写真a

鶴岡 孝章 (ツルオカ タカアキ)

TSURUOKA Takaaki

職名

准教授

学位

博士(理学)(甲南大学)

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    甲南大学   理学部   応用化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2008年03月

    甲南大学  自然科学研究科  博士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2018年03月

    甲南大学   フロンティアサイエンス学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

      科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(ERATO)北川統合細孔プロジェクト   

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

      日本学術振興会(JSPS)  

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    ナノ学会(国内)

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    American Chemical Society (国外)

  • 2002年03月
    -
    継続中
     

    日本化学会(国内)

  • 2002年03月
    -
    継続中
     

    表面技術協会(国内)

  • 2002年03月
    -
    継続中
     

    エレクトロニクス実装学会(国内)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Control of the nucleation and growth processes of metal-organic frameworks using a metal ion-doped polymer substrate for the construction of continuous films

    T. Ohhashi, T. Tsuruoka, T. Takashima, K. Akamatsu

    CrystEngComm   21   4851 - 4854   2019年  [査読有り]

    共著

  • Formation of Metal-Organic Frameworks on Metal Ion-Doped Polymer Substrate: In-Depth Time-Course Analysis using Scanning Electron Microscopy

    T. Tsuruoka, M. Hata, S. Hirao, T. Ohhashi, T. Takashima, K. Akamatsu

    Langmuir   35   10390 - 10396   2019年  [査読有り]

    単著

  • Wrapping Flexible Metal-Organic Framework with Organic Polymers via Site-Specific Radical Polymerization from Its Crystal Surface

    Y. Takashima, K. Fukudome, A. Horikoshi, T. Tsuruoka, K. Akamatsu

    Polyhedron   155   275 - 280   2018年

    共著

  • Crystal conversion between metal-organic frameworks with different crystal topologies for efficient crystal design on two-dimensional substrates

    T. Tsuruoka, K. Inoue, A. Miyanaga, K. Tobiishi, T. Ohhashi, M. Hata, Y. Takashima, K. Akamatsu

    J. Cryst. Growth   487   1 - 7   2018年  [査読有り]

    共著

  • ポリイミドフィルムの表面改質と銅薄膜のダイレクトめっき技術

    髙嶋洋平、鶴岡孝章、赤松謙祐

    MATERIAL STAGE   18   29 - 33   2018年

    共著

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 樹脂—金属接着・接合部の応力解析と密着性・耐久性評価

    木村祐介、鶴岡孝章、赤松謙祐、縄舟秀美 (担当: 共著 )

    技術情報協会  2014年

  • Fluorescence Enhancement of Immobilozed CdTe Nanocrystals Metal-Nanocrystals-Modified Substrate by Dipole Coupling

    T.Tsuruoka, M. Yamashita, M.Kumano, K. Uwajima, H.Nawafune and K. Akamatsu (担当: 単著 )

    Transaction of Material Research Society of Japan  2014年

  • 「Quantum Dot –量子ドット」in 実験がうまくいく蛍光・発光試薬の選び方と使い方 (分担)

    赤松謙祐、鶴岡孝章、縄舟秀美、杉本直己 (担当: 共著 )

    羊土社  2007年

    第III部・第1節 、164-170

  • 「半導体ナノ粒子の合成と発光特性制御」in 量子ドットの生命科学領域への応用 (分担)

    鶴岡孝章、赤松謙祐、縄舟秀美 (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2007年

    第1編・第5章、49-58

総説・解説記事(Misc) 【 表示 / 非表示

  • 電気化学的手法によるポリイミド樹脂表面への金属パターン形成

    赤松、鶴岡、縄舟

    工業材料 ( 日刊工業新聞 )  61 ( 5 ) 39 - 42   2013年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 金属ナノ粒子分散層を利用した樹脂/金属間接合

    縄舟、赤松、鶴岡

    プラスチックスエージ ( プラスチックスエージ )  Mar   55 - 60   2013年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • マテリアル・イノベーションに対応する高度めっき技術

    縄舟、赤松、鶴岡

    工業材料 ( 日刊工業新聞 )  61 ( 5 ) 18 - 22   2013年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • ポリイミド樹脂/金属間におけるナノ構造界面の構築と樹脂上への金属パターン形成

    福本ユリナ、谷山智紀、鶴岡孝章、縄舟秀美、赤松謙祐

    エレクトロニクス実装学会 ( エレクトロニクス実装学会 )  15   534 - 540   2012年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 電気化学リソグラフィーによる樹脂表面への金属パターン形成

    赤松、福本、鶴岡、縄舟、柳本

    表面技術 ( 表面技術協会 )  63   95 - 99   2012年

    総説・解説(その他)   共著

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Control of nucleation and growth process of MOFs using metal ion-doped polymer substrate for constructing the continuous MOF films

    Takaaki Tsuruoka

    2nd International Conference on Advanced Structural and Functional Materials  2019年08月  -  2019年08月   

  • 二次元基板上での金属有機構造体の結晶交換

    鶴岡孝章、井上康平、大橋卓史、髙嶋洋平、赤松謙祐

    日本化学会第98春季年会(2018)  (日本大学理工学部 船橋キャンパス)  2018年03月  -  2018年03月    日本化学会

  • Morphology Control of Metal-Organic Frameworks by and Interfacial Synthetic Approach using Metal Ion-Doped Polymer Substrates

    T. Tsuruoka, T. Ohhashi, Y. Takashima, K. Akamatsu

    The 4th International Symposium on Hybrid Materials and Processing(HyMaP 2017)  (釜山)  2017年11月  -  2017年11月   

  • 金属イオンドープ高分子フィルム上での多孔性金属有機構造体の作製および形態制御

    鶴岡孝章

    錯体化学会第67回討論会  (北海道大学)  2017年09月  -  2017年09月   

  • 固液界面反応による蛍光性金属有機構造体の作製

    鶴岡孝章

    日本化学会第97春季年会(2017)  (慶應義塾大学 日吉キャンパス)  2017年03月  -  2017年03月    日本化学会

全件表示 >>

その他研究活動・業績等 【 表示 / 非表示

  • Oriented Attachment機構による多孔性錯体フレームワークナノ結晶の合成

    2009年11月  -  2009年11月

    日本化学会第89春季年会 (学会発表、2009)

  • CdTeナノ結晶多層膜の作製と発光特性制御

    2008年11月  -  2008年11月

    日本化学会第88春季年会 (学会発表、2008)

  • CdTeナノ結晶の発光特性変化における有機配位子の役割

    2007年11月  -  2007年11月

    日本化学会第87春季年会 (学会発表、2007)

  • Preparation and Structural Control of Polymer Microsphere Containing Ni Nanoparticles

    2007年11月  -  2007年11月

    Singapore International Chemistry Conference 5 (学会発表、2007)

  • 配位子交換反応によるCdTeナノ結晶の機能化

    2006年11月  -  2006年11月

    第59回コロイドおよび界面化学討論会 (学会発表、2006)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会第92春季年会(2012)優秀講演賞

    2012年04月   日本化学会  

    受賞者:  鶴岡孝章

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 核形成・核成長反応制御に基づく金属イオンドープ高分子上でのMOF連続膜形成

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2020年03月 

    核形成・核成長反応制御に基づく金属イオンドープ高分子上でのMOF連続膜形成

  • 金属イオンドープ高分子フィルム上での多孔性有機金属錯体形成プロセスの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

    金属イオンドープ高分子フィルム上での多孔性有機金属錯体形成プロセスの開発

  • 金属ナノ粒子の光誘起増強電場を利用したナノ発光材料の高機能化

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

    a

  • 細胞アレイを利用したアミロイド性ペプチドの設計・探索および機能解析

    特別研究員推奨費

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月 

    化合物半導体ナノ粒子の合成、および三次元構造体構築時における粒子間相互作用の解明

共同・受託研究活動実績(公開) 【 表示 / 非表示

  • 配位高分子結晶のモルフォロジー制御

    提供機関: 国立研究開発法人科学技術振興機構  一般受託研究

    研究期間: 2016年09月  -  2018年03月 

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ナノ微細構造材料の作製 産学連携、民間を含む他機関との共同研究等を希望する(受託研究)

  • 外部応答性を有するナノ粒子・多孔性ハイブリッド材料の作製 産学連携、民間を含む他機関との共同研究等を希望する(受託研究)

  • 発光性ナノ粒子の物性解析 産学連携、民間を含む他機関との共同研究等を希望する (受託研究)

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2010年03月
     
     

    講演

  • 2010年02月
    -
    2010年10月

    実験講義

  • 2009年07月
    -
    2010年07月

    模擬講義

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • サイエンスパートナーシッププロジェクト

    2010年08月
    -
    2010年12月

    ・自然科学入門講座「超微細電子回路を描く―テレビや携帯電話の電子配線の作製方法を学ぶ―」(2010年8月)
    ・学習成果発表会 (2010年12月)

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 金属ナノ粒子・有機材料複合化技術

  • 金属・半導体ナノ粒子合成技術

  • 発光性ナノ粒子の調製技術および物性評価技術