構に制限を与える。さらに、超新星爆発最初期の明るい現象であるShock breakoutについて、理論モデルに基づいた現実的な観測提案を行い、初期宇宙・遠方宇宙に対する新たな観測研究を開拓する。

  • 超新星・ガンマ線バーストの爆発機構、宇宙の化学進化と初代天体の観測的・理論的研究

    特別研究員推奨費

    研究期間:  2008年04月  -  2009年03月 

    超新星・極超新星、ガンマ線バーストの発生機構の本質を理解し、初期宇宙の観測的研究を開拓する、金属欠乏星の形成過程を明らかにし、金属欠乏星を用いた超新星爆発の研究という新分野を開拓する、宇宙初期の化学・力学進化、第一世代星の質量・爆発機構・観測可能性への理論的な示唆を与えることを目的とし、超新星爆発、ガンマ線バーストの流体力学・元素合成・輻射輸送計算を通して、超新星爆発・ガンマ線バーストの多波長観測、超新星残骸・金属欠乏星の観測、超新星爆発の爆発機構を結びつけ研究を行った。

  • ガンマ線バーストと極超新星の発生機構及び初期宇宙の天体形成・化学進化の研究

    特別研究員推奨費

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月 

    超新星・極超新星、γ線バーストの発生機構の本質を理解し、高赤方偏移で発生するこれらのイベントを解析することで初期宇宙の観測的研究を開拓することを目的とし、流体計算、元素合成計算、輻射輸送計算を用いて研究を行った。

 

おすすめURL 【 表示 / 非表示

  • 論文検索

    http://www.adsabs.harvard.edu/

    宇宙・地球の科学